本日のレッスンは『シブースト・オ・マロン』

今日のレッスンはOさんと『シブースト・オ・マロン(栗のシブースト)』を作りました
これはイルプルー卒研3で紹介されるメニューです
代官山の教室では18cmのタルトリングで作りますが、私はヘラクープを持っておらず、切り分けるときに表面のキャラメリゼを割ってしまうことになりますので、Oさんには7cmのタルトリングで作ることをお勧めしました

生地は前日に作って休ませる必要があるので、私がご用意したものを使っていただき、7cmタルトリングに生地を敷きこむところからレッスンを始めました

生地はサツマイモの裏漉し入りシュクレ生地
空焼きした後、栗の裏漉しを入れたアパレイユにマロンコンフィを角切りにして再度焼き、栗のシロップを使ったイタメレを作ってシブーストクリームをのせます
栗のシロップは糖度が非常に高く、100℃ぐらいまではさっさと上がってくれますが、そのあと110℃になるまでに数分かかり、さらに117℃(温度計がなべ底についていたら119℃)になるまでまた時間がかかります
ホイッパーで常に泡切りしながら作業しないと、温度が上がりません

仕上げにグラニュー糖2回、粉糖1回振ってキャラメリゼ
ご覧ください、Oさんのシブーストです
b0254207_18241960.jpg
キャメライザーでの作業は初めてだったと思いますが、Oさんはきれいに仕上げられました
え? 私の作ったシブーストですか
Oさんがこんなにきれいに作られたのですから、わざわざUPする必要などございません (ФωФ)フフフ・・・

・・・実はキャラメリゼが下手でーす
今日も何となく負けた気分ありでーす (^^;)

Oさんからたくさんのヨーグルトとコーヒーをいただきました
b0254207_18285655.jpg
いつもお気遣い有難うございます
色々なフレーバーのヨーグルト、今夜のデザートに早速いただきます

今日のシブーストは生地を敷きこんで1時間休ませ、空焼き、アパレイユを焼き・・・と、待ち時間がちょくちょくあるメニューで、朝10から始めて夕方4時過ぎに終わりました
でも、Oさんと途絶えることなくずっとおしゃべりしていたので、終わって時計を見て驚きました
楽しい時間はあっという間です
Oさん、お疲れ様です
またお会いできる日を楽しみにしております
今日も有難うございました



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-01-31 18:47 | Pastry | Comments(0)
<< 2月に入りましたが、1月レッス... 今日も負けたぁ~(^^;) >>