タグ:いろいろ ( 560 ) タグの人気記事

2か月ぶりのニコ・マルシェ

b0254207_1650237.jpg毎月(7月と8月は暑くて行かなかったんですが・・・)第三日曜日の朝は少し早起きして、土浦のnico nico marcheに向かいます。
行く途中、8:30に友達をピックアップして、レッツ・ゴー!

会場近くの駐車場で、もう一人の友達にも上手く会えて、一緒にゴー!

パン屋さん、コーヒー屋さん、農家さん、その他いろいろ約10店ほどが出展するだけの小さい朝市ですが、そこに並べられた椅子に腰かけて、友達とコーヒーを飲みながら朝のひとときを過ごします。

しかし、今日は・・・アレレェ?
いつもより出店数が半分もありません。

私の第一の目当てはHOT DOG、なんとかゲット。
でも、いつものチリビーンズの入ったゴージャスなホットドッグがありません!
来月からは、また前と同じメニューに戻してくれるそうです。

友達の1人は、つくば牧園近くに店を構えてらっしゃるDavidさんの天然酵母のパン。
・・・それと、小さい水彩画を買うことだったんですが、残念ながらどちらも無し。
彼女もチリビーンズの入ったホットドッグが欲しかったのに・・・さらに残念。

もう一人の友達は今日初めてだったのですが、お誘いして折角来てくださったのに、ごめんなさい。
ガッカリさせてしまいましたね。

さて、今日の収穫は・・・無花果。
完熟なので、さっさと食べないなら、ジャムにしなくちゃ。

あれこれ喋っているうちに、もう10:00。
さて、そろそろ帰りましょう。
さびしいmarcheだったけど、お話できて楽しかったです。
ARIGATO.

来月は元通りのnico nico marcheに戻るでしょうし、涼しくなって、もっと爽やかな朝の空気が楽しめそうだから・・・

また一緒にレッツ・ゴー
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-16 16:50 | いろいろ | Comments(2)

TV OR NOT TV, THAT'S THE QUESTION

皆さん、毎日どれぐらいテレビをご覧になりますか。
ある古い友達が1週間分の各局ドラマとバラエティー番組表が頭に入っていると言っていたのを覚えています。
これって、ある意味すごいです。
おそらく、1週間それらを全部見ているから、何曜日の何時からは誰々司会の・・・とか、誰と誰との連続ドラマだとか覚えられるのでしょうね。

私は1日長くて2時間、最も短い日はニュースのみなので30分ほど。
テレビがついていると、そっちに気が取られて動作が止まってしまうのが理由です。
連続もののドラマに関して言えば、毎週欠かさず見なきゃ・・・と、自分への義務感を感じるからです。
結局のところ、テレビを見るのが好きなんですね、
だから見ないと気が済まなくなるわけで、それが分かっているから、見ないようにしているんです。

見ていても見ていなくてもテレビをつけていないと落ち着かないという人がたまにいます。
例えば、実家の父と妹・・・
テレビ中毒じゃないのかと思うほどでした。
(今もその習慣はかわっていないようです)

妹は朝起きるとまずテレビのスイッチを入れました。
そして、服を着替え、洗面台に立っている間も、ずっとつけっぱなし。
「見てないなら消してよ。うるさいよ」と言ったら、「見てなくても、なんか テレビがついてないとさあ・・・」って。
父は父で、(仕事をしていた頃)夜帰って来くると、まずテレビをつけました。
夏だったら、食事しながら阪神タイガースの野球を見るのが好きで、いつだってボロボロに負けるのが分かっているくせに応援して、結局負けたらぶつくさ言うし、困ったものでした。

我が家の娘も同様で、バラエティ番組が好きですし、いまだテレビでアニメを見ています。
これは、娘が小さい頃、私がご飯を作っている間、テレビに子守をさせていたのが悪かったんだと反省しています。

でも、さすがに高校3年生の秋です。
1日30分と決めているようです。
でも、PCでYOU TUBEなんか見ていたらダメですよね~。

少し前に 「崖の上のポニョ」をテレビで放映さるとき、「明日はテレビ見ないから、全部通して見たい。いいでしょー?」と。

ハムレットは嫌いだけどハムエッグが好きな娘にとっては、
TV OR NOT TV, THAT’S THE QUESTION.
「見るべきか 見ないでおくべきか、それが問題だ」っていうところでしょうか。

b0254207_10383245.jpg

娘がテレビを見ていると、空はよくこうやってボールやほかのオモチャを前足のあたりにおいて、ふて寝します。
きっと、こう思っているんですよ

「テレビを見てる暇があるんだったら、私と遊んで・・・じゃなければ、さっさと勉強すればいいのに」ってね。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-11 10:48 | いろいろ | Comments(0)

SEE'S CANDY

b0254207_101575.jpg嬉しい嬉しい いただきもの
SEE’Sの チョコレート。

お土産にもらうチョコレートって、色々ありますが、このSEE’Sのチョコは最も嬉しい物の1つです。
何故かと言うと、TOFFY入りチョコが入っているからです。

このトフィーって、聞きなれないかもしれませんが、皆さんよく口になさっています。
基本はバター、糖蜜(あるいは砂糖)を加熱して作るもので、160度ぐらいまで加熱すると固いクラック(カリカリと割れるような)キャンディになったものですが、バターが加えられたり、酢と重曹を加えられたり、また加熱温度を変えたりすると、柔らかかったり、砕けやすい(クラックな)ものになるそうです。
「キャラメルのようなのに、噛んだらシャリって砕けるやつね」と、思い出した方もいらっしゃるでしょう。

チョコの中にマジパンMARZIPAN(砂糖とアーモンドを轢いて練り合わせたもので、バラなどの細工にも使われています)が入ったものも好きなんです。

チョコ好きな私ですが、ミントチョコレートだけは微妙で難しい・・・
爽やかにほんのり香るぐらいのミントチョコは好きなんですが、歯磨き粉のレベルに達するようなものは遠慮させていただきます。

以前、チョコミントのムースを作った時、ミントの香りがあまりに爽やかだったので、つい1滴ミントオイルを余分に加えたら・・・歯磨きムースになってしまいました。
竹串の先ですくった1滴ですよ!
たったそれだけで美味しいはずのチョコミントムースが台無しに・・・・おおおぉぉぉ・・・
数日たってムースの旨味が落ちた頃、ミントの強さは適度になりました。
恐るべしミントオイルのちから

SEE’Sのチョコレート、今朝最後の1つを食べてなくなってしまいました。
これをくれた友達、今日にはまた遠くへ帰ってしまいます。

空っぽになった箱を見ると、さびしいです。
ありがとう。
また来てね。

・・・次回はSEE’S の大箱よろしく。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-05 10:16 | いろいろ | Comments(0)

エプロンに隠されたエール

b0254207_06245.jpg数日前まで、友人が我が家の住人となっておりました。

KOOの家に泊まる知人友人は4日目からは後悔する場合もあります。
理由は以下の通り:

1日目はお客様扱い、
座ったままで結構で~す。

2日目は知人友人として、
少し配膳等お手伝いいただきま~す。

3日目には家族として、
コーヒー等欲しい時には自分で入れてくださ~い。。

4日目以降は掃除洗濯料理、
および空の散歩もよろしく~。

この友人は、以前にも泊まりに来てくれていたので、初日からいきなり3日目の待遇。
ごめんね~、でもその方が楽でしょう?

少々ご紹介を・・・
日本海側の美人が多いことで有名な県出身、
(ご多分に漏れず、お綺麗)
現在、大学で美術史を勉強中
かつビジネスも開始中、
かつ二児の母でもあります。
細い体からは想像できないバイタリティです。

でも、さすがにJET LAGには勝てない?
二人で台所でずっとコーヒーを前にして、ベラベラおしゃべりばかり・・・。

私がお菓子教室に通っていることを知っていて、キッチン用品を色々持ってきてくれました。
そしてチョコレートも!

b0254207_08135.jpg私の家へ来る前、相当忙しかったのでしょう、
キッチン用品を渡してくれる前に「ハサミかして」と言って、値段のタグををパチパチと切っていました。
私がやっていたら 「しょうがないなぁ~、まったく、このオバサンは~」と言われそうなシーンですが、美人の彼女がやると 不思議な違和感が・・・

「値札付いてていいのに。」
「やだ~、恥ずかしいじゃない。」

KOOは、いただき物で生活しているんだ・・・と、お思いになる方いらっしゃるでしょう。
否定はいたしません。

でも、いただいているのは物だけではありません。
同時に『気持ち』をいただいております。
私には、それが嬉しいです。

今回のエプロンとミトン等には、彼女からのエールが込められています。

ありがとう。
頑張るよ!
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-05 00:08 | いろいろ | Comments(0)

夜半久しぶりの雨

b0254207_9522215.jpg昨夜から明け方にかけて、久しぶりに雨が降りました。
今朝は娘に代わって私が空の散歩に行きましたが、雨で火照った地面が少しは冷やされたようで涼しかったです。
7:00過ぎに家に戻った後、晴れているのに、時折パラパラと降ってきました。

今はすっかり良いお天気。
日本語には雨に関する言葉がたくさんありますが、方言だったか、どこかの小説だったか記憶は曖昧ですが、『親方雨』というのを聞いたことがあります。
夜の間雨が降って朝には止んでいる雨(=職人さんを雇う親方には、日中の仕事には影響ない?)のことだそうです。
昨夜から今朝までの雨のようなことでしょうか。

それと、今朝のように晴れているのに雨が降っているのが、『天気雨』ですね。
私は、この言葉を大学生の時に初めて聞きました。
関東圏から来た友達が言ったのですが、私にとっては『狐の嫁入り』。
その友達にとって『狐の嫁入り』は妖怪ストーリー。

地方文化の違いを知った一瞬でした。

そういえば、関西では鶏肉を「かしわ」といいます。
カボチャは「南瓜(なんきん)」、(目にできる)物もらい(=麦粒腫)を「めばちこ」とか「目イボ」とか言います。
まあ、このあたりは、皆さんご存知ですか。

極めつけは大学祭の準備の時、「ちょっと、この机かくの手伝って」と言ったら、まるっきり通じませんでした。
これら私の関西弁はこの関東から来た友達によって、ことごとく訂正されました。

大阪弁は時折、標準語VS大阪語として普通話VS上海語のような扱いを受けているような。
昔、NHK出版でも冗談交じりに「大阪語」と書かれていました。

あ、あれこれ書いているうちに間もなく10:00。
よっしゃ~、スーパーの日曜の朝早割10%OFF、行って来まっさ~!
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-02 09:53 | いろいろ | Comments(0)

WOOLONG TEA & CHINESE DOUGHNUT

b0254207_017457.jpg9月に入り、まだ暑いですが、日の入りが確実に早くなってきています。
夏バテは、真夏だけに起こるものではありません。
夏にたまった疲れが、涼しくなってきた頃に出てきて、バテることもあります。

COFFEE DRINKERの私ですが、今日は中国茶でいっぷく・・・。
美しい茶葉でしょう。
鉄観音烏龍茶。
1週間前に友人と会って、その時に可愛い刺繍小物と一緒にいただきました。
嬉しい いただきものです。

中国茶には、中国的お菓子の『開口笑』。
揚げドーナツで、口を開けて笑っているように見えるから開口笑だそうです。
沖縄のサータアンダーギーと同じ(?ほぼ同じ)です。
低温でゆっくり揚げて、最期に油の温度を上げて表面サックリと仕上げました。
油っぽくはない(?)ですが、揚げ菓子には烏龍茶が良く合います。

b0254207_01899.jpgところで、「春困秋乏」って、お聞きになったことがありますか。
どんな意味だとお思いになりますか。

私は初めてこの言葉を見た時、文字通り、全くその通りだよ、と頷きました。。

春、4月には新学期や新生活で出費が多く、5月の連休にも出費有り、さらには税金の振込用紙が届き、自動車税も・・・というわけで、「春は困る」。

秋、夏休みの後で、旅行やお盆の帰省やらの出費の後・・・というわけで、「秋は生活が乏しい」。

実は、全然意味が違います。
「春は眠いし、秋はだるい」
日本語と中国語とでは、漢字の意味がいつでも同じとは限りません。

ちなみに、この続きがあって「夏打盹、睡不醒的冬三月(夏は居眠り、冬は起きられない)」と言います。
つまりは、一年中なにかしら「眠い」ということで、どこぞの女子高生のことでしょうか。

みなさん、「お疲れは忘れた頃にやってくる」ので、御自愛下さい。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-02 00:18 | いろいろ | Comments(0)

A LOTUS-LOVER

b0254207_1932311.jpg有朋自遠方来
不亦楽乎

1週間前のことです。
遠くに住んでいる友人が東京に戻ってきて、久々にランチ。
京都の語学学校で出会って、その頃からですから・・・もう20年来のお付き合いです。

この友人は中国語が堪能で、中国人学生が褒めていたほどです。
私が中国語に興味を持ち始めた時、手ほどきしてくれたのも、この友達。
それで、今でも彼女の名前に(大真面目に)「老師」をつけて敬意を表しております。

「暑いね~。今日はどこへ?」
「六本木ミッドタウンはどうですかね。」
「いいですね~、外を通らず、行けるよ。」

まるでバンパイアの会話。
でも、汗かきな私にとっては、有難い気遣いです。

この友人は、会うたび何か可愛いものを持ってきてくれます。
今回も私の大好きなもの、刺繍の小物とお茶。
嬉しい いただきものです。

でも、私としては、もうすぐ彼女の誕生日だから、そのランチのつもりで出てきてもらったのに、いやはや不好意思。

b0254207_19383517.jpg
この蓮の写真は去年の今頃会った時に、不忍池で撮った蓮です。
透き通るような桃色の蓮の蕾が愛らしくて、何枚も携帯のカメラで撮りました。
「蓮って綺麗だよね。I LOVE 蓮!」と言いながら撮っていたことを覚えていてくれたんですね。

確か今日あたりに、また東京を離れるんじゃなかったかな。
次はあまり遠くないうちに戻って来られそうだ、とのことですが、戻ったら、連絡してください。

待ってるからね~。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-09-01 19:40 | いろいろ | Comments(0)

大きなプリン

b0254207_031083.jpg御近所さんからのプリン。
いつもながら、嬉しい いただきものです。
一家そろって、「プリンあります」というメールが来るのを待っています。

以前、このブログに書きましたが、しっかりしていて、かつなめらかなプリンです。
3人家族なので、いつも3つ・・・茶色の普通サイズが2つと、白色の特大サイズが1つ。
勿論、大きいのは娘が取ります。

大きいことは いいことだ
大きいことは いいことだ

なつかしいフレーズでしょう。
森永のエールチョコレートが50円だった頃のCMです。

お菓子を焼くとき、違う大きさ(容量)のものを一緒に焼くのは温度と時間の設定が難しいです。
家庭用オーブンでは、何度もオーブンを開けて焼け具合を確かめていては、庫内の温度が下がって失敗のもとですが、このプリンは大小どちらのサイズも、いつも完璧に同じ焼け具合です。
これって、すごい!

「1つのものを何度も何度も繰り返して作ってみる。それが重要。」と、以前、先生がおっしゃっていました。
その通りです。
何度も同じものを作っていると、その日の温度に左右されることもあり、気分が煮詰まってくることもありますが、その菓子がわかってくるし、安定して作れるようになります。

このプリンがそうだと思います。
安定しています。

ごちそうさまでした。
またの「プリンあります」メールを一家そろってお待ちしております。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-30 00:05 | いろいろ | Comments(0)

枝豆

b0254207_20582743.jpg美味しくて 嬉しいいただきもの
枝豆です。
甘みのある良いお豆さんです。
とても沢山いただきました。
これで半分なんです。
しかも、即、食べられるように茹でてから持ってきて下さった、というお心遣い、本当に有難いです。

外国人がたくさん住んでいるTSUKUBA CITYですが、「日本の食べ物で何が好き?」と尋ねると、(私が尋ねた人達からの)答えのトップ5は「てんぷ~ら、ラーメン、すし、焼きと~り、エダマメ」。

彼らも1~2年日本に住んでいると「レートー エダマメ ハ オイシクナイデス」と、のたまいます。
「ナツ ノ エダマメ オイシイデス」と、教えてくれます。アリガト。

枝豆は好きなのに、納豆は何故好きじゃないのかと尋ねると、やはりあのネバネバ~と臭いだそうです。

しかし、たまに「納豆は 美味しいですよ。」と、言う西洋系の方もいました。
その彼は「僕も初めは嫌いだったんですよぉ。あれを食べられるのが信じられませんでしたが、日本人の同僚達が美味しいと言って食べるなら、僕も頑張ってみようと思って・・・(略)安くて体に良いんですから、最高ですよ。」と言っておりました。
まるで日本人のように流暢に(おそらく私以上に標準語で)話す彼は、料理好きで、「あ~、あまり好きじゃないんですか。だったら、キムチを混ぜてみてください。食べやすくなりますよ。」と御丁寧なアドバイスまでくれました。

納豆の他に、豆は豆だが、あんこが好きじゃない、という外国人さんに多数お目にかかりました。アジアの方々は大丈夫ですが、それ以外の国々では「豆=塩味」という食習慣のせいでしょう。
どら焼きやたい焼きが好きな西洋の方も多くいらっしゃるので、一概には言えませんがね。

さて枝豆、ついつい手が伸びてしまいます。
食べ過ぎに注意。
でも、美味しい季節が終わる前に、存分に味わっておこう。
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-29 21:00 | いろいろ | Comments(0)

BOTTLES

以前、私が赤い実に惹かれるということを書いたことがありますが、他にもいくつか惹かれるものがあります。
それは、ガラスの瓶と、そのラベルです。
私を御存知の方々には想像しがたいことだと思いますが、実はそうなんです。

b0254207_17271724.jpg
素敵なラベルのほっそりした瓶には、蜂蜜色したハーブのシロップが入っていました。
ソーダ水で割って飲むと、美味しかったです。
2か月ほど前に、遊びに来てくださった方のお土産、嬉しいいただき物でした。
飲み終わっても、キッチンカウンターの上に飾ってあります。
朝、カーテンを開けた時に瓶に光が当たって、きれいです。

もう一方のどっしりした寸胴の瓶は、知り合いがくれたもので、ピクルスが入っていました。
その人は去年の震災前まで、つくばで仕事をしていましたが、残念ながらその後は故郷にもどってしまいました。
(非常にユニークな御夫婦で、いつか彼らについての話が出てくると思います。)

さて、ガラスの瓶に惹かれると言っても、どんな瓶にでも・・・というわけではありません。
『焼き肉黄金のたれ』のラベルには、購買意欲と食欲をそそられますが、さすがに残しておこうとは思いません。
アルコール飲料系スタイルのボトルで、光に透かすと鈍い色に光るものがいいんです。

それと、ラベルのデザイン!
ラベルのデザインは商品の名刺代わりですから、素敵であるべきです。

蛙の子は蛙・・・確かに親譲りな部分が多々あることを最近感じています。
…と申しますのは、父もラベルやパッケージ、看板のデザインに興味を持っていたからです。

実家の父は若かった頃、看板屋になりたかったそうです。
でも家業の鉄工所の手伝いがあって、看板屋は諦めたものの、趣味でレタリングなどを勉強していたのを覚えています。

私の子供のころの夢は、ピアニストになることか、漫画家になることでしたが、いずれも無理だと幼いながらに悟りました。
その後は、外国映画とTVドラマに感化されて、語学系に憧れを持ち・・・でも、やはり・・・を繰り返し、結局は、「将来的に食べていける道」=芸術系でない=語学系を選びました。
超現実的な女子高生でした。

私の妹も語学系に進みましたが、やはり親譲りなものが黙っていなかったのでしょうか、数年前からホームページや招待状のデザイン、ロゴ作成などの仕事を自分で始めたそうです。

小さい時から好きなことは、きっと先天的に好きなことで、ずっと変えられないものです。
だから娘に、好きなことを仕事にできるよう進路を考えなさいと、言います。
実に難しいです。
だって、まだ17歳ですから。
いやいや、もう17歳!と言わなければね、自覚を持ってもらわなければいけませんからね。

ガラス瓶の話から、とりとめなく随分逸れてしまいましたが、もう1度ラベルを見てください。
ラベルのデザイナーさんの気持ちをつい考えてしまいます。
自分のデザインが取り上げられ、商品化されて 「これ、素敵ね」と言ってもらえることを想像すると、本当に嬉しかったでしょうね。
・・・そう思うと、ますます手放せないんです!
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-27 17:39 | いろいろ | Comments(0)