<   2013年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

杏とぺルー産チョコレートのお菓子

今日は朝からあいにくの雨
娘は今日から3日間連休の合間の授業へ行き、主人と私は税金の手続きをしたり・・・いろいろ回っているうちに昼御飯の時間となりました

ラーメン街・一乗寺にある『新進亭』というラーメン屋さんへ行ってみました
先日、大阪テレビの『ほんわかテレビ』(笑福亭仁鶴師匠や寛平師匠が出ている無茶苦茶ローカルな番組です)で紹介されていて、「行こう!」と、決めていたんです
昭和47年創業の白味噌ラーメンで有名なお店、主人は白味噌ラーメン、私は醤油ラーメン、そして焼き飯を注文
初めて食べた白味噌ラーメンは、白味噌のほんのり甘みのある味がある出汁が美味しかったです
どれもしっかりした味で超満足しました
娘へのおみやげに焼き飯をもう1つ注文~ おかげで外食したことがバレてしまいました

b0254207_19241126.jpgところで、京都へ来る前に、多摩の先生に教えていただいたお菓子を(忘れないうちに)ご紹介いたしたいと思います
これは、名前通り杏のピューレとペルー産チョコレートを使ったお菓子です

まずアーモンド・ダイスを入れたフォン・ド・マカロン・オザマンドを2枚焼きます
このマカロン生地はしっかり焼き、杏のピューレとリキュール等を加えらポンシュを打ちます

型に生地を敷き、少しくせのあるペルー産のチョコレートと杏のピューレを入れて作ったシャンティ・ショコラを流し、もう1枚の生地を敷いて冷蔵庫へ

杏のピューレとリキュール、コニャック、キルシュなどに生クリームを合わせて杏のムースを作り、冷やしておいた生地の上に流し、最後に杏のジュレをかけて仕上げます

合わせる材料は多いですが、イタリアン・メレンゲ不要で作り易いです
サクサクのマカロン生地にアーモンドの食感が楽しく、杏の甘酸っぱさとチョコレートの苦みが味のコントラストをつけています
食感と味の立体感とバランスの良い初夏のお菓子と言えます
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-30 19:32 | Cake | Comments(0)

比叡山ドライブ

「ここを通してほしければ、私を連れて行ってね」
空はいつだって私達が出かけることをちゃんと知っています
b0254207_2127426.jpg

朝食後、比叡山へドライブへ出かけました
比叡山は京都の鬼門の方向に位置します
ちなみに東寺は裏鬼門の方向に位置していると言われています

家を出て約20分ちょっとで途中の展望台に到着
琵琶湖と大津市が良く見えました
b0254207_21325380.jpg

鮮やかな新緑を楽しみながら、もう少し上がると延暦寺に到着
先ずは講堂
b0254207_21335111.jpg

そばにある開運の鐘をついて根本中堂へ
b0254207_2135125.jpg
b0254207_21343933.jpg

石段を上って文殊堂へ 空が「はやく~!」っていう感じで私を見下ろしていましたが、実は登るのを嫌がる空を娘が抱えて上がって行ったそうです
b0254207_21361438.jpg

文殊堂から下を見ると根本中堂の正面が見えます
b0254207_21364966.jpg

文殊堂は小さいお堂ですが、学問の神様の御堂とあって、中には合格祈願や学業成就の絵馬が沢山かけられてありました
外は、紅葉の新緑で包まれています
b0254207_21403156.jpg


比叡山の山頂に行ってみると、ガーデンが開設されていて驚きました
b0254207_21421078.jpg

正直なところ、昔のままでは商業的に厳しいのかもしれませんが、何故このような洋風の施設の建設が必要だったのか理解できず、残念に思われました

最後に気を取り直して、桜のご紹介をいたしましょう
比叡山延暦寺は桜で有名で、ちょうど桜祭り開催中、約40種類もある桜が美しく咲いていました
これは『御衣黄』、ほぼ黄緑色に近い実に珍しい色です
b0254207_2147215.jpg

「海棠の眠り未だ醒めず」と表現された花海棠に似た『楊貴妃』という名前の桜
b0254207_2149119.jpg

そして、『御衣黄』より淡い黄緑色の『鬱金』は何故『鬱』と付いているのか分かりませんが軽やかで明るい色で、空を覆うほどに鈴なりに咲いていました
b0254207_2148182.jpg

b0254207_21493852.jpg

『白雪』は、その名の通り、白に近い淡い桜色、染井吉野よりもずっと小さく可憐です
b0254207_21501747.jpg


春の日差しを受けて透明感ある新緑と桜を楽しんだ1日でした
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-29 22:04 | 京都にて | Comments(2)

花水木と新緑の天蓋

おはようございます

私はいつも通り空に6:30に「朝だよ~ブフフフ~ン」と、鼻息で起こされました
京都にいる間ぐらいは、娘に朝の散歩に行ってもらいたいのですが、5時間半以上寝ると頭痛がするので、これも自分の健康のため!と、散歩に出ました

今朝も川沿いの小道を行って振り向くと、比叡山が春の霞に少しかすんで見えました
b0254207_916475.jpg

この川沿いを(鹿の親子を川向こうの林の中に探しながら)通り、とても気持ちが良かったので、林をぐるりと回るように少し長く散歩しました
b0254207_9141756.jpg

残念ながら、鹿の親子に会うことは出来ないまま、宝ヶ池プリンスホテルと国際会館前の間の通りに出てきました

通りは、今 花水木が満開、新緑も美しく・・・
b0254207_9171952.jpg

b0254207_9174910.jpg

見上げると、ほら~! まるで花水木と新緑のの天蓋のようでしょう?

明日は天気が悪くなるそうだし娘は授業なので、今日どこかへ新緑を楽しみに出かけようという予定ですが、昨日の法事で主人も娘も疲れたらしく今だ夢の中です

では皆様、HAVE A GOOD DAY!でございます 
b0254207_9194911.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-29 09:22 | 京都にて | Comments(0)

義父の一周忌へ

今日は義父の一周忌でした
午後、病院に義母を迎えに行って、大津の義理の妹の家へ向かいました

空も一緒に・・・

空は車の中で娘の膝に顎をのせてリラックス~
b0254207_2257243.jpg

さらには膝の上にのってべったり甘えムード~
b0254207_22564827.jpg

途中、堅田の鯉のぼり祭りの会場横を通り・・・
b0254207_22585488.jpg

義理の妹で法事の後、夕食を義理の妹家族と一緒に楽しみました

義母は娘と手をつないで再び病院へ・・・
b0254207_22593338.jpg

昨年、義父が亡くなってから、あっという間の1年でした
間もなく姪が結婚します
残りの二人の姪と我が家の娘が結婚するまで元気でいてくださいね
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-28 23:02 | 京都にて | Comments(2)

スフレ・ロール・ケーキ

こんにちは、皆様
今日27日に日付が変わると同時に、京都の家に向かって出発
2月、3月につづき、今回も車で(空も一緒に)来ましたが、さすがにゴールデンウィークの始まりとあって、壮絶な車の量でした
前回までは約6時間で到着できたのに、今回は途中の甲賀で火事渋滞とやらに巻き込まれ、7時間半かかりました
いやはや、渋滞って本当に疲れます・・・・

岩倉の家に来る前に、先ずは病院の義母のところに寄ってきました
義母は非常に顔色が良く、明日の義父の一周忌には参加できそうでした

家についてみると、豈図らんや!
娘は思ったよりもきちんと生活しているではありませんか!
台所はそれなりに片付いていますし、服も床の上に脱ぎっぱなしになっておらず、棚に畳んで入れてありました
実のところ、台所は腐海状態、外はゴミ屋敷になっているのではないかと恐れていましたが・・・な~んだ、やればできるんじゃないのぉ~!
褒めてしんぜよう

b0254207_11105213.jpg主人と私が朝御飯の間に、娘は久しぶりに空と散歩へ
戻って来て三人で久しぶりに一緒に朝のお茶の時間

はい、スフレ・ロール・ケーキをどうぞ~

これは、昨日、教えていただいたケーキです
先生らしい材料の持つ香りそのものを大切にした優しい味わいの生地です

別立て生地です
先ず溶かしたバターに粉を混ぜて火にかけ、まとまったら牛乳を加えて再度加熱し、糊化させます
そして卵黄を加えたユルユル~の生地
このユルユルの固さに合わせて、卵白も非常にゆるく立て、卵黄生地と混ぜ合わせて焼きます

180℃で16分ほど 焼きすぎないこと
そしてクリームを巻いて出来上がり

デモで、抹茶のタイプも作ってくださいました
(こちらはクリームと小豆を巻きました)

試食の時、きめの細かさに「ほおぅ~」
一口食べて、「うわぁ~!」
ただのフワフワではなく、歯切れの良いソフトな生地に驚きました

御稽古に行って何よりうれしいのは、先生ご自身が作ってくださったものをいただくことができるということです
先生のお店にあるものは、勿論 先生の作品ですが、でもそれはスタッフさんが機械で大量生産なさったものです
やはりオリジナルの味ではないのです

軽いナッツ・アレルギーの娘にとっては、このようなシンプルなロールケーキやシュークリームなどが最も安心して食べられるお菓子です
「ロールケキ、久しぶり~」と、嬉しそうに食べていました

今日からゴールデンウィーク、皆様も楽しい時間をお過ごしください
では、また明日~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-27 11:20 | Cake | Comments(2)

そろそろと、いろいろ花が咲いています

「自宅のモッコウバラが満開になりました」
御縁あって訪問して下さった方のブログに綺麗なモッコウバラの写真にそう添えられていました
お花がお好きな方のようで、UPなさっているお菓子のそばに、とても可愛いお花をよく添えていらっしゃいます
明るい黄色いモッコウバラが満開になっているのを御覧になって、春を楽しんでいらっしゃる姿が思い浮かびます

「さまざまな花が春の訪れを喜んでいます」
御縁あって訪問して下さったもうひと方のブログにも綺麗な花たちの写真に、そう添えられていました
この方もお花がお好きなようで、ブログで拝見したお料理には、とても素敵にお花を添えていらっしゃいます
色とりどりの花を御覧になりながら、嬉しそうに咲いている様子を共に喜んでいらっしゃる姿が思い浮かびます

さて、我が家の庭はどうかと申しますと・・・・手入れがなされておらずジャングル状態
これを非常に好意的に 「ナチュラルな庭ね」・・・と、表現してくれた友達がいますが、そのような優しい響きの状態ではありません。
b0254207_21545486.jpg

モッコウバラは西側はほぼ8分咲きですが、リビングに面している北側はまだ6分咲きです
ゴールデンウィーク中には満開になるかもしれません

今朝は昨日と打って変わって晴天~
出かける前の15分、気持ちの良い緑をパチ・パチ・パチリ!

クレマチスの中では『サクラ・サクラ』が例年通り1番に開花
冬の間は、レマチスの『日枝』が小さい花をひっそり咲かせていました
その間、他のクレマチスたちは全く枯れてしまっているように見えるので、春になって芽が出てくると「生きていてくれたんだ~」と、嬉しくなります
b0254207_21553632.jpg


弱弱しいブルーベリーの花も咲き、ラズベリーとルバーブも競争しているかのように成長中です
ボイセンベリーは蕾が上がってきています
b0254207_21562032.jpg

そして雑草は振り向くたびに増えているような勢いです

玄関わきのハニーサックルの向こうで『部屋に入りたくないストライキ』を起こしているのは誰ですか
気持ちはわかるんですけど、強制収容します
b0254207_2157598.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-25 22:08 | 庭の仲間たち | Comments(6)

GATEAU AUTRICHIEN

b0254207_20324524.jpgお日様色のドライアプリコットのお菓子
Gateau Autrichien
ガトー・オートリシアン
『オーストリア風のお菓子』という名前の発酵生地を使ったものです

タルトのように見えますが、生地はPate Leveeパート・ルべ(発酵生地)です
ドライイーストを40℃の牛乳で予備発酵させ、すぐに5℃まで冷やすことと、20℃で1時間発酵させることが大切なポイントです
生地を膨らませ過ぎないこと

発酵生地はよく膨らんだ方が美味しいだろうと思いますが、このお菓子では逆に目の粗い出来上がりになって歯触りがよくありません

発酵を待つ間に、アーモンドパウダー入りのグラニテを準備

そして、生地が出来たら、セルクルの底にだけ敷いて、昨晩から杏のリキュールに漬けておいたドライ・アプリコットを並べます
そして、杏からの水分を吸収させるためにクスクスとキャソナード(赤砂糖)を散らし、最後にグラニテで表面を覆います

オーブンに入れる前に、オッと待った!
アルミ箔で作った直径1cmほどの小さい煙突を立ててあげないと、「グラニテに覆われて、息ができない!杏からの水分でベトベトしちゃう!」って、お菓子が怒ってしまいます

いつもながら、濃い目の焼き色~
パン生地だからと言って、生白い柔らかめの焼き加減ではいけません
杏の水分が充分抜けず、グラニテが溶けることになりますから

地味だけど、しみじみ美味しい一品です

ところで、今日も代官山の先生の『イルプルーの1年』に行ってきました
『バナナとチョコレートのお菓子』 『キャラメルのフィナンシェ』 『レモンのエクレール』 『パイナップルのダックワーズ』 という4品のデモを見せていただきました

ダックワーズとレモン系とキャラメル系とチョコレート系大好きの私にとっては作ってみたいものばかりです
ゴールデンウィークが終わったら、早速トライしてみます~

最後にこの写真・・・・娘が送ってきたお弁当の写真 『THE ☆ 男飯』 だそうです
お勉強の方はどうなっているのか分かりませんが、少なくとも健康管理は行っているようです
b0254207_2044487.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-24 20:50 | Cake | Comments(4)

ひよこ豆のカレー

この前の日曜日に主人が作ってくれた週末カレー
私のリクエストにより、ひよこ豆のカレー(チョーレー・チャナ)と先週と同じ茹で卵のお料理(マサーレーダール・アンダー)でした
今回も香取さんのレシピからです
b0254207_23363123.jpg
ひよこ豆のカレーは、まず水煮缶の豆を紅茶と梅干しで煮るところから始まりました
熱した油の中でクミンシードの香りが出たら、玉ねぎを炒めてニンニクとショウガ、その後コリアンダーパウダーとレッドペッパーを入れます

初めに煮た豆、トマトと塩を入れて、トマトが煮崩れたら終了
ドライカレーに近い出来上がりでした
シンプルなのにどうしてこんなに美味しいのでしょう

ひよこ豆(チャナ)のカレーはインド北西部バンジャーブ州のお料理で、本来はアムラーという酸味のある果実を干したものと一緒に煮るそうですが、日本では入手難なので梅干しで代用だそうです

先週、写真を撮る前に食べてしまった茹で卵
今回はほら、この通り 

食の進む2品でした~
ごちそうさま

ところで、今日は代官山の先生の『イルプルの1年』(第1日目)に参加してきました
朝9時半から(昼食はさんで)午後4時過ぎまで、先生は4種類のお菓子を作って見せてくださいました
『洋梨とアールグレイのお菓子』 『コーヒーとチョコレートのパウンド』 『栗とチョコレートのタルト』 『黒糖のミルフィーユ』・・・いずれも逸品
また近いうちにまとめてUPいたします

では、明日の朝も7:00前のTXに乗って、第2日目に行って参ります~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-23 23:38 | KOO食堂 | Comments(0)

苺のパウンドケーキ

b0254207_2091229.jpg先日はポーランド産のフリーズドライ苺を使って、シフォンを作りましたが、昨日はドイツ産の香りのより良いフリーズドライ苺の登場
これで作ってみようと思っていたケーキがあったんです
それは、苺のパウンドケーキ

ポマード状にしたバターにホワイトチョコを混ぜ、グラニュー糖、卵もよく混ぜた後、泡立てた卵白を加えます
使用する粉は強力粉とコーンスターチ
フリーズドライ苺をさっと混ぜたら生地は完了

パウンド型に生地の約半分を入れて焼くこと7分
苺のコンフィチュール(ジャム)をその上に2本絞り、残り生地の半分をのせて、また7分
再度、苺のコンフィチュールをその上に2本絞り、残りの生地をのせて、約27分焼きます

コンフィチュールが沈まないようにする作戦ですか
なるほど・・・

焼き上がったらフレーズ・リキュールとキルシュを合わせたポンシュを打ち、ラップでくるんで冷まします

焼くときに、上記のようにしなくても通常のように焼いて大丈夫だとも聞きましたが、今回は試作第1回目なので、まずはこのケーキを考案された代官山の先生の方法で作りました

・・・で、昨日焼いたパウンドをドキドキしながら切ってみました
苺のコンフィチュールは底まで沈んでいませんでした  あ~、よかった・・・
卵黄少な目、別立て生地で、大変軽いタイプのパウンドです
苺の季節が終わるまでにコンフィチュールを作っておけば、初夏まで楽しめそうな一品です
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-22 20:13 | Cake | Comments(2)

今日は第3日曜日、ニコ・マルシェの日ですが、あいにくのお天気です
「これじゃあ、行っても楽しめないから、また来月ね~。午後から東京へ行くんでしょう、気を付けてね。」と、朝 電話でいつもの友達と話して取りやめとしました

友達は『オペラ座の怪人』を見に行くそうです いいなぁ~
私は・・・何をしようかと考えて・・・
こんなに静かな日曜日の朝には、ビーターの音を立てるより、静かに作業できることがいいかな・・と思い、早速、裏庭から蕗を採ってきました
b0254207_10324420.jpg

最近、朝食はパンではなく御飯です
お弁当用に炊いた温かい御飯を見ると、やはり食べたくなるもので・・・

御飯のお伴に蕗の佃煮 うん、悪くないですね~
(でも、気を付けないと御飯が進みます)

とても静かな朝です 
雨の音を聞きながら(リリカルな表現~♪)

ゴム手袋はめて さあ、蕗の佃煮作りだ いざ開始! (あぁ・・・現実はリリカルではございません)
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-04-21 10:41 | KOO食堂 | Comments(2)