<   2012年 08月 ( 46 )   > この月の画像一覧

空の前世は・・・

b0254207_2175010.jpg空は犬として生まれる前は、きっと人間だったんだろうと思います。
いったいどうして犬に生まれたんだろう。
前世で何しでかして畜生道に落ちてしまったのやら。

娘が思うには、「空は、きっと盗人だったんだよ。」

私が思うには、「前世で空は女だったんだよ。きっと人を殺したんだよ。」

空は話せはしないけど、私達の話をじっと聞いています。
こんな顔をして、じっと聞いているんです。

そして、こう思っているのかもしれません。
「わかってないなぁ・・・もっと複雑なことがいっぱいあったんだよ」って。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-31 21:09 | 空*SORA*柴犬 | Comments(0)

VANILLA CHIFFON CAKE

b0254207_916563.jpg全盛期は過ぎた(?)とはいえ、相変わらず人気の高いシフォンケーキ。
私も娘が幼稚園の頃(ケーキの作り方を初めて知った頃)、色々なシフォンを作ったものでした。
子供たちはみんなフワフワのシフォンが大好きで、嬉しそうに食べる顔を見るのが楽しみでした。

でも、実は私はシフォンを作るのが苦手でした。
時折、柔らかすぎて歯にまとわりつくような根性無しシフォンになってしまって・・・。
先生の御指導あって、幾分改善されました(と思っています)が、まだまだ。

柔らかいながら、噛めるシフォンを目指して練習だ!
先生と同じシフォンが焼けるまで、気合だ!気合だ!気合だ~!

繰り返し作っていると、「おっ!この感覚か?!」と思う瞬間が出てきましたが、同時に「もうシフォンは見たくない」と、娘に言われていました。
同じケーキが続くと、そりゃあ飽きてしまいますよね。
自分も少しシフォンケーキを食べると気持ち悪くなりそうになっていたので、それ以来、シフォンの練習はお休みしておりましたが、最近、また時折、娘が学校に持って行くおやつ用に作っています。

昨夜「明日のおやつにバニラのシフォン焼いといてよ。」と娘に頼まれ、夜10時ごろから作業開始。

「シフォンは見たくもなかったんじゃないの?」
「たまには食べてやってもいいぞ。」

そう言いながら、17cmシフォンの半分をごっそりスクールバッグに入れていた娘でした。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-31 09:17 | Cake | Comments(0)

LEMON BUTTER CAKE

b0254207_23241644.jpg一見プレーンのパウンドケーキのようですが、レモン・パウンドなんです。
娘の夏休み講習が始まったとたん「持って行くおやつ、作ってよ」が始まり、今日のはこれでした。

私達母娘って、ホント気が合わないのよねぇ。
だって、あなたはとてもシンプルなケーキが好みでしょう。
私はお酒に浸したドライフルーツ入りや、ナッツの食感のあるケーキが好みだもの。

でも、このレモンのケーキは別。
私も好き。
口の中でホロッとして、良いと思う。

約3年前、教室でこのパウンドを作った時、生徒全員のものを全員で試食したことがありました。
驚くことに、全部味が違ったんです!

バターの香りがしないもの
バターと卵の香りがそれなりに出ているもの
グルテンの味が出てしまっているもの・・・

同じ材料で、同じオーブンで焼かれたものだというのに。

「・・・混ぜ方」と、先生の一言。

シンプルなケーキほど(もちろん配合が絶対ですが)、混ぜ方次第です。
このレモンケーキを焼くたび、初心に戻り、今だ少しドキドキしながら混ぜに臨む私です。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-30 23:24 | Cake | Comments(0)

大きなプリン

b0254207_031083.jpg御近所さんからのプリン。
いつもながら、嬉しい いただきものです。
一家そろって、「プリンあります」というメールが来るのを待っています。

以前、このブログに書きましたが、しっかりしていて、かつなめらかなプリンです。
3人家族なので、いつも3つ・・・茶色の普通サイズが2つと、白色の特大サイズが1つ。
勿論、大きいのは娘が取ります。

大きいことは いいことだ
大きいことは いいことだ

なつかしいフレーズでしょう。
森永のエールチョコレートが50円だった頃のCMです。

お菓子を焼くとき、違う大きさ(容量)のものを一緒に焼くのは温度と時間の設定が難しいです。
家庭用オーブンでは、何度もオーブンを開けて焼け具合を確かめていては、庫内の温度が下がって失敗のもとですが、このプリンは大小どちらのサイズも、いつも完璧に同じ焼け具合です。
これって、すごい!

「1つのものを何度も何度も繰り返して作ってみる。それが重要。」と、以前、先生がおっしゃっていました。
その通りです。
何度も同じものを作っていると、その日の温度に左右されることもあり、気分が煮詰まってくることもありますが、その菓子がわかってくるし、安定して作れるようになります。

このプリンがそうだと思います。
安定しています。

ごちそうさまでした。
またの「プリンあります」メールを一家そろってお待ちしております。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-30 00:05 | いろいろ | Comments(0)

枝豆

b0254207_20582743.jpg美味しくて 嬉しいいただきもの
枝豆です。
甘みのある良いお豆さんです。
とても沢山いただきました。
これで半分なんです。
しかも、即、食べられるように茹でてから持ってきて下さった、というお心遣い、本当に有難いです。

外国人がたくさん住んでいるTSUKUBA CITYですが、「日本の食べ物で何が好き?」と尋ねると、(私が尋ねた人達からの)答えのトップ5は「てんぷ~ら、ラーメン、すし、焼きと~り、エダマメ」。

彼らも1~2年日本に住んでいると「レートー エダマメ ハ オイシクナイデス」と、のたまいます。
「ナツ ノ エダマメ オイシイデス」と、教えてくれます。アリガト。

枝豆は好きなのに、納豆は何故好きじゃないのかと尋ねると、やはりあのネバネバ~と臭いだそうです。

しかし、たまに「納豆は 美味しいですよ。」と、言う西洋系の方もいました。
その彼は「僕も初めは嫌いだったんですよぉ。あれを食べられるのが信じられませんでしたが、日本人の同僚達が美味しいと言って食べるなら、僕も頑張ってみようと思って・・・(略)安くて体に良いんですから、最高ですよ。」と言っておりました。
まるで日本人のように流暢に(おそらく私以上に標準語で)話す彼は、料理好きで、「あ~、あまり好きじゃないんですか。だったら、キムチを混ぜてみてください。食べやすくなりますよ。」と御丁寧なアドバイスまでくれました。

納豆の他に、豆は豆だが、あんこが好きじゃない、という外国人さんに多数お目にかかりました。アジアの方々は大丈夫ですが、それ以外の国々では「豆=塩味」という食習慣のせいでしょう。
どら焼きやたい焼きが好きな西洋の方も多くいらっしゃるので、一概には言えませんがね。

さて枝豆、ついつい手が伸びてしまいます。
食べ過ぎに注意。
でも、美味しい季節が終わる前に、存分に味わっておこう。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-29 21:00 | いろいろ | Comments(0)

あんパン

b0254207_23564178.jpg昨日のウインナー・パンの生地を少し取り分けて、私用に作ったあんパン。
ほうじ茶とあんパンが美味しいと思うようになったのは、歳を取ったからでしょうか。
(だんだん母に似てきているのかも)

あんパンの餡は、いろいろバリエーションがあって楽しめます。
これは、素直に小豆のこしあん。
こし餡+ねり胡麻
こし餡+柚子ジャム
こし餡+桜・・・・
他にも皆さんご存知の通り、南瓜やサツマイモのマッシュしたものをそのまま餡にしたり、白餡と混ぜたりしてもいけます。

ところで、皆さん「パン売りのロバさん」という歌を御存知ですか。
「知ってる~、懐かしい~。」と答えた方は昭和30年代を幼少期として過ごしていた方々ですね。
主人は、かつてはロバに牽かせたパン売りを楽しみに待っていた1人でした。

ろばのおじさん チンカラリン
チンカラリンロン やって来る
ジャムパン ロールパン
できたて 焼き立て いかがです
チョコレートパンも あんぱんも
なんでもあります チンカラリン

御存知でなくとも興味のある方は是非検索してみてください。
音楽も聞けます。
不思議と耳に残る歌ですから。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-28 23:58 | Bread | Comments(1)

ウィンナー・パン

b0254207_1719496.jpg夏休みも残すところ数日となりました。
娘は今日から学校で講習があるとかで、出かけました。

前の晩、おもむろに制服のスカートを持ち出して、何をするのかと思えば・・・試着?
「体重は変わってないんだけどさ、スカート・・・夏中はいてなかったんで、ちょっと心配になってさ・・・はいんなかったら、どうしようとか思っちゃってさぁ。」

そうね、ちょっと心配した方がいいと思いますが、スカートがはけて、ひと安心したようで、今朝も朝食用と10時のおやつ用に・・・と、ウインナー・パンを持って行きました。
(表面からはウィンナーは見えませんが、中にウィンナーが入っているんです)

このウインナー・パンの焼き色といったら、まるで日焼けした元気な小学生のようです。
私も高3の夏を除いて、毎年このような焦げ具合でした。
母に「日焼けしちゃだめよ」と、いくら注意されても聞く耳持たず、夏を楽しんでおりました。
・・・そのツケが・・・
今となっては取り返しのつかないほどのシミとなって表れています。

娘の同級生達、どんな様子で講習に来ているのでしょう。
さすがに、このパン色に日焼けしている人は(自転車で塾に通っていたとか、体力作りのためにジョギングしていたとかいう人以外は)そうそういないでしょう。

夏は受験の天王山

昔からよく言われている言葉です。
数年前、帰省した時に「あれが本物の天王山なんだよね。意外と低いんだ。」と、言っていた娘に、「天王山が実際高いか低いかは関係ないんだよ。比喩だよ、比喩。」と私が言ったら「わかってるってば。」と、少々馬鹿にされたような・・・。

「意外と低いんだ」という何げなく言った言葉・・・
こう言ったときは、まだ受験生ではありませんでしたから、事実として『意外と低いんだ』と言ったのでしょう。
もし、今年の夏休みにそう言っていたら、どういう意味で言ったのか興味深いところです。

9月に入ったら、毎日が加速するように過ぎていきますよ。

さて受験生達よ、以下の文を書き下し文にせよ:

少年易老学難成 一寸光陰不可軽
未覚池塘春草夢 階前梧葉已秋風
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-28 17:24 | Bread | Comments(0)

スフレなロールケーキ

b0254207_12173170.jpgふわっふわのロールケーキ。
このスポンジ生地を作る時、いつもは卵黄を卵白より1つ多く入れます。
でも、今日は卵黄と卵白同じ数で試してみたら、ほとんどスフレのように、ふわっふわです。
ホワイトチョコを混ぜた生クリームを巻いて、冷蔵庫で少し休ませて、さて、落ち着いたかしらと思ったら、生地の柔らかさが災いして、なんと鳴門かまぼこ?!・・
そこには切り口楕円形のロールケーキが!

まあ、物事は考えようです。
楕円になったということは、底辺が長くなって安定よく立っていられるということです。

久しぶり(1年ぶりかしら)に作ったので記念撮影しよう。
折角、新しいレンズを買ったし。
ロールケーキさん、立たせたままで悪いけど、お皿の上で待っていてね。

お待たせ~、じゃあ、撮りますよ!
・・・って、ロールケーキさん、どうしましたか。
突然ヘナン・・・パタン・・・と力なく仰向けに倒れてしまって。

そうですか、カメラをセットしている間に夏バテしたんですね。
ロールケーキさん、いいですよ、そのまま天井見ながら休んでいてください。
倒れてくれたおかげで、形が元通りの丸い姿に戻せました。
結果オーライですよ。

ロールケーキさん、お疲れ様。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-28 12:18 | Cake | Comments(0)

BOTTLES

以前、私が赤い実に惹かれるということを書いたことがありますが、他にもいくつか惹かれるものがあります。
それは、ガラスの瓶と、そのラベルです。
私を御存知の方々には想像しがたいことだと思いますが、実はそうなんです。

b0254207_17271724.jpg
素敵なラベルのほっそりした瓶には、蜂蜜色したハーブのシロップが入っていました。
ソーダ水で割って飲むと、美味しかったです。
2か月ほど前に、遊びに来てくださった方のお土産、嬉しいいただき物でした。
飲み終わっても、キッチンカウンターの上に飾ってあります。
朝、カーテンを開けた時に瓶に光が当たって、きれいです。

もう一方のどっしりした寸胴の瓶は、知り合いがくれたもので、ピクルスが入っていました。
その人は去年の震災前まで、つくばで仕事をしていましたが、残念ながらその後は故郷にもどってしまいました。
(非常にユニークな御夫婦で、いつか彼らについての話が出てくると思います。)

さて、ガラスの瓶に惹かれると言っても、どんな瓶にでも・・・というわけではありません。
『焼き肉黄金のたれ』のラベルには、購買意欲と食欲をそそられますが、さすがに残しておこうとは思いません。
アルコール飲料系スタイルのボトルで、光に透かすと鈍い色に光るものがいいんです。

それと、ラベルのデザイン!
ラベルのデザインは商品の名刺代わりですから、素敵であるべきです。

蛙の子は蛙・・・確かに親譲りな部分が多々あることを最近感じています。
…と申しますのは、父もラベルやパッケージ、看板のデザインに興味を持っていたからです。

実家の父は若かった頃、看板屋になりたかったそうです。
でも家業の鉄工所の手伝いがあって、看板屋は諦めたものの、趣味でレタリングなどを勉強していたのを覚えています。

私の子供のころの夢は、ピアニストになることか、漫画家になることでしたが、いずれも無理だと幼いながらに悟りました。
その後は、外国映画とTVドラマに感化されて、語学系に憧れを持ち・・・でも、やはり・・・を繰り返し、結局は、「将来的に食べていける道」=芸術系でない=語学系を選びました。
超現実的な女子高生でした。

私の妹も語学系に進みましたが、やはり親譲りなものが黙っていなかったのでしょうか、数年前からホームページや招待状のデザイン、ロゴ作成などの仕事を自分で始めたそうです。

小さい時から好きなことは、きっと先天的に好きなことで、ずっと変えられないものです。
だから娘に、好きなことを仕事にできるよう進路を考えなさいと、言います。
実に難しいです。
だって、まだ17歳ですから。
いやいや、もう17歳!と言わなければね、自覚を持ってもらわなければいけませんからね。

ガラス瓶の話から、とりとめなく随分逸れてしまいましたが、もう1度ラベルを見てください。
ラベルのデザイナーさんの気持ちをつい考えてしまいます。
自分のデザインが取り上げられ、商品化されて 「これ、素敵ね」と言ってもらえることを想像すると、本当に嬉しかったでしょうね。
・・・そう思うと、ますます手放せないんです!
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-27 17:39 | いろいろ | Comments(0)

SHRIMP CURRY

b0254207_9545946.jpg今週の主人のカレーは、海老カレー。
娘は、今週もククレカレー甘口を御所望。

「なんで毎週末はカレーばっかりなわけ?」と、娘は自分が食べられないものを楽しそうに作っている主人と私に少々御立腹。

しかし、この海老カレー、いったいどれだけチリ・ペッパー入れたの?!
辛い!口の中が火事!

こんな時は冷水を飲んだらますます辛さが強調されるので、ヨーグルトを食べて口内消火。
ラッシーを作っておけばよかったね・・・

空もそばで「ちょ~だい」してるけど、このカレーは絶対無理。
せめてヨーグルトでも一口どうぞ。

レシピ通りの量のチリ・ペッパーを入れたそうですが、カイエンヌペッパーではなく、ハバネロをいれたそうで・・・
どうりで辛いわけだ。
私は辛いものを食べても平気ですが、主人はあとで胃がヒリヒリするかもしれません。
辛かったけど、食後何だか体の中からス~っと涼しくなった気がしました。

御馳走様でした。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-27 09:59 | KOO食堂 | Comments(0)