<   2014年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

シュトーレン

今日で11月が終わります  
いよいよ12月、そういえば、アドヴェント・カレンダーをめくる時期ですね
一昨日の自宅レッスンは12月にぴったりな『シュトーレン』でした
先々週帰省した時にランチした古い古~いお友達が作ってくれたサンタさんをそばに置くと、クリスマス気分に
なります♪
b0254207_1581738.jpg

牛乳とイーストと砂糖で発酵だねとなる生地を作り、そこにバター、卵黄、ローマジパンの他、カルダモンやナツメグなどを加えて発酵させます
発酵生地と聞くと、パンのように叩いたり捏ねたりするのかしらとお思いになる方もいらっしゃるでしょう
いいえ、その作業はほとんどありません 材料を加えていきながら、少し捏ねるだけです
それに、この発酵生地のお菓子は、発酵させている間に次に(レーズンのラム酒に漬ける以外)必要な材料を準備できるので良いです

焼くことおよそ30分
焼き上がったらすぐに溶かしバターをたっぷり染み込ませ、粉糖をまぶして出来上がりです

この日は、シュトーレンと『KOO食堂のおかず』レッスンも併行して行いました
『今日はちょっと和風なイタリアン』という内容で、『湯葉のいろいろ巻き揚げ柚子胡椒風味』『和風サルティンボッカ・山葵とゴルゴンゾーラチーズソース』『鮪の芥子ドレッシング和え』を作りました
完全な家飲みメニューですね (-_-;)

写真・・・撮り忘れました(-_-;) 

レッスンの後、シュトーレンの試食タイム
b0254207_159178.jpg

お皿の上に丸いおかしがのっているでしょ
これは、嬉しいいただきものです  
レッスンに来てくださったOさんの手作りバウムクーヘン

卵焼き用の四角いフライパンで作るんです
試食の後、時間がまだ早かったので、Oさんと二人でバウムクーヘン作り♪
フライパンで作るお菓子と言えば、ホットケーキとクレープとパンケーキぐらいで、バウムクーヘンは初めて
面白いです でも、難しい~  
私が作ったら生地の厚さが不均一で、夜、主人が見て「これ、車麩ですか?」と笑っていました

それと、Oさんからもう1つ嬉しいいただきものです
b0254207_15105478.jpg

牡蠣の佃煮とオリーブオイル漬け
御馳走様です もう牡蠣の季節なんですね  冬だ~

そう!年賀状(喪中ハガキ)の宛名書きをしなければ!
12月に入りますから

なんだか今年は去年にまして12月になるのが早かったような気がします
薄く切ったシュトーレンを毎日少しずつ食べながら、2014年残りの1か月をしっかり締めくくりたいと思います
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-30 15:12 | Bread | Comments(0)

鞍馬から貴船へ②

鞍馬から山を越えて貴船に到着
川沿いを上り
b0254207_16541336.jpg

貴船神社本宮の下に着きました
b0254207_16542946.jpg

また階段です  頑張れ、若年寄~
b0254207_16544473.jpg

b0254207_16545886.jpg

本宮です
b0254207_16554138.jpg

正面はこちらです
b0254207_1656374.jpg

川を眺めながらお弁当を食べている登山客がいるのを見て
b0254207_16565614.jpg

私たちも鞍馬駅前で買ったお餅を食べて一息つきました
b0254207_16571488.jpg


ここの御神木は桂
b0254207_16573121.jpg

この山の木は何故にこのようにも怖ろしげなのでしょう
両手をあげて、髪を振り乱しているように見えませんか
葉っぱがあったら、きっと雰囲気が全く違っていたでしょうが、この日の天気でこの様子を見ると誰もがそう思うでしょう
b0254207_16575447.jpg


御餅をつずつ食べましたが、お腹がすいていたので、昼食タイム
湯豆腐を食べて、元気をつけて また少してくてく歩いて中宮へ
b0254207_1659382.jpg

中宮参道入り口にある相生の杉  
b0254207_1701391.jpg

後ろから見ると連理の枝になっているのがわかります
b0254207_17202188.jpg


参道を上って、中宮の入り口をはいったところにある天乃岩船
これは中宮にある玉依姫命(神武天皇のお母様)のお話に出てきます
b0254207_17235613.jpg


もう少し上がって、奥宮に到着
b0254207_1723529.jpg

b0254207_1725529.jpg

静かな奥宮 狛犬に迎えられ狛犬に見送られる訪問者達
b0254207_1732348.jpg

さあ、駅に向かってひたすら下ります
b0254207_1734538.jpg

b0254207_1735951.jpg

b0254207_1742169.jpg

鞍馬と貴船の紅葉は1週間ほど前が見ごろだっだそうですが、それでもまだ名残の紅葉がきれいです
b0254207_1744036.jpg

b0254207_175454.jpg

b0254207_1752515.jpg

見えました! 歩くこと約3キロ   叡山電鉄貴船駅です
b0254207_1755191.jpg

この時期、途中の市原駅と二の瀬駅の間は紅葉のトンネルがあり、この区間、叡電は徐行運転してくれます

ようやく貴船駅にたどり着いたのは14:30すぎ
昨日の千本鞍馬口での銭湯の効果があったようで、腰痛は大丈夫でした
脚は少し疲れていましたが、30年ぶりに歩いた懐かしいコースに満足~
娘は去年の9月に、中高時代の友達といっしょにパワースポット巡りでここを歩いたそうですが、違った季節を見られてよかったようです

京都に遊びに来て5日が経ちました  
娘にどこが一番良かった?と、尋ねたら、嵐山嵯峨野の奥にある祇王寺だったそうです
小さいお寺ですが、確かに最も印象に残る場所だと思います。
 
以前なら、こんなに毎日一緒にいたら喧嘩の1つも始める私達親子ですが、娘も少し大人になったようですし、私も気が長くなったようで、主人というクッション役がいなくても平和に楽しくこの5日間を過ごせました
主人から娘に「母ちゃんの新幹線の時間は19:35だってこと、確認してね」と、電話があり(相当心配されてます・・・(-_-;))、娘も「母ちゃん、ちゃんと新幹線乗り場わかってるの?」と改札口まで見送られ(相当心配されています・・・(-_-;))、新幹線に乗りました
b0254207_1763489.jpg


楽しかったね  またいつか行こう
b0254207_1772233.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-29 17:15 | 京都にて | Comments(0)

鞍馬から貴船へ①

京都での観光最終日の備忘録
今日は皆さんも私のカメラを通して御一緒に山を散策なさってください

この日は、このローカルな電車に乗って
b0254207_1457555.jpg

終点で降りると
b0254207_14581917.jpg

天狗さんがお出迎え 
b0254207_14583437.jpg

そうです、鞍馬山へ行きました
パワースポットと言われる場所の1つです
b0254207_14585417.jpg

駅に降り立った観光客のうち90%は元気な60以上の御年齢かと
でも、みなさんお元気そうで何よりです

駅前のお饅頭屋さんで甘いものを調達
b0254207_15361938.jpg

ここのトチノ実のお饅頭がうまいんだなー 

少しある行くと仁王門が見えてきます
b0254207_1572481.jpg

私は由岐神社まで歩きたかったのですが、歴史と神社仏閣に全く興味のない娘はケーブルで行くことを主張
仕方ないので、ケーブルに乗りました
由岐神社は火祭りで有名です
大きい松明を掲げ練り歩くお祭りです 
主人が京都の企業に勤めていた頃、ちょうど火祭りの世話人の方と知り合いになり、見に行ったことがります
真夜中に家に戻った時には、顔が(鼻の中まで)煤で黒くなっていました

さて、ケーブルを下りてからまず目指すは本殿金堂です  てくてく上ります
b0254207_1583035.jpg

わずか15分足らずで、娘はぜーぜー状態 おい!そこの若年寄、だらしないぞ!
b0254207_1584599.jpg

だいぶん上りました でも、まだまだ~ 
b0254207_1594153.jpg


階段の上に本殿金堂があります
b0254207_15101316.jpg

上から下を見ると、階段を転げ落ちそうです
b0254207_15112578.jpg

本殿に到着♪
b0254207_15122581.jpg

ここから正面に比叡山がありますが、あいにくの天気で見えません
b0254207_1515868.jpg


ところで、鞍馬寺では狛犬さんではなく、寅さんです
b0254207_15153224.jpg

下の仁王門でもそうですが、このお寺は鑑真和上のお弟子さんと毘沙門天との言い伝えがあり、毘沙門天の使いである寅が守っています

ここには牛若丸がいたといわれています   そして、六芒星のマークも
さて、本殿のわきから奥ノ院目指してまた上ります
b0254207_15163558.jpg
 
b0254207_15173241.jpg

b0254207_1518397.jpg


木の根道まで来ました 木の根が潜れないほどの固い地盤なのです
木の根が地面の血管のように浮き出ています
b0254207_15202175.jpg

牛若丸が剣術の稽古をしたという言い伝えがある場所です

100mほど行くと、大杉権現
b0254207_1521288.jpg

この大杉の一部はお寺に保管されていているそうです

ここからはそれほどの登り道はありません でも、アップダウンは続きます
b0254207_15223396.jpg

下り道になると、娘の足が速くなります

義経堂と僧正ケ谷不動堂
b0254207_15244632.jpg

b0254207_1525982.jpg

謡曲でおなじみの場所です

アップダウンをてくてく 
b0254207_1526226.jpg

ようやく奥ノ院に到着
b0254207_15262970.jpg

b0254207_15265344.jpg

天気が良くなく霧が出ていましたが、逆にパワースポットらしい不思議な雰囲気が出ています

さて、ここから貴船に向けて下ります
b0254207_15284854.jpg

この山の木々は見ていると、「あなたたちに何が起こったの」と、たずねたくなるような造形です
b0254207_15301891.jpg

b0254207_15303110.jpg

b0254207_15325538.jpg

b0254207_15332182.jpg

b0254207_15335670.jpg

その不思議さと不気味さと美しさは、ぞっとするほどです

腹ペコ娘、なんとか鞍馬山を歩いて貴船の方へ到着 ケーブル下りて約1時間
b0254207_15352788.jpg

思ったより早く着きました
次は貴船神社へ向かいます ・・・to be continued です♪
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-29 15:42 | 京都にて | Comments(0)

千本鞍馬口 船岡温泉へ

遅い昼ご飯を終えた後、15:00に開く あの場所へ!
そう、今度こそ銭湯です  これまたレトロでしょ
b0254207_2216348.jpg

ゆばぁばが番台に座っているんじゃないかと思うような門構え
でも、番台にはにこやかなおばさん 
b0254207_22164192.jpg

脱衣所に誰もいないのをよいことに、
b0254207_22185292.jpg

見事な欄間をパチリ
b0254207_22171532.jpg

天井には牛若丸と天狗
b0254207_22173742.jpg

30年前に友達と来た時と変わっていません この体重計も
b0254207_2218091.jpg

お風呂場には、ジャグジー、打たせ湯、電気湯、高温湯、サウナ、屋外風呂、そして赤い薬湯
14:00前だというのに、銭湯はにぎやか
御近所常連さんの婆ちゃんたちでいっぱい 

腰が痛い私は電気湯につかって、ビリビリ ビリビリ・・・と、電気マッサージ  痛いけど快感極楽
サウナ以外一通りはいったので、湯あたりしないうちに出ようと思いましたが、娘がえらく気に入ってなかなか出てきません
結局、案の定湯あたりして、服に着替えた後、椅子に座ってのぼせていました

ね、親の言うことはきくものだよ

天気の悪い25日でしたが、寺院観光もできたし、銭湯にも入れたし、良い1日でした
神社仏閣めぐりもいいですが、こういう遊び方もおすすめしましす
京都での残り1日 腰痛がひどくなりませんように(-_-;) ひたすらそう祈っていました
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-28 22:19 | 京都にて | Comments(0)

鷹峯のあと、千本鞍馬口へ

鷹峯の常照寺、源光庵、光悦寺で紅葉を堪能した後、バスに乗って千本鞍馬口へ
バスを降りるなり、「お腹すいた」と、娘が一声
見つけたのは昭和レトロなお肉屋さん
b0254207_21213059.jpg

コロッケという文字を見たら買わずにいられない性の私達母娘です
b0254207_2121513.jpg

マカロニサラダ100g140円という私達庶民にフレンドリーなお値段
b0254207_21221049.jpg

お店の人はとっても気さくで、店の前の椅子に座って食べている間ずっと、あれこれおしゃべりしていました
少し空腹が落ち着いて、千本鞍馬口の交差点を東に入り
b0254207_21222477.jpg

目指していたのはココ! 
b0254207_21224420.jpg

そう、温泉です♪ ではなくて、
b0254207_2123369.jpg

元温泉だったのですが、今はカフェ 「さらさ」   ちなみに、京都人は銭湯を温泉と呼ぶんですね
ドアを開けると、レトロな雰囲気  
b0254207_21234169.jpg

通されたのは、一番奥の席
b0254207_21235972.jpg

タイルが風呂屋だったことを語っています
b0254207_21241745.jpg

天井には、昔のまま換気扇が残っていて、
b0254207_21244321.jpg

男湯と女湯を間仕切っていた壁も半分ですが健在
b0254207_2125645.jpg

懐かし空間 のんびり癒されます
娘が、入り口近くの窓際の席が空いたのを見てそちらへ移動
b0254207_21294815.jpg

時刻は既に14:00すぎ でも、ランチタイムの区切りは無く、定食はずっと出してくれます
私は豚トロ味噌煮込み定食を頼みました  ちなみに娘は柚子うどん定食
b0254207_2130776.jpg

私はさらにキャロットケーキも~♪
b0254207_2130244.jpg

ん? 松之助の先生のキャロットケーキそっくりの味!
お店の人にどこで作っているんですかと聞いてみたら、三条商店街の工房で作っているとか
(超ローカルな話で、スミマセン)

窓辺に何故か紅葉の葉が1枚のっていました
b0254207_21304233.jpg

お腹いっぱいになって、少し休んで時計を見たら15:30!
よーし、この時間になったらもう開いているだろうから、次 行こう!

・・・・TO BE CONTINUED
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-28 21:33 | 京都にて | Comments(0)

鷹峯 2つ目のお寺 源光庵へ

常照寺の後、近くの曹洞宗源光庵へ
入り口からして、厳しい雰囲気が伝わってきませんか
b0254207_0441248.jpg

この通路を行って左に進むと門があります
b0254207_0443194.jpg

そして、お堂が見えます
b0254207_0445325.jpg

端正なお堂に入ると
b0254207_0452693.jpg

紅葉に照らされた畳の間があり、その向こうには素晴らしいお庭
b0254207_0454372.jpg

皆さん一斉にカメラを取り出し その後ろから係員さんの大きな声 「写真撮らないでください!」
そんな殺生な・・・・
b0254207_0462678.jpg


となりの間には悟りの窓
b0254207_0465249.jpg

四角い窓が迷いの窓 丸い方が悟りの窓 JR東海での広告に使われていますね
b0254207_0472240.jpg

皆さんやはりカメラを取り出し その後ろから係員さんの大きな声 「写真撮らないでください!」

この座敷に接する廊下の天井は「血天井」です
石田光成軍に負けた徳川軍、1800名ほどいた仲間は380名ほどになり、桃山城で自害したときの凄惨な跡
黒々と無念の跡を今も残しています
足形がはっきり 手をついたのだろうと思われる形もあり、身震いしてしまいます
5つのお寺に供養されているそうです

そんな悲惨な出来事を忘れさせるかのような静かなお寺です
b0254207_0481535.jpg

・・・が、3連休中は入場規制がかかっていたそうです
切符切りのおばさんが、「連休と言えば、ディズーニーランドか源光庵か、って言うほどなのよ」と、自慢そうに観光客に話していました

この源光庵から歩いてすぐのところに、3つ目のお寺があります
これまた細長い石畳を行くと
b0254207_0484527.jpg

向こうに入り口があり
b0254207_049986.jpg

そこを入って少し行くと
b0254207_0492835.jpg

受け付けがあり、そのわきの渡り廊下の下を行くと見えてくるのは大虚庵とこの垣根
b0254207_0514524.jpg

そうです、ここは光悦寺です
b0254207_053186.jpg

左が鷹ケ峯、右が鷲ケ峰、もう1つ見えませんが、天ケ峰があって、合わせて鷹峯です
b0254207_0534420.jpg

もう1度垣根のそばを通り、出口の方へ 
b0254207_0541320.jpg

一面紅葉の絨毯
b0254207_0543812.jpg

そして白い山茶花 冬ですね
b0254207_0545929.jpg

まだ黄色い紅葉もたくさん残っています
ニュースによると、紅葉の見ごろの時期は温暖化のため年々遅くなっているそうです
b0254207_055559.jpg

この日のお寺巡りは終了
このあと、バスに乗って千本鞍馬口へ向かいました 
ちょっと面白い観光スポットへ♪
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-28 00:56 | 京都にて | Comments(0)

つくばに戻りましたが、京都での観光備忘録 鷹峯の常照寺へ

すっかり遊びボケ状態で、昨夜おそくにつくばに戻りました
今日から仕事の準備に戻りましたが、京都で娘と行った観光の25日と26日の分がまだなので、あと数日かけて書き終えたいと思います

天気に恵まれた3連休が終わり、26日は雨の音で目を覚ましました
娘は授業が休講になったという連絡メールが入ったので少しゆっくり寝て、鷹峯へバスで行きました

鷹峯には有名なお寺が3つあります
まず1つ目はこの常照寺へ (吉野太夫のお墓があります)
b0254207_2327675.jpg

紅葉の道を行って門に到着
b0254207_2327392.jpg

b0254207_23283560.jpg

門を入ってすぐお堂が見えます
b0254207_23292921.jpg

b0254207_23295052.jpg

お堂は紅葉に囲まれていて、雨だというのに皆さん元気に写真撮影
b0254207_23303113.jpg

お堂の裏には少しばかりですが散歩道があります
b0254207_233052100.jpg

雨に濡れた紅葉はほこりを落としたようで
b0254207_23311139.jpg

杉の葉先に雨粒がきらり
b0254207_23313454.jpg

古木の苔も雨に濡れてしっとり
b0254207_23331150.jpg

b0254207_23333610.jpg

門を出たら、次は曹洞宗源光庵へ
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-27 23:34 | 京都にて | Comments(0)

あふれる人と紅葉の永観堂へ

南禅寺の天授庵に行く前に立ち寄った永観堂
b0254207_2111271.jpg

既に昼の部は終了して閉門となっていましたが、明るいうちに少し撮っておこうと門に入ったら、同じことを考えている人たちと、帰ってきている人たちでいっぱいでした
b0254207_21112161.jpg

b0254207_21113698.jpg

天授庵での拝観を終えて永観堂に戻ってきたら、景色は一変していました
b0254207_2111542.jpg

b0254207_21121489.jpg

入場券を買うための行列は広い広い駐車場でぐるぐる~ぐねぐね~と折れ重なり、これまた大蛇のようになっていました
それでも、割り込む人もなく、その整列ぶりはすばらしい~

永観堂は天授庵と違ってお堂に入るのではないので、どんどん入場が進み、45分ほど待つだけで園内に入れました
b0254207_21124986.jpg

ライトアップされ、池に映った紅葉は美しいというより妖しい
b0254207_21131395.jpg

b0254207_21133038.jpg

b0254207_21135688.jpg

今夜が終わっても、目の奥に紅葉の残像が見えるような気がします
b0254207_21144436.jpg

b0254207_21155577.jpg

紅葉と人に酔った気分で門を出たら、うひゃ~ 入場券を買うすごい人・人・人・・・の列
b0254207_21161542.jpg


永観堂から動物園の横を通って、平安神宮の前を通り過ぎて東大通りまで てくてく
そこからバスに乗って錦通りを烏丸通りを東に越えたところにある『まんまるの月』という鉄板焼き屋さんへ
ここは魚田南さんの漫画『京都めし』(祥伝社)で紹介されていたお店です
20歳になった娘は桃の粗ごし酒を私はグレープフルーツのサワーで乾杯
b0254207_21184173.jpg

『京都めし』で紹介されていたお好み焼きなど色々注文してお腹いっぱい食べました
b0254207_2119735.jpg

このお好み焼きは驚くほどフワフワ食感です 
食べた気がしないほど軽いです

昼過ぎからの散策でしたが十分満足♪
天候に恵まれた3連休でした  
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-25 21:24 | 京都にて | Comments(0)

南禅寺天授庵のライトアップ

昨日(24日)の続きです
法然院、安楽寺を見た後、哲学の道を通って永観堂に到着したの4:20
昼間の公開時間は4:00までで、夜のライトアップまでいったん閉門されます
なので、未だ明るいうちに永観堂で少し写真を撮ってから南禅寺へと行きました

てくてく歩いて少し疲れたので、この三門の
b0254207_19263584.jpg

階段に座って少し休憩
b0254207_1927614.jpg

でも、まだ4:45だというのに、開門まで45分もあるというのに、天授庵の前には既に行列
b0254207_1928728.jpg

あっという間に暗くなり、5:30ちょうどに ようやく開門されました 
皆さんドッと入って行きます
b0254207_19283592.jpg

中に入ってみんながいっせいに 「きゃー なんてきれい!」と声を上げたのも無理ありません
本当に幻想的な素晴らしい景色でした
b0254207_19285340.jpg

お庭を手前から奥にかけてゆっくり移動しながら鑑賞
皆さん 縁側に座ってじっくり鑑賞して撮影して、その不思議な空間にため息をついていました
b0254207_19291772.jpg

b0254207_19293064.jpg
b0254207_19294519.jpg
b0254207_1930266.jpg

お部屋を通って、もう一つのお庭の方へ移動し、長い縁側に座ってを少しずつ移動しながらまたしばし鑑賞
b0254207_1933965.jpg

b0254207_19332538.jpg

b0254207_1933432.jpg

去りがたい気持ちながらも、次の永観堂も娘が見たがっていたので出口へ
なんと外では入場規制がされていて、大変な行列となっていました
b0254207_193454.jpg

永観堂の方ではいったいどのくらい待たされるのだろうかと途方もない気分で永観堂の方へ向かいました
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-25 19:35 | 京都にて | Comments(0)

哲学の道をてくてく

今日は天気予報通りの雨です
思ったより強く降っているし、娘の授業が休講になったという連絡が来たので、朝のテレビを見ながらのんびり~ でも、どこへ行こうかとテレビ見ながら地図を見ながら相談中なのですが、娘はテレビの方が大切そうですので、その間に昨日の続きをUP

昨日、安楽寺を出た後、哲学の道に出て
b0254207_9545246.jpg

永観堂と南禅寺の方へ向かって てくてく
b0254207_95511100.jpg

疎水沿いも紅葉がいっぱい
b0254207_9562916.jpg

そして、山茶花の白い花が咲いていました  初冬の雰囲気です
b0254207_9553179.jpg

b0254207_9565424.jpg

小径の終わりまで来て、夜間のライトアップを見にさらに てくてく
きっと東福寺での混雑同様だろうという不安を感じながら てくてく行きました
b0254207_9572057.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-11-25 10:01 | 京都にて | Comments(0)