<   2012年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

よいお年を・・・

b0254207_21384786.jpg皆様、大晦日の夜をいかがお過ごしでしょうか
私は先程まで台所で御煮しめの味チェエックしながら詰めながら、つまみ食いし放題
ついでに昼前に作って丸めた御餅を温め、海苔で巻いて間食三昧
海苔はクリスマスに宮城の七ヶ浜の方が送って下さったもの
少し炙って御餅に巻くと、最高です
お正月前倒し状態です

2012年があと数時間で終わります
皆様にとって、今年はどんな1年でしたでしょうか

今年は4月の末に義父が亡くなったこと
娘の大学受験の年だったこと
主人がぎっくり腰を1回しかしなかったこと
壊滅的なPC音痴の私が自力でブログを始めたこと
この4つがまず思い出されることです

今年も1年間 たくさんのHELPのおかげで無事過ごすことが出来ました
色々アドバイスをくださったお菓子教室での先生と先輩とお友達に感謝
温かい御心遣いをくださった新旧知り合いの方々に感謝
やりたいことしかしない私を理解してくれる(あるいは諦めてくれている)家族に感謝


まもなくやって来る2013年も皆様にとって良い年になりますように
そして、来年も宜しくお願いいたします
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-31 21:45 | ごあいさつ | Comments(0)

SEAFOOD CURRY & CURRY UDON

b0254207_1334043.jpg主人の週末カレー
先週はシーフード・カレーでした

シーフードは大好きですが、
イカの皮を剥いて下処理したり
海老の殻を取って背ワタ処理したり
そういうのが面倒くさくて
ついつい後回しになっていました

「どうせ下処理は私の仕事、
いっそ、シーフードミックスを・・・」と
悪魔のささやきが買い物中ずっと頭の中をぐるぐる回っていたのですが、やはり後悔するより努力(?)する方を選びました

でも、やはり結果を味わうと、シーフードミックスにしなくてよかった~

このシーフードカレーで、主人が使ってきたレシピ本でのカレー編はひととおり試したことになります
「来年は復習かな、タイ・カレーもいいかな」と、意欲を見せている主人ですが、タイ・カレーのペーストはどうするのでしょう
これが課題です
b0254207_1345998.jpg
今月半ば頃、タイへ出張に行ってきた主人はタイに対して少し親近感を覚えたようで、以前は私がタイへ行こうと言っても「・・・」でしたが、最近は「いつか行こう」と言います
飛行機が嫌いなことと、お腹が弱いことで海外出張および旅行が好きではない主人ですが、タイで一緒に過ごした方達のお人柄のおかげか、タイが好きになったようです

さて、今年最後の週末カレーは私からのリクエスト

カレーうどんです
これなら、ハウス・バーモントカレー甘口をベースにして、銚子で買ってきたうどん出汁やみりんで調整したものなので、家族そろって食べられるというわけです
美味しくて、うどん麺を食べた後、冷御飯を入れて(これは暖かい御飯じゃダメなんです!)カレーを食べました
いつもは1人レトルトだった娘も満足そうで、メデタシ、メデタシ~

主人の週末カレーは まだまだ続く・・・
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-31 13:08 | KOO食堂 | Comments(2)

タイの『太陽のケーキ』と台湾五大名茶と鳳梨酥と

b0254207_19352178.jpgこれ、今月タイに行った主人のお土産なんですが、よく見ると漢字で「太陽のケーキ」って書いてあるんです
バンコクで一緒に仕事をした学生さん達のお薦めで、現地の人たちも日本語で”TAIYOO NO CAKE”と呼んでいたそうです
ナンダカ アヤシイ ケーキ ダ

どのようなものかと申しますと、外の皮は多分ラードを使ったパイ生地で味はありません
中は、バニラ風味もどきの少しネッチリした(水あめの入れすぎ?)餡(=中の具)が入っています
懐かしい感じのお菓子です

そう、思い出しました
外の生地は台湾の鳳梨酥FengLiSuに似ているんです
鳳梨とはパイナップル、酥とはサブレのような食感の物を指します
洗練された感じはしませんが、素朴な味の生地の中に、パイナップルの甘煮(ジャム)が入っていて、一時期よくお土産にいただいたり、自分でも作っては食べていました

懐かしくなって、久しぶりに作ってみようか・・・と思っていた時に、広州から日本へ戻ってきているお友達から「はい、お土産」と、台湾のお茶
台北に旅行していたそうで、嬉しいいただき物です
b0254207_1939272.jpg
箱には『台湾五大名茶』と書いてあります
開けてみてなるほど、5種類のお茶が入っていました
日月潭紅茶、東方美人茶、包種茶
鉄観音茶 そして烏龍茶
ちゃんとインストラクションの栞まで入っています
それぞれ茶壺にいれる茶葉の量が違うこと
蒸らし時間が違うこと、
色が違うこと、
そして、何煎目まで美味しくいただけるかを、丁寧に書いてくれています
どれから楽しもうか、迷ってしまいます

折角の台湾茶に合う甜点心は何がいいかしら
ナッツの砂糖がけをつくろうか
ドライフルーツでもいいかしら

机の上にのっている太陽のケーキを見て
そうだよ~、鳳梨酥だよ~!
これを作ろう!

・・・と、思い立って即行動~
(この暮れの押し詰まってきている時だというのに)

先ずはパイナップルの缶詰があったので、水飴を加えて手抜きジャムを作りました
そして、生地作り
軽さと少しサクッと感を出すためにショートニングとベーキング・パウダーを混ぜ、香りとコクの為にバターも少し加えました
でも、少し焼き過ぎました~

現地(台湾)では、パイナップル餡のコストを抑えるために、冬瓜や大根で餡(中の具)を作って混ぜている場合があります
(日本の栗きんとんにサツマイモを混ぜるのと同じですね)

今夜は先ずは鉄観音茶からいただきましょう
そして、少し焼きすぎのパイナップルのお菓子でお茶の時間といたします

それにしても、今日は1日天気が悪かったですね
年末にこうやって雨に降られると、大掃除する気が削がれてしまいます
一昨日のうちに庭の大掃除を終わっておいてよかった・・・
でも、怠けていては片付けが終わらないので、一息ついたら本の片付けでもするとしようかな
b0254207_19402467.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-30 20:03 | いろいろ | Comments(0)

福袋からのお裾分け

先日「夕方5:30頃、家にいる?」と、昔から仲良くしてもらっている知り合いから電話がありました
何かしら…と、思いつつ待っていたら、「いつものコーヒー屋さんの福袋買ったの~。お裾分け。」って、コーヒーを1袋持ってきてくれました

嬉しいいただき物です
しかも福袋からのお裾分けとは、こりゃあ幸先良さそうな

いつもキチンとしていて綺麗な人ですが、今日はいつもより更に明るくきれいに見えたのは何故でしょう
「もうすぐ あの子たちが帰って来るの~」と、聞いて、なるほど納得・・・
あの子たちというのは、大学生の娘さんと息子さんのこと
いつも子供たちのことに一生懸命で、本当にいいお母さん

確かチョコレートのお菓子がお好きだった記憶があります
その時までには、このガトー・ショコラの焼き加減をもう少し調整して、完成させておきますから、もう一人の昔馴染みさんをお誘いして、また3人でコーヒー片手にケーキを食べながら、おしゃべりいたしましょう
b0254207_12494979.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-30 12:54 | いろいろ | Comments(0)

銚子へ

b0254207_1414244.jpg千葉の銚子に古いレコードやステレオを扱っていらっしゃるお店があります
お店の御主人さんも奥様も、
職人さんも皆さん素敵な方達で、
お仕事中にもかかわらず
お邪魔するのが楽しみなんです

先週、主人が夏前にお願いしていたプレーヤーのアームを受け取りに行くと言うので私もちゃっかりついて行きました
趣のある音楽を聞かせていただきながら、主人は、御主人さんとスピーカーやプレーヤーの話
奥様は私と色々お話しして下さり、アッと言う間に2時間ほど経っていました
私のル・クルーゼかストウブの重たい鍋が欲しいけど、どっちがいいか迷っている・・・とかいう話までお聞かせして、いやはや、お恥ずかしい
でも、御話上手聞き上手な奥様と話していると何でもドンドン話したくなって余計な(失礼な)ことまで言ってしまったかもしれません

この日は、お店にお邪魔する前に、『ヒゲタ醤油』工場に寄りました
ほら、お醤油、うどん出汁、醤 です
『ひ志お』と書いてありますが、『醤』で「ひしお」と読みます
固形の醤油と申しますか、温かいご飯にのせたり、焼きおにぎりに塗ったり、その他料理に隠し味として使ったり出来るそうです

そして、お寿司屋さんへも
主人と忘年会です
折よく、お客さんがお帰りになった後だったそうで、お店には主人と私だけ
店の御主人と御上さんとお話ししながら、次々に握ってくださる美味しいお寿司をいただきました
偶然、御嬢さんが手伝っていらっしゃって、「可愛いでしょ」と、御主人

お父さん似の丸いお顔の御嬢さん、可愛いです
もうすぐお店の後継ぎさんを連れていらっしゃるかもしれません
(もう、既に紹介済みなのかもしれませんが)

戻っていらっしゃった御嬢さん これから家を離れる娘
主人にとっては、また娘がこの御嬢さんのように親元に戻ってくれることを願っているのでしょう
私は心のどこかに「女は家を離れていくもの」という感覚があり、きっと男親ほどには娘が遠くに行く寂しさを感じていないのかもしれません
b0254207_14153022.jpg
最後に、ジャ~ン! ストウブの鍋、買っちゃいました~!
22cmのオーバージーン・カラー(茄子色)です
何度も店先で手にとっては「贅沢すぎるよねぇ・・・」と、また売り場にもどして・・・を繰り返していましたが思い切って買いました

ルクルーゼも実は年明けに届くんです
結局、迷いに迷った挙句、どちらも1つずつ
ルクルーゼは、色の鮮やかさが気持ちを明るくしてくれます
ストウブは、そのクラシカルな様子と色が、やはり好きです

今年も花粉症以外は不調無く、お医者代をほとんど使わなかったことだし自分へのご褒美として2つ! ふふふ~ 満足~ 嬉しい~

でも、喜んでいるのは私だけ? 
いいんです
Happiness consists in contentment 幸せは満足にある ですから
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-29 14:21 | いろいろ | Comments(0)

シクラメン

b0254207_16561221.jpg明るい色の花が少ない冬
シクラメンは華やかな色で部屋を飾ってくれます

この紅とピンクのシクラメンは、以前住んでいた合同宿舎以来お付き合いしてくださっている方からの嬉しいいただき物です
おいとこさんからの贈り物だそうで、なのに私にまで分けてもらって~
そうそう、以前(夏ごろ)にUPした素敵なブーケもこの方からでした

お花が似合う方です
小柄な彼女がお花を手にしていると、可愛いんです
(可愛いだなんで、失礼かもしれませんが本当なんです)
御嬢さんはうちの娘と同じ年であることを考えると、それなりの御年になっていらっしゃるはずなのに、何故か若くて可愛い・・・・

やはり可愛いというのは女性にとって、得(徳)です

さて、シクラメンの花言葉は「はにかみ、内気、嫉妬、純潔」等『ソロモンの冠』という逸話が残っている花です
篝火花とも呼ばれますが、確かに赤い花をみていると火が燃えているように見えます
赤いシクラメンは「嫉妬」という花言葉
う~ん、嫉妬の炎がメラメラと・・・ですか、そう見えないこともありません

実は20年ほど前、京都の宇治に住んでいた頃、このシクラメンにハマったことがあります
どうハマったかというと、シクラメンを種から育てることでした
植木鉢に植えられて売っている物を見ると、球根のようなものが見えますが、これはチューリップと同じく種が成長したものです
種を温度管理して約1ヶ月かけて発芽させ、暑さに弱いので注意しながら、じわじわ育てて蕾が付くまで約10か月
手塩にかけて育てたシクラメンの愛しかったこと!

b0254207_16565912.jpg私が育てたのは、ミニ・シクラメンでしたが、花が次々咲きました
花がしおれたら、茎の付け根から丁寧に取り除きました
そうして種を付けさせないようして、長く花を楽しみました

でも、ある日「1つぐらい種をつけさせてみよう」と思って、しおれた花をそのままにしておいたら・・・
な!なんと!まっすぐ伸びていたはずの茎がクルクルと旋回しているではありませんか
驚いて、当時お隣にいらっしゃった御隠居さん(いつでもお花がいっぱいの素敵な小さい庭をお持ちで、私の園芸の師匠とお呼びしていた方です)に見せたら、「クルクルするのをサイクロンって言うでしょう、だからシクラメンっていう名前なのよ」と教えてくださいました

なるほど~面白い!
その時からです 花の名前や由来に興味を持つようになったのは

紅とピンクのシクラメン
長く咲いてくださいね

春が来るまで、
ずっと咲いていてくださいね~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-28 17:04 | いろいろ | Comments(0)

もう1つのクリスマスプレゼント

b0254207_1934452.jpgお隣の御家族は我が家と同じく核家族+ワンちゃん1匹
お隣さんも我が家も一人娘

学年は7つ離れていますが、
うちの娘はお隣の娘さんが好きで
お隣の娘さんも、うちの娘のことが好き
とても嬉しいことです

昨年の震災の夜、主人も私も家に帰れず、娘はこのお隣さんにお世話になりました
とても有難いことです

今年もクリスマス・イヴにプレゼントを持ってきてくれました
嬉しいいただきものです

「犬が好き」という共通点があって、「これでイヌと もっと話ができる」という本と、ほのぼのした犬のイラストのシールと、なんと!空のシール!

実は、空がWANという雑誌の1月号「ぴかいち☆スマイル」というページ(読者のペット・コーナー)に小さく載っていて、親バカな私がお隣さんに1冊差し上げたのです
それにしても、記念のシールを作ってくれて、私には思いつかないアイデア
そして、御両親からは娘への御祝いまで頂戴し、恐縮です

春から離れて暮らす娘、その先ではどのような方達に出会えるのか分かりませんが、出会える御縁というものを大切にしていってほしいと願います
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-27 19:06 | いろいろ | Comments(0)

BIREWECKA

b0254207_1421061.jpg皆様、クリスマスをいかがお過ごしでしたか
今日は26日、St.Stephan’s day
イエスが神の子だと言ったばかりに、石を投げられて殺されたStephanの日

そして、Boxing Day でもあります
格闘のBoxingではありません
クリスマスの後、教会の寄付の箱を開けるからBoxing Day
あるいは、クリスマスに多忙だった使用人や郵便屋さんを労う贈り物Boxの日だから・・・とか言われています

クリスマスのお菓子の話題は終了!
・・・だろうと、お思いだったでしょう
でも、1月6日まで続く国もあるんですよ

それで、本日もう1つ

写真をご覧ください
ミート・ローフではありません
ベルベッカ(ビルヴェッカと読むほうがいいのかしら)といいます

フランス・アルザス地方にはクリスマスの小さい焼き菓子を総称してブレデレという名称のクッキー類が沢山がありますが、それ以外にも、このベラベッカがあります

別名パン・ド・ポワール、つまり洋梨(ポワール)のパン
ドライ・ポワールをはじめ、レーズン、イチジク、ドレンチェリー、クルミ、アーモンドなどをキルシュに漬け込み、それがギッシリと発酵生地に埋め込まれています
そして、アニス、シナモンなどのスパイスで香りをプラスした濃厚なお菓子です
シュトレンと同じく薄くスライスして食べます

また、シュトレン同様、キリストのおくるみを模した形だと言われていますが、この色と形を見るとたいていの人は「ミート・ローフ?じゃないよねぇ」と言いたくなるでしょう

作り方はシンプルです
前の日からドライフルーツなどをキルシュに漬け込んでおいて、翌日僅かな粉発酵生地を作り、そこに記事の10倍ぐらいの量のドライフルーツ類を混ぜ込んで焼きます
混ぜ込む工程は、まさにミート・ローフと同じ

ところで、アニス(西洋ウイキョウ)というスパイスはお好きでしょうか
上記のブレデレにも、アニスを入れるクッキーが有ります
地中海の方を原産とするこのハーブはエキゾチックな甘い香りを持っています
中国の八角(スター・アニス)とは同じ甘い香りの成分を持っていますが別物です
アニスも八角も独特な甘い香りがしますが、アニスの方はもっと爽やかな甘い香りで、口に入れるとその余韻が長く続きます
スター・アニスの方が安価なので代用されることが多いようで、独特な香りを持つ『リカールRicard』というお酒はスター・アニスが使用されているようです
私は嫌いではありませんが、以前『アニスのグミ』をもらって食べた時は、さすがにアニスそのもの3cmぐらいの塊を口に入れた気がして、口から出すに出せず、そのまま飲み込んだのを覚えています

さて、日本ではクリスマスが終わり、お正月への準備です
朝からホームセンターへ行って油汚れ落としの洗剤などを買ってきました
私も台所や庭の掃除をはやく始めなくては・・・
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-26 14:23 | Cake | Comments(0)

苺のクリスマス・ケーキ

b0254207_2114969.jpgクリスマス・ケーキといえば・・・
日本では やはり『苺のデコレーション・ケーキ』
生クリームよりバタークリーム派の私ですが、この季節だけはこのケーキを作ってしまいます

しかし、今年は私ではなく娘が作りました
「母ちゃん、計量だけしといて。」と、言ったので、その通りにしました
耳にイヤホンさして、鼻歌まじりでケーキ作り
インストラクション通りには絶対しない娘なので、口出しはしません
最後の仕上げまで(洗い物は別でしたが)一人でやっていました

日本でのクリスマス・ケーキの始まりは、不二家
不二家が明治時代末期頃に作って大正の末期に広めたそうですが、実際は冷蔵庫の普及率50%を超した昭和40年代半ば頃からクリスマスケーキも急速に売れるようなったようです

私が若かった頃は、25歳までに結婚しなかったら『クリスマスケーキ』と呼ばれたものです
そう、クリスマスケーキが求められるのは24日・25日まで、26を超えると投げ売りか廃棄でしたから
そういう社会風潮の中、保守的な母も私の行き先を悩んでいました
5歳下の妹が先に嫁に行こうものなら・・・・とか、いろいろ心配していたようです
それで私は大学を卒業後、すぐに見合い写真を撮って、釣書(つまり身上書です、ひどい名称でしょう)を書くよう勧められました

出来上がってきた見合い写真を見た友達が「うわぁ~綺麗!これって、サギよねぇ~」と笑いました
でもその友達が30歳になった時のお見合い写真ときたら、いぜん成人式の時に撮ったものを使っていて、「これって、マジ、ダマしぃ~?」と、自嘲している姿が痛々しかった・・・
でも、この友達は数年後、素敵な方に出会えましたから、メデタシ、メデタシ

今、仕事場でこんな話を男性がしようもなら、セクハラおよびパワハラと言われるところですね

そんなこんなで、色々な意味で思いの深いクリスマス・ケーキ
娘が作ると聞いて、主人がノロ・ウィルスに怯えていましたが、食後の食卓に登場し、空も含めて家族4人無事でした

メデタシ、メデタシ・・・メリー・クリスマス!
b0254207_21192246.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-25 21:20 | Cake | Comments(0)

A CHRISTMAS PRESENT from 宮城県七ヶ浜

b0254207_9135013.jpg昨年3月11日の大震災後、お菓子を通してお知り合いになれた方達がいます
その中で、今もお付き合いさせていただいている方が宮城県七ヶ浜にいらっしゃいます
その方から、昨日の朝、小包が届きました

なんと、七ヶ浜特産の海苔です!
嬉しいいただき物です

今年2月のメールのやり取りの中では、折角の海苔が台無しになっているという非常に残念なお話を伺っていました
でも、今日こうして送って下さったということは、海の状態が良くなってきたということ
過分な御心遣いに恐縮しつつも、嬉しいお知らせとして頂戴します

ところで、この海苔を送って下さった方は七ヶ浜の中の吉田浜にお住まいで、御隣さんの御主人は海苔の名人、天皇陛下から表彰していただいたり、「どっちの料理ショー」で有明の海苔と戦ったこともあったとか・・・

この海苔はまだ焼いていない状態、食べる時に炙るなら、緑色になるまで炙ると風味が落ちるので、本当にサッとぐらいがベストだそうです

ちなみに、この方の御薦めは、やはり「おにぎり」!
しかし海苔は焼かずに、ごま油と白ごまをまぶしたおにぎりに巻くのだそうです
磯の香りがそのまま味わえるんですね  

それから、海苔チップスだそうです
大きい鍋にごま油を入れ、3~4cm四方に切ったいた海苔をその中で焦がさないように炒り、塩(ガーリック・パウダーなどを入れる方もいるそうで)をまぶすのだそうです 
想像しただけで、たまりません!
素材の旨味そのものを味わえるというのは何とも贅沢です  

とても沢山送って下さったので、お正月までずっと~~いえいえ、お正月後もしばらくは楽しめます  
我が家は海苔巻おにぎりが大好き
先ずは、おすすめ通り、ごま油をつけて食べるのが楽しみです
美味しいごま油を買いに行かなくちゃ!

今朝、ごま油が待ちきれなくて、少し炙って食べたら、実に しっかりした海苔!
普段、スーパーで買ってくる韓国海苔を食べている娘はびっくりしていました

これは危険な美味しさ・・・ホント気を付けないと、ついつい御飯が進んでしまいますよ~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-25 09:25 | いろいろ | Comments(0)