体育祭の音楽にのって庭仕事

少し暑さが戻った今日、お向かいにある中学校では体育祭が行われていました
聞こえてくる音楽にのって、私はグランドでの綱引きならぬ、庭での草ひき
初夏に藤色の野ボタンのような花をつけて愛らしいのですが、なにせ驚異的な生命力
まとめて引っ張ってもちぎれません
b0254207_15492899.jpg
駐車場回りのこれやらモッコウバラや、Fジュランビル、その他諸々長いもの順に刈り取っていきました
そして犬走から裏庭にかけても草を抜き、ここで今日はストップ
ここまでにかかった時間は約2時間、腰痛が出てこないうちに「まだまだ大丈夫!」というところで終了しました

庭仕事は蚊さえこなければ楽しいものです
草抜きしながら玉簾が清楚に花をつけているのを見ると嬉しいですし、
b0254207_15501170.jpg
数本咲いている彼岸花の横で、その花芽がアスパラガスのようにニョキニョキ出てきているのを見ると、これらが一斉に緋色の花を咲かせる様子を想像するのもまた嬉しいですし、
b0254207_15542654.jpg
一方で、ワイルド・ストロベリーの葉の裏に蝉の抜け殻を見つけたら、「一生懸命、生きられたかい?」と、抜け殻に向かって声をかけてしまったり
b0254207_15494904.jpg
この世に蚊と毛虫さえいなければ、草抜きすることがこんなに嫌いではないと思います
勿論、雑草のど根性には辟易しますが、それでも、草抜きしながら季節を感じることができます

蚊といえば、真夏の暑い時期より今頃の方が蚊の活動は活発化します
秋の蚊はそれはそれはすばしっこくてしつこい!
一か所でブチューっと長く血を吸うのではなく、あっちでチョイ、こっちでチョイ・・・と、あちこち触れるように刺していくのです
そうなると、痒くて寒気がするほどです
まあ、蚊だって生きるために必死なのでしょうが、こちらとしては生きるための活動に協力できませんよー

さて、明日も少しだけ庭仕事♪
皆様も楽しい週末をお過ごしください



[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-09-09 16:56 | 庭の仲間たち | Comments(0)

藤沢の「ねこのひげ」さんでフレンチレッスン♪

今日は藤沢で「ねこのひげ」というフランス料理の教室をひらいていらっしゃるT先生のところにうかがいました
T先生のお友達のNさんと、イルプル卒のMさんと御一緒のレッスンで、私・・・ちょっと緊張しましてホホホ

教えていただいたのはドゥニさんの『豚フィレ肉のオリーブ風味*ゴルゴンゾーラとバジルのタグリアテル』
(写真は先生のお皿です)
b0254207_19411269.jpg
とT先生オリジナルの『ガレット・コンプレ』でした

まずはプレートの野菜の部分「フリカッセ・レギューム」、アスパラガス、ヤングコーン、空豆をそれぞれ茹でて、きぬさやは蒸し煮にし、野菜を合わせてコリアンダーシードやコリアンダーの葉を合わせておきます

豚肉のフィレに塩胡椒をまぶしてオーブンで10分エシャロットとにんにくをじっくり炒めてからバルサミコ酢、赤ワイン、ドゥミグラスソースでベースを作り、そこにブラックタプナードを加え、ルーでとろみをつけて仕上げます
このソースは非常に興味深い味でした
バルサミコと赤ワインの爽やかさと甘みにタプナードの塩気と黒胡椒が複雑な味を作っています

もう1つの付け合わせのパスタのソースはニンニク+ゴルゴンゾーラチーズ+生クリームを煮て作り、ゆでたてのタリアテッレに絡ませて仕上げます
このパスタソースはすぐにでも作りたくなりますよん♪

これらを合わせてできたのが、このプレートです  盛り付けBY 私
b0254207_19402340.jpg
もう1つのプレートはそば粉のガレット 生地を焼いた上にグリュイエールチーズ、ハム(2種類)、卵をのせて火を通します
1枚完成させるのに約8分ほどかかります
今日のそば粉は先生が足柄のものだそうで、とても香りが良かったです
b0254207_20115335.jpg
しっかり焼いて、パリッと香ばしいガレットは季節に合わせて具を変えることができるのでとても重宝なメニューです
b0254207_19404324.jpg
実習で教えていただいたのは以上の2皿でしたが、先生のご厚意でさらにあります!
大好きなパテ(*´ω`*)
b0254207_19405184.jpg
そして、デザートもこんなに素敵(´ω`*)
四ツ谷『北島亭』の本に掲載されているチョコレートのテリーヌ、そしてイルプルのフランス料理で習った無花果のコンポートです
テリーヌの方はアメールオールで濃厚ながら、サンドされているクルミのキャラメリゼの味と食感が良いアクセントとなっていています
いちじくのコンポートは5日前に準備してくださったとのことで、本当に食べ頃でした
ほんのりピンクのシロップまで美味しく飲み干してしまいまた 
b0254207_19410141.jpg
T先生、今日も沢山のお料理を教えてくださり有難うございました
お料理のレッスンだけでなく、テリーヌやデセールまで・・・
また教えていただきたく、ご連絡いたしますので、その節はよろしくお願いいたします<(_ _)>





[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-09-08 20:22 | Cooking Lesson | Comments(0)

3年ぶりにYちゃんと♪

今日は3年ぶりにYちゃんとランチに行きました
Yちゃんは、私の先生のお嬢さん♪ 以前は時々遊びに来てくださっていましたが、ここ3年ほどはとてもお忙しくて、先生(Yちゃんのお母様)を通して、その様子をうかがっていました
中学生の時、高校生の時、大学生の時、インターンの時・・・それぞれの時期にどんどん成長なさり、去年結婚なさって、ますます素敵なYちゃんになられていました
お仕事での自信と充実感、優しそうな御主人がそばにいてくださる安心感ですよね、Yちゃんをますます素敵ににしてくれているのは(*´ω`*)

実はYちゃんとの御縁は、先生(Yちゃんのお母様)にお会いする前から始まっていました
というのは、今からもう18年ほども前のことなんですが、日本へ来たばかりの韓国人のHさん御家族のサポートをつくばの韓国教会の牧師さんに頼まれ、Hさんに週に1~2回会っていました
Hさんに「娘さん、お友達できた?」と、たずねた時に「同じマンションに住んでいる同じ年の女の子がサポートしてくれているの。」と、Hさんが嬉しそうに言っていたのですが、その女の子がYちゃんだったのです
御縁というのは本当に不思議なものです

Yちゃんと行ったのは四ツ谷の『北島亭』
静かに美味しいものを食べながら、ゆっくり話したかったので(*´ω`*)
b0254207_21123300.jpg
本日もオードブルから
b0254207_21124263.jpg
デザートまで、美味しくいただきました
(メインのお肉に付け合わせてあったアスパラ最高でした!)

会えなかった3年分の話を色々しているうちに、気が付けばもう4:00前
楽しい時間はいつもあっという間に過ぎてしまいます
Yちゃん、今日は有難う
またお会いできるのを楽しみにしています

帰り道、ふと鏡に映った自分を見て思いました
私、どんなふうに内面が出ているんだろう・・・って   おぉ~ こわっ(*ノωノ)

[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-09-07 21:36 | いろいろ | Comments(0)

空は10歳になりました!

今日は空の10歳の誕生日! 
人間の年齢で言うと、55~56歳ぐらいだそうです
ひげが白くなり、口の周りの毛も、頭頂あたりも白くなっています
18歳ぐらいまで頑張れるよね(*^-^*)
病気しないよう気をつけようね、お互いに

空のお姉さん(妹?)チャチャとお母さんのネネ(13歳)は元気かしら?・・・と、思い、飼い主さんに電話してみました
以前は9月の今頃にネネがいるお家に我が家と弟(兄?)犬の飼い主さん家族も集まっていたものですが、数年前に飼い主さんご夫婦が大病なさって以来、この集まりはお休みになっています
「また集まりましょうね」と、お元気そうな声が聞けて良かったです

空の誕生日に特別ディナーを用意しました
b0254207_20281117.jpg
オージービーフで10をかたどってお祝いです
柴犬の飼い主さん達のお話によると、14歳ぐらいまでは散歩も元気に行きたがるものの、やはり暑い日や寒い日は嫌がるようになるそうです

私達家族もオージービーフで焼肉炒飯
来年も家族3人と1匹でこの日をお祝いしたいものです

長生きしてね(*´ω`*)、空♪



[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-09-06 20:28 | 空*SORA*柴犬 | Comments(0)

黄昏気分の『タルト・フロマージュ』

イルプル*フランス菓子本科Ⅰの約100を超すメニューの中で「食べるのは得意だけど、作ることにおいて1番苦手」なものはこれ・・・
b0254207_15282890.jpg
『タルト・フロマージュ(チーズのタルト)』といいます
(表面についているラインは、焼き上がり後3分ほどひっくり返しておくためです)
柔らかめに立てた卵白にフロマージュブランや粉などを混ぜた卵黄生地を混ぜて湯煎焼きするお菓子です
「チーズ・ケーキのタルト」と言う名前を聞いたら、皆さんがまず思うのは「フィラデルフィア」か「キリ」あたりのお手軽な材料でしょ
いいえ、これはイズニー社の「フロマージュ・ブラン」500g約1800円を一気に300gも使う贅沢なものなのです
下世話な話しながら、見た目よりずっと材料代のかかるチーズのケーキです
ですので、もしパティスリーでこのケーキが出ているのをご覧になったら「どうしてこの地味なケーキが他の生菓子と同じような値段なの?」とお思いにならないでください

味と食感は泡立て方と混ぜ方にかかっています
うまくできたら生地がスッと立ち上がり、口の中でホロホロと優しく溶けていきます
下手くそに作った場合はおでんのはんぺんみたいになります

今日の出来上がりは・・・どちらかというと「はんぺん」
昼ご飯前に焼き上がったので、昼ご飯に「甘はんぺん」として90度分切って食べ、おやつの時に更に45度分食べて、今、夕方に差し掛かって切り身の写真をこうして見ると・・・
b0254207_15275909.jpg
ケーキがなにげに黄昏て見えます
ゴメンね、タルト・フロマージュさん  
こんなに「はんぺん」にしちまって・・・
作ってしまったからには、ちゃんと責任は取りますから(´;ω;`)ウゥゥ・・・
あなたを見捨てたりしないからね(´;ω;`)ウゥゥ・・・だから、あなたも私を見捨てないでね
今夜、主人と娘に45度ずつ切り分けて、残りの45度は明日の私の朝ごはんで終了するはず(ФωФ)フフフ・・・

そして、数日あけてリベンジあるのみ(ФωФ)フフフ・・・
混ぜ方の問題を何とかしなくては
それと、湯煎にかける時のお湯の量もポイント
今日は最後までお湯が残りすぎていたようだし
それから・・・湯煎で70分ほど焼く時に型の周りに段ボールで帯を作って巻き付けるのですが、途中で外すのを忘れていて最後の20分ほどの時に慌てて外したので、次回はちゃんとこういうことにも気をつけないとね

さて、では空と散歩に行って共にカロリーを消費してきます!(^^)!

[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2017-09-05 15:55 | Cake | Comments(0)