カテゴリ:Cake( 523 )

ビッシュ・ド・ノエル・オ・ノワ・ド・ココ(ココナッツとバナナとパイナップルのビッシュ)

今日のブログは、一昨日木曜日にお友達のMさんと一緒に行った府中の先生のところでのレッスン備忘録です
この日はMさんと私は別々のメニューでした
これって、本当に先生に申し訳ないことですので、どちらかのメニューにしようと思いましたが、「大丈夫よ」というご厚意に甘えて別々のものを習いました

私が教えていただいたのは、この『ココナッツとバナナとパイナップルのビッシュ』
b0254207_15441190.jpg
間もなく春ですので、ビッシュ・ド・ノエル仕立てにしませんでした
お菓子を構成するパーツは、上生地(ビスキュイ・オ・ザマンド・レジェール)、
底生地(ココナッツのダックワーズ)、
生パイナップルをジューサーにかけた果汁と実を固めたコンフィチュール・ド・アナナ、中詰め用のムース・オ・ノア・ド・ココ(ココナッツのムース)、
そして、外塗り用のココナッツのバタームースです
外生地の作り方が少しかわっていて、ローマジパンに水を加えてから卵黄を入れます
外塗り用のムースはバタームースと書きましたが、卵黄そのままではなく、アングレーズを炊いてからバターに混ぜます

このお菓子、とても美味しくて「よし、また作ろう!」と思いますが、それを阻む難点は生パイナップルジュースをジューサーにかけることでしょうか
パイナップルの繊維、半端じゃないですから
いやいや~ これは面倒ですよ
先生、面倒なお菓子を希望してしまい、すみません

さて、こちらはMさんのケーキです
b0254207_19511753.jpg
昨年夏のドゥニさん講習会で出されたチョコレートのケーキです
5種類のチョコレートを使うという、ただのチョコレートケーキではありません 
だって、ドゥニさんのケーキですから

木曜日も、いつものように先生にこうしてお昼をいただき、
b0254207_19520303.jpg
チョコレートもいただき、
b0254207_19522593.jpg
試食のケーキもいただき、
b0254207_19525771.jpg
有難うございました

3月もよろしくお願いいたします
3月のレッスンはピスタチオとチョコレートのケーキです(ΦωΦ)フフフ…うれしぃ


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-17 19:54 | Cake | Comments(0)

柚子のシフォンケーキと柚子の寒天

今日は1月最後の自宅レッスン日でした
お越しくださったのはHさん♪
HPの『楽しいおやつ』から「柚子のシフォンケーキと柚子寒天」の希望をいただきました(*´▽`*)
ご自宅で手作りのお洋服、カバン、アクセサリーなどのお店をなさっているHさんは、お菓子のレッスンもなさっています
そんなHさんからシフォンケーキの御希望をいただき、緊張しました

手順は卵黄に砂糖、サラダ油、柚子果汁、粉、柚子の皮のすりおろし、柚子ピールを混ぜ、メレンゲと合わせてオーブンへ
b0254207_23472283.jpg
出来上がりはご覧の通り、ふっくら~♪

シフォンを焼いている間に寒天も作って、このとおりです(*^-^*)
Hさんが可愛い型をご持参下さいました
かんてんぱぱのお店で購入なさったそうです
b0254207_23473576.jpg
今日使用した柚子は、先月Hさんから頂戴したものです
完熟の柚子のピール、たっぷりの果汁、ゼストを入れたシフォンは、甘さの中に苦みを感じる強い香りのおかげで柚子を主張する仕上がりになったと思います

こちらは私が作ったものです
どうしてシフォンを立てて写さなかったって?
・・・それは・・・(ФωФ)フフフ・・・内緒です 
だって、Hさんのシフォン、本当にふっくら高さが出ていたもので・・・
b0254207_20371790.jpg
寒天の方もしっかり甘い中にも柚子の果汁とゼストで柚子感GOODだと思います
Hさん、気に入っていただけましたでしょうか
ちなみにHさん作のお菓子なのですが、うっかり写真を撮り忘れてしまい、現在「急ぎませんので、お写真を送ってください」とお願いしましたら、お疲れのところ早速送ってくださいました
Hさん、大変お手数おかけしてしまい、申し訳ございませんでした

最後に・・・Hさんから嬉しいいただきものです
b0254207_20373035.jpg
立派な椎茸でしょ♪
椎茸を選ぶ時のポイントは、石付きがしっかり太いことだそうです

Hさん、今日も楽しい時間を有難うございました
また次回お目にかかれるのを楽しみにしております



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-29 22:38 | Cake | Comments(0)

チョコレートと蜂蜜のお菓子

今日の自宅レッスンは、お隣の県からMieさんとSさんと一緒に『チョコレートと蜂蜜のお菓子』でした♪
お二人とは11月のプティショコラのレッスン以来でしたので、遅ればせながら(あと数日で1月が終わってしまいます)新年のご挨拶<(_ _)>

このお菓子はビスキュイ・オ・ザマンドでパータボンブ入りのクレームショコラとニダベイユをサンドするチョコレートと蜂蜜好きには嬉しいお菓子です
b0254207_22201906.jpg
クリームの間に見えるガルニチュールがニダベイユ
スライスアーモンドに蜂蜜、砂糖、サワークリームを絡ませてオーブンで焼き、パリパリ割ってチョコレートでコーティングしたチョコフレークのアーモンドスライス版です
お菓子の上に「これが中に入っています」とわかるように、のせました

SさんもMieさんもとても慣れていらっしゃるので、3時間で仕上げまで終了
さすがです(=゚ω゚)ノ
お二人は作業の早さだけでなく、作業の美しさがすごいのです 

レッスンの後はまかない昼ご飯タイム
相変わらずなものしかお出しできませんが、「美味しい♪」と、言っていただけました
お腹がすいていたら、何でもおいしいものです(ΦωΦ)フフフ…

ランチ後のコーヒーを召し上がって、お帰りになりました
b0254207_22235243.jpg
ケーキの作業だけでなく、帰り支度も早いこと!
Sさんのケーキの写真を撮り損ねてしまいました
Mieさんも箱を閉めようとなさっていた時に、ギリギリ間に合って写真が撮れました
召し上がるときに、ニダベイユを飾ってくださいね
b0254207_22201088.jpg

Mieさんから嬉しいいただきものです
b0254207_22202829.jpg

Mieさんの焼き菓子は美味しいんです(*´ω`*)
このパウンドケーキ、いただくのが楽しみです
Mieさんはご自宅でお菓子教室を開いていらっしゃるので、いつか習いにうかがいます

それと、Sさん手編みのあったか靴下
b0254207_22203851.jpg
これでもう何足目でしょう
有難いです(*´ω`*)
もったいないので、これは次の冬までとっておきます

Sさん、Mieさん、今日も楽しい時間を有難うございました
次回お会いできるのは初夏の日差しが感じられる頃ですね
また一緒にお菓子作りが出来るのを楽しみにお待ちしています










[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-26 23:02 | Cake | Comments(0)

フランボワーズのガトーショコラ&苺風味のメレンゲ

今日は自宅レッスン日♪
さぁー今日は今年初のレッスン日だから、完璧にこなすぞ!と、Kuさん、Kaさん、Chiさんの仲良しさん方をお迎えしました
まずいらっしゃったのはKaさん
お庭で取れたての金柑を持って来てくださいました
b0254207_14500610.jpg
今年初の嬉しいいただきものです
それにしても、昨日の買い出しの時、私が「金柑を買おうかな・・・でも荷物が重いから、また後日だな」と、思っていた気持ちがKaさんに届いていたかのようなタイミング 

その次に到着なさったのはKuさん
そしてChiさん
皆さん、今年もこうしてそろってお会い出来て嬉しいです

レッスンの内容はHPの『楽しいおやつ』から選んでくださった『ガトー・クラシック・フランボワーズ』
直径12cmサイズ1台=5.5cmセルクル5台ぐらい=6cmセルクル4台のうちお好みで型を選んでいただきました
Chiさんはセルクルで KuさんとKaさんは12cm型
b0254207_14390319.jpg

KaさんもKuさんもChiさんも慣れていらっしゃっていますので、今年はこの「楽しいおやつ」コースで今まで出てきたポイントを確認することにしました
今日のポイントは以下の通りですよー
①卵黄にグラニュー糖をよく混ぜて湯煎にかけて、次に混ぜるチョコレートに備える
卵黄にグラニュー糖を混ぜておけば、皆さん結構熱めの湯煎にかける場合があるようですが、その場合でも、ボウルの中の卵黄 をに卵にするリスクが減ります
②チョコレートとバターを湯煎で溶かして①に加える
チョコレートを溶かす時も結構皆さん熱めの湯煎にかける方がいらっしゃいますが、チョコレートは45℃前後でゆっくり溶かしてから、そのあと温度を上げましょう
③温めておいた生クリームを②に加え混ぜ、薄力粉とココアも混ぜる
ここでチョコ生地が締まって固くなりますが、焦ってホイッパーをがむしゃらにグルグル回す必要ありません
焦らず、ゆっくりでいいのでしっかり混ぜましょう
チョコ生地を扱うときには机の上の温度にも配慮を♪冷たい台の上での作業なら乾いたタオルを敷いたりしましょう
④メレンゲを作る
チョコレートに合わせるメレンゲは、卵白の泡立て始めはいつもの10℃より少し高くてOKです
でないと、あとでチョコレート生地をますます固くさせてしまいます
それから、メレンゲにお砂糖を入れていくときに、最初からどのぐらい入れるかによってメレンゲの状態が変わります
まずは少し入れて速度も2番できめをそろえて、それから速度を上げ、砂糖の残りを2回ぐらいに分けて入れましょう
⑤メレンゲの1/3をチョコ生地と合わせてチョコ生地の中にメレンゲをしっかり混ぜこみ、チョコ生地を少し和らげる
残りのメレンゲとチョコ生地をしっかり混ぜて、チョコ生地の中にメレンゲをいきわたらせる
⑥オーブンで焼いて、その見極めは、型の淵から1cmのところで串をさしてみると生地が付かないけど、中心は「まだ柔らかいよね・・・」というぐらい
余熱の力は思ったより強いものですので、勇気を出して早めに取り出すことです

さて、粗忽者で何かとやらかしてしまう私(*´Д`)
今日こそは完璧に!と意気込んでいたのに、またやらかしてしまいました・・・

メレンゲに砂糖を加えていくときに、Kaさんの最後の砂糖を入れたはずなのに、何故か手元にまだ砂糖が残っているではありませんか
「入れますよ」と入れてしまった私・・・でも、それは後から作る別のメレンゲ菓子の分だったのです
これに気が付いたのはオーブンに入れた後"(-""-)"
「・・・すみません。今日は私が焼いたものをお持ち帰りください」ということでご容赦いただきました

で、試食はみんなで予定外の砂糖が入った分を召し上がっていただいたわけですが、その反応は「うわぁああああ、甘い!」ではなく、「普通の甘さ?」「砂糖のせいで、逆にしっとりしてるかも」でした
確かに、このお菓子は甘さ控えめでチョコ味200%なので、エキストラの砂糖が入っても甘さにさほど変わりは無い・・・といっては語弊がありますが、そんな感じです
b0254207_14391112.jpg
表面さっくり、中はしっとり
明日になったら、もっと味が落ち着くと思います
砂糖なしの生クリームか(お子様には)アイスクリームを添えて召し上がってください

このガトー・ショコラは家で是非復習していただきたいので、普段のレッスンなら2台作ってお持ち帰りですが、あえて1台にして、復習用に必要分のチョコレートをお持ち帰りいただき、それともう一品作りました
昨日UPしていた苺パウダーを使ったメレンゲです
b0254207_14393770.jpg
お皿の上のメレンゲは2種類
1つは卵白と砂糖がほぼ同量、もう1つは卵白に対して砂糖が2倍
皆さん、どちらがどちらかおわかりですね(ΦωΦ)フフフ…
甘さにほとんど違いが感じられないのですが、明らかに生地の仕上がりが違います
「どちらにしますか?」と、お尋ねしたら、「砂糖の少ない方」とのことでした

3人で共同作業
40gちょいの卵白を泡立てて、3人順番に絞って、約70個ほどできました
「少し前に『玄米サブレ』を一緒に作りましたので、それとこのメレンゲはお雛様にいいお供え物になると思います。抹茶サブレもつくりましたよね。それも合わせたら、さらにいいかもしれません。」と、提案したら、抹茶サブレは未だだとわかりました
それで、来月は『抹茶サブレ』と抹茶のクリームのシュークリームのレッスンに決まりました

来月もお目にかかれるのを楽しみにしています
今日もよく笑いましたね 笑う門には福来る 今年も楽しくいきましょう
年頭からかやらかしてしまった私ですが、今年もよろしくお願いいたします

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-19 15:46 | Cake | Comments(0)

柚子のピールができたから

本日の関東地方、久しぶりにお湿りムード
夕方頃から降り出すそうですが、乾燥が続いているので少し雨になった方が良いかもしれません
散歩にはもちろん厄介ですが、厳しい寒さの中での雨でないので、まあ良しとしましょ
雪に変わる前の冷たい雨は勘弁してほしいものです

さて、先月Hさんから沢山いただいた完熟の柚子で作ったピール2つ
b0254207_20312364.jpg

1つはお菓子の中に入れるためにシロップ煮のまま
もう1つはそのままおやつになるようにシロップをきって、砂糖をまぶして乾燥
どちらもしっかり柚子の苦酸っぱさが残っています
何の柑橘類を食べているのかわからないようなものでは意味がありませんから

早速シロップ煮のピールを使って焼いたシフォンケーキ
b0254207_20313357.jpg
甘さとっても控えめ 柚子の酸味とほのかな苦み効いています
お子様向きではない味のシフォン 
生クリームとか絶対合わない、これそのままで食べるしかない柚子の主張半端ない味です
b0254207_20314236.jpg
子供向けにするなら、柚子果汁100%ではなく、柚子果汁にオレンジジュースを混ぜるか、柚子ピールを市販の柚子ジャムに変えるとOKです

まだしばらく柑橘類が美味しい季節が続きます
さて・・・次は金柑かな(ФωФ)フフフ・・・


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-17 12:50 | Cake | Comments(0)

L' Horizon(地平線)

昨日、お友達のMさんと一緒に府中の先生のお教室へレッスンに行きました
昨日はあと御二人御一緒でした
お1人はこの春から本科に通われるという笑顔がとても可愛い方
もうお1人は九州からいらっしゃっているという(お菓子教室を開催なさっているそうです)綺麗な方
私、お二人の前で粗相をしないかと少し緊張しました
完全に休みボケ、Mさんに一喝入れてもらって休みボケを解除しようと思っていたぐらいでしたから(*´Д`)

昨日4人が習ったのは、去年のドゥニさん講習会でのメニュー『ロリゾン』です
b0254207_15193679.jpg
アーモンドの粒入りビスキュイ・オザマンドを焼いて底生地と中生地を取りますが、焼いているうちに冷凍カシスを溶かした時に出る果汁とカシスの実をカシスピューレに加えて中詰め用のジュレを作ります
そして、ガルニチュールになる栗のシロップ漬けも角切りにしておきます

生地が焼けたら両方の生地にダークラムと30°ボーメシロップのポンシュを打ち、スタンバイ
栗、中詰めのカシスのジュレ、中生地をつなぎとめるのは栗のババロア
パート・ド・マロンとクレーム・ド・マロン、ダークラムなどを入れた基本のババロアですが、生クリームにイタメレが入ります

これら生地、ババロア、ガルニチュールが揃ったら、組み立てます
まず底生地の上にババロア→栗→ババロア→カシスのジュレ→ババロア→栗→ババロア→中生地→ババロア→仕上げ用のカシスのジュレ・・・と重ねていきますが、ババロアは5カ所に分けて塗られるので、その配分が大切です
ババロアは糊替わりぐらいの気持ちで塗り重ねて行かないと、最後に中生地の上に塗る分が足りなくなってしまいますから

仕上げのジュレは、コーンスターチが入っていて少々まったりしていて水っぽくありませんが、それでもやはり生地に染み入っていくのは間違いありません
これはなかなか悲しい出来上がりになるということです
そして、これは他人事ではなく、実は昨日の私もギリギリでした (^▽^;)
b0254207_15192717.jpg

仕上がった後、いつもながら楽しみにしているお昼をいただきました
b0254207_15195443.jpg
先生のスープはいつも美味しくて、ほっこりします
パンもいつも手作り 昨日のはライ麦パンだそうです

そして、試食もこのように沢山いただきました
冬のお菓子の色ですね
来月にはきっと苺の色が並ぶのでしょう
b0254207_15194686.jpg
昨日はこれらだけでなく、イルプルからお取り寄せになったというガレット・デ・ロワを何と2種類も御馳走になりました
b0254207_15201424.jpg
こちらはリンゴとクルミとレーズンで、もう1つはピスタチオとアプリコット!
b0254207_15200516.jpg
贅沢な組み合わせですね! ピスタチオと杏ですって! 
しかもこんなに大きく切ってくださって、本当に有難うございます

先生のところに始めてお邪魔したのは2013年の1月でした
この5年間、本当にお世話になりました
先生のより良い材料発掘と使いやすい道具検索のおかげで、いろいろ勉強になりました
同時に自分の中で材料のレベルがどんどん上がっていって、嬉しいやら困ったことやら・・・
先生、これからもずっと御厚意に甘えながらお世話になると思います
今年もよろしくお願いいたします


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-12 20:33 | Cake | Comments(0)

コーヒーとウィスキーのパウンド

新年あけて、もう1月が1/3過ぎます
「1月行く、2月逃げる、3月去る」と、昔母がよく言っていましたが、その気持ちがよくわかるこの頃です
街ではすでにバレンタイン商戦始まっています
本屋さんでも鍋の本がチョコレートの本に押されつつあるのではないでしょうか
私は、昔から、2月14日に好きな男性にチョコレートを贈る日本的習慣を疑問に思いつつも遠目に楽しんでいます

このお菓子は『コーヒーとウィスキーのパウンド』です
b0254207_08483335.jpg
こげ茶色のケーキだと、ついチョコレートのパウンドに見えてしまいますが、コーヒーです
イルプルのパウンドだから、きっと特上のコーヒーとウィスキーを使うのだろうと思っていましたが、いいえ、コーヒーはネスカフェですし、ウィスキーはEarly Timesですので、作ろうと思ったら材料が即手に入ります
b0254207_08484394.jpg
すぐに作れますが、出来立てはコーヒーとウィスキーがとがっている印象で、美味しくなるために数日育てる必要があります
確実に子供向きではありません
でも、バレンタインなどに良いお菓子だと思います
育てたケーキを食べ頃に贈るというのは心がこもっていると思われませんか
b0254207_08485698.jpg
1月の自宅レッスンのメニューに入れたらよかったかもしれません
お薦めメニュー以外で御希望であればレッスン可能ですので、どうぞお声をかけてください

では、今日も元気に過ごしましょう(*´ω`*)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-10 09:11 | Cake | Comments(0)

りんごと練乳のケーキ

本の整理をしていて久しぶりに開いた古い1冊の本
その中のレシピから焼いた懐かしいケーキ
b0254207_21091824.jpg
娘が幼稚園に通い始めた頃(今から20年前?)に買ったお菓子の本に載っていたものです
あの頃はお菓子作り経験ほぼなし
でも幼稚園ママ達の集まりには、皆さんいつも手作りのお菓子を持って来ていたので、お菓子作りがMUSTなことのように思われて始めたのでした
ちなみに、あの頃はシフォンケーキ全盛期でした

このリンゴと練乳のケーキは、柔らかくしたバターに砂糖をよく混ぜて、練乳も混ぜて、卵も混ぜて、粉も混ぜた後リンゴをのせて焼くだけのものですが、私にとっては大変面倒で難しく感じられたものでした
b0254207_21271937.jpg
本の片隅に書かれたメモによると、このケーキを最後に焼いたのは2010年=イルプルの本科に入った年でした
久しぶりに焼いたお菓子を食べて、今ではもうほとんどお付き合いのなくなってしまった幼稚園ママ仲間との日々が思い出されました
楽しいことの方が圧倒的に多かったですが、やはり女性の集まりというのは難しい部分も出てくるもので・・・

娘がこのケーキを食べたとき「色々昔だ」と言いました
どういう意味なのか聞いてみたところ、このケーキを食べて幼稚園でのことを思い出したのではなく、味が昔っぽいということだと言いました
主人は「何を食べさせたいのかわからないケーキ」と言いました
確かに普段食べているイルプルのお菓子とは真逆かもしれませんが、美味しいかどうか別にして、私には懐かしいという意味で美味しいケーキです

娘は気に入ったようで、この直径12cmのケーキの75%を2日間で食べてしまい、ちょっとびっくりです
もしかしたら味の記憶の中にこのケーキの味が残っていたのかもしれません
本人は「覚えてない」とのことですが

このケーキ、少し生地の量を減らしてリンゴを増やしたら、もっと好みのものになるかも
近いうちに試してみましょ♪
温故知新ってこともありますからね(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-07 15:56 | Cake | Comments(0)

胡麻のパウンドケーキ

お正月が終わり、今日から道路のお向かいにある中学校のグランドから部活をする声が聞こえてきました
今日かららまた生活は平常運転
お正月3日間は床を紙モップでスイスイ拭くだけでしたが、今日は朝から掃除機ガーガーかけて気分スッキリ~♪
掃除嫌いのくせに、家族が家にいる時は何故か掃除機をかけたくなる私(ΦωΦ)フフフ…

これは黒胡麻たっぷりの『胡麻のパウンド』です
b0254207_18050618.jpg

バター生地にミルで油がにじむぐらいまで挽いた黒胡麻をたっぷり加えてあります
ケーキの底にも上にも胡麻をふりかけてあります
今日で3日目、いい感じに胡麻とバターがなじんできていています

お味としては、日本茶にもコーヒーにも合います
イルプルには珍しくまったくお酒が入っていません
胡麻感半端ないこのパウンドを主人は気に入ってくれたようですが、娘は「・・・」
娘はナッツ同様胡麻もダメなんです
でも胡麻油は大丈夫というのは何故でしょう
胡麻だけでなく、生のトマトはダメだけどトマトソースはOKの娘、アレルギーを持っているというのは本当に大変です
今年も外で食べる時にはくれぐれも気を付けてね

娘には別のケーキを焼きました
私にとってはとても懐かしいリンゴのケーキです
写真をまだ撮っていないので、明日UPしますが、このケーキを食べた娘が「あー、いろんな意味で昔だね」
バターケーキなので、今日のように焼き立てより明日の方が美味しいはず
このケーキを食べて、私も何かを思い出すかしら

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-04 18:23 | Cake | Comments(0)

トゥランシュ・シャンプノワーズ & オレンジのパウンド

今日はクリスマス・イヴ
昨日12月最後の自宅レッスンを終え、今日から冬休みです♪

今日のブログは昨日お越しくださったお隣り町のNさんとNeさんの『トゥランス・シャンプノワーズ』とYさんの『オレンジのパウンド』についてです

『トゥランス・シャンプノワーズ』はイルプルを代表するお菓子、ジェノワーズ生地とダックワーズ生地を使ってトヨ型で作ります
白ワインのムースでフランボワーズとマール酒で2日ほどマセレしておいたしておいた桃のスライスを包み、表面をマール酒のバタームースに塗ったあとにガナッシュをかけます
こちらはNeさんでしょうか ガナッシュをかけていらっしゃるところです
b0254207_15182713.jpg
切り口は、このようになっています
Yさんにいただいたクリスマスプレゼントと一緒に記念撮影です
b0254207_15092080.jpg
サンタさんとキャンドルはスェーデン製
北欧がお好きだそうです 
このカードも一緒にいただきました 有難うございます(*^-^*)
b0254207_15355975.jpg
そのYさんが希望なさった『オレンジのパウンド』はたっぷりのバターと卵黄の生地に卵白を加えた別立て生地
イルプルのパウンドの中でもロングセラーのメニュー
大人も子供も大好きなオレンジ風味のくちどけ良いケーキです
b0254207_15094475.jpg
こちらはNeさんの作品(左側)とNさんの作品(真ん中と右側)
b0254207_15101318.jpg
そして、こちらはYさんのです
b0254207_15100439.jpg

Yさんからの可愛いサンタさんだけでなく、Nさんからも香港のお土産をいただきました
有難うございます
b0254207_15125474.jpg

Nさん、Neさん、Yさん、楽しい1日を有難うございました
また来年もお会いできる日がありますように
良いお年をお迎えください

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-12-24 15:47 | Cake | Comments(0)