サツマイモとバナナのタルト

今日は自宅レッスン日♪
お越しくださったのはいつも元気はつらつ☆マダムTさん
ご希望いただいたメニュー『サツマイモとバナナのタルト』
実は、他にご希望のお菓子がありましたが、私が作ったことない焼き菓子だったので、このお菓子になりました
焼き菓子というのは本当にシンプルであればあるほど、混ぜ方で出来上がりが変わります
まずはお手本を試食して、何度か(何度も)練習してみないと不安ですので、このむねをお伝えしたところ、御了承いただいたというわけです

マダムTはお菓子作りベテラン
ですので今日の作業も(昨夜作っておいた)生地を伸して、1時間休ませている間にサツマイモを煮て、クランブルも作って、シュクレ生地のレッスンもして、空焼きしたあと(昨夜仕込んでおいた)クレームダマンドとサツマイモとバナナとクランブルをのせって焼きました
焼いている間に、クレームダマンドのレッスンもして・・・実に予定通りの運びとなりました

焼きあがったのはこちら
b0254207_18542652.jpg
大きい方がマダムT作、直径16cmです
小さい方のが私作、直径13cmです

冷ましている間に賄の昼ご飯&おしゃべり&試食タイム
b0254207_18543660.jpg
やっぱり焼き立てのサクサのクシュクレ生地とザクザクのクランブルは美味しい
そして、バターの良い香り
この焼き立ての味わいを知ってしまうと、クセになりますぞ(ΦωΦ)フフフ…

マダムから嬉しいいただきものです
いつもながら手作りお土産をくださり、恐縮です
今日はマダムの畑で取れた胡瓜と生姜の古漬けとちりめん山椒です
ご飯が止まりません
b0254207_18544796.jpg
この古漬けとちりめん山椒と味噌汁(このお味噌もマダムが以前作ってくださったものです)があると、ご飯止まりません
有難うございます
私を更に太らせてくださいまして・・・

今日も楽しいひと時を有難うございました
今日お持ち帰りになった生地とクレームダマンドで復習なさってください(*´ω`*)
またお目にかかれるのを楽しみにしております



[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-19 19:09 | Pastry | Comments(0)

お雛様 &桜餅のつくレポ♪

ここ数日、オリンピックの中継を見ながら何かをするという「ながら族」状態
普段はテレビをほとんど見ませんが、立っているのもやっとなツルツルの氷や雪の上を華麗にアクロバティックに行われる競技には目が釘付けです
今、フリースタイル男子スロープスタイルの決勝中継中
おそらく鳥で蝶さえできないような飛び方を人間がするのですから、見ていてドキドキ惚れ惚れしてしまいます

テレビばかり見ていては疲れるので、昨日、3年ぶりにお雛様を出しました
お雛様、お久しぶりです
b0254207_13513201.jpg
お内裏様も、お久しぶりです
b0254207_13514206.jpg
その他、左大臣さま、右大臣様など皆様ご機嫌うるわしく・・・ん?三人官女の一人の髪の毛がに一部白髪に?!
お人形さんの髪が伸びるという話を聞いたことがありますが、うちのお人形さんは白髪に?!

・・・いや・・・よく見ると、カビです
申し訳ないことに、髪にカビがでているではありませんか
「ごめんね」と、謝りながらアルコールで髪と着物を拭いてあげました

去年うっかりしていて人形用の防虫剤を入れ替えないままだったせいでしょう
母方の祖父が「これが最後の孫かもしれない」と言って、足を引きずりながら54年前に買いに行ってくれたというお雛様、祖父の言葉通り、私が祖父が見ることができた最後の孫だったそうで、大切なお雛様なのです

お供えのお菓子がなかったので、急いで小さいサブレを作りました
b0254207_13520123.jpg
黄粉があったら、黄粉ボールにしようと思いましたが、黄粉がなかったので、クルミとホワイトチョコを入れたイルプルの『ロシアン・ティー・ケーキ』を作りました
これが、食べだしたら止まらない・・・"(-""-)"気が付いたら3つぐらい食べてしまっていました

お供えする前に3つも!
重ね重ね申し訳ありません、お雛様
今年は少し早めに出しましたので、どうぞゆっくりしていってください

話は変わりますが、先日のレッスンで出た『桜餅』のつくれぽをKaさんからいただきました
形がきれいにそろっています
美味しそうです(*^。^*)
b0254207_15320303.jpg
このつくれぽを拝見して、どうしてお雛様のお供えに桜餅を作らなかったのかしら・・・と、思いました
道明寺も桜の葉も餡子も麹紅も・・・材料はそろっているというのに
何だか不思議です

Kaさん、つくれぽ有難うございました
Kaさんのおかげであんこのお菓子(和菓子)の楽しさを思い出しました
それと同時に、以前日本語クラスにいた外国人の生徒達が示したのあんこへの様々な興味深い反応を思い出し、思い出し笑いしてしまいました (*´ω`*)




[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-18 14:22 | いろいろ | Comments(0)

ビッシュ・ド・ノエル・オ・ノワ・ド・ココ(ココナッツとバナナとパイナップルのビッシュ)

今日のブログは、一昨日木曜日にお友達のMさんと一緒に行った府中の先生のところでのレッスン備忘録です
この日はMさんと私は別々のメニューでした
これって、本当に先生に申し訳ないことですので、どちらかのメニューにしようと思いましたが、「大丈夫よ」というご厚意に甘えて別々のものを習いました

私が教えていただいたのは、この『ココナッツとバナナとパイナップルのビッシュ』
b0254207_15441190.jpg
間もなく春ですので、ビッシュ・ド・ノエル仕立てにしませんでした
お菓子を構成するパーツは、上生地(ビスキュイ・オ・ザマンド・レジェール)、
底生地(ココナッツのダックワーズ)、
生パイナップルをジューサーにかけた果汁と実を固めたコンフィチュール・ド・アナナ、中詰め用のムース・オ・ノア・ド・ココ(ココナッツのムース)、
そして、外塗り用のココナッツのバタームースです
外生地の作り方が少しかわっていて、ローマジパンに水を加えてから卵黄を入れます
外塗り用のムースはバタームースと書きましたが、卵黄そのままではなく、アングレーズを炊いてからバターに混ぜます

このお菓子、とても美味しくて「よし、また作ろう!」と思いますが、それを阻む難点は生パイナップルジュースをジューサーにかけることでしょうか
パイナップルの繊維、半端じゃないですから
いやいや~ これは面倒ですよ
先生、面倒なお菓子を希望してしまい、すみません

さて、こちらはMさんのケーキです
b0254207_19511753.jpg
昨年夏のドゥニさん講習会で出されたチョコレートのケーキです
5種類のチョコレートを使うという、ただのチョコレートケーキではありません 
だって、ドゥニさんのケーキですから

木曜日も、いつものように先生にこうしてお昼をいただき、
b0254207_19520303.jpg
チョコレートもいただき、
b0254207_19522593.jpg
試食のケーキもいただき、
b0254207_19525771.jpg
有難うございました

3月もよろしくお願いいたします
3月のレッスンはピスタチオとチョコレートのケーキです(ΦωΦ)フフフ…うれしぃ


[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-17 19:54 | Cake | Comments(0)

もうすぐお雛様♪あんこと抹茶カスタードクリームのシュー&桜餅レッスン

毎月Kuさん、Kaさん、Chiさんの仲良しさん達がレッスンにお越しくださっています
今日はChiさんが体調不具合になられてお休みでしたが、今日のレッスンでは「NO 餡子, NO SWEETS LIFE!」というほど餡子LOVEなKaさんのご希望で『あんこと抹茶カスタードのシュー』が登場
b0254207_19383577.jpg
シューの底に餡子、その上に抹茶カスタード、さらに生クリーム・・・という3段重ねの和風シューです
今日のお抹茶はイルプル御用達の「宝相華」をたっぷり使いました
シューを口に入れると、お抹茶の味が少しきつく感じられますが、このくらいしっかり抹茶をきかせないと、せっかくのお抹茶の意味がありません
抹茶カスタードは甘み控えめ
かなり甘さ控えめにしたのは、あんことの甘さプラマイ関係の為です
生クリームには砂糖を入れていません
ザッハトルテに添える生クリームにも砂糖がほぼゼロであるのと同じです

シュー生地のレッスンは今回で3回目ぐらいでしたので、KaさんもKuさんも落ち着いて生地を作られました
こちらはKaさんのシューです
抹茶カスタード、あんこ、生クリームの順に絞って入れられたのは、あるサイトでご覧になったシューの形態がこのようだったからだそうです(*^。^*)
b0254207_19381438.jpg
そして、こちらはKuさんのシュー達
クリームの順は私と同じで、抹茶カスタードの下に餡子が隠れています
b0254207_19382328.jpg
仕上げに抹茶を茶こしでふるいましたが、お二人のシューの写真をパチリとしたときには、まだ仕上げが終わっていなかったんですね
私、すぐに写真を撮り忘れるので、今日は忘れないように焦って先に撮ってしまっていたようです

もうすぐお雛様ですので、和風のシュークリームにもう一品作ったのは
b0254207_19384558.jpg
関西風の道明寺粉を使った桜餅です
紅麹がネットで見つかったので使いました
この写真では残念ながら認識できませんが、やはり普通の食紅とは色が違います
b0254207_20092631.jpg
これも蛍光灯の下での写真なので色がわかりにくいですが、いわゆる薄紅です
香りはお酒の香りがほのかにします
桜餅には紅麹がいいです

お二人から嬉しいいただきものです
中東のお金持ち国ドバイへ行っていらっしゃったKuさんからのお土産=金塊
b0254207_19385357.jpg
・・・ではなく、金塊インゴットの形をしたPatchi社のチョコレート
ミルクチョコレートの中にヘーゼルナッツのチョコレートがはいっています
Patchi社はヨーロッパのゴディバ、ドバイのパッチと言われるそうで、アラブ代表のチョコレート社だそうです

Kaさんからは、お庭から持って来てくださった蕗の薹
b0254207_19390276.jpg
Kaさんのお薦めは蕗味噌だそうです
「春は苦い味で体を起こすんや」と、30年前に辻の和食のクラスで習いました

Kaさん、Kuさん、今日も楽しい時間と美味しいお土産を有難うございました
Chiさん、お大事に
次回は4月にお目にかかりましょう(*´ω`*)



[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-16 20:26 | 和風Sweets | Comments(0)

娘の料理備忘録

こんばんは、娘です。
今週2回目の備忘録です。

『さばの赤ワイン味噌煮』
甘さを抑えてさっぱりとした味が新鮮です。
赤ワイン・生姜・醤油・水で煮てから味噌を加えました。
好みで、はちみつを入れて甘さを調節できます。
b0254207_13552411.jpg

『豚肉のにんにく味噌揚げ』
にんにく・生姜・味噌・醤油で下味をつけてから揚げました。
厚みがある為、切ってもボリュームが出て良いです。
小麦粉・片栗粉を衣に使用しているため、サクサク食感になりました。
b0254207_17464373.jpg

『八角ゆで鶏のせご飯』
台湾料理を作ってみました。
鶏胸肉を太ネギと八角で茹でました。
タレは、太ネギ・ごま油・醤油・黒酢・砂糖・五香粉を混ぜ合わせて作りました。
b0254207_17462961.jpg

『ブロッコリーと鶏肉のマヨ炒め』
鶏肉は唐揚げ用を使うと下ごしらえが不要なので便利です。
ブロッコリーが炒めている途中で蒸気で柔らかくなりすぎてしまうので注意です。
マヨネーズの他に醤油・砂糖が入っているのでこってりしすぎなく、味には飽きないと思います。
b0254207_17583060.jpg

『揚げずにチキンカツ』
叩いてのばして焼くだけです。
ディープフライではなく、油大さじ2程で皮目を下にして焼いていきました。
パン粉の中には、粉チーズ・パセリが入っています。
b0254207_17581982.jpg

『焼かない焼き豚』
何回目か忘れた程料理したこの品がやってきました。(2回程しかしてない)
包丁・まな板を使わずレンジのみでできる手軽さはとてもいいです。
肉は豚ロースで料理しましたが、豚ヒレでも柔らかくて特に歯が悪い人は特におすすめです。
b0254207_17575847.jpg

『フォー』
ベトナム料理の定番を手軽に作れました。
スープは、にんにく・太ネギ・生姜・酒・鶏ガラスープ・ナンプラーが入っていて、さっぱりとした味となっています。
肉は鶏ささみを使いました。
パクチーなど乗せて彩りを入れてもいいと思いました。
b0254207_21340151.jpg

『スペアリブ角煮』
30分程の時間でも味がよく染みます。
焼酎と普通の料理酒を半々に使って醤油と水で煮ました。
あとで、砂糖で好みの甘さにして味を調節しました。
b0254207_21334651.jpg

『煮込みハンバーグ』
ケチャップの代わりにトマトピューレ、トマトペースト、赤ワイン、ブイヨン、ローリエを使って煮込み、濃縮した旨味を出しました。
ハンバーグは、つなぎ役になるパン粉を使用するのではなく、高野豆腐をすり下ろして代用しました。
b0254207_21333532.jpg

『にんにくナンプラー餃子』
具材や調味料を少し加えるだけで、新しい食感や風味が出来て飽きずに食べられます。
具は、鶏胸のひき肉・キャベツ・にんにくのみじん切りを混ぜてガッツリ系です。
ナンプラー・砂糖を味付けとして加えているので、エスニック風になりました。
b0254207_21373361.jpg
中身はこのような感じです。
b0254207_21341645.jpg


今日はバレンタインです。
万年チョコを食べている私には全く関係ないですが。
空にバレンタインの日なので肉をあげようと思ったのですが、いつも母と10時のおやつや3時のおやつを食べているのでやめました。
空のためだから。なんて。

では、また。

[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-14 22:30 | 娘の料理 | Comments(0)