草ぬきとタイ料理レッスンとMOUSSE COCOレッスンと

今日は日曜日 明日は海の日なので連休です
今日のレッスンはSさんと『ムース・ココMousse coco』でしたが、ご実家でご不幸があったと昨日連絡があり、お休みとなりました
ご冥福をお祈りいたします

さて数日UPしていなかった水曜日から昨日の土曜日までの自宅レッスンについての備忘録を少しずつ書きます

14日の水曜日は盛りだくさんな1日でした
世の中には良い人がいらっしゃるもので、フランス料理のクラスでお知り合いになれたShiさんが朝7:00すぎから庭の草ぬきを手伝ってくださいました
草ぬきをしながら、私の頭の中では『アメイジング・グレイス』の「・・・私のようなろくでなしが救われた」というあの1節がずっと鳴っていました
9:00過ぎまで黙々と草を抜いて、庭の真ん中には草の山
数日干してカサを減らそうと思いました
結局、雨のおかげで干せませんでしたが、ある程度草がしんなりしましたので、今日袋に詰めてごみ収集の日を待つことに
b0254207_1728214.jpg

これは今朝の草の山の状態
水曜日の抜きたての時は草がしっかりしていて、もっとうず高く小山になっていました
Shiさん、有難うございました m(__)m

草ぬきの後、Shiさんと一緒にタイ人の友達Nさんのお家へ(^^♪
Nさんのタイ料理レッスンです
メニューは『カオソーイ』と『タプティム・クロープ』
まず『タプティム・クロープ』から始まりました
タプティムとはザクロ、クロープとはサクサクした食感を表す言葉だそうです
材料のクワイのシロップ漬けがサクサクした食感です
これを1cm角に切って、食紅でピンク色に染め、タピオカ粉をまぶして茹でると
b0254207_17291972.jpg

なるほど、ザクロのように見えます
ココナッツミルクとシロップを合わせたものに入れていただきます

『カオソーイ』はカレーラーメンです
ペーストを作るのは大変なので、カレーペーストを使います
レッドカレーペーストにターメリックを加えて代用できるそうですが、やはり別物
今回はお里帰りなさった時に購入なさったペーストを使いました
半量のココナツミルクを沸騰させていい香りが出たらペーストを入れてしっかり炒めることが大切なポイント
お肉も入れてその他の材料も入れてしばし煮込みます
その間に、トッピング用の麺を揚げて、カレーに入れる麺を茹でて・・・
試食タイムです!
b0254207_17294889.jpg

小さい器に入っているのは、緑はパクチー、黄色いのはマスタードレタスの塩漬け、紫色のはホームデン  
そしてジャムの瓶に入っているのはNさんの手作り絶品唐辛子油!
b0254207_17301510.jpg

トッピングをのせて、いただきます♪

Shiさんはスパイスのきいた料理はお好きだとおっしゃっていましたが、Nさんの辛さは大丈夫かしら・・・と、心配でしたが、イイネ!をくださいました
よかった~ (*^-^*)
Nさんも嬉しそうでした  

試食にいただいたのはNさんがデモで作ってくれたもの
Shiさんと私もデモのあとにたっぷり作らせてもらい、カレーもタプティム・クロープもたっぷりお土産に持たせてくれました
おまけにガッパオの葉とパクチーもいっぱい♪
Nさんの霞ケ浦の近くに住んでいるお友達が山盛り買って分けてくださるそうで、Shiさんと私にもおすそ分けだそうです  Nさん、有難うございますm(__)m
お盆休みにタイへ遊びに帰るとのことですので、また夏休みが終わったらレッスンをお願いいたします

お腹いっぱいになって幸せ気分で家に戻り、庭の真ん中に積み上げられた草野山を見て心が軽くなり、さて15:00からは自宅レッスン 気合い入れてイコー

予定では15:00からでしたが、お越しになるTさんから「すみません、少し遅れます」という連絡が・・・
どうなさったのかしらと思ったら、「KOOさんにお豆腐を作っていたんだけど、にがりを変えたら固まらなくて・・・」と
(´;ω;`)ウッ… なんとも嬉しいこと  
私に手作りのお豆腐を・・・なのに「すみません・・・」だなんて連絡くださって
お気持ちだけで十分です
それより、Tさん、ごめんなさい  きっとお仕事がお忙しいのだろうと思っていました

塩麹、七味唐辛子、山椒とじゃこの佃煮など、毎回美味しいものをお土産に下さるTさんのお豆腐が固まらなかったのは本当に残念でしたが、畑で作られた茄子とトマトのソースをいただきました
御馳走さまです
b0254207_17323787.jpg

・・・で、Tさんとのレッスンは『ムース・ココ』
15cm1台ではなく、6cmセルクルで10個というご希望でした
15cmで仕立てるならビスキュイの絞りは1cm口金ですが、6cmのセルクルでは太すぎますから、口金は6mm
薄い生地に焼いて、セルクルにはめていくのは結構難しいです
3つ目ぐらいまでは「割れた・・・」とか何とかおっしゃいながら作業なさっていましたが、4つ目ぐらいからは「あ♪学習した~(*^^)v」と、作業の手が加速 
めでたく10個型にはめられ、ココナッツのムースを流して、イタリアン・メレンゲをのせてお帰りになりました
そして、お帰りになった後に気付いた事  写真撮り忘れました (/ω\)

Tさんは茨城の古い地区にお住まいです
こうして作られたお菓子はご近所への手土産やご家族の集まりに出されるそうで、このように6cmのセルクル仕立てなら切り分ける必要がなく便利ですね
(私が作ったムース・ココの写真で失礼します)
b0254207_173338.jpg

ご高齢の御家族のお世話だけでも大変だと思いますが、御自分の仕事や趣味にもお忙しくすごしていらっしゃるTさんを見習わなくては
・・・いいや、私には真似できないパワーの持ち主です  

Tさん、この日も楽しいひと時を有難うございました
また来月もお越しくださるとのこと、お待ちしています

14日の水曜日は、このように朝、昼、午後とも大好きな方たちと過ごせた1日で、本当に色々感謝を感じる日でした
Shiさん、Nさん、Tさん、有難うございました
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2016-07-17 17:33 | Cake | Comments(0)
<< ジャルジー JALOUSIE フルーツ・サンドとラスク >>