Muu Yaang Manaaw & Kung Phat Krathiam Phet

キラ~ん♪ 良い天気 お日様に輝くスカイツリーが見える街 錦糸町♫
b0254207_2317595.jpg

お隣り町のNさんとまずは台湾料理「劉の店」で魯肉飯と団仔米粉のセットを食べて
b0254207_23231029.jpg

その後、タイ教育・文化センターでのお料理レッスンに参加しました
メニューはダー先生のお薦め料理2品『Muu Yaang Manaaw焼いた豚肉のレモンソースサラダ』と『Kung Phat Krathiam Phet挙げた海老とハーブの塩炒め』
b0254207_2324072.jpg

本日の参加者は18名!6人テーブル×2+3人テーブル×1=15人分
つまり、場所が足りないわけです   3名はデモ用のテーブルで実習となりました

今日はダー先生のお嬢さんがお手伝いにいらっしゃっていました
笑顔が可愛い20代のお嬢さん  日本語を少し習われているようです

さて、先生のデモは豚肉のメニューから始まりました
ロース肉にシーイウ・カーオで下味をつけて強火で焼きます
b0254207_23294250.jpg

香ばしく、肉の水分を閉じ込めるように  煙モクモク
お肉にかけるソースは、赤と緑のプリッキーヌ、にんにく、パクチーの根、レモン汁などを合わせて作ります
千切りしたキャベツの上にお肉を並べ、パクチーとミントをのせてソースをかけたらOK
b0254207_2333746.jpg

酸味、辛み、塩味がしっかりしていて、生野菜と一緒にいただきます とてもアロイです

次に海老のお料理は、海老の頭・目の後ろ辺りで包丁を入れ、頭部についている胃を除き、胴体以下の殻をむいてから最後に頭部の殻を外します
これは、海老のミソを出来るだけ残せるようにするためです
背中を開いて、ミソを流さないよう気をつけながら洗い、キッチンペーパーの上で水切りできたら下処理完了
この作業と並行して、タイのニンニクを皮ごと粗く叩き、油でニンニクを揚げ、コブミカンの葉を揚げ、生胡椒を揚げ、唐辛子を揚げて、最後に小麦粉をまぶした海老を揚げます  
海老を揚げる時には要注意 油が爆ぜます  通訳のIさんに油が! お顔に火傷なさったのでは・・・

ところで、ニンニクから揚げ始めるのは、その後の材料にニンニクの香りを移せるようにだそうです
料理の作業の順番には合理的な理由があります
どうしてその順番なのかを知るのは興味深いです

揚げた唐辛子を叩いて粗くつぶしたら、揚げたニンニクをよく混ぜ、再度フライパンで加熱
海老も加えて最後にコブミカンと胡椒、ネギも炒めたら出来上がり
b0254207_23455139.jpg


私はNさんと、久しぶりにお会いできた(*^_^*)さんと3人の班  LUCKY!
(*^_^*)さんはぷろふぇしょなるな方  Nさんもエスニック系料理に精通なさっている方
他力本願な私にとっては、頼れるお2人のおかげで、このように美味しい実習ができました
b0254207_2349231.jpg

b0254207_23494325.jpg

Nさん、(*^_^*)さん、有難うございました

美味しいお料理を教えてくださったダー先生、通訳のIさん、有難うございました
夏のメニューがHPにUPされるのが楽しみです

レッスンの後、Nさんとタイランドで食材を買って、成城石井でも買い物して、一緒にTXで帰りました
Nさんの御厚意で家まで車で送っていただきました
お疲れのところ遠回りになり、申し訳ありませんでしたが、おしゃべりタイムが延長されてうれしかったです
また御一緒できる時には、よろしくお願いいたします 
(可愛い「ぐりとぐら」のマスキングテープを有難うございました  大切に使います<(_ _)>)
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2016-05-07 23:56 | Cooking Lesson | Comments(0)
<< もこもこモッコウバラの盛りが過... パリ・ブレスト >>