小豆のババロア

先日、煮ていた小豆を使って作った『小豆のババロア』 できたて~♪ 
1時間前に仕上げのジュレを流して、冷やして固めておいたのですが、まだ固まりが弱くて、ジュレの先っぽから緩んできています
b0254207_13271407.jpg
これは古い『イルプルの1年』からのメニューなのだと、府中の先生に教わりました
オリジナルでは中生地無しなので、私もそれに従って作りましたが、中生地はあったほうがいいかもしれません
と申しますのも、生地の部分が周囲のシマシマと薄い底生地だけで、ババロアとガナッシュとジュレに押されている印象強

ババロアの部分は底生地の上で、ラクテ・ミルクチョコとスィートチョコのゲアキルと煮小豆のババロアです
ここは小豆メイン
このババロアの上に、ラクテと小豆のガナッシュがのっていますが、ここでは小豆は控えめ
仕上げのジュレはグラニュー糖だけでなく、黒糖入り
凝固剤はジャムベースとコーンスターチを混ぜたものですので、その舌どけはサッとしていなくて、やわやわ&もわ~ん です
これでは伝わりませんね 葛湯を思い浮かべてください  少しイメージをつかんでいただけたでしょうか

このお菓子は、イタメレ無し、パータボンブ無しの有難い一品です
少々気が早いですが、お正月のお菓子にいかがでしょうか

・・・気が早いと言いましても、あと2か月半で年の瀬が来ますから
また年越しの準備です  そして年を越したら、私もまた1つ年を取る・・・(´;ω;`)ウッ… 

ところで、実は・・・小豆を一人で煮たのは53年間生きてきて初めてでした
うすい豆とかは作ります
レンズ豆やガルバンゾー(ひよこ豆)も煮ます  でも、小豆は初めてでした

それというのは、小豆、大豆、その他いろいろな豆WORKは、いつも母のお気に入りの仕事で、私が出る幕なし(+子供の頃の私はそもそも豆嫌い)だったからでした
少し肌寒くなって、ストーブが部屋に出てくると、小豆→おでん→大豆→肉じゃが→ひじきと豆→小豆・・・と、ほぼこのローテーションでストーブの上に鍋がかかっていました
たまに、ホイルで巻かれたサツマイモものっていましたが、このローテーションを子供の私は「負の循環」と心の中で呼んでいました

必要は発明の母ですよ  いや、ちょっと違いますね・・・必要は実践の母ですよ
必要性がないと、やる機会もありません
思ったより、煮崩れず ふっくら出来上がりよかったです

窓を開けっぱなしにしていたら、寒くなってきました
今だ半袖Tシャツなので、さすがにこの気温では寒いです
皆さま、急激な温度の降下に風邪などひかれませんようにお気を付けください

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2016-10-10 14:20 | Cake | Comments(0)
<< 賞味期限切れのアーモンドスライ... リンゴ >>