さわし柿

b0254207_23245513.jpgきれいな柿でしょう
新潟の『さわし柿』だそうです
直径7cm程の可愛い柿です

嬉しいいただき物です

さわし・・・さわし・・・
聞いたことがある言葉なんだけど・・・

調べて、思い出しました!
「さわす」というのは、
焼酎などで渋を抜くことです

約24年程前(新婚の頃)新潟に住んでいた時に、聞いた言葉でした
当時、私は高校に勤めていたんですが、職員室の先生方はみんな親切で、季節ごとに近所の野山から御自宅から色々なものを持ってきてくださいました
「この柿、もう渋ないから持ってって」と、いただいたことがありました
渋抜きの方法を知らなかった私は、渋柿のヘタの部分に焼酎をチョンチョンと浸す方法を聞いて「へぇ~」を連発したのを覚えています

そんな物を知らない私に、「若いイチジクの実の孔にサラダオイルをチョンチョンと塗ると、甘くなるのが早いんだよ」という話もしてくださいました

「昔は甘いものが少なかったからね~」と、「家業で住職、本職は古典教師」と冗談を言う先生が仰っていましたが、確かにそうだったんでしょうね

この古典の先生は本当に優しい方でした
5月のある朝、職員室から良いにおいが・・・
入ってみると、いつもはコーヒーのお湯を沸かすコンロで炊き出し???
「掘りたての筍はこんなに美味しいんですよ、渋も無くてね。KOOさんは関西出身だから筍のさしみを食べたことあるでしょうけど、まあ、これも食べてみてください。」と、筍のさしみと味噌汁と頂戴しました

もう御一人「職業高校国語教師、得意芸読経(お家がお寺だから)」という方もいらっしゃって、こちらは年配の先生方から「生臭坊主だからね」とからかわれていました
理由を聞いて納得しましたが、その理由は秘密としておきましょう

さらにもう御一人、若い国語の先生で住職さんという先生がいらっしゃいました・・・
お弁当のおにぎり1つ1つにリボンがついてて・・・新婚の私でも「信じられね~」という愛妻弁当を持って来る方でした

あ、炊き出しと言えば、狸汁の炊き出しもありました
タヌキですよ、タヌキ!
ものすごい独特な臭いで、廊下にいた生徒達が「何のにおい?」と職員室を覗き込んでいたこともありました

私が新潟にいたのは2年間だけでしたが、あれほど親切な方達に大勢会えて楽しい時間を過ごせたのはあり得ない程有難いことでした

先日頂戴した「さわし柿」を食べながら、懐かしい色々なことを思い出しては、一人で思い出し笑いしています
美味しい柿だけでなく、楽しい思い出も有難うございました
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-11-17 23:29 | いろいろ | Comments(0)

レンズ豆のスープカレー

b0254207_954219.jpg主人は、先週の週末もカレーを作ってくれました
UPしようと思いつつ気が付いたら、もう又週末が来ていました

先週はレンズ豆を使ってカレースープでした
本当は、南瓜のカレーか野菜のカレーにする予定だったのですが、材料が足りず断念・・・
夕方から雨が降り始めて買い物に行くのも億劫になってしまっていたころ、ふとレンズ豆の買い置きがあったことを思い出し、急遽メニュー変更

以前使ったレンズ豆は5mmほどの皮付き緑色のものでしたが、写真のレンズ豆は3mmほどの黄色いもの
これは皮を剥いてあるものなので、水にそのまま入れて、ターメリック、ニンニク、クミン、コリアンダー、チリペッパー、ヨーグルトと一緒に10分ほど煮込んだら出来上がりです
玉ねぎもトマトもお肉も全く入らないALL MUNGのサラサラカレー

食べる時に、唐辛子とクミンシードとバターを火にかけたものを加えるとスパイスの香りにバターの風味が加わりいい感じ

日曜日って、のんびりして体を動かさない割りに、つまみ食いが多くなりがちです
この日はおまけに おやつに作ったフォカッチャについつい手が伸びてしまい・・・しかも夕方5:00前に
なので、こんな日には豆しか入っていないスパイシーであっさりスープカレーと、おやつの残りのパンで充分

「あっさり晩御飯で充分」だと思えて、満足できるのも年齢のせい?
いつか娘が家を離れて主人と二人の生活になったら、きっと毎日こんなふうな超健康的あっさり晩御飯の生活になるんだろうなぁ・・・

家を離れると言えば、お菓子作りのお友達の御嬢さんが間もなく御結婚で、引き出物用にお菓子を準備なさっているご様子
すてきですよね~娘さんのために何かを準備できるって・・・
でも、このお友達にはまだ娘さんと息子さんがいらっしゃるので、まだまだ御主人と二人の生活までには時間がありそうですね

老夫婦二人の生活といえば、大阪の実家
母がお肉屋さんで「牛ひれ肉、ぶ厚~切ったってぇ」と言うと、お肉屋さんが「お孫さん来てはんの?」と聞かれるそうです
父が食事制限の為、魚と野菜がメインとなっているからです
肉類は豚汁や野菜との炊き込みに使うぐらいのようです

老夫婦予備軍の私達、食事制限をしなくてもよいように今から気をつけようね
健康でいることが、何より大切、何より楽しみの素
「この不良老夫婦~!」と呼ばれるぐらい遊びたいから
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-11-17 09:59 | KOO食堂 | Comments(0)

EARL GREY TEA CAKE

b0254207_20101043.jpg柑橘系ベルガモットで香りをつけたアールグレイはフレーバーティーの中でも最も愛されているものではないでしょうか

このケーキは、そんなアールグレイ尽くしのケーキです
アールグレイ生地で
アールグレイのジュレをサンドして
さらにアールグレイのイタリアンメレンゲを塗って
最後に粉糖ふってオーブンへ

最後のオーブンはわずか1分
この1分がケーキを大変身させます
表面がシャリッ!
切る時にも・・・
「シャリッ!」感ありです
これはバーナーではできない仕事です

紅茶のケーキは数多かれど
これほど美味しいと思ったケーキはありませんでした
教えて下さった先生に感謝
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-11-16 20:13 | Cake | Comments(0)

APPLE ROLL BREAD

b0254207_1835152.jpg冷蔵庫に残してあったリンゴのプリザーブを使って、夜食用にアップル・ロールを焼きました
生地が大きく膨れて、中のりんごが見えませんが、入っています
パンとリンゴが「クルッ」と巻いてあるのが良く見える器量良子さんの写真を撮る前に、娘と主人が適当に食べたので、残った写真用はこれっきり・・・
最も「何これ?君」が残ってしまいました
「でもね、残り物には福があるだよ。キミはぶさ可愛いよ。」と声かけながらパチリ

『アップル』とくると、当然アイシングしたくなりましたが、『夜食用』ということで、アイシングはやめて少しだけカロリーダウンに努めることにしました
袋開けたてのシナモンをフィリングにふりかけたので、アイシング無くても大丈夫です

ちなみに、このプリザーブは、少し前にお友達にいただいたもの
嬉しいいただき物です
スライスしたリンゴの形がしっかり残っていて、大好きなタイプです
市販のリンゴジャムは形が無くなっています
・・・気に入らない

折りパイの時は、形が無くなるほどよく煮込んだプリザーブが周りのもろくてハラハラする生地に合いますが、それ以外は形を残して煮たものがいいです

ところで『リンゴにはシナモン』という公式が出来上がっている方に提言いたします
『リンゴに五香粉』も結構いけます
五香粉は中華のスパイスで、独特な強い香りを持っているため、使用の際は御注意下さい

过犹不及 (過猶不及)=過ぎたるはなお及ばざる如し

香水とおなじですね
香りのさじ加減が魅力を倍増させることもでき、後に記憶まで呼び起こす力を持ちます
そして、反之亦然=逆もまた然り

香水の使い過ぎと履き慣れないハイヒールは女子力アップにつながらないケースが多々あります
関西的に言えば「おねえちゃん、気ぃ付けて歩きや~。それにアンタ、ちょっと臭いで。」
でしょうか

ところで、五香粉の中に見られる数字の『五』は『複数種』を意味し、五種類とは限りません
丁子(クローブ)、桂皮(シナモン)八角(スターアニス)がメインになって、茴香(フェンネル)、陳皮(マンダリンオレンジの皮)、時には肉豆冠(ナツメグ)なども入ることがある複合スパイス、その組み合わせ無限です

アップル・ロールに未だ五香粉を試したことがありません
なぜなら、このクセのキツイ香辛料を家族の中で愛しているのは私だけだからです
食べたいけど、作っても誰も知らん顔では寂しいものです

・・・そうだ!
来週はお友達とエスニック料理の会があるので、その時に作ろう!
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-11-15 18:36 | Bread | Comments(0)

WALNUT MACARON

b0254207_18351065.jpgマカロンといえば、カラフルでツルツルのお菓子を思い浮かべがちですが、マカロンは卵白とアーモンドパウダーとお砂糖で作ったお菓、このゴツゴツしたものもマカロンです

スペイン・マルコナ産の平べったいアーモンドをその150%以上の砂糖と一緒に挽いて、そこに卵白を加え(今回は泡立てません)最後に刻んだクルミを加えて焼きます
生地にバニラエッセンスだけではなく、ビター・アーモンド・エッセンスが加えてあるので、いつものアーモンドの香りより強い香りがします

このビター・アーモンドのエッセンスは、竹串でわずか2滴で威力を発揮します
以前、ミントとチョコレートのムースを作った時のこと、アーモンドの香りが好きなので、このエッセンスを1滴多く入れてしまっただけで、とんでもなくビターな香りになってしまい、香りが抜けるまでの数日食べるのはお預けとなったことがありました
欲張りは失敗の素
なので、今日はレシピ通り慎重に加えました
でも、その香りの効果は抜群
普通のアーモンドの香りとは違う、「オレ、アンタらが知ってるアーモンドのにおいとはちょっと違うんだぜ、気をつけなよ」というような、少々強情で難しい性格の(?)香りがします

クルミの刻んだものが入っているので、見た目からしてゴツゴツしているでしょう
マカロンの生地の間には、コーヒー味のバタークリームがサンドしてあります
先日のババロアケーキもそうでしたが、クルミとコーヒーって相性抜群

ところで、今日面白いコーヒーを買いました
おなじみの竹園珈琲へ豆を買いに行ったら「エルサルバドルから面白い豆が入っていますよ」と、マスターが教えてくれたのは「温泉を浴びた豆」

温泉を浴びた豆?ですか・・・
豆も疲れをほぐしてから仕事に出されるのでしょうか

エルサルバドルで採れた豆を洗う時、火山で有名なエルサルバドルの温泉水で洗ったものだそうです
思わず「硫黄臭くないんですか」と聞いてしまいましたが、その心配はありませんでした
そうした理由は不明ですが、きっと水質に豆を美味しくする利点があるのでしょうね
中~深煎りのこの豆の味は、すっきり、キリリとした味で美味しく飲めました

それにしても、温泉効果がどこにあるのかしら・・・

今日はもう1つ、グアテマラのレタナ農園というところで採れたコーヒー豆
コーヒーの実といえば赤が普通ですが、突然変異を起こして黄色だそうです
これは、前回も買ったのですが、しっかり、まったりした味が美味しかったので再購入
何故なら、今期のストックがもうすぐ終了だと聞いたので
ストック終了間近とか、期間限定とか、そういう言葉に弱いんです

さて、それではクルミのマカロンとコーヒーで休憩してから夕食の準備をするとしようかな
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-11-14 18:38 | 小さいお菓子 | Comments(0)