CRANBERRY BREAD

b0254207_15365472.jpg
いちごに、ラズベリー、
さくらんぼ・・・

りんごにローズヒップ、
ネクタリン・・・

そしてクランベリー・・・

何故か、赤い実に魅かれます。

それは多分
可愛いものへの憧れでしょう。

私、物心ついた頃には
既にLサイズでした。

体格だけでなく、
顔も父のコピー・・・
つまり、かなりの男顔。

娘は父親似が多いそうですが、
「これほどのコピーは滅多に無い」と、皆様から随分褒められたものでした。
「ものすごいDNAだ!」と。

最近は話し方まで似てきていると、母に言われます。
(これって、ちょっと複雑・・・)

ちなみに私は5歳下の妹が1人いますが、まったく似ていません。
「真逆」と表現すれば、いいかな、
おそらく「姉妹です」と言わない限り、わからないでしょう。

天は二物以上を与えることもあるのです。
それが妹でした。

話は戻りますが、
私にとっては、「赤い実」は子供の頃に「小さくて可愛い=欲しい姿=憧れ」を象徴するものでした。
今も、それが無意識に反応しているのでしょう。

皆さんも、そういうことって、有りませんか。
何故かわからないけれど、IRRESISTIBLEな何かが。
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-07-17 16:21 | Bread | Comments(0)

LEMON MERINGUE PIE

b0254207_20563189.jpg
海の日の今日、
暑かったですね。

庭の草抜きほんの少し
頑張って、ササササァ・・・

始めの5分
しっかり根から草抜き。

後の10分は
まさしく「草むしり」。

気休め程度ながら
少しでもやったら、
怠け者の自分を責めずに済みます。
(これって、私的免罪符)

部屋に入って
扇風機を独り占めしながら
COFFEE HOURを楽しみます。

私は相当なCOFFEE DRINKERです。
「アイスコーヒー、大ジョッキで!」と言いたくなるほどです。
そして、甘いものが不可欠。

そうそう、昨夜レモン・メレンゲ・パイを作ったっけ・・・
冷蔵庫でよく冷えているはず。

このパイ生地はアメリカンタイプと呼んでいいのでしょうか、
計量さえしておけば、
生地を作り始めてからパイ皿に敷くまで約15分、そのままオーブンへ入れます。
空焼きしている間にフィリングを準備して、こんがり焼けたクラストにフィリングを入れて、メレンゲONして出来上がり。

一般的には生地が出来たら休ませて、型にしいたら休ませてから焼きますが、このアメリカン(?)はクラストはどちらもしません。
もちろん、多少の焼き縮みはしますが、そこはアメリカン(?)、大らかな気持ちで受け止めましょう。
費やした時間と手間以上の結果を出してくれるので、私にはぴったりです。

夏にはアイス・コーヒーと、ざっくりしたクラスト、そこに甘酸っぱいフィリングのアメリカン・パイ、これが大好きな組み合わせです。
複雑な味わいではありませんが、美味しいです。

あ・・・そういえば、サワーチェリーの缶詰があったはず・・・近いうちにサワーチェリー・パイだな。
b0254207_2102460.jpg
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-07-16 21:51 | Pastry | Comments(0)

Focaccias

b0254207_23285649.jpg

私はパンが大好きです。
写真はフォカッチャ。

フォカッチャ、フォカッチャ・・Foucaccia!
このイタリアな軽快な音の響きが好きです。

このブログのタイトルは Baking Daily@TM5。
日々焼くケーキやパンのことだけにしようと思っていました。
なのに、今日のブログまでケーキもパンもアップされていませんでした。

何故か?

理由は簡単
私はパソコンだけでなくカメラも、あ~ぁぁな状態です。
目の前に焼けたパンを出来れば美味しそうに撮りたいと思うのが人情っていうもので・・・
我が子を少しでも可愛く撮りたいと思う親の気持ちっていうもので・・・

なのに私が撮ると、ピンボケだけでなく美味しそうに見えない。
まるで下手くそ写真館で撮ったお見合い写真みたい。
「使えねぇ~」と心の中で叫んでしまう。

(しかし、庭とペットの空の写真はちょっと上手くいっていると感じています)

いつもAUTOしか使っていなかったし、この際だから取説読んでみよう。
・・・でも、取説どっかにいっちゃった。
まずは探すところからスタート。

さて、明日は何を焼こうか。
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-07-15 23:48 | Bread | Comments(0)

ハンサム系柴犬女子*空(SORA)

b0254207_21213646.jpg

ご紹介いたします。
我が家の次女、いえ、我が家のペットの柴犬です。
名前は「空(そら)」です。
現在4歳10か月、9月で5歳。
約12キロ、かなりメタボぎみ。
私と娘が喧嘩をすると、真ん中に入って仲裁しようとするが失敗して、逆にちょいと痛い目に遭う御節介モノ。
朝と夕方の散歩が大好き、途中で出会う犬より、その飼い主さんたちの方がもっと好きな媚売りモノ。
娘が学校からの長期合宿に行った時、スクールバス帰宅時間を覚えていて、初めの3日間は、その時間が近づくと玄関先で待っていた律義モノ。
(でも4日目からは、バスの音が聞こえても耳だけ動かしていただけ・・・諦め早っ!)

この犬の飼い主は、うちの娘です。
飼う時に、ルールを2つ作って、しっかり守ることを約束させました。

朝夕の散歩は必ず行くこと
予防注射・フィラリア予防薬・蚤予防薬など健康に関わることは決して忘れず、接種させること

犬といえど、家族です。

柴犬は大きい病気をしなければ、15年ぐらいは生きるそうです。
9月は誕生日月、おととしまでは毎年、空のお母さん犬と姉(?)の飼い主さんのお家で誕生日会をしていました。
去年はできなかったけど、今年はまた会えるるといいね、空。
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-07-14 21:58 | 空*SORA*柴犬 | Comments(0)

RASPBERRIES & WILD STRAWBERRIES

b0254207_2195169.jpgこの家に引っ越してきて6年。
小さいながらも自分だけの庭が持てたことが嬉しくて、あれこれあれこれ植えました。
気が付くと、ジャングルのようになり、しかし、いつしか自然淘汰されて・・・
強く残ってくれたのが、ラズベリーでした。
初夏と秋にルビー色の実をたくさんつけて、ジャムやらタルトやらジュースとなります。

しかし、ラズベリーの種の多いことといったら・・・
お恥ずかしいことながら、種が歯に詰まってしまうんです。
輸入されているラズベリーには、これほど種が多くないと思いますが、気のせいでしょうか。

ところで、庭にはワイルド・ストロベリーも鉢の中で、しっかり頑張っています。
非常に小さくて、小指の先ほどの大きさながら、その香りは強烈。

昔々、今から40数年前、私が小さかった頃の露地物の苺を思い出します。
あの苺、むっとするほどの甘い香りだったのを覚えています。

苺と言えば、私は苺が大好きでした。
(今でも苺の季節が来ると、ワクワクします)
それで母がお弁当のデザートに苺をよく入れてくれましたが・・・実はあれが嫌いで・・・
苺の入ったタッパーを開けると、甘くて美味しそうな香りのはずなのに、むっとして気分が悪くなったことがあったほどです。
苺の季節中我慢するのは、母にも大好きな苺にも申し訳ないので、母についに正直に言ったものの、実に言いにくかったのを覚えています。

春、店に並んでいる苺は美味しい・・・のだろうと思うものの、心から味と香りを楽しめる苺にここ数年出会っていないような気がします。
昔、食べたものが美味しかった、と思うのも年をとってきたせいでしょうか。
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-07-13 23:02 | 庭の仲間たち | Comments(0)