<   2017年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

春を感じさせる杏のムース

今日からゴールデンウィークが始まりました
長い連休の中で2日ほどは平日ですが、そこもお休みをとって9日ほど続けての連休を楽しまれる方もいらっしゃることでしょう

今日は遠いところからお越しくださったSさんと「春を感じさせる杏のムース」のレッスンでした
b0254207_17144406.jpg
ローマジパンたっぷりのリッチなビスキュイ・オザマンドで甘酸っぱいあんずのババロアをサンドし、シャンティ・ショコラ・ブランで味に変化をつけ、仕上げに爽やかな甘さの杏子のジュレをかけてあります

Sさんのお家は遠いので、キャドルをご持参くださり、このような形でお持ち帰りになりました
b0254207_17145496.jpg
キャドルより1cmたかいしあがりになるので、硬いムースフィルムをしっかり巻き、テープで固定!
せっかくきれいにできたのですから、お家で召し上がるまで、その姿を保ってほしいです(*^-^*)

Sさんから嬉しいいただきものです
b0254207_17150450.jpg
いつもお気遣いありがとうございます
冬に編んでくださった素敵なソックス、今もまだ風呂上りにはいています
Sさんは人を温かい気持ちにさせてくださる優しい方です(*- -)(*_ _)ペコリ

ところで、昨日の金曜日はイルプルで本科Ⅰ「タルト・フロマージュ」と「早い春の陽だまり」の再受講を受けました
前のテーブル2班は「マカロン」と「シュー」の単発レッスンを、後ろの1テーブルは本科Ⅰのレッスンをしていて、こういう2本立てのレッスン形式は初めてでした
こちら先生の「タルト・フロマージュ」
b0254207_22415408.jpg
そして「早い春の陽だまり」
b0254207_22414395.jpg
7年ぶりに受けたメニュー、特に「タルト・フロマージュ」は「え?こういう作り方だったんですね・・・」と、まるで初めて作ったような感じがしました
クレーム・オ・ブールの復習もでき、とても有意義なレッスンでした

話を自宅レッスンに戻しますが、今日で4月のレッスンが終わりました
お越しくださった皆様、ありがとうございました

私も明日から連休です
数日ブログもお休みします
皆様、楽しい時間をお過ごしください







[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-29 17:24 | Cake | Comments(0)

PIANO

私が4歳の時に買ってもらったYAMAHAのピアノ
b0254207_19522365.jpg
連れ添って50年 金婚式です
b0254207_19532716.jpg
調律師さんが調律しているうちにも音がおかしくなっていく状態
b0254207_19531480.jpg
調律師さんは新しいピアノを買ったほうがいいと何度も勧めてくれましたが、このピアノで私の棺を作ってもらうんです、と冗談言って過ごしていました
b0254207_20030159.jpg
でも、連休後に京都から娘のピアノがやって来て、我が家のピアノの世代交代となります
娘のピアノは電子ピアノ  昔の電子ピアノよりずっとタッチがよくなっています
b0254207_20063375.jpg
50年間の有難うとお疲れ様を込めて、鍵盤にタッチ
今ではもう指がよく動かなくなってしまいましたが、最後に弾いてみたのは『ジュ・トゥ・ヴ』と『金婚式』
どちらの曲も右手のメロディーは覚えていましたが、左手は忘れてしまっている部分がありました
鍵盤の蓋を閉めて、ランチにいらっしゃるSさんを待ちました
b0254207_19524736.jpg
Sさんはイルプルのフランス料理でお知り合いになれた食に造詣が深い方です
b0254207_19534049.jpg
先日、タイ人のお友達Nさんのところで多めに作らせてもらったグリーンカレーでランチ
お茶している時に運搬会社の担当者さんが来てくださって、ピアノは運ばれて行きました

Sさんとあーだこーだとおしゃべりしているうちに夕方
楽しい時間はあっという間に過ぎるものです

Sさんを見送った後、ピアノが置いてあった跡に残ったホコリを掃除
b0254207_19535088.jpg
2週間ほどしたら、ここに家の新メンバーがやってきます
50年連れ添ったあのピアノがいなくなったら、どれほど寂しくなるのだろうかと思っていました
でも、ぽっかり空いたこの空間を見ていると、逆に心が軽くなりました
自分にとって大切なものでも、遺された者にとってはとんでもない不要物となるのなら、これがいいチャンス
叩き割られて捨てられるのではなく、50年前の部品を持っている業者さんが修理して、アジアのどこかピアノが足りないところへ送ってくれるのですから、ピアノにとっては第2の人生が与えられるわけです

お世話になっていた調律師さんが「いいピアノですね。50年ほど前ではグランドピアノと同じ部品が使われている高価なものだったことでしょう」と、よく褒めてくれました
ローンを組んで買ってくれた両親には申し訳ない気もしますが、このことを話したら、「持って死ねないものは、順々に手放していったほうがいいのよ」と

4歳からピアノを始めて15歳まで習ったのに自慢できるほど上手に弾けるようになりませんでしたが、あのピアノを持たせてもらったことは、ずっと私の自慢です
b0254207_19530222.jpg





[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-28 06:44 | いろいろ | Comments(0)

クーロンヌ&ミモレットのサブレ

昨日のレッスンにいらっしゃったのは神戸のマダム♪
マダムはパンとお菓子の先生・・・だったそうです(-_-メ)
今も趣味として作っていらっしゃるとのこと、いやいや~私のような若輩者が・・・恐縮しながらのレッスンでした

御希望のメニューは『クーロンヌ』と『ミモレットのサブレ』
おしゃべりに興じているうちに写真を撮り忘れてしまいました
どちらも私が作ったものですが、備忘録のために写真を載せておきます
5か月ぶりに作った『クーロンヌ』
b0254207_19460712.jpg
マダムがさささーっと生地を大きくのして、ヘーゼルナッツのペーストをぬりぬりなさっていた様子を思い出しながら、その様子を自分の手にシンクロさせながら作業しました

いつ食べてもお酒が欲しくなる『ミモレットのサブレ』
b0254207_19461953.jpg
風邪をひいていらっしゃいましたし、前日はイルプルーの単発レッスンに参加なさっていたそうで、そのせいか少しお疲れのようでしたので、(でも今日は音楽活動に参加なさる予定だったのですよね(*´ω`*)!)どうぞよくお休みになってください
東京にイルプル卒の方々のお教室があるというのに、つくばまで足を延ばしてくださり、本当に有難うございました
またいつかお目にかかれる日があったら光栄ですm(__)m


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-27 19:50 | Pastry | Comments(0)

グリーン・カレー

昨日はタイ人のお友達Nさんのお家でグリーンカレーを教えてもらいました
b0254207_15443092.jpg
具は茄子と鶏肉 茄子は皮をむかないで使うので、きれいなグリーンを保つために、いったん茹でて色抜きしてから使います
ペーストを作るために、青唐辛子、クミンシード、コリアンダシード、白胡椒、ガランガル(カー)、レモングラス、マックルー、ホームデン、ニンニク、カピ
b0254207_15430786.jpg
それと、唐辛子の葉が無かったのでホラパー
b0254207_15431972.jpg
マックルーとはコブミカンの実のことです
b0254207_15433300.jpg
とてもいい香り・・・やはりこの香りが無くてはね

Nさんのペースト作りはクロックではなくミキサーで 一気にガー!
b0254207_15434813.jpg
あっという間にペーストができて、ココナッツミルクと鶏肉と茄子を加えて少し煮込み、ナンプラーとパームシュガーで味を調えて、赤パプリカとホラパーをいれたらフィニッシュ

「カレーだけだったら、さびしいね」と、
b0254207_15435858.jpg
タイ風オムレツを作ってくれました 
 
b0254207_15440824.jpg

このオムレツの具はニンジン、玉ねぎ、キュウリと肉 味付けはナンプラーとオイスターソースです
ちょうどお昼の時間になったので、記念写真を撮って
b0254207_15441910.jpg
いただきまーす !(^^)!
「今日は青唐辛子15本だったから、あまり辛くなくて食べやすいね。KOOさんだったら20本ぐらいでもいいかもね。」と、Nさん
いやいや、私は15本で充分ですよ

ごちそうさまをしてうちに戻り、タイ人のNさんではなく隣町のNさんがいらっしゃるのを待ちました
先週Nさんがレッスンに来られた時に、サブレを仕込んで帰られていて、それを焼きにいらっしゃたのです(*^-^*)
ココナッツのサブレと
b0254207_15450606.jpg
紅茶のサブレです
b0254207_15445650.jpg
美味しいサブレのセットはお知り合いの方々のお茶請けとなるそうです

隣町のNさんがお帰りになって、私は恐怖の歯医者さんへ・・・

実は2年前に左上奥歯にヒビが入り、補てんしてもらったのですが、「もしかしたら神経が死ぬかもしれない」とお医者さんに言われていました
そのまま2年間、ほったらかしにしていましたが、最近しばしばその部分に違和感をおぼえるので、意を決して行きました!

「あ、虫歯の治療をまずしますね。」

ヒューーーン・・・
キィイィィィイーーーーン・・・
キュィィィィィィィィーーーン・・・

全く痛くありません
それもそのはず、神経がほぼ死んでいたのです

かなり奥まで入って、急に「痛いです!!!!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー センセー、痛いです!!!」
「あ、ここはまだ少し生きていたんだ」と、先生

というわけで、虫歯の治療にあけられた穴に神経を殺す薬をしみこませた詰め物されて帰ってきました
これからしばらくは神経を処置するために通院です
会計の時に鎮痛薬が出されました「左側で出来るだけ噛まないように」
「痛たたた・・・」と言うほどではありませんが、昨夜はやはり鈍痛あり
我慢できないほどではなかったので、薬は飲みませんでしたが

そんな暗い気分の昨夜の私を元気づけてくれたのは、これです
b0254207_17455604.jpg
イルプルのフランス料理でお知り合いになったSさんにいただいた苺です
グリーンカレーのレッスンから帰ったら、置いて行ってくださっていました
以前にも書いたと思いますが、私は苺やブルーベリーなどの小さい実を見ると買わずにいられないほど好きなんです
先日のTさんと「フレージエ」を作っているときも、作りながらパックの苺をパクパク(●´ω`●)
Tさんが「・・・」っていう顔していらっしゃいましたよん♪

Sさん、有難うございました
美味しくいただいています

本当なら、昨日の晩は火鍋を食べに行く予定だったのに・・・
行きたかったですが、行ってもきっと楽しめなかっただろうと思うと、行かなくてよかったと思います
でないと、御一緒している方々に申し訳ないですもの

今日は自宅レッスン日でした
これについては、また明日

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-26 17:54 | いろいろ | Comments(0)

杏のカトルカール&フレージェ

昨日は『杏のカトルカール』と『フレージェ』のレッスンでした
お越しくださったのはマダムT 「今日は2品だから、長丁場になると思って、上げ餅作ってきました」と、嬉しいお土産あり(*^-^*)
早速、『杏のカトルカール』のデモからスタートしました

『杏のカトルカール』は数日前にドライ・アプリコットを刻んで水に浸し、マーマレードを作るところから始まります
カトルカールと言う名前通り、卵、砂糖、バター、粉だけで出来ているシンプルな生地を焼いた後、半分の高さでスライスし、このマーマレードを塗ります
そして、アプリコット・ピューレで作ったなめらかなジャムを塗って乾かし、グラス掛けをして出来上がりです

このように書くと、いとも簡単なもののように聞こえるかもしれませんが、混ぜ方が非常に重要であり、かつ難しいんです
卵と砂糖を泡立てた後に粉を少しずつ加えながら、ゆっくりゆっくり木べらで混ぜこみ、バターも同様に少しずつ加えながら、ゆっくりゆっくり木べらで混ぜこみます
だんだん手の動きが速くなっていったり、木べらが持ち上がったりしてはいけません
あくまで、木べらは静かにゆっくり均一に動かしていかないと、仕上がりに大きい差が出ます
b0254207_20103655.jpg
これはTさんがお作りになって、ジャムを塗ったところまでの状態です
お帰りになるまでにジャムが乾かなかったので、グラスがお持ち帰りになりました

もう1品の『フレージェ』はイルプルの卒Ⅲの最後に習うメニューです
スライスアーモンドをザクザク切って、ビスキュイ・オザマンド生地に入れてあるので、柔らかいクリームとの対照がいいです
ローマジパンと卵黄がたくさん入っているので、リッチでこのままでも十分美味しい生地です
b0254207_20104980.jpg
Tさんのフレージェは型のままお持ち帰りになったので、これは私が作ったものです
苺はフレーズ・リキュールとマール酒に1時間きっちり漬け込み(これ以上漬け込むと苺が柔らかくなりすぎ、味も落ちます)、漬け込み汁はそのままポンシュになります
クリームは、クレーム。パティシエール+バター=クレーム・ムースリームにパータ・ボンブを更に加えるという手の込んだものです
クリームにはキルシュが入っていますし、フレーズ(苺)リキュールとマール酒の少し苦みを感じさせる独特な味と香りが、苺のケーキを大人のお菓子にしています

フレージェはよくマジパンを仕上げにのせますが、イルプルでは日本人の好みを考えてのせていません
仕上げにのせなくても、生地の中にびっくりするぐらい入っていますから、十分です

Tさんのおっしゃったとおり、長丁場となり、持ってきてくださった揚げ餅が美味しかったこと!
b0254207_20105994.jpg
この袋にいっぱい入っていたのに、2人で半分以上食べて、昨夜寝る前にもつまんでしまい、今朝残っていたのはこれだけ・・・
いやいや、恐ろしいことをしてしまいました
結果にコミットするとかいっているCMがありましたが、これこそ数日後の体重にコミットしそうです

カトルカールに話を戻しますが、これは『カトルカール・オランジュ』です
b0254207_20381546.jpg
こちらはバターにオレンジコンパウンドを加えてあります
グラスがけが少々厚かったのですが、私、グラスが好きなんです(*´ω`*)
オレンジの方も杏の方も太陽のような明るい色
今ちょうど裏庭に咲いている山吹のようです
b0254207_19552959.jpg
裏庭には白い山吹もあります
b0254207_19564964.jpg
どちらも元気です
Tさんのイメージは黄色い山吹  とにかくいつもはつらつとなさっています
Tさん、今月も楽しい時間をありがとうございました
また来月お目にかかれるのを楽しみにお待ちしております<m(__)m>









[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-25 20:43 | Cake | Comments(0)

ピンク色の花

私にとっての花粉症の季節が終わり、ようやく庭仕事を進んでやる気になりました
もうすぐ蚊がでてきますから、それまでに少しでもたくさん雑草を抜いておかねば
カラスノエンドウ、スギナ、タンポポ、クローバー
スズメノカタビラ、ヒメジオン・・・空き地に生える雑草が我が家の庭で大繁殖中
紫外線対策バッチリきめて、無心に草むしり
時々休憩しながら、庭に咲いている花を見てほっこり

数年前に植えた植えっぱなしのチューリップが今年も咲きました
b0254207_20211988.jpg
植えっぱなしのため、年々花の数が減り、咲いたとしても花が小さくなりました
b0254207_20210986.jpg
どんな条件のところでも、その条件を受け入れて出来る限りに花を咲かせる花達の生命力の強さを見習わなくては
b0254207_20204813.jpg
強い植物に淘汰されて消えていったものも我が家の庭にはたくさんあります
1年前までは見せびらかすように派手やかに花をつけていた植物が、突然枯れてしまったものもあります
このピンクのチューリップのようにヒョロヒョロながらまだ生き延びているものもあります

♪人生いろいろ~ 花達もいろいろ~ 
草むしりの合間にふと口ずさんでしまいました
b0254207_20205949.jpg
草むしりはまだ数日かかりそうです
こんなに小さい庭なのに、こんな状況にしてしまった自己責任をしかと取らねばね(*´Д`)









[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-23 20:45 | 庭仕事 | Comments(0)

春を感じさせる杏のムース

今日の自宅レッスンは、今の季節にぴったりの明るい色をしたお菓子「春を感じさせる杏のムース」でした
b0254207_22140675.jpg
ローマジパンたっぷりのビスキュイ生地を焼いて、杏子のピューレ、杏子のリキュールなどの香りのよいポンシュをたっぷり打って、ドライ杏を柔らかく煮たものを杏のババロアでサンドしてあります
中生地の上の白い部分はシャンティ・ショコラ・ブランで、杏子尽くしの爽やかなお菓子に良い甘みを与えています
仕上げのジュレ、杏の酸味と香りがしっかりしていて、このケーキをしっかりまとめています

今日、このレッスンを希望なさったのは隣町のNさん、Eさん、Oさん♪
EさんとOさんにお目にかかるのはクリスマス以来です
お元気そうでなによりです

Nさんがお作りになった「春を感じさせる杏のムース」
b0254207_22142020.jpg
そして、手前のはOさんの作品、奥のはEさんの作品です
b0254207_22142935.jpg
甘酸っぱい杏のピューレ、杏子のリキュールにキルシュやマール酒が入っている大人の杏ケーキです
杏のケーキと言えば、来週の月曜日と土曜日に杏が登場します
杏の季節は春ではありませんが、明るく温かいビタミン・カラーと爽やかな香りが春から初夏に合うイメージです

EさんとOさんがお帰りになった後、Nさんは「紅茶のサブレ」と「ココナッツのサブレ」の仕込みをなさっていました
どちらもいったん冷凍させる必要があるので、後日仕上げにいらっしゃいます(*^-^*)

Oさん、Eさん、Nさん、お疲れさまでした
今日も楽しい時間を有難うございました

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-22 22:36 | Cake | Comments(0)

4月のレッスンは苺とオレンジとカボチャさんから

今日から4月の自宅レッスンが始まりました
まずお越しくださったのはChiさん、Kaさん、Kuさんの仲良しサークルメンバーさんです
今日のメニューは材料さえ準備すれば生地作りは10分ほどで出来る「ブッセ」と
b0254207_19415264.jpg
「カボチャのサブレ」と
b0254207_19440102.jpg
そして「マーマレード」でした
b0254207_19444063.jpg
ブッセには今日は生クリームと苺をサンドしましたが、このマーマレードをそのままサンドしても美味しいです
バニラビーンズ、シナモン、レモン、そして仕上げにオランジュ60が入るドゥニさんの「コンフィチュール・ド・ランジュ」ですから美味しくないはずがありません

ブッセはとても作りやすいですので、間もなく来るゴールデンウィークのような忙しい時期に便利なおやつです
季節の果物、ジャム、生クリーム、アイスクリームなど色々サンドして楽しんでください

カボチャのサブレも紫芋やサツマイモなどでも作ってみてください
とても素朴な味で、かすかな甘さを感じるおやつです
b0254207_19442118.jpg
こんなふうにカップに入れて置いたら、いつの間にかなくなっています
どこがどう美味しいと言いにくいのですが、なんとなく「もう1本」となってしまうおやつです

Chiさん、Kuさん、Kaさんとは2か月ぶり
先月は私の都合でお休みでした
皆さんも3月の終わりころは春休みでお忙しかったことでしょう
今日も作業中も昼ごはん中も試食中も笑いすぎ
きっと目の周りに皴が増えてしまったことでしょう
でも、楽しくてできた皴なら、きっと良い皴のはず

今日は試食の時にChiさんのお嬢ちゃんもいらっしゃって、一緒におやつタイムができました
学校から帰ってきたばかりでお腹が減っていたのでしょう
ブッセを美味しそうに食べていらっしゃいました

また来月お目にかかれるのを楽しみにお待ちしております
今日も楽しい時間を有難うございました



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-21 20:25 | Cake | Comments(0)

久々に参加できたエスニック料理の会

昨日はエスニック料理の会でした
毎月お互いの家を回って楽しんでいるポットラックのランチ会、数か月ぶりに参加でき、皆に会える!と楽しみにしていましたが、Sさんが義理のお父様のお見舞いでお休みでした

今月はCさんのお家へお邪魔しました
Cさんはスパム入りのチゲとおば様手作りのコチュジャンを付けて食べる魚卵と海苔の御飯を
b0254207_17171707.jpg
Aさんは辛いコロッケ!
b0254207_17172621.jpg
Kuさんと私の料理が一緒に写っていますが、私のは手前の酸辣湯とささみの葱塩、Kuさんのは鶏皮を上げたものとキュウリをトマトベースの辛いソースで食べるお料理
b0254207_17174029.jpg
今回もこれだけの料理を4人でほぼ完食
b0254207_17175339.jpg
来月は私の家でです(*´ω`*)
掃除しておかなくちゃ・・・

そう、掃除といえば、庭のタンポポ、カラスノエンドウ、ハハコグサ、ひなげしが満開状態
誰が花咲かせてもいいって許可した?!ヽ(`Д´)ノプンプン
というわけで、今日から筋肉痛にならない程度に草ぬき開始
まだ蚊が出てきていないので、今のうち!  もうすぐウザーい羽音を立てて蚊がやってきますから

さて、明日から4月の自宅レッスンが始まります
皆さま、どうぞ気を付けてお越しください






[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-20 17:30 | いろいろ | Comments(0)

タルトの再受講

今日のブログは16日(日曜日)にイルプルーで「タルト」の再受講の備忘録です
この日は今年度2年コースの初レッスン日だったのですが、参加者の半分は初めての方々、残りの半分は再受講生という興味深いレッスン日でした
そういうわけで、受講者合計22名!
私の班は一番後ろ、オーブンの前(*´Д`)・・・でも師範の先輩Cさんと2人で1テーブルでしたので、作業スペースとしてはラッキーでした
フランス料理で御一緒していたMさんもいらっしゃっていましたが、残念ながら同じ班になれませんでした
(こういうところは、いくつになっても女子学生的感覚が残っています)

いい天気で最高気温25℃ぐらいになると聞いていました
教室は冷房ブーブー状態 タルトの時は暖かい部屋では作業しにくいですから
・・・それにしても寒かったです 
デモを見ている間に冷気で体がヒンヤリ~

レッスンはまずタルト2台分の生地を型に敷きこむところから始まりました
「生地は丸くのすことは大切だけど、それより均一にのすことが大切よ」と、Cさんにアドバイスをいただきました
シュクレ生地を作るときにも、先輩の手元を拝見しながらできました

こちら先生の「タルト・オ・フレーズ」
b0254207_18315397.jpg
そして、「タルト・バナーヌ」
b0254207_18320241.jpg
それからデモのみでしたが、「そば粉のクレープ」
b0254207_18321199.jpg
私が作ったタルト? それは昨年もUPしたので省略いたします

試食前の先生からのお話しあり
目の前に切り分けられた苺と先生の御髪のお団子、似ていません? (*´ω`*)
b0254207_18322129.jpg
去年の春、本科Ⅰを終えて6年ぶりに再受講を始めました
今年度も再受講に出て、学び直したいと思います
先生、よろしくお願いいたします

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-19 21:58 | Pastry | Comments(0)