チョコレートの再受講 1回目

昨日はイルプルー本科1の再受講へ行きました
教えていただいたのは『トリュフ・キュラソー』『トリュフ・カルバドス』『トリュフ・リカール』『スリーズ・ア・ロ・ド・ヴィ(サクランボのボンボン)』、そして『アマンド・ショコラ』
ちなみに、『トリュフ・リカール』はデモのみでしたので、下の(私が作ったチョコちゃん達の)記念写真にはのっていません。
b0254207_20103348.jpg
6年前に習ってトラウマになっていたチョコレートのレッスン1回目
嫌いです、嫌です、やりません・・・と、いつまでも逃げているのはもうやめにしようと思い、勇気を出して再受講に臨んだわけですが、チョコレートのように目に見えない結晶が云々というのは、化学や物理と同じで最も理解できないものの1つ

まずはガナッシュをボーラーでガナッシュを丸く抜く作業からレッスンは始まりました
チョコレートに臆病な私は、ギュギュっとボーラーをチョコに差し込んで手早く抜かなければならないのに、どうしても小さめに抜いてしまいます
配られたガナッシュで20~25個抜くところ、27個も抜いてしまいました
上掛けチョコのテンパリングは午後からでしたが、なんとか上手くいきほっとしました

サクランボのスリーズ・ア・ロ・ドヴィではフォンダンの中でサクランボの柄が取れてしまい、サクランボが水没状態
仕方がないので、手で取り出して、それはそのまま口に入れ、スタッフさんにもう1つ柄が付いたものをもらいました
(ФωФ)フフフ・・・ わざとやったんじゃないんですよ

銅ボウルの中で砂糖がけしたアーモンドをチョコレートでからめていくアマンド・ショコラ
香ばしくて、食べだしたらポリポリ・・・ポリポリ・・・止まりません

こちらは先生の作品です
b0254207_20104439.jpg
b0254207_20105533.jpg

お習字が下手くそな子は、手は墨で真っ黒、机も墨で真っ黒になるもの
チョコレートも同じ
手はチョコだらけ 机もチョコだらけ タオルもチョコだらけ
スタッフさんに「今夜、チョコレートの夢見るかも」って言ったら、笑われてしまいました
でも、あと3回の再受講を受けているうちに、トラウマ克服可能な予感
今更何言ってるんだ?と思われるかもしれませんが
苦手意識をなくすためには、何度も練習することですね 
成るより慣れろ 練習することで作業がスムーズになりますから

2回目の再受講は2月2日
この日は本科Ⅰ以来のお友達のTさんが御一緒♪ちょびっと同窓会気分で嬉しい
同じ班になれるかしら(*^-^*) なれたらいいなぁ・・・
スタッフさん、お願い~ 同じ班にしてくださいませ










[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-01-27 20:48 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< なんの変哲もない、でも食べ飽き... ヘアスタイル >>