カテゴリ:Cake( 464 )

Hummingbird cake & Bouchée

今日の自宅レッスンではタイ人のお友達Nさんとアメリカンケーキの代表的ともいえる『Hummingbird cake」とフランス語で「一口」を意味する『Bouchée(ブーシェあるいはブッセ)』を作りました

まずは『ブッセ』からスタートです
ステップ1:卵黄に砂糖を混ぜる
ステップ2:卵白に砂糖を数回に分けながら加えて泡立てる
ステップ3:卵黄と卵白を合わせて混ぜ、薄力粉とコーンスターチも加えて混ぜる
ステップ4:絞り袋で丸く絞り、粉糖をかけて12分焼く
ステップ5:好みのものをサンドして仕上げる (→このステップ5は食べる前に♪)

ブッセを12分焼いている間に『ハミングバード・ケーキ』の生地を作ります
ステップ1:油+卵+りんご+バニラエクストラを合わせる
ステップ2:そこに砂糖+粉ベーキング・ソーダ+シナモン+塩を加えて混ぜる
ステップ3:そこにピーカンナッツ+バナナ+パイナップルを加えて混ぜて30分焼く
ステップ4:粉糖に水分を足して焼きあがったケーキにかける

「なんて簡単にできるお菓子でしょう(*´ω`*)」と、喜んでいただけました
Nさんの息子さんは生クリームは好きではないそうですが、アイスクリームは大好きだとのことですので、今日のブッセの試食はバニラアイスとイチゴにしました

可愛いもの大好きなNさんのために、ちょっと可愛いものアイテムを並べてみました
b0254207_15241688.jpg
私としたことが、絞り方が悪くてブッセが三度笠のように中心に角が立ってしまいました
b0254207_15243063.jpg
ね、表面が平らではないでしょう  
「こんな、ぶさいなくブッセを見たときには『ぶっせぇ~( ゚Д゚)』って、言うのよ」って、Nさんに関西的ダジャレを教えてあげようと思い言ってみましたが、まったくつうじませんでした
b0254207_15244145.jpg

Nさんが作られたブッセは冷めた後、タッパーに入れてお持ち帰りです
b0254207_15265994.jpg
お家でいろいろサンドしてくださいね

「ハミングバード・ケーキ」が焼きあがって、粗熱が取れたので粉糖に牛乳を加えてグレイズをかけました
b0254207_15245336.jpg
Nさん、真剣にかけています
今日は14cmのクグロフ型を使いました  
地味な焼き菓子もこういう型を使うと可愛く見えます

お持ち帰り用の箱がないとのこと・・・
うちにちょうどいい大きさの新しい箱がなくて、棚の上にのっていたアンリ・シャルパンティエの箱に入れてあげました
Nさん、新しい箱じゃなくて、ごめんなさい
b0254207_15252596.jpg
このケーキはりんご、パイナップル、バナナ、ピーカンナッツでいっぱいです
b0254207_15251439.jpg
今日はバナナが熟れ熟れで、香りはほぼバナナONLY状態
バナナ好きなNさんでよかったです
「バターではなく、オイル(今日はキャノーラ油)で作ったケーキなので、冷蔵庫で保存しても固くなりません」と、一言加えておきました

ネイティ・アメリカンにとってハミングバードは愛と幸せのシンボルだと聞いたことがあります
今夜の夕食後のデザートに(ご主人は健康診断前なので炭水化物を甘いものを控えていらっしゃるそうですので)息子さんと楽しいお茶の時間をお楽しみください
Nさん、今日も楽しい時間を有難うございました

最後に少しアナウンスを・・・
Nさん(ナタヤさん)のタイ料理のレッスンが茎崎のふれあいプラザで6月22日(木曜日)10:00~13:00で行われます
今回は市販のペーストを正しく使って作るグリーンカレー他、卵のおかずと小さいデザートだそうです
色々売っている市販のペーストですが、Nさんが「これが一番おいしいと思う」というものをお使いになるそうです
今回のレッスンでは、3品ぐらい(メイン+サブ+小さいデザートで定食風?)を・・・という提案があったそうで、カレーのペーストから作るには時間が少々厳しそうなので、市販のペーストを使用することにしたそうです
ご希望があれば、今後はバイマックルーやカー、ホームデンなどでペーストから作るグリーンカレーのレッスン、タレから作るパッタイ、ガッパオなどのレッスンも行いたいとのことです
ご興味のある方、お知り合いでタイ料理を始めようかと思われる方がいらっしゃいましたら、是非どうぞ<(_ _)>

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-22 16:05 | Cake | Comments(0)

白い野ばらと抹茶のケーキ

昨日はバラのアンジェラをUPしましたが、今日は野ばらです
この花は桜がバラ科であることを証明しているような姿です
オールドローズやイングリッシュローズのような優雅で艶めかしい香りではなく、少し鼻にツンとくる野性的な香りがあり、蜂たちのお気に入りのようです

今年は春先にかなり刈り込んだので、例年に比べて花は20%
でも、それなりに花をつけています
今年の野ばらさんは『抹茶のケーキ』と記念撮影です
b0254207_20462817.jpg
花が咲いて二日後にはもう散り始めます
b0254207_20424213.jpg
秋には赤い実がどのぐらいできるかしら

さて、今日は自宅レッスン日でした(*´ω`*)
Chiさん、Kuさん、そしてKaさんの元同じサークルの仲良しメンバーさんと上の写真にある『抹茶のケーキ』を作りました♪
焼き菓子が続いて、ババロアは久しぶりでしたが、皆さん和気藹々とビスキュイ生地を焼き、抹茶のババロアを作って、その上に抹茶のシャンティショコラを流して、すべての作業をこなし、
b0254207_20444488.jpg
こちらはChiさん(手前)とKuさん(奥)の作品で、
b0254207_20452141.jpg
こちらはKaさんのです
Kaさんは煮小豆をケーキの半分にサンドなさっているので、お豆さんの姿が見えます
b0254207_20451179.jpg
「小豆を煮てあるので、お好みで入れてくださいね」なんて言っておきながら、すっかり忘れてしまいまして、KuさんとChiさんは抹茶のシャンティショコラを入れた後・・・(;'∀')すみませーん
Kaさんはシャンティショコラをババロアの上に半分ぐらい置いた状態だったので、ババロアを少しのけて小豆を半面だけ並べられました
元のルセットにはこの小豆は入っていませんが、少し変化をつけてもいいかしらと思いまして
KuさんとChiさんはカップに小豆を入れてお持ち帰りです
b0254207_20450167.jpg
久しぶりとは思えないほどきれいな仕上がりでしょ

試食タイムで私が作ったのを召し上がっていただきました over a cup of coffee made by Kaさん
Kaさんのコーヒーの淹れ方講義付きでしたよん♪
(お客さんにコーヒーを淹れてくださーい、なんていう教室はなかなかないでしょう (* ̄▽ ̄)フフフッ♪)

Kaさんから嬉しいいただき物です
b0254207_20453756.jpg
Kaさんの畑から蕗を持って来てくださいました
いつも旬のものをご馳走になっています  有難いです

来月はトロピカルなフルーツを使ってムースをご希望にいただきましたので、また大笑いしながら楽しい時間をご一緒できそうで楽しみです
今日もお越しくださり有難うございました(*´ω`*)

庭のボイセンベリーの花が咲き始めました
b0254207_22285186.jpg
イチゴ系もバラ科 こうして見るとのバラの花と間違えそうなほどそっくりでしょ
上の写真はボイセンベリー 下の写真は野ばら
b0254207_20442854.jpg
明日は土曜日です 皆様楽しい週末をお過ごしください


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-19 22:36 | Cake | Comments(0)

 「黄粉と抹茶のケーキ』レッスン♪

今日は自宅レッスン日、お越しくださったのは元気なマダムTさん♪
ご希望のメニューは私のHPお勧めの『黄粉と抹茶のケーキ』でした
b0254207_20475937.jpg
抹茶のビスキュイ生地を焼き、抹茶のポンシュを打ってトヨ型に敷きこみます
黄粉のカスタードを作って、そこにバターを混ぜ、ホワイトチョコ、プラリネノワゼット、トスキノチェロ(クルミのリキュール)、キルシュ、パータボンブを混ぜて黄粉のムースの出来上がり
見た目より少し手のかかるこの黄粉のムースができてしまえば、あとは抹茶と生クリームとホワイトチョコを合わせてしまい、そこ生地をはめるだけ

「カスタードにパータボンブ! 勉強内容たくさんあるわね!」と、おっしゃっていましたが、そうなんです
このお菓子は大切なことが色々学べます

レッスンは順調に進み、レッスン後にマダムTさんとおしゃべりに興じていたら、お作りになったケーキの写真を撮り忘れてしまいました
あーあ、残念・・・とてもきれいな仕上がりだったというのに( 一一)

マダムTさんの畑から美味しいいただきものです
b0254207_20474653.jpg
春菊とさやえんどうです
春菊は塩とゴマ油と唐辛子をあえていただきました
さやえんどうは、何にしようかしら(*^-^*)

昨日Aさんからいただいた筍ご飯(写真を撮る前に間食してしまいました・・・)といい、春菊やさやえんどうといい、季節の食べ物を頂けるととても嬉しいです

Tさん、今日も楽しい時間を有難うございました
またお会いできるのを楽しみにお待ちしております

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-17 21:13 | Cake | Comments(0)

ビッシュ・パンプルムース

先週金曜日の備忘録です
2か月ぶりにお友達のMさんと一緒に府中の先生のお教室へうかがいました
教えていただいたのは『ビッシュ・パンプルムース』
パンプルムースとはあまり聞きなれませんが、グレープフルーツです

ビッシュと言う名前がつくとクリスマスっぽくなりますし、爽やかなグレープフルーツたっぷりのお菓子なので、先生の計らいで丸いアントルメ仕立てになりました
b0254207_16054701.jpg
生地はローマジパン入りビスキュイ・オザマンド
生地を型に流して焼く前に刻んだアーモンドをたっぷり振りかけます
このアーモンドの食感と香りが、このケーキに大きく貢献します(*^-^*)

中詰め用のゼリーはグレープフルーツの皮をすりおろしてから身を切り出し、残りを絞ったものに市販のジュースも加えて凍らせておきます
イタリアンメレンゲと生クリームを合わせて、グレープフルーツの皮とリキュールなどを加えて爽やかなムースを作ったら、そこ生地の上に半量流して中詰めゼリーを置き、残りのムースを流して、仕上げにシャンティショコラブラン(グレープフルーツの皮入り)をのせます

このケーキを作る際に気を付けないといけないのは、生クリームにグレープフルーツの酸が加わると、生クリームが一気に硬くなること
そして、仕上げのシャンティショコラなどは、チョコと生クリームを合わせるだけでも硬くなりやすいのに、さらに酸が加わるので要注意です
生クリームはできるだけ軟らかめに立てて置き、ホイッパーで力いっぱい混ぜないことです
「クリームが硬くなってきた!やばい!」と思ったらすぐにホイッパーを放り出して、ゴムベラでなでるように混ぜましょう
b0254207_16053725.jpg
グレープフルーツの酸味とシャンティショコラの甘さ このバランスとても美味しいです
そして、生地に入っているアーモンドの粒粒がいい食感になっています

このケーキの仕上げにはジュレがのらないので、先生が銀粉を用意しておいてくださいました
b0254207_16060477.jpg
可愛いです
このケーキには金より銀です♪

この日も試食いろいろご馳走になりました
b0254207_16062691.jpg
手前のシフォンはカレー味!
後ろの3つのお菓子は左から「ロワイヤル」「アプリコティエ」「ビッシュ・パンプルムース」
b0254207_16063598.jpg
それから、「パイナップルのバターケーキ」「卒研5のプティ・コンデ」
奥のケーキはイデミ氏の「オレンジのバターケーキ」です
b0254207_16055391.jpg
先生、この日も美味しいお菓子を教えてくださり、いろいろ試食をご馳走になり、有難うございました
また来月もよろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ




[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-15 19:48 | Cake | Comments(0)

カトル・カール・オランジュ

昨日までの暑さが少しおさまって、今日は窓からの風が気持ちよかったです
今頃から暑さにバテテいてはいけませんが、正直なところ今朝はダルかったです~((+_+))
午後から本を読みながら気が付いたら寝てしまっていて、自分が落とした本の音に驚いて目を覚ましました
やはり疲れた気分の時は寝るに限ります
起きたらスッキリ♪

昼寝前に焼いた『カトル・カール・オランジュ』を切ってお茶をしたら、さらにスッキリ♪
b0254207_21291707.jpg
このケーキを作る時に気をつけなければならないのは、全卵の泡立てと粉とバターの加え方とを混ぜる速度
レッスンでは粉もバターもスタッフさんに少しずつ入れてもらいながら混ぜますが、家では自分で少しずつ加えなければならず、やりにくい・・・
混ぜる速度は、ルセットには「10秒で6回ぐらい」と書かれています
妙なところで生真面目な私は、初めて家で復習した時は粉を少し入れてはストップウォッチを見ながら混ぜ、バターも少し入れてはストップウォッチを見ながら混ぜていました
でも、先月行った再受講の時に、10秒で6回ぐらいの速さになる「掛け声」を教えていただいたので、今日からその「掛け声」スピードで混ぜることにしました
混ぜる手がつい早くなりそうになりますが、この「掛け声」が手を牽制してくれます
先生、教えてくださって有難うございました(*^-^*)
他の人には「なんだ、そんな掛け声ぐらいどうして自分で気づけないのかしら(*´Д`)」と思われることでも、他の誰かにとっては(私のようにですが)嬉しいアドバイスになることもあります
b0254207_21290933.jpg
この「カトル・カール」はオレンジ風味で、娘のお気に入り
娘はパウンドケーキとマフィンが嫌いです
「バターケーキは喉が詰まりそうになるから」という理由だそうですが、昨日のマドレーヌも一昨日のマドレーヌも今日のカトル・カールも全部バターケーキなんですけど
そのうち、その誤った認識を解いてやろうと思います
ナッツアレルギーの娘にはアーモンドプードルを使ったバターケーキでは誤った認識を解くどころか危険な状態に追い込んでしまいますので、メニュー的には限られているものの、可能な範囲で美味しいと思えるものを増やしてやりたいものです
バターケーキ類なら、仕事のおやつにも持って行けますしね(ФωФ)フフフ・・・ 
b0254207_21292463.jpg
「娘なら、ここにもいますよー」って、空が申しております

そうね、あなたも大切な娘
だからこれ以上太らせるわけにいかないのよ
だから今日のおやつも煮干しです( ̄ー ̄)!

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-09 22:03 | Cake | Comments(0)

春を感じさせる杏のムース

今日からゴールデンウィークが始まりました
長い連休の中で2日ほどは平日ですが、そこもお休みをとって9日ほど続けての連休を楽しまれる方もいらっしゃることでしょう

今日は遠いところからお越しくださったSさんと「春を感じさせる杏のムース」のレッスンでした
b0254207_17144406.jpg
ローマジパンたっぷりのリッチなビスキュイ・オザマンドで甘酸っぱいあんずのババロアをサンドし、シャンティ・ショコラ・ブランで味に変化をつけ、仕上げに爽やかな甘さの杏子のジュレをかけてあります

Sさんのお家は遠いので、キャドルをご持参くださり、このような形でお持ち帰りになりました
b0254207_17145496.jpg
キャドルより1cmたかいしあがりになるので、硬いムースフィルムをしっかり巻き、テープで固定!
せっかくきれいにできたのですから、お家で召し上がるまで、その姿を保ってほしいです(*^-^*)

Sさんから嬉しいいただきものです
b0254207_17150450.jpg
いつもお気遣いありがとうございます
冬に編んでくださった素敵なソックス、今もまだ風呂上りにはいています
Sさんは人を温かい気持ちにさせてくださる優しい方です(*- -)(*_ _)ペコリ

ところで、昨日の金曜日はイルプルで本科Ⅰ「タルト・フロマージュ」と「早い春の陽だまり」の再受講を受けました
前のテーブル2班は「マカロン」と「シュー」の単発レッスンを、後ろの1テーブルは本科Ⅰのレッスンをしていて、こういう2本立てのレッスン形式は初めてでした
こちら先生の「タルト・フロマージュ」
b0254207_22415408.jpg
そして「早い春の陽だまり」
b0254207_22414395.jpg
7年ぶりに受けたメニュー、特に「タルト・フロマージュ」は「え?こういう作り方だったんですね・・・」と、まるで初めて作ったような感じがしました
クレーム・オ・ブールの復習もでき、とても有意義なレッスンでした

話を自宅レッスンに戻しますが、今日で4月のレッスンが終わりました
お越しくださった皆様、ありがとうございました

私も明日から連休です
数日ブログもお休みします
皆様、楽しい時間をお過ごしください







[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-29 17:24 | Cake | Comments(0)

杏のカトルカール&フレージェ

昨日は『杏のカトルカール』と『フレージェ』のレッスンでした
お越しくださったのはマダムT 「今日は2品だから、長丁場になると思って、上げ餅作ってきました」と、嬉しいお土産あり(*^-^*)
早速、『杏のカトルカール』のデモからスタートしました

『杏のカトルカール』は数日前にドライ・アプリコットを刻んで水に浸し、マーマレードを作るところから始まります
カトルカールと言う名前通り、卵、砂糖、バター、粉だけで出来ているシンプルな生地を焼いた後、半分の高さでスライスし、このマーマレードを塗ります
そして、アプリコット・ピューレで作ったなめらかなジャムを塗って乾かし、グラス掛けをして出来上がりです

このように書くと、いとも簡単なもののように聞こえるかもしれませんが、混ぜ方が非常に重要であり、かつ難しいんです
卵と砂糖を泡立てた後に粉を少しずつ加えながら、ゆっくりゆっくり木べらで混ぜこみ、バターも同様に少しずつ加えながら、ゆっくりゆっくり木べらで混ぜこみます
だんだん手の動きが速くなっていったり、木べらが持ち上がったりしてはいけません
あくまで、木べらは静かにゆっくり均一に動かしていかないと、仕上がりに大きい差が出ます
b0254207_20103655.jpg
これはTさんがお作りになって、ジャムを塗ったところまでの状態です
お帰りになるまでにジャムが乾かなかったので、グラスがお持ち帰りになりました

もう1品の『フレージェ』はイルプルの卒Ⅲの最後に習うメニューです
スライスアーモンドをザクザク切って、ビスキュイ・オザマンド生地に入れてあるので、柔らかいクリームとの対照がいいです
ローマジパンと卵黄がたくさん入っているので、リッチでこのままでも十分美味しい生地です
b0254207_20104980.jpg
Tさんのフレージェは型のままお持ち帰りになったので、これは私が作ったものです
苺はフレーズ・リキュールとマール酒に1時間きっちり漬け込み(これ以上漬け込むと苺が柔らかくなりすぎ、味も落ちます)、漬け込み汁はそのままポンシュになります
クリームは、クレーム。パティシエール+バター=クレーム・ムースリームにパータ・ボンブを更に加えるという手の込んだものです
クリームにはキルシュが入っていますし、フレーズ(苺)リキュールとマール酒の少し苦みを感じさせる独特な味と香りが、苺のケーキを大人のお菓子にしています

フレージェはよくマジパンを仕上げにのせますが、イルプルでは日本人の好みを考えてのせていません
仕上げにのせなくても、生地の中にびっくりするぐらい入っていますから、十分です

Tさんのおっしゃったとおり、長丁場となり、持ってきてくださった揚げ餅が美味しかったこと!
b0254207_20105994.jpg
この袋にいっぱい入っていたのに、2人で半分以上食べて、昨夜寝る前にもつまんでしまい、今朝残っていたのはこれだけ・・・
いやいや、恐ろしいことをしてしまいました
結果にコミットするとかいっているCMがありましたが、これこそ数日後の体重にコミットしそうです

カトルカールに話を戻しますが、これは『カトルカール・オランジュ』です
b0254207_20381546.jpg
こちらはバターにオレンジコンパウンドを加えてあります
グラスがけが少々厚かったのですが、私、グラスが好きなんです(*´ω`*)
オレンジの方も杏の方も太陽のような明るい色
今ちょうど裏庭に咲いている山吹のようです
b0254207_19552959.jpg
裏庭には白い山吹もあります
b0254207_19564964.jpg
どちらも元気です
Tさんのイメージは黄色い山吹  とにかくいつもはつらつとなさっています
Tさん、今月も楽しい時間をありがとうございました
また来月お目にかかれるのを楽しみにお待ちしております<m(__)m>









[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-25 20:43 | Cake | Comments(0)

春を感じさせる杏のムース

今日の自宅レッスンは、今の季節にぴったりの明るい色をしたお菓子「春を感じさせる杏のムース」でした
b0254207_22140675.jpg
ローマジパンたっぷりのビスキュイ生地を焼いて、杏子のピューレ、杏子のリキュールなどの香りのよいポンシュをたっぷり打って、ドライ杏を柔らかく煮たものを杏のババロアでサンドしてあります
中生地の上の白い部分はシャンティ・ショコラ・ブランで、杏子尽くしの爽やかなお菓子に良い甘みを与えています
仕上げのジュレ、杏の酸味と香りがしっかりしていて、このケーキをしっかりまとめています

今日、このレッスンを希望なさったのは隣町のNさん、Eさん、Oさん♪
EさんとOさんにお目にかかるのはクリスマス以来です
お元気そうでなによりです

Nさんがお作りになった「春を感じさせる杏のムース」
b0254207_22142020.jpg
そして、手前のはOさんの作品、奥のはEさんの作品です
b0254207_22142935.jpg
甘酸っぱい杏のピューレ、杏子のリキュールにキルシュやマール酒が入っている大人の杏ケーキです
杏のケーキと言えば、来週の月曜日と土曜日に杏が登場します
杏の季節は春ではありませんが、明るく温かいビタミン・カラーと爽やかな香りが春から初夏に合うイメージです

EさんとOさんがお帰りになった後、Nさんは「紅茶のサブレ」と「ココナッツのサブレ」の仕込みをなさっていました
どちらもいったん冷凍させる必要があるので、後日仕上げにいらっしゃいます(*^-^*)

Oさん、Eさん、Nさん、お疲れさまでした
今日も楽しい時間を有難うございました

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-22 22:36 | Cake | Comments(0)

4月のレッスンは苺とオレンジとカボチャさんから

今日から4月の自宅レッスンが始まりました
まずお越しくださったのはChiさん、Kaさん、Kuさんの仲良しサークルメンバーさんです
今日のメニューは材料さえ準備すれば生地作りは10分ほどで出来る「ブッセ」と
b0254207_19415264.jpg
「カボチャのサブレ」と
b0254207_19440102.jpg
そして「マーマレード」でした
b0254207_19444063.jpg
ブッセには今日は生クリームと苺をサンドしましたが、このマーマレードをそのままサンドしても美味しいです
バニラビーンズ、シナモン、レモン、そして仕上げにオランジュ60が入るドゥニさんの「コンフィチュール・ド・ランジュ」ですから美味しくないはずがありません

ブッセはとても作りやすいですので、間もなく来るゴールデンウィークのような忙しい時期に便利なおやつです
季節の果物、ジャム、生クリーム、アイスクリームなど色々サンドして楽しんでください

カボチャのサブレも紫芋やサツマイモなどでも作ってみてください
とても素朴な味で、かすかな甘さを感じるおやつです
b0254207_19442118.jpg
こんなふうにカップに入れて置いたら、いつの間にかなくなっています
どこがどう美味しいと言いにくいのですが、なんとなく「もう1本」となってしまうおやつです

Chiさん、Kuさん、Kaさんとは2か月ぶり
先月は私の都合でお休みでした
皆さんも3月の終わりころは春休みでお忙しかったことでしょう
今日も作業中も昼ごはん中も試食中も笑いすぎ
きっと目の周りに皴が増えてしまったことでしょう
でも、楽しくてできた皴なら、きっと良い皴のはず

今日は試食の時にChiさんのお嬢ちゃんもいらっしゃって、一緒におやつタイムができました
学校から帰ってきたばかりでお腹が減っていたのでしょう
ブッセを美味しそうに食べていらっしゃいました

また来月お目にかかれるのを楽しみにお待ちしております
今日も楽しい時間を有難うございました



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-21 20:25 | Cake | Comments(0)

戻ってきました

皆様、お久しぶりでございます
先週6日の木曜日から京都へ帰っていましたが、今日は大阪の実家から関東へ戻りました
花粉症がひどくぶり返し(これは花粉というよりホコリのせいかもしれません)、目がはれてしまってコンタクトが入れられない状態です

明日からこの1週間の備忘録をぼちぼちとUPしていきますので宜しくお願いいたします
b0254207_22185430.jpg
しかし、月に叢雲 花に風とはよく言ったものです
6日に京都へ帰った時は、まだ6分咲き程にしか見えず、「Zさんが北海道から折角出てくるというのに、こりゃ、花見ができるかしら。」と心配になりましたが、7日(金)に気温が上がり、開いてくれました
b0254207_22200411.jpg
しかしながら、暖かくなったら雨になるというお決まりのパターン
雨に負けず、Zさんと歩き回ってきた花見の様子を明日から思いだしていきたいと思います
b0254207_22184127.jpg
では、今夜はもうこれにてお休みなさい (ノД`)・゜・。




[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-12 22:32 | Cake | Comments(0)