ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールの復習

イルプル本科Ⅰの再受講へ行きました
初めてみるルセットではないという点では気分的にわずかに余裕を感じられますが・・・実習が始まって作業中、先生がわきを通られる時、6年前の本科生の時とは違ったドキドキがあるのも確かです

今回のレッスンではメニューは3つ
先週のシャルロット・ポワールで復習したビスキュイの更に復習を2つのメニューでできるという狙いがありました
おまけに、同じ班には先輩生がいらっしゃって、先生に質問をなさっている様子を耳を澄まして目を凝らして・・・とてもいい勉強になりました

今日UPするのは「Biscuit a la cuillere ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」です
卵黄に砂糖、卵白に砂糖を2回に分けてそれぞれ泡立てたものを合わせて粉を混ぜただけのシンプル極まりないお菓子ですが、泡を潰さないようにしっかり混ぜないと、湿気る原因にもなります
b0254207_22534868.jpg

手前はナチュール、私が作りました 太ー!&不なめらか
緑っぽい茶色の方はアールグレー、先輩生が作られました ほっそり&まっすぐ♪
サックリ軽やか 卵の味が良く出ています  
私の横から「タマゴボーロみたい」というコメントが耳に入りましたが、確かに粉臭くないタマゴボーロっぽいです

これだけでも立派なおやつですが、アイスクリームに添えると、また違った美味しさも感じられるでしょう

昨日UPしたケーキのように(ワンパターンですが)小さいリボンをつけてお隣さんにおすそ分けしました
アールグレーとナチュールを合わせると、持ち帰り60本ぐらいあります
湿気ないうちに美味しいうちにおすそ分けするのがいいです
b0254207_2255870.jpg


レッスンにカメラを持って行っていなかったので、先輩生の方に先生のビスキュイの写真をおくってくださるようお願いしました
b0254207_22575075.jpg

このお写真は今回のデモで作られたものではなく、以前のものだそうですが、どのぐらいふっくら絞るのかというお手本を残しておきたかったので、とても有難かったです<(_ _)>
私が絞ったのは太いだけでなく、少し平べったい?  泡が消えていたからでしょうか 
作り直しの課題です  この課題を本日の備忘録に残します
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2016-06-10 23:05 | Cooking Lesson | Comments(0)
<< ケック・オ・ノアの復習 ラスベリーのミニ・ケーキ >>