リンゴのジャム900g作ったから、『ショソン・オ・ポム』が沢山できる♪

店に並んだ早生ふじ、トキ、王林、秋映、紅玉・・・いよいよリンゴの季節です
リンゴのパイには紅玉というイメージですが、イルプルではふじを使います
でも今はまだ早生ふじです
だったら、いっそ違う種類のリンゴを使ってみようと思い、秋映を6つ購入してジャム作り
皮を剥いて銀杏切りにして、ワインや砂糖で約1時間煮込んで味が凝縮したら煮るのは終了
出来上がりは900g
大きい空き瓶に入れて保存

これが出来たら早速『ショソン・オ・ポム』でしょ♪
先日はレモンのカスタードを入れましたが、今日のはリンゴのバージョン
明後日の金曜日にイルプルで『ミルフィユ』と、このお菓子を再受講するので「予習しておかねば・・・」と、思っていました
復習、間に合いました
b0254207_17332386.jpg
今日使ったコンポートは50g×4個分で200g
ということは、上の瓶に入っている残り700gを全てショソン・オ・ポムに使ったら、あと14個作れるということ
まあ、随分沢山のショソンが焼けそうですわ 

もう見たくなくなるぐらい練習したら、少しは上手になるかしら (ФωФ)フフフ・・・
練習しているって思っているだけで上達しない場合もありますが
そういう悲しい結果にならないよう、明後日は再受講でしっかり復習してきます

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-10-11 20:22 | Pastry | Comments(0)
<< ノワゼットとレーズンのパウンド すぃーと・ぽてと >>