フランス料理:鴨のロースト・オレンジソース他

ゴールデンウィークの前半が終わって、今日は普通の月曜日
昨日で4月の自宅レッスンも終わって、今日は庭で草むしり
空は庭でずっとゴロゴロ   昨日のように脱走はできませんでした
b0254207_22504227.jpg

「え?そんなことしましたっけ?」 by 空

さて、4月の備忘録を忘れないうちに・・・
先週4月26日はイルプルーのフランス料理のレッスン日でした
今学期2回目のレッスンですが、私は1回目の時に京都にいたので来年に振り替えてもらいました
新しいメンバーになっていましたので、どんな方たちと一緒の班になるのかしら・・・と、少々緊張していましたが、運のいいことにとても親切な方たちとご一緒出来ました
(去年から一緒のTちゃんとは一緒になれませんでしたけど(T_T))

この日のレッスンは、2キロ半ほどある鶏を1人1羽さばくところから始まりました
椎名先生の実演後、それぞれが慣れない手つきで首を切り落とし、さばいていきます
ひと工程ずつ、「先生~」あるいは「○○さーん(助手さんのお名前)」と、確認しながらやっていきました
皆さん、偉いんです
だって、私のように頻繁にみてもらっていらっしゃらないんですもの
同じ班の方たちに対して、ちょっと恥ずかしくなりましたが、「私が出来の悪い生徒だっていうことをよくご理解いただいているので、こうして頻繁に見てくださるんですぅ」と、おばさん特有の余計な御喋りで誤魔化しましてよ ホホホ・・・
b0254207_22512796.jpg


この作業が終わった後、お料理開始です
メニューは、『鴨のロースト オレンジソース』 
b0254207_22515887.jpg

鴨の表面を香ばしく焼いた後、オーブンで火を通します
白ワイン、赤ワインビネガー、グラス・ド・ビアン、オレンジ果汁などで作るソースは思ったほど難しくなく、これは家でも再現即(?)可能です  即でも作りたいメニューです

それから『日本風の米のサラダ』
b0254207_22523886.jpg

日本風というので、山葵でも入るのかしらと思っていましたが、豈図らんや~グレープフルーツやアボガドが入るではありませんか
ソースは生クリームとマスタード、タバスコなど到底日本を想像させないものです
でも、お味は当然ながら美味しかったです

そして『タルト・オニオン』
b0254207_22525875.jpg

生地の空焼き済みの状態で各自に配られ、1時間かけてブロンド色になるまでじっくり炒める玉葱も出来上がった状態で配られたので、卵と生クリームにロックホール・チーズ類を混ぜていくだけの作業でした
もちろん、玉葱の炒め方のデモは見せていただきました
試食の時に、このタルトとワインのよく合ったこと! 
やはり、イルプルーのキッシュは絶品です

最後のデザートは『グレープフルーツのムース』
b0254207_22534661.jpg

グレープフルーツのジュースにゼラチンと生クリームを合わせ、メレンゲを合わせて冷やす基本のムース
グレープフルーツの苦みが微かに感じられ、淡雪のように口の中で溶ける軽いムースです
メレンゲはただ卵白を泡立てただけのものですので、あっという間に劣化します
持ち帰りはできませんでしたので、試食の時にいただきました

試食タイム! タルト・オニオンとワインだけでお腹がいっぱいになりました
鴨さんとサラダは90%持って帰って、主人の晩御飯♫
b0254207_22554544.jpg

とても親切な方々と御一緒できて、楽しいレッスンでした
「これからちょくちょく振り替えレッスンでまいりますので、同じ班になった時には、仲良くしてやってくださいね」と、お願いしておきました

帰り道、お友達のTちゃんとおしゃべりしながら楽しいひと時
去年の6月から一緒に途中入学したTちゃんと私 一緒のクラスに出るのはあと2回
そう思うと・・・・寂しいです
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2016-05-02 22:58 | Cooking Lesson | Comments(0)
<< イル・ローズ・オ・テ・ヴェール サンクァセット >>