<   2017年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ティグレ風チョコチップ入りマドレーヌ

5月の自宅レッスンが無事(?)終了し、今日からまた自己研修を始めました
自己研修の内容は(レッスン前から引き続き)焼き菓子です

今日の焼き菓子は『ティグレ風チョコチップ入りマドレーヌ』
チョコチップがよく見えませんね 入っているんですけど
b0254207_16205747.jpg
『ティグレ』とは「虎柄」のことで、チョコチップを入れてフィナンシェの応用編ですが、我が家の娘はアーモンドの粉が入るフィナンシェを食べません
好きとか嫌いとかの問題ではなく、ナッツアレルギーです
(わずかなアーモンドならまだ大丈夫なこともあるようですが、最も敏感なのはクルミかもしれません)
それで、今日はMie先生のマドレーヌのルセットにチョコチップを入れて、ティグレのように焼きました

焼きたては、こんな感じ
b0254207_16201587.jpg
この写真ではチョコチップが見えます
くぼみにチョコソースを流して出来上がり

我が家のティグレが狙っています
b0254207_16212180.jpg
なかなかニヒルな顔でしょ
「あたいに隠れて、お茶しようたって無理よん(ФωФ)フフフ・・・」という感じでしょうか
空はチョコを食べてはいけないので、代わりに煮干しを上げましょ

パクッと煮干しを食べたものの、不満そうな顔
「バターの風味の煮干しも作っておいてね」って言いたいのでしょうね
b0254207_16211240.jpg
明日は金曜日 お友達とSaleに行きます
空の大好きなものもいっぱい売っていそう♪
欲張らず買い物してきます (ФωФ)フフフ・・・


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-25 20:39 | 小さいお菓子 | Comments(0)

JKちっくな楽しいおやつシェア&抹茶のケーキ

昨日は、お隣り町のNさんとお友達のNeさんとYさんがいらっしゃって、『抹茶のケーキ』のレッスンでした♪
Neさんとお会いするのは久しぶり(*´ω`*)  Yさんとは初めまして<(_ _)> 私ちょっと緊張・・・

皆さんが到着なさって、まずはルセットの説明・・・ではなく、おやつのシェアから♪
b0254207_01000022.jpg
「ピエール・エルメのイスパハンのアイス、買いたかったのに買えなかった」とNeさんが残念がっていらっしゃったのを聞いたNさんが買って来られて、みんなでシェア~(´ω`*)  お友達思いのNさんの計らいで、私までお相伴にあずかりました

エルメのイスパハンと言えば、あのラズベリーとローズの香りのマカロン  お値段1000円ぐらい
このアイスはアカギ乳業とのコラボ ラズベリーとローズの香りのアイス  お値段250円ぐらい
値段のことを言って下世話ながら、私、お値段的にも、お味的にもアイスの方がいいな 
うまくできていましたよ、このイスパハンアイス  大阪人の目と舌の判断でもコスパGOOD

Nさんがモーツアルトクーゲル風チロルチョコも買って来て下りました
チョコに包まれているマジパン部分、ピスタチオというより杏仁の香りの方が強かったですが、こちらもイスパハン同様なるほど!なお味でした

仲良しでおやつを分けっこなんて、ちょっとJKちっくで楽しい♪
私達4人では、JKの意味するところはJuKuJoかもしれませんけど (ФωФ)フフフ・・・

ひとしきりおやつに盛り上がって、さてレッスン開始
まずは底生地と上生地のビスキュイを焼いて、牛乳と卵黄を混ぜて加熱し、抹茶のババロアを作り、その上にシャンティ・ショコラ・ブラン・抹茶を重ね、生地でふたして出来上がり
この抹茶のケーキはこれでOKなのですが、小豆を煮ておいたので、それを「お好みであればババロアとシャンティクリームの間にどうぞ」とお出ししました

手前のケーキは絞り初体験のYさんの作品、奥側はNeさんのです
b0254207_00592993.jpg
どちらもとてもいい生地を作られましたし(抹茶のビスキュイはダレやすいのです)、絞りもきれいです

こちらはNさんのケーキ ご自宅用と御親戚用に2台作られました
さすがNさん、手慣れて早いこと!
b0254207_00592993.jpg
試食には、この抹茶のケーキと
b0254207_21154399.jpg
数日前にレッスンで作った「黄粉と抹茶のケーキ」も召し上がって頂きました
抹茶のケーキには「Ryoan」「ラ・フュージョン」などもありますので、また抹茶のお菓子が食べたくなられましたら、トライなさってください

Neさんからも嬉しいただきものです
b0254207_21155364.jpg
GWに帰省なさった時のお土産だそうです 有難うございます
可愛いパッケージで、開けるのがもったいない~

20日、21日は松代でオープンガーデンが行われていました
我が家でもフランソワーズ・ジュランビルが真っ盛り
・・・少し盛りを過ぎつつありますが、ほぼすべての蕾が開きました
b0254207_00591095.jpg
昨日で5月の自宅レッスンが終了しました
このピンク色のF.ジュランビルがお越しくださった皆様をお出迎え出来ました
6月のレッスンも月の半ばごろから始めようと思います
日程とお薦めメニューが決まりましたらお知らせいたします
5月のレッスンに御参加くださった皆様有難うございました
また来月もお目にかかれますように<(_ _)>

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-24 22:04 | Cake | Comments(0)

Hummingbird cake & Bouchée

今日の自宅レッスンではタイ人のお友達Nさんとアメリカンケーキの代表的ともいえる『Hummingbird cake」とフランス語で「一口」を意味する『Bouchée(ブーシェあるいはブッセ)』を作りました

まずは『ブッセ』からスタートです
ステップ1:卵黄に砂糖を混ぜる
ステップ2:卵白に砂糖を数回に分けながら加えて泡立てる
ステップ3:卵黄と卵白を合わせて混ぜ、薄力粉とコーンスターチも加えて混ぜる
ステップ4:絞り袋で丸く絞り、粉糖をかけて12分焼く
ステップ5:好みのものをサンドして仕上げる (→このステップ5は食べる前に♪)

ブッセを12分焼いている間に『ハミングバード・ケーキ』の生地を作ります
ステップ1:油+卵+りんご+バニラエクストラを合わせる
ステップ2:そこに砂糖+粉ベーキング・ソーダ+シナモン+塩を加えて混ぜる
ステップ3:そこにピーカンナッツ+バナナ+パイナップルを加えて混ぜて30分焼く
ステップ4:粉糖に水分を足して焼きあがったケーキにかける

「なんて簡単にできるお菓子でしょう(*´ω`*)」と、喜んでいただけました
Nさんの息子さんは生クリームは好きではないそうですが、アイスクリームは大好きだとのことですので、今日のブッセの試食はバニラアイスとイチゴにしました

可愛いもの大好きなNさんのために、ちょっと可愛いものアイテムを並べてみました
b0254207_15241688.jpg
私としたことが、絞り方が悪くてブッセが三度笠のように中心に角が立ってしまいました
b0254207_15243063.jpg
ね、表面が平らではないでしょう  
「こんな、ぶさいなくブッセを見たときには『ぶっせぇ~( ゚Д゚)』って、言うのよ」って、Nさんに関西的ダジャレを教えてあげようと思い言ってみましたが、まったくつうじませんでした
b0254207_15244145.jpg

Nさんが作られたブッセは冷めた後、タッパーに入れてお持ち帰りです
b0254207_15265994.jpg
お家でいろいろサンドしてくださいね

「ハミングバード・ケーキ」が焼きあがって、粗熱が取れたので粉糖に牛乳を加えてグレイズをかけました
b0254207_15245336.jpg
Nさん、真剣にかけています
今日は14cmのクグロフ型を使いました  
地味な焼き菓子もこういう型を使うと可愛く見えます

お持ち帰り用の箱がないとのこと・・・
うちにちょうどいい大きさの新しい箱がなくて、棚の上にのっていたアンリ・シャルパンティエの箱に入れてあげました
Nさん、新しい箱じゃなくて、ごめんなさい
b0254207_15252596.jpg
このケーキはりんご、パイナップル、バナナ、ピーカンナッツでいっぱいです
b0254207_15251439.jpg
今日はバナナが熟れ熟れで、香りはほぼバナナONLY状態
バナナ好きなNさんでよかったです
「バターではなく、オイル(今日はキャノーラ油)で作ったケーキなので、冷蔵庫で保存しても固くなりません」と、一言加えておきました

ネイティ・アメリカンにとってハミングバードは愛と幸せのシンボルだと聞いたことがあります
今夜の夕食後のデザートに(ご主人は健康診断前なので炭水化物を甘いものを控えていらっしゃるそうですので)息子さんと楽しいお茶の時間をお楽しみください
Nさん、今日も楽しい時間を有難うございました

最後に少しアナウンスを・・・
Nさん(ナタヤさん)のタイ料理のレッスンが茎崎のふれあいプラザで6月22日(木曜日)10:00~13:00で行われます
今回は市販のペーストを正しく使って作るグリーンカレー他、卵のおかずと小さいデザートだそうです
色々売っている市販のペーストですが、Nさんが「これが一番おいしいと思う」というものをお使いになるそうです
今回のレッスンでは、3品ぐらい(メイン+サブ+小さいデザートで定食風?)を・・・という提案があったそうで、カレーのペーストから作るには時間が少々厳しそうなので、市販のペーストを使用することにしたそうです
ご希望があれば、今後はバイマックルーやカー、ホームデンなどでペーストから作るグリーンカレーのレッスン、タレから作るパッタイ、ガッパオなどのレッスンも行いたいとのことです
ご興味のある方、お知り合いでタイ料理を始めようかと思われる方がいらっしゃいましたら、是非どうぞ<(_ _)>

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-22 16:05 | Cake | Comments(0)

フィナンシェよ、フィナンシェ、ちちんぷいぷい本物のインゴットになぁ~れ♪

今日もお日様元気 昼間の室内の最高温度は27℃ 
いやはや、このぐらいで暑いなんて言っていたら夏が思いやられますが、ホント暑かったです 

今日の焼き菓子自己研修は『フィナンシェ』
b0254207_12024092.jpg
金地金(インゴット)の形に似ているところから『フィナンシェ』と名付けられているそうですが、フランス(ナンシー)のL'ordre des Visitandinesの修道女によって作られたところからヴィジタンディーヌとも呼ばれます

フィナンシェはこの長方形のインゴット型でないといけないわけでなく、イルプルーではオーバル(楕円)です
私は楕円形の型を持っていないので、今日は長方形の金地金の形で焼きました
b0254207_12030662.jpg
ルセットに型5つ分と書かれてある分量で材料を混ぜました
しかし私の型では4つでは多くて、5つでは少し足りなくて・・・さあ、どうする?!
溢れてもらっては困るので、5つで焼いたら案の定少々平べったい

それから、もう1つ反省点がありまして、それは昨日の毛虫との格闘ですっかり筋肉痛
60cmほどの長さのある剪定ばさみを手に、腕を伸ばせるだけ伸ばしての作業はさすがに腕が疲れました
それが言い訳になっていいわけでは決してありませんが、ホイッパーで卵白と砂糖と水あめを合わせての泡立てが足りませんでした
コンディション正して、また近いうちに焼き直します

フィナンシェの後姿を見て、さらに反省
それは夏服になってきて、Tシャツを着ているときの自分の後姿のこわいこと
テレビで「背中に贅肉がついてきたら・・・」とか言っているCMがありますが、姿勢の悪さも手伝って、首から背中にかけて何とかせにゃーあきません
エスニック料理の会でのKさんに「肩甲骨を寄せて締める運動をするといい」と教えてもらいました
Kさんはその実行の成果絶大 背中まっすぐ背筋がピーン  立ち姿の美しいこと
美人のKさんはまずます美しい
b0254207_12025536.jpg
まあ、ここまでまっすぐの背中は人間ですから無理としても、背中を意識して背筋を伸ばす習慣からつけようと思います
後姿がインゴットのように金の価値があると言われるようにはなれないとしても、意識していれば少しは改善されるはず

フィナンシェよ、フィナンシェ、ちちんぷいぷい本物のインゴットになぁ~れ♪
・・・って、こちらも無理なお話ですが、「うん、このフィナンシェなら買ってあげてもいいよ」と、言ってもらえるように、食感を改善していきたいと思います

今日UPする庭の花は「ハニーサックル」です
b0254207_12022520.jpg
お日様に照らされて、明るく濃い黄色がキラキラして見えます
咲いている期間が非常に短いのが残念です
b0254207_12021235.jpg
庭にはほかにも3種類のハニーサックルがありますが、もっともよく咲いていた玄関わきのものが昨年の塗り直しの際に刈り込みすぎて、ダメになってしまいました
しぶといほど元気な株だったので、もしかしてまた復活してくれるのではないかと微かな希望をもっています

このハニーサックルには小さい緑色のアブラムシもつきません
昨日の毛虫大量駆除、毛虫にも生きる権利はあるはずなのに・・・でも、ご近所に被害が出ては大変だし・・・薬を散布しておかなかったのが原因かもしれませんが、蕗にかかってほしくなかったことと、こんなの初めてでしたので、今日は庭に出ても苦い気分
このお日様色のハニーサックルを見てなごんでいました

さて、明日と明後日と2日間は自宅レッスン日、楽しみです(*´ω`*)
ではまた明日♪

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-21 19:57 | 小さいお菓子 | Comments(0)

Maple Pecan Tart

今日は朝から結構な日差しが戻り、ずいぶん気温が上がりました
今日が土曜日だからといっても、日差しが強くなったといっても、雑草の成長は待ってくれません
長袖、日よけ帽子、手袋はめて、日焼けを気にしつつ日陰の場所から草抜き今日も続行
表の部分は大体終わり、今日はこのぐらいにしておこう、作業服を着ているついでに裏の庭に生えている蕗を刈り込んで、昨日いただいた蕗と一緒に佃煮を作ろうと裏庭に回ったら・・・

なんじゃぁ、こりゃぁぁぁぁぁ・・・!(; ・`д・´)

赤黄黒の極彩色の毛虫が蕗と一緒に植えてある山帰来の葉っぱにうじゃうじゃいるではありませんか
金曜日の朝、ごみを裏庭に取りに行ったときには(急いでいたせいか)気が付きませんでした

一瞬にして、かいていた汗が冷や汗に
対策を講じるために、いったん部屋へ退去

山帰来の葉には同じような極彩色ながら毒のない何とかいう蝶々の幼虫が付くことがありますが、この場合はそのまま放っておきます
しかし、今回の毛虫は違う!
今日は風がなかったので、風が吹いて毛虫が毛を飛ばさないうちになんとかせねば、ご近所の迷惑になります
毛虫の毛の被害は以前身をもってそのすごさを体験していますので、長袖のシャツの上にナイロン素材のジャンバーをはおり、帽子、マスク、手袋2重にはめて、柄の長い剪定ばさみとごみ袋を手にして再度裏庭へ出動

できるだけ手を伸ばして剪定ばさみで手前から少しずつ生い茂っている蕗と山帰来を刈り込んでごみ袋に入れ、
毛虫を見つけたら、その都度1匹ずつはさみでつまんではごみ袋へ入れ、
また少し刈り込んではごみ袋へ入れ、
縦列駐車のように並んでいる生まれたてでまだ毛の生えていない幼虫の葉を見つけたら、その都度はさみでつまんではごみ袋へ入れ、
お隣さんの庭からワーッと入ってきて蕗と山帰来に絡んでいるツタとヘコキカヅラとキツネノボタンと金銀花と羊歯も刈り込んでは袋に入れ、
まるで危険物を解除していくかのように作業を終えて、たたみ半畳ほどしかない場所なのに、40Lのごみ袋が満々
最後に袋をしっかり踏みつけて外での作業終了
部屋に入る前にジャンバーをしっかりはたき、着ていたものは全て即洗濯、自分も即シャワーを浴びて、家の中での作業終了

わずか1時間ほどの毛虫退治で気分はヘトヘト
緊張した後は、甘いもので休憩です

まずは駆け付け3杯の水と1杯のコーヒー
b0254207_00011501.jpg
そのあとピーカンナッツとメープルシロップのタルトレットを2つ
b0254207_23560875.jpg
このタルトレットはアメリカ人ジョン・バリチェリという元マーサ・スチュワートの下で仕事をしていたシェフさんのレシピで作りました
本には「砂糖を使ったピーカンナッツのタルトは甘さがしつこくて・・・」と書いてありますが、メープルシロップたっぷりのこのタルトも日本人にはきつい甘さかもしれません
でも、砂糖の甘さと違って確かに飽きません
バニラ・エクストラクトの香りも良くて、勢いで2つ 明らかに食べ過ぎ

疲れていたってことですか・・・

このタルトレットを作ったのは、昨日冷蔵庫の在庫を確認していて、
b0254207_00012601.jpg
こういうわずかな残り生地と残りもののピーカンナッツを見つけてしまったからです
直径7cmのタルトレットがギリギリ3つできました

でもいくら小さいといってもこれを2つも食べてしまったので、あとでひどくのどが渇きました
もう1杯コーヒーを飲んで、水も何杯か飲んでようやく喉の渇きがおさまりました
喉というより、甘さで胃が焼けたのかもしれません

明日もいい天気のようです
皆様、楽しい週末を  外に出られるときには虫対策をお忘れなく(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-20 23:56 | Pastry | Comments(0)

白い野ばらと抹茶のケーキ

昨日はバラのアンジェラをUPしましたが、今日は野ばらです
この花は桜がバラ科であることを証明しているような姿です
オールドローズやイングリッシュローズのような優雅で艶めかしい香りではなく、少し鼻にツンとくる野性的な香りがあり、蜂たちのお気に入りのようです

今年は春先にかなり刈り込んだので、例年に比べて花は20%
でも、それなりに花をつけています
今年の野ばらさんは『抹茶のケーキ』と記念撮影です
b0254207_20462817.jpg
花が咲いて二日後にはもう散り始めます
b0254207_20424213.jpg
秋には赤い実がどのぐらいできるかしら

さて、今日は自宅レッスン日でした(*´ω`*)
Chiさん、Kuさん、そしてKaさんの元同じサークルの仲良しメンバーさんと上の写真にある『抹茶のケーキ』を作りました♪
焼き菓子が続いて、ババロアは久しぶりでしたが、皆さん和気藹々とビスキュイ生地を焼き、抹茶のババロアを作って、その上に抹茶のシャンティショコラを流して、すべての作業をこなし、
b0254207_20444488.jpg
こちらはChiさん(手前)とKuさん(奥)の作品で、
b0254207_20452141.jpg
こちらはKaさんのです
Kaさんは煮小豆をケーキの半分にサンドなさっているので、お豆さんの姿が見えます
b0254207_20451179.jpg
「小豆を煮てあるので、お好みで入れてくださいね」なんて言っておきながら、すっかり忘れてしまいまして、KuさんとChiさんは抹茶のシャンティショコラを入れた後・・・(;'∀')すみませーん
Kaさんはシャンティショコラをババロアの上に半分ぐらい置いた状態だったので、ババロアを少しのけて小豆を半面だけ並べられました
元のルセットにはこの小豆は入っていませんが、少し変化をつけてもいいかしらと思いまして
KuさんとChiさんはカップに小豆を入れてお持ち帰りです
b0254207_20450167.jpg
久しぶりとは思えないほどきれいな仕上がりでしょ

試食タイムで私が作ったのを召し上がっていただきました over a cup of coffee made by Kaさん
Kaさんのコーヒーの淹れ方講義付きでしたよん♪
(お客さんにコーヒーを淹れてくださーい、なんていう教室はなかなかないでしょう (* ̄▽ ̄)フフフッ♪)

Kaさんから嬉しいいただき物です
b0254207_20453756.jpg
Kaさんの畑から蕗を持って来てくださいました
いつも旬のものをご馳走になっています  有難いです

来月はトロピカルなフルーツを使ってムースをご希望にいただきましたので、また大笑いしながら楽しい時間をご一緒できそうで楽しみです
今日もお越しくださり有難うございました(*´ω`*)

庭のボイセンベリーの花が咲き始めました
b0254207_22285186.jpg
イチゴ系もバラ科 こうして見るとのバラの花と間違えそうなほどそっくりでしょ
上の写真はボイセンベリー 下の写真は野ばら
b0254207_20442854.jpg
明日は土曜日です 皆様楽しい週末をお過ごしください


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-19 22:36 | Cake | Comments(0)

今年もバラの季節

今日の午前中は変な天気でした
朝はいい天気だったのに、だんだん曇ってきて、ポツポツ来たかと思うと、ザー?
先日の天気予報で言っていましたが、5月というのは薫風だの五月晴れだということがあるものの、結構天気がすっきりしない日のほうが多いそうです

4月の終わりごろから連休終わりごろまできれいに咲いていた黄色いモッコウバラが終わり、今は白とピンク系のバラが咲いています
今日は今年の『アンジェラ』をUPします
数年前まではモッコウバラに圧倒されて弱っていたアンジェラですが、ここ数年はモッコウバラを刈り込んでいるので、アンジェラが巻き返
すように咲いています
b0254207_19075172.jpg
アンジェラそっくりの丸く咲く『スカボロフェア』という桜貝色のバラが以前ありました
細い茎にたくさんの花をつけて、下向き加減に咲いて、とても可愛かったですが、驚くほどたくさん咲かせた翌年、春になっても芽が出ませんでした
b0254207_19074352.jpg
このアンジェラの横に植えられていた淡い杏子色の『ロココ』というバラも然り
モッコウバラの横に植えられていた少しサーモンがかったピンク色の『ウイリアム・モリス』も然り
まさかアンジェラも来年・・・?!

世話もしないくせに、心配してもダメですよね
そうそう、我が家の庭では強いものだけが生き残れるのです

どんなに強くても、雑草さんたちは生き残ってもらっては困るので、今日も午後から雑草抜きガンバリマシタ!(^^)!
お隣さんのお父さん(昔、芝畑をなさっていたそうで)に「芝にはシバゲンだよぉ~」と教えていただきましたが、空が芝に寝転ぶと考えると、やはりシバゲンを撒くのに戸惑いが・・・
b0254207_19073378.jpg
雑草とのイタチごっこだとわかっていても、やっぱり除草剤は使いたくないなぁ"(-""-)"
今週末は駐車場の後ろあたりのスギナ群をスコップで掘り返しながらガンバロ・・・


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-18 19:54 | 庭の仲間たち | Comments(0)

 「黄粉と抹茶のケーキ』レッスン♪

今日は自宅レッスン日、お越しくださったのは元気なマダムTさん♪
ご希望のメニューは私のHPお勧めの『黄粉と抹茶のケーキ』でした
b0254207_20475937.jpg
抹茶のビスキュイ生地を焼き、抹茶のポンシュを打ってトヨ型に敷きこみます
黄粉のカスタードを作って、そこにバターを混ぜ、ホワイトチョコ、プラリネノワゼット、トスキノチェロ(クルミのリキュール)、キルシュ、パータボンブを混ぜて黄粉のムースの出来上がり
見た目より少し手のかかるこの黄粉のムースができてしまえば、あとは抹茶と生クリームとホワイトチョコを合わせてしまい、そこ生地をはめるだけ

「カスタードにパータボンブ! 勉強内容たくさんあるわね!」と、おっしゃっていましたが、そうなんです
このお菓子は大切なことが色々学べます

レッスンは順調に進み、レッスン後にマダムTさんとおしゃべりに興じていたら、お作りになったケーキの写真を撮り忘れてしまいました
あーあ、残念・・・とてもきれいな仕上がりだったというのに( 一一)

マダムTさんの畑から美味しいいただきものです
b0254207_20474653.jpg
春菊とさやえんどうです
春菊は塩とゴマ油と唐辛子をあえていただきました
さやえんどうは、何にしようかしら(*^-^*)

昨日Aさんからいただいた筍ご飯(写真を撮る前に間食してしまいました・・・)といい、春菊やさやえんどうといい、季節の食べ物を頂けるととても嬉しいです

Tさん、今日も楽しい時間を有難うございました
またお会いできるのを楽しみにお待ちしております

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-17 21:13 | Cake | Comments(0)

これら謎の物体、一体何でしょう(ΦωΦ)

さて皆様、これら3つは一体何でしょう
b0254207_19350245.jpg
「写真の撮り方が悪いので、よくわからないヽ(`Д´)ノプンプン!」と?
はい、そうですね 認めます
でもこれらはどんなに鮮明に撮られようとも、このようにしか写らないと思います

答えは、左側の薄茶色いのはモルディブフィッシュで、ウンバラカダと呼ばれる鰹節のようなものです
右側のドライプルーンのようなものは、ゴラカという酸味の強い果実(を干したもの)
上側の赤錆のパイプのようなものはタマリンドです

一体これらをどこで手に入れてきたのかと申しますと、隣町のNさんに以前連れて行っていただいたスリランカのおじさんが経営しているプレハブのお店でです(*^-^*)
これらを使って、このようなスリランカ料理に挑戦しました
香取薫先生の「家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理」を見て作りました
ちなみに、Nさんは香取先生に習っていらっしゃったことがあるんです!(^^)!
b0254207_19142634.jpg
黄色皿、青皿、白皿・・・回転ずしではないので値段表示をしているわけではありません
かかったコスト順に説明しますと、まずは白皿の「魚のアンブルティヤル」ですが、「アンブルティヤル」とは酸っぱい煮物だそうです
今日使ったのはカツオです
水に浸しておいたゴラカをフープロ様でペーストにして、にんにく、生姜、シナモン、フェヌグリークシード、赤唐辛子、青唐辛子、塩、黒コショウで煮込んだものです
塩味ベースです  
本当はカレーリーフとランぺ(パンダンリーフ)も必要でしたが、手元になかったので(´;ω;`)ウゥゥ残念・・・

次に青皿は玉ねぎの佃煮風の「シーニ・サンボーラ」
水に浸しておいたタマリンドでペーストを作り、にんにく、シナモン、モルディブフィッシュ、玉ねぎ、カルダモン、赤唐辛子、塩、砂糖で炒めて煮詰めたものです
少し甘くて酸っぱくて(タマリンドに甘酸味があります)少し辛いです

最後に黄色皿はココナッツミルクを加えて炊いたご飯の「キリバト」です
キリはミルクのことだそうで、バトはご飯のことだそうです
本来は硬めのおかゆのように炊くそうですが、今日は普通炊きしました
ちなみに、このご飯はスリランカではお正月をはじめ、誕生日や家を建てる初日などの節目に登場する料理だそうです

このキリバトは以前Nさんがヌル・ミリスという玉ねぎ、唐辛子、モルディブフィッシュ、レモン汁などで作る酸っぱ辛いペーストと一緒にご馳走してくださって以来、いつか作ろうとずっと思っていたご飯です

何故今日わざわざスリランカ料理に挑んだのかと申しますと、今日は5月のエスニック料理の会の日だったからです
場所は私のうち♪
どなたかのおうちまで持ち運ぶ必要がないので、3品用意したのですが・・・2人お休みで3人・・・ちょっと寂しい会でした
でも、集まった3人の食欲は決して寂しいものではありませんでしたけど~(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

Kuさんのスパイシーな海鮮春雨
b0254207_19140115.jpg

Aさんの筍ご飯ドリアとサラダ
お友達に筍をたくさんいただいたそうで、私とKuさんにエクストラの筍ご飯を頂戴しました
b0254207_19141444.jpg
お皿に全部の料理をのっけて、いただきまーす!
b0254207_19144425.jpg

昨日、左上奥歯の神経をきれいさっぱり抜いてもらいました
来週からも治療は続きますが、美味しいものを楽しむには歯と胃腸が丈夫でなくてはね♪
2年前、この左上奥歯にヒビが入って、くっつけてもらって以来ずっと定期検診をさぼっておりまして、その間に歯の神経がゆっくり死んでいっていたようです
お医者さんのお話をまとめると「定期検診はこういうのを見つけるにも大切ですからね。これ、放っておいたら、死んだ神経が腐って化膿して・・・」ということで、ホント今回は危ないことになりかけていたそうです

でも、神経が死んでしまっているので、神経を引っ張り出すために歯の奥に何かをグリグリ入れられていても、NO麻酔、NO PAIN 
「無神経という言葉はこういうことなんだー」と、身をもって理解しました

来月はAさんのお家でですね よろしくお願いいたします
5人が集まれますように 







[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-16 20:23 | いろいろ | Comments(0)

ビッシュ・パンプルムース

先週金曜日の備忘録です
2か月ぶりにお友達のMさんと一緒に府中の先生のお教室へうかがいました
教えていただいたのは『ビッシュ・パンプルムース』
パンプルムースとはあまり聞きなれませんが、グレープフルーツです

ビッシュと言う名前がつくとクリスマスっぽくなりますし、爽やかなグレープフルーツたっぷりのお菓子なので、先生の計らいで丸いアントルメ仕立てになりました
b0254207_16054701.jpg
生地はローマジパン入りビスキュイ・オザマンド
生地を型に流して焼く前に刻んだアーモンドをたっぷり振りかけます
このアーモンドの食感と香りが、このケーキに大きく貢献します(*^-^*)

中詰め用のゼリーはグレープフルーツの皮をすりおろしてから身を切り出し、残りを絞ったものに市販のジュースも加えて凍らせておきます
イタリアンメレンゲと生クリームを合わせて、グレープフルーツの皮とリキュールなどを加えて爽やかなムースを作ったら、そこ生地の上に半量流して中詰めゼリーを置き、残りのムースを流して、仕上げにシャンティショコラブラン(グレープフルーツの皮入り)をのせます

このケーキを作る際に気を付けないといけないのは、生クリームにグレープフルーツの酸が加わると、生クリームが一気に硬くなること
そして、仕上げのシャンティショコラなどは、チョコと生クリームを合わせるだけでも硬くなりやすいのに、さらに酸が加わるので要注意です
生クリームはできるだけ軟らかめに立てて置き、ホイッパーで力いっぱい混ぜないことです
「クリームが硬くなってきた!やばい!」と思ったらすぐにホイッパーを放り出して、ゴムベラでなでるように混ぜましょう
b0254207_16053725.jpg
グレープフルーツの酸味とシャンティショコラの甘さ このバランスとても美味しいです
そして、生地に入っているアーモンドの粒粒がいい食感になっています

このケーキの仕上げにはジュレがのらないので、先生が銀粉を用意しておいてくださいました
b0254207_16060477.jpg
可愛いです
このケーキには金より銀です♪

この日も試食いろいろご馳走になりました
b0254207_16062691.jpg
手前のシフォンはカレー味!
後ろの3つのお菓子は左から「ロワイヤル」「アプリコティエ」「ビッシュ・パンプルムース」
b0254207_16063598.jpg
それから、「パイナップルのバターケーキ」「卒研5のプティ・コンデ」
奥のケーキはイデミ氏の「オレンジのバターケーキ」です
b0254207_16055391.jpg
先生、この日も美味しいお菓子を教えてくださり、いろいろ試食をご馳走になり、有難うございました
また来月もよろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ




[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-15 19:48 | Cake | Comments(0)