春休み備忘録⑤(9日愛宕念仏寺~大覚寺)

8日の雨が上がり、9日はまあまあの天気で始まりました
阪急嵐山駅からバスでまず向かったのは愛宕念仏寺
「愛宕」は「あたご」ではなく「おたぎ」と呼びます
b0254207_21122569.jpg
一般の人達がそれぞれの思いを込めて彫った焼く1200の羅漢さんが肩寄せ合うように並んでいます
b0254207_21121381.jpg
山の斜面に沿ってお堂に上がると、
b0254207_21125436.jpg
そこにも羅漢さんが並んでいます
b0254207_21130878.jpg

山の斜面にいっぱいに仲良く並んでいる羅漢さん達 
愛らしくも少しゾッとする光景です
b0254207_21290112.jpg
この辺りは桜より紅葉のほうが綺麗ですが、Zさんにとっては非常に興味深いものだったようです
b0254207_21132288.jpg
愛宕寺の前の坂を少し下り、鳥居前の平野屋さんでお茶タイム
b0254207_21134542.jpg
寒くなかったので、外でお茶しても良かったのですが、お店の人が「暖まってってください」と、炭に火を起こしてある中に入れてくれました
b0254207_21140956.jpg
私は漉し餡の桜餅と柚子味噌餡の桜餅を頼みました
Zさんはシナモン風味の「志んこもち」
b0254207_21141901.jpg
朝10:00のジャパニーズなお茶タイム  
この日も行くところが盛りだくさんで、昼ご飯を食べる時間もないかもしれないので、ちょっとエネルギーをチャージしました
b0254207_21135850.jpg
ここはお会計場の横にあるおくどさん  
b0254207_21143190.jpg
「くど」とは竈のこと  この竈はこの店の年齢(約400年)とほぼ同じ年齢
すごいですねー まだ現役で湯気を立ててお餅を蒸かしていました

お腹が温まったので、もう少し下って化野念仏寺へ行きました
b0254207_21144486.jpg
無縁仏さん達を集めた賽の河原 いつ来ても静かに手を合わせてしまう光景です
「あだし」とは「はかない」と言う意味だと聞いたことがあります
お顔もわからなくなったお地蔵さんを見ていると、確かにぴったりの名前です

このお寺には小さい竹林があります
b0254207_21150542.jpg
更に下ったトロッコ列車駅近く、大河内山荘から天龍寺北門に続く竹林は有名でもう少し長いですが、静かに歩きたいなら、ここがお薦めです
b0254207_21145651.jpg
Zさんは以前この嵯峨野を御主人と訪れた時、この化野念仏寺は『お墓』群だということで、入らなかったそうです
b0254207_21151866.jpg
お墓群の横に咲く大きい紫木蓮と桜の花が不気味に綺麗でした

化野念仏寺から嵯峨野の道をテクテク
b0254207_21152713.jpg
着いたのは桜満開の大覚寺 嵯峨御流の授賞式が行われていました
b0254207_22043202.jpg
To be continued...







[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-15 22:10 | 京都にて | Comments(0)

春休み備忘録④(8日知恩院~東寺)

青蓮院でまったりしていたら、知恩院に着いた時には既に閉門時間
b0254207_23583393.jpg
「まあ、仕方ないよ」と、桜だけ写真に収めて
b0254207_23590218.jpg
円山公園へ入りました
今年も枝垂れ桜の古木は健在 薄暗闇の中で満開の枝を振り広げるように不気味に立っていました
b0254207_23593355.jpg
円山公園を抜けて、ねねの道を通って高台寺へ
b0254207_23594402.jpg
ここは春には桜のライトアップ、夏には百鬼夜行でライトアップ、秋には紅葉でライトアップ・・・と、実に観光客にサービスしてくれます
すでにライトアップが始まっていましたが、まだその効果が表れる暗さに至っていませんでした
b0254207_23595468.jpg
b0254207_00000384.jpg
b0254207_00001576.jpg
池の向こうに見える橋の屋根は上から見ると龍が臥せているように見えます
その龍の頭はどこにあるかというと、ここです
b0254207_00002520.jpg
いったいどこから土に潜っているのでしょう
頭だけが土から出ています

高台寺を出た後、また円山公園を抜け、
b0254207_00003856.jpg
雨にもかかわらず出店が並んでいる八坂神社も通り抜け、8日の最終目的地へ行くためにバス停へ行きました
京都駅に向かうバスに乗りたかったのですが、長蛇の列・・・
数台見送り、そのあと臨時バスが来たおかげで、何とか乗れました

京都駅でまたバスを乗り換えて、着いたのは東寺
門の外は入門を待つ長蛇の列・・・
b0254207_00005064.jpg

b0254207_00010060.jpg
ますますひどくなっていく雨にもかかわらず、傘をさしてシャッターを切る観光客
池の周りを通って、五重塔の近くまで行き、
b0254207_00011170.jpg
本堂まで戻ったころには土砂降り  バケツをひっくり返したような雨・・・
百聞は一見に如かずと申します ご覧ください この雨のすごさ
b0254207_00011861.jpg
雨の凄さもさることながら、この雨の中を花見に行ったZさんと私の根性も凄いものだったと、今この写真を見てしみじみ呆れています
雨のおかげで観光客が少ない目で良かったかもしれませんが、やはり花見は晴れていた方がいいです・・・



[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-15 00:28 | 京都にて | Comments(0)

春休み備忘録③(8日平安神宮~青蓮院)

南禅寺を見た遅い昼ご飯のあと、競歩のように急ぎ足でクランクインの桜を拝み、
b0254207_22491356.jpg
動物園の横を駆け抜け、
b0254207_22593468.jpg
またもや強くなってきた雨の中たどり着いたのは平安神宮
b0254207_23000548.jpg
雨に打たれた桜がみんな下を向いてしまっています
水も滴るいい女(ФωФ)フフフ・・・なんてもんじゃありません
ぬれねずみ状態になりながら、「ねえねえZさん、平安神宮の紅枝垂れはまだ満開じゃないからさ・・・」と、暗に庭を見るのはやめにして先に行こうよーという私の言葉は聞こえなかったようで、Zさんは御朱印もらったら早速庭園の方へ向かいました
でも、思ったより紅枝垂れが開花していたので良かったです
b0254207_23002285.jpg
b0254207_23005585.jpg
b0254207_23010808.jpg
b0254207_23012712.jpg
b0254207_23014069.jpg
「想像以上に広い庭園だった!」と、満足そうなZさんでした
確かに、平安神宮の庭園というのは、表からはわからない広さがあります
ちなみに紅枝垂れの見ごろは多分今頃です
b0254207_23015249.jpg
出口近くに面白い木があると思ったら、これはおみくじを結んだ木でした
ピンク色の桜御籤(はなみくじ)で咲いた花でした

この日は2週間に1回開かれているという手作り市の日で、
b0254207_23020966.jpg
フエルトで作られた動物財布の柴犬があまりに可愛くて買ってしまいました
1つ1200円~1600円ぐらい  非常に細かい作りです
b0254207_23021952.jpg
赤い鳥居にむかって歩き、その先目指したのはJR東海で使われた写真のお寺です
JR東海のCMで「そうだ、京都 行こう」というフレーズで沢山の京都の写真が美しく撮られて使われていました
あれらの写真に騙されたと思われた方々もいらっしゃったことでしょう
b0254207_23023252.jpg
青蓮院の入り口にそびえたつ古木 いつ見ても圧巻です
閉園時間に近かったにもかかわらず、観光のお客さんが沢山
b0254207_23024385.jpg
こうして座って庭を眺めるために、Zさんはしばらく畳の上で待っていました
b0254207_23030420.jpg
b0254207_23035517.jpg
Zさんはお庭の写真に夢中
私は部屋と外とのコントラストが美しく、その写真を撮るのに夢中
b0254207_23031754.jpg
b0254207_23032834.jpg
b0254207_23033757.jpg

b0254207_23045419.jpg
b0254207_23051063.jpg
一周回ってきて、ようやく誰もいなくなったこの部屋こそ、CMで使われていたあの景色です
b0254207_23052063.jpg
あれ(CM)は夏の情景でしたが、まったく京都の恐ろしく蒸し暑くるしい夏の雰囲気を出さず、美しかったです

外の石段に桜の花びらがもう散り始めていました
b0254207_23054054.jpg
全ての桜が散ったら、この石段は薄桃色の石段になります
桜の花びらは、落ちても色あせずきれいです
そこがまた美しいやら、悲しいやら・・・

To be continued...


[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-14 23:33 | 京都にて | Comments(0)

春休み備忘録②(8日法然院~南禅寺)

春より秋に訪れる方がお薦めな法然院ですが、
b0254207_21500416.jpg
夏以外の季節なら、いつ来ても心落ち着きます
b0254207_21501962.jpg
小さいながら、とても趣があります
雨が降っていても、「帰ろー」という気持ちになりません
b0254207_21503489.jpg
好きな場所って、そういうものでしょう
Zさんもすっかり好きになったようです
b0254207_21505033.jpg
この日は残念ながらお堂の中で法要中で、中の庭を見たかったのに入れず(-"-)
仕方ないので、お堂の周りだけ回りました
b0254207_21511716.jpg
苔の手入れをしているおじさん達
雨に濡れながら黙々と苔を剥がしては植え替えていらっしゃいました
b0254207_21510388.jpg
b0254207_21512822.jpg
雨のおかげで、法然院までやって来るお客さんはほぼ皆無
これで中庭には入れたら最高だったのに  残念です
大切な法要なので仕方なく、また哲学の道に戻りました

この法然院あたりで哲学の道は大体半分、ここから少し小道の様子が変わります
銀閣からしばらくは桜ゴージャス、疎水沿いの道は決して広くありませんが、2人並んで充分歩ける幅ですし、道のそばには店があったりもします
これだけの満開の日には、疎水沿いの小道に人があふれ、疎水に誰か落ちるのではないかとハラハラするほどにぎやかですが、8日は雨のおかげで、傘で突かれるのさえ避ければ、それほどの人出ではありませんでした

法然院あたりからは道幅がさらに狭くなり、このように静かな景色になります
b0254207_21514253.jpg
小道沿いの桜は薄い桜色のものと白いものが多いですが、
b0254207_21515737.jpg
このように濃い桃色のものもあります
b0254207_21520779.jpg
桜というより、花海棠ののように見えます

小道の終点にあるのが熊野三山の若王子神社
近くには我が母校の創立者新島襄のお墓もあります
b0254207_21522050.jpg

時間は既に昼前 ちょうど神社の前に停まっていたのは匠壽庵のみたらし団子のバン(*^-^*)
早速「おじさん、団子お願いします」と、炙りたての香ばしい団子にタレをつけてもらって食べました
朝急いで出かけたので、朝ごはん食べていなかったんです
お団子は柔らかく、炙りたてで熱々 
本当は座ってお茶を飲みながら食べたかった・・・でも「今日は雨で椅子が出せませんねん、悪いねぇ・・・」と、オジサンはまるで私の心を読んだかのようでした

ちょっとお腹に何かを入れたら、急に元気になりました
次の目的地の永観堂と南禅寺目指してテクテク  雨がほぼ止みました

紅葉の名所の永観堂ですが、桜も少しあります
b0254207_21523405.jpg
「ここはスキップして、次行こうよー」と、私が言っても、Zさんは私を完全スルーして写真に夢中
b0254207_21532221.jpg
b0254207_21533562.jpg
b0254207_21534793.jpg
b0254207_21535856.jpg
b0254207_21540988.jpg
まあ、確かに桜はあまりなくても美しいです
スキップしようとした私も気が付いたら何枚か写真を撮っていました
雨の中を花見しながら歩こうなんて、今まで考えたことありませんでしたので、雨に濡れたお寺もまたおつなものでしたので
b0254207_21542333.jpg
お堂なのかで行われていた花まつりの法要で舞を舞っていたお嬢さんも私と同じように感じたのでしょうか(*^-^*)
ほらね、衣装のままで写真を撮っていらっしゃいましたよ

ちなみに、ここは南禅寺です
永観堂からいつの間にか南禅寺の写真に移っていました(^▽^;)
b0254207_21543519.jpg
b0254207_21545425.jpg
私はあまり歴史に興味が無く、古い樹々や庭にしか目が行きません
ですので、写真のご説明もなく気が付いたら永観堂から南禅寺の写真に移っていました<(_ _)>

南禅寺の中に、琵琶湖からの水を引いている水道橋があります
b0254207_21552141.jpg
上に登ってみる景色は美しいのですが、あいにくの雨・・・しかも工事中
b0254207_21551135.jpg
水が流れている様子だけ見て、下りました

Zさんは「古い古いお寺の横に、モダンなレンガ造りのものがあるのって、ちょっと変」と申しておりました

南禅寺を出る前に「絶景かな、絶景かな・・・」で有名な門に上って
b0254207_21554244.jpg
下を見たらクラクラ~💫  腹ペコMAX状態
今しがた下りてきた南禅寺の山門を振り返りながら写真を撮っているZさんを引っ張って
b0254207_21555411.jpg
ようやく昼ご飯タイム  すでに2時半すぎていました
Zさんは湯豆腐梅セット
b0254207_21560817.jpg
私は弁当雪セット
b0254207_21562241.jpg
Zさんの隣に座ったフランス人家族のお父さんが「それはどのトーフのセットなんだ?」「アンタ(←私)のはどのセットだ?」「これは何だ?」「それは何だ?」「ユバって、どれだ?」と何度も聞いてきました

御馳走様をしたのは私達もお隣家族もほぼ同時
お父さんは串にささった団子が美味しかったそうです
じゃあ、他はどうだったんでしょうね

食べた後もゆっくりしている時間はありません
次のポイント地へ・・・次の目的地はJR東海のCM「そうだ、京都へ行こう」で随分有名になったお寺です

To be continued...




[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-13 22:49 | 京都にて | Comments(0)

春休み備忘録①(6日、7日、8日の銀閣寺まで)

先週の水曜日から昨日まで春休みを楽しみました
今日からこの1週間の備忘録をぼちぼちと・・・

6日はお昼過ぎに京都に到着し、京都駅から2駅目の桂川駅で中国語の先生とランチ
先生は10年ほど前につくばから高知へ移られ、去年からは桂にお住まい
Skypeでお会いしますが、やはり生でおしゃべりするのは楽しいものです
私は7日の夜から友達が遊びに来て、先生も同じく7日の夜からお友達がいらっしゃるということで、6日に会うことになったわけです

そう、7日に来るのは友達とは言え、やはりある程度掃除をしておかないと・・・と思い、京都の家に帰ってみると、どひゃー((+_+))・・・
関西で就職するつもりで卒業後も京都に残っていた娘でしたが、つくばで面接があると言って戻って来て東京で仕事が決まってしまい、京都に全てを残したまま現在私達と暮らしています
本人としても、ほんの1週間程のつもりで京都の家を出てきたのでしょう
5月の連休に本やら服やらPCやらを箱に詰めて関東へ引っ越する予定
それにしても、荷造りして運び出す玄関に靴だらけ~ 
これじゃあ運び出す箱を並べられませんぞ

KOOさん頑張りました
6日の夜と7日の朝からちょこちょこ片付け、台所掃除もちょちょいと頑張りました
気が付いたら7日はもう夕方になっていました

お泊りの友達というのは、元々は私の生徒
6年前の震災で仕事をなくし帰国したZさんです
今年の2月から7月まで北海道大でお仕事だそうで、だったら花見においでよ♪と声かけたら、二つ返事で飛んできました
でも、実は北海道から神戸空港の往復チケットが随分高かったんだろうな・・・声かけなかった方が良かったのかな・・・なんて心配していたんです
・・・けどですね、聞いてみたら、往復チケット20000円!
20000円ですよ!アンビリーバボーな破格値・・・これじゃあ、東京から京都往復の方が高いじゃんヽ(`Д´)ノプンプン

まあ、お値段のことは羨ましがっても仕方ないとしまして、Zさんは神戸空港から最寄り駅まで無事一人でやって来ました

Zさんの8日の希望は東山コース+どこかで夜桜
でも、あいにくの雨  6日に京都へ戻った時はまだ7分咲きだったのに、たった2日でほぼ満開
東山コースは見るところ満載なので、朝8:00に家を出て、まずここからスタートです
b0254207_21000625.jpg
ここから銀閣寺にむかって歩いていきました
b0254207_21002316.jpg
以前2回京都へ来たことがあるそうで、その時もこの道を亡き御主人と歩いたそうです
御主人も元私の生徒さん  
2人が彼氏彼女で日本へ来て、婚約なさって、結婚なさって・・・
彼がいなくなってしまったことがいまだ信じられない気分でした
b0254207_21003345.jpg
思い出の場所に行って辛くないのかしらと心配しましたが、Zさんは思い出の場所だから行きたいと言って、銀閣寺へ到着しました
b0254207_21004591.jpg
あいにくの雨  でも、そのおかげか観光客が少なく、苔が綺麗でした
b0254207_21005437.jpg
この急な斜面を手入れするって、本当にどんなに大変なのかしらね・・・と、話しながら園内を散策
b0254207_21010553.jpg
上から見る銀閣の写真って、目の前で見るよりいい感じがしませんか
木々に囲まれて人気が見えない静かな様子
b0254207_21012786.jpg
まあ下に戻って見ても、それなりに絵になっていますけど
私はどうも金閣寺が苦手で・・・
Zさんも金閣寺より銀閣寺の方が好みだそうです

今回の京都旅行では御朱印を集めるのだとノートを持って来ていたZさん、早速この銀閣寺から始めていました

銀閣寺を出て哲学の道へ戻りましたが、雨は相変わらず降っていて
b0254207_21014888.jpg
決して高くない山のてっぺんもこのとおり

でも、Zさんは傘を顎で押さえながら無心に桜の写真を撮っていました
カメラを濡らしたくない私も「じゃあ・・・」と1枚撮って、
b0254207_21013796.jpg
彼女が「OK!行きましょ」と、言うまでのんびり少し離れたところで待っては少し行き、また待っては少し行き、この小道を少し入ったところにある法然院に着きました

To be continued...

[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-13 21:27 | 京都にて | Comments(0)