<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

キャラメルの寒天

キャラメルの寒天です
暑い日にはこのキャラメルの寒天に生姜汁をかけて食べるのが美味しい~
b0254207_21304461.jpg

え?変ですか?
私的には、全く問題無い発想なんですが・・・
おそらく、子供の頃の『冷やし飴』の生姜味が夏の記憶として残っているからかもしれません

娘と主人は勿論なにもかけずに、そのまま食べています
「何で生姜?」と、言いたいのでしょうが、それは口で言わず、目で言っています

生姜って、和洋中華、甘いもの、塩辛いもの、どこでも活躍中
特に今日のように暑い日には、生姜は体に効きます
谷中生姜にお味噌をつけて、ポリポリかじれば、ご飯のすすむこと!

そう、暑さと言えば、また暑さが戻って来て、バテ気味の方 いらっしゃいませんか

私は夏バテではありませんが、昨夜の仕事先でのエアコンが寒すぎて(運が悪いことに 最も風の入る部屋にいました)、今日1日 実に怠かったです
暑がりのくせに、強いエアコンに当たっていると、とたんに調子が悪くなる・・・というのは、歳だからでしょうか
数年前にも、エアコンで寒い寒い仕事場でひと夏過ごした後(ちゃんと長袖を着ていたというのに)、肘が冬近くまで痛くて困ったことがありました

自分に快適な温度を保てる以外のエアコンは、体調をおかしくするだけです
まだしばらく続きそうな この残暑、皆様くれぐれも御自愛下さい
 
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-31 21:35 | 和風Sweets | Comments(0)

GOURMANDISE PRALINEE AU CITRON

一見したところ、あまり見栄えのしないチョコレートケーキでしょう?
でも、実は見た目とそのお味とのギャップのすごいこと!
その名も 『Gourmandise Pralinee au Citron 食いしん坊の為のプラリネとレモンのお菓子』
b0254207_2246498.jpg


先ずは、ライムの皮とレモンの入ったクレーム・ムースリーム(ムスリム生地のようになめらかなクリーム、という意味)を作って、冷凍庫で固めます
カスタードを作る要領とほぼ同じです

次に、底と中に使う生地はレモンの皮を入れたフォン・ド・シュクセ
フォン・ド・シュクセは、卵白1:砂糖2にアーモンドの粉を加えた少しカリッとするメレンゲです
アーモンドの粉が入らず、卵白1:砂糖2 でカリッ!と焼いたものがムラング・セッシュと呼ばれます

この生地を焼いている間に、アーモンド・プラリネ、ノワゼットのペースト、チョコレートを溶かして、そこにロイヤルティーヌというフレークをいれて、超上等なチョコフレークを作り、焼けた底生地に塗ります

底生地とレモンとライムのクレーム、そして中生地を包むムース・プラリネは、アーモンド・プラリネとノワゼット・プラリネの入ったバタームースです
軽やかでコクのあるバターのムースのフィニッシュは、4つのチョコレートを合わせたグラサージュ、ツヤツヤ テカテカ~ 

このお菓子の名前を聞いた時から、さぞリッチなお味とカロリーのケーキなんだろうなぁ、と思いましたが、まさかここまでとは・・・・
でも、確かに美味しいです

プラリネ、チョコレート、レモンとライムという味の立体感
底生地と中生地のサクッとした食感に、レモンとライムのなめらかさ、クレームそしてプラリネのムースの軽やかさという食感の立体感
さすが、食いしん坊を御自分で認めていらしゃるドゥニさんの作品だと思います

私も食いしん坊であることを認めます

今日、お茶を御一緒した方達も食いしん坊さん 
美味しいものを沢山御存知でいらっしゃる
このお菓子を召し上がって、「美味しい」とおっしゃってくださいました

「食いしん坊」というのは、質より量を求める人のことではありません
真に美味しいものをじっくり味わう楽しみを求める方のことです
お菓子作りを通して 「食いしん坊」さんにお目にかかれたことが得難い喜びです
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-30 22:48 | Cake | Comments(0)

サマー・オレンジ・ケーキ +娘の回鍋肉

昨日は久しぶりに武蔵小金井の先生のところへ
メニューは『サマー・オレンジ・ケーキ』
サブメニューは 『幸水のコンポート シナモンとクローブの香り』
b0254207_1819476.jpg

サマー・オレンジ・ケーキは、全卵を泡立て、溶かしバターとサワークリームを加えたバターケーキです
焼き立てのケーキに絞ったオレンジの果汁をたっぷりしみ込ませます
加熱していない果汁なので、冷蔵庫で保管する必要があり、しかしながらバター100%の場合は生地が固く締まってしまうので、バターの1部をサワークリームに変えることで、それを緩和させ、軽さと爽やかさを出しています

杏ジャムを薄く塗って、その後 グラスがけして出来上がり

試食のケーキは、ふんわり口どけ良く 2切れでも3切れでも ぺろりと食べられるほど美味しい・・・

先生のケーキを試食した後は、恒例 生徒の作ったケーキの試食会
皆さんの作ったケーキを小さく切って、1人1人味見します
さすがに皆さん 味にばらつきが減っています
数年前の初めのころは、驚くほど味に差があったというのに・・・
先生も 「みなさん あともう少し」と、励ましてくださいました

実は・・・このお菓子の予習をして行ってなかったので、ドキドキだったんです
先生が作っていらっしゃる横に貼りついて、必死に手の動きを見ていました

レッスンの後、教室のお友達とコーヒーを飲んで帰りました
久しぶりにお話できて楽しかったです

レッスンの後、そんな悠長なことしていていいのかって?
晩御飯は?って・・・

そんな~ 問題なしです♪
昨日も娘が晩御飯を作ってくれていました  ほら、回鍋肉です
b0254207_18203067.jpg

COOK DOのレトルトを使う私とは違って、ちゃんと甜麺醤とお酒などを合わせて作ったようです
だから、クセの無い美味しさでした

美味しかったよ ごっつぁんです!
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-29 18:23 | Cake | Comments(0)

美味しい冷茶 +マスカットの飴がけ

BETJEMAN & BARTONの冷たい紅茶 MALESHERBES
本店のあるパリ「マルゼルブ通り」の名前がついたお茶です
パッション、野苺、桃、バラの香りがすばらしい
グリーンティーがベースになっているので、フレーバーがあっても、馴染みやすい紅茶です
b0254207_23453099.jpg

多摩の先生のレッスンでは、いつも美味しい紅茶を出してくださいます
コーヒー一辺倒だった私も、紅茶に興味が出てきました

このマルゼルブも以前、先生に御馳走になって、購入したいと思っていたお茶です
しかし、なにせお高くて・・・
先週、お友達にいただいた LEAFULLもそうですが、まことに御高くて・・・

そんな私に、先週 お菓子のお友達が この紅茶を「はい、KOOさんに」って
嬉しいいただき物です
もしかして、私から「ほしいぃ~」オーラが出ていたのかしら

いったん少し暑さがおさまったものの、まだまだ残暑は続いています
よく冷えた香りのよいお茶で、娘と一緒に ちょっといっぷく~

紅茶の御伴に『マスカットの飴がけ』    リンゴ飴のブドウ版ですね
これ、簡単で美味しいんです (そして娘の好物・・・) 
b0254207_23462681.jpg

マスカットといえば、おととい訪問先のブロガーさんのページで、『マスカット大福』の記事を拝見しました
嬉しかったんです♪ 私の『マスカット求肥』の兄弟(?)です
(1人で喜んでいても仕方ないですね)
b0254207_23471268.jpg

美味しい冷茶をごちそうさま
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-28 23:50 | 小さいお菓子 | Comments(0)

チョコレートと蜂蜜のお菓子

そろそろ涼しい風が時折吹くと、秋が近くなったと感じます
チョコレートのケーキが、ますます美味しく感じられます

この『チョコレートと蜂蜜のお菓子』は、代官山の先生の『平成正義の会』初代会長さん安達シェフのお菓子だそうです
b0254207_18381712.jpg

チョコレートのビスキュイを焼き、百科蜜のポンシュを打ちます
パータ・ボンブとシャンティショコラを合わせたチョコレートのクリームと、ニ・ダベイユ(蜂の巣とかいう意味)をサンドします

パータ・ボンブとは、あまり聞き慣れないものかもしれませんが、イタリアン・メレンゲ(ムラング・イタリエンヌ)同様、とても大切な脇役さんなんです
熱したシロップを卵黄に加え、その後さらに熱しながら泡立てしていく素材です
これがお菓子のパーツに加えられると、コクと軽さが増して、このお菓子のようにチョコレートのタイプでも、全く重いお菓子にならず、まだ少々暑くても美味しくいただける物に仕上がります

また、ニ・ダベイユというのも、初めて聞くものかもしれません
これは、バター、砂糖、蜂蜜(ここでは百科蜜)等を沸騰させて、アーモンドのスライスをからめて焼いたもので、香ばしいサクサクのアーモンドのヌガーとなります
これをチョコレートのクリームと合わせるというのですから、食感の違いが楽しいんです

昨日と今日は、非常に過ごしやすい気候となりました
体がほっとしているというのに、だいたい新学期が始まったらまた残暑が戻って来るんでしょうね・・・・これが、こたえるんです

皆様も御自愛下さいませ~
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-27 18:38 | Cake | Comments(0)

黒糖と牛乳の白黒寒天 +娘の『豚の生姜焼き』

今日は朝から代官山で御稽古だったので、娘に作って置いて行ったおやつは、『黒糖と牛乳の白黒寒天』  碁石のようでしょう?
b0254207_2351692.jpg

牛乳の寒天だけ食べると、なんてことない味なんですが、黒蜜をかけて黒糖の寒天と一緒に食べると、何故か牛乳の風味が引き立ちます

ゼラチンと違って、寒天はすぐに固まってくれるので便利ですし、食感が好きです

お気に入りの器に入れて、撮ってみました
この器は、新潟佐渡の無名異焼
遠い昔、新潟に住んでいた時、同僚の方からいただいたお茶碗で、私の大切な思い出の1つです

朝7:20頃出かけて、戻ってきたのは20:00ちょっと過ぎ
でも、晩御飯の心配は有りません~♪
なぜって? それは、今夜も娘が作っておいてくれたからです

今夜は これ↓
b0254207_2355215.jpg

ドンッ! と、豚の生姜焼きです
生姜をすって、お酒と醤油でさっと焼いてくれました
夕飯の心配をすることなく帰宅で来て、台所のテーブルに座っていたら料理が出されるだなんて、幸せですわ~
おまけに、写真まで撮っておいてくれました
「お腹がすいている時には、写真を撮るのも忘れてしまうんだろうなぁ」と、娘にはわかっていたようですね

たとえ、このようにオッサンな盛り方でも嬉しいものです
ごっつぁんです!

・・・・明日もよろしく頼みますわぁ
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-26 23:09 | いろいろ | Comments(2)

困ったさん達

椅子の隅に小さく隠れているのは、珍獣『毛もじゃ』
大きい目が可愛いでしょう?
b0254207_2040945.jpg

毛もじゃは、いじめられっこ

台所の隅で、口を大きく裂けたように開けた凶暴な『ゴーヤン』に噛み付かれそうになったり
b0254207_20404140.jpg

不気味な長い触角の痩せた虫『ササー』に追いかけられたり
b0254207_2041279.jpg


目玉おやじさんだけは優しくしてくれますが
b0254207_2042171.jpg

今日は「強くなれ」とおしかりを受けました
「なれるものなら、とっくになっています」と、毛もじゃは思いました

ゴーヤンは、物を見ようとしなくなったので目が無く、話を聞こうとしなくなったので耳も無くなりました
ササーは触角からの情報と勘だけを頼りに行動するので、論理的ではなく、気まぐれで信頼できません
毛もじゃは大きな目を持っていますが、話し合う口と勇気がありません

毛もじゃ、ゴーヤン、ササー さて、あなたの近くにいる困ったさんは、どのタイプ?
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-25 20:44 | いろいろ | Comments(2)

COEUR SAUVAGE

最近、カシスCassis(仏名)にはまっています
クロスグリとも、(英名)ブラック・カラントBlackcurrantとも呼ばれるこの小さくて黒紫色の実は漢字で書くと黒酸塊、全くその通りの実です

この黒紫色の実をジュレとムースにしてチョコ系でサンドしたのが、この『クール・ソバージュCoeur Sauvage』 です

素材の層を見ていただきたくて、今日はあえて倒して撮影
見た目、愛らしいシマシマ模様ですが、何故「野生の心」という名前が付けられているのでしょう
ブルーベリーに比べ、味が強烈で人を寄せ付けないイメージからでしょうか?
b0254207_18201627.jpg

生地はビスキュイ・ショコラ
カシスのピューレやリキュール等作ったジュレを型の中に凍らせておき、その上に同様の材料(カシスのピューレやリキュール等)で作ったムースを流して凍らせます

カシスピューレを加えたイタリアン・メレンゲを作り、2種類のチョコレートを加えたムースショコラを作ります
ちなみに、チョコレートはカカオ65%少し香辛料にも似た特徴的な香りのスーパーゲアキルと、カカオ72%香りのしっかりした(バニラの香りのある)アメリカオです
カシスとの勝負には、これぐらい強い香りのチョコレートのブレンドがぴったり

これらを準備したら、ここからが時間との勝負
型に生地を敷き、チョコムースの3分の1を流したら、凍らせておいたカシスのジュレとムースのパーツをのせます
非常に薄いパーツなので、手で持ってモタモタしていると溶けて壊れたりしますので気を付けて・・・

チョコムースの残り半分を流し、生地をのせて、残りのチョコムースを平らに入れて固めます
仕上げにココアを振って出来上がり

このお菓子は、代官山の先生のパティスリー2代目シェフを務められた柳シェフの作品だとうかがっています
先生の「平成正義の会」(←ネーミングが少々怖い)、その味を主体としたコンクールでも覇者となられた柳シェフのお菓子だそうです

このような素晴らしい味を創造なさっていく先生方にしみじみ感謝・・・
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-24 18:23 | Cake | Comments(2)

茄子とココナッツのカレーを持ってランチ会へ

ふふふ~ 嬉しいいただき物 茄子と日向夏ジュースです
b0254207_23483588.jpg

茄子は御自宅で栽培なさったものだそうで、たくさんいただきました
どのくらい沢山いただいたか、と申しますと・・・
b0254207_23463630.jpg

こんなにです!
これは、茄子とココナッツのカレーを作る準備の為、切った茄子の山
子供の頃、あんなに嫌いだった茄子なのに、今では夏には無くてはならない野菜です

茄子って、ニンジンやトマトのように香りや味に特徴があるわけではありません
でも、主義主張が無い分、ニンジンやトマト以上に色々な香辛料・調味料やソースと仲良く出来るように思われます

で、この茄子とココナッツのカレーを持って、お友達とのランチ会へ!
b0254207_23475247.jpg

数日前にお声をかけていただいたポットラックのランチ会、テーブルの上にお料理がずらり~ 
茄子のサラダ、春雨サラダ、お肉のサラダ、チキンとジャガイモのカレー、玄米のドリア、マグロとアボガドのサラダ・・・

b0254207_2349733.jpg

b0254207_23493074.jpg

メンバーは私を入れて4人
声をかけて下さったお友達は、もう御1人誘ったそうですが、御都合が合わなかったとかで・・・残念でした

それにしても、4人分とは思えない量です 
最近の健康状態のことや、ドラマのことや、お墓のことなどなど、お喋りしながら食べていると、つい食べ過ぎて、晩御飯はもう必要ないな、と思うほどお腹がいっぱいになってしまいました
(でも、やはり晩御飯は食べました)

気が付くと夕方! 慌てて失礼してきました
後片付けもせず、申し訳ないことしてしまいました 
また折を見て、美味しいものを食べに行きましょう
あぁ~ 元気で美味しく食事ができるって、本当に幸せです

畑からの新鮮な茄子を有難うございました
ランチ会を有難うございました

ところで、来週も歯医者さんで治療の続きがぁ・・・嗚呼憂鬱
でも、四分の一世紀ぶりの治療ですから、念入りにお願いして、この幸せが続くよういたします♪
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-23 23:58 | いろいろ | Comments(2)

桃の淡雪かん +娘の『牛丼』

b0254207_21334746.jpgこれは、ふろふき大根ではありません
桃と寒天が好きな娘が喜んでくれるかな・・・と、期待して作った『桃の淡雪かん』です

家の本棚にあった和菓子の本で見つけたレシピです
泡立てた卵白に、砂糖を加えた寒天液を少しずつ入れながら、全体がモッタリするまで泡立てを続け、最後にミキサーでピューレにした桃を混ぜて固めたほんのり桃色、ほんのり桃の香りのする氷菓です

見た目、あっさりしているようですが、実は甘いです
食べる前までよく冷やしておくと、いいです
私は桃のピューレ(お菓子に加えた残りで、無加糖)をソースとしてかけました
そうでないと、桃の味が砂糖に負けてしまっています

名前通り、淡雪のように口の中で溶けていきます
そして、まさしく淡雪のように印象に溶けてなくなってしまったような
いや・・・・印象に残らないお菓子として印象に残りました

でも、主人の評価はまったく逆で、口の中でスーッと溶けて行く時に、ふっと桃の香りがして夏には良いお菓子だと・・・
普段ケーキでは、はっきり主張する味と香りが好みの主人がそう言ったので驚きました

桃の香りの感じ方の差は、おそらく私が少し花粉症が出ていることにも起因するところかもしれません

で、肝心の娘の感想は「・・・・微妙」 でした

b0254207_21343850.jpg
さて、今夜も晩御飯は、娘に お・ま・か・せ~!
折角夏休みで帰省しているのだから、母親としてもっと腕を振るって料理してやるべきかもしれませんが、自ら晩御飯作りを進んでやってくれているので是非続けていただきたく思います

今夜の牛丼 旨! 
この数日の娘の晩御飯の中で1番でした
沢山作ってくれたので、明日の主人のお弁当にも入れられます
ごっつぁんです!
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-22 21:38 | 和風Sweets | Comments(0)