タグ:さわし柿 ( 1 ) タグの人気記事

さわし柿

b0254207_23245513.jpgきれいな柿でしょう
新潟の『さわし柿』だそうです
直径7cm程の可愛い柿です

嬉しいいただき物です

さわし・・・さわし・・・
聞いたことがある言葉なんだけど・・・

調べて、思い出しました!
「さわす」というのは、
焼酎などで渋を抜くことです

約24年程前(新婚の頃)新潟に住んでいた時に、聞いた言葉でした
当時、私は高校に勤めていたんですが、職員室の先生方はみんな親切で、季節ごとに近所の野山から御自宅から色々なものを持ってきてくださいました
「この柿、もう渋ないから持ってって」と、いただいたことがありました
渋抜きの方法を知らなかった私は、渋柿のヘタの部分に焼酎をチョンチョンと浸す方法を聞いて「へぇ~」を連発したのを覚えています

そんな物を知らない私に、「若いイチジクの実の孔にサラダオイルをチョンチョンと塗ると、甘くなるのが早いんだよ」という話もしてくださいました

「昔は甘いものが少なかったからね~」と、「家業で住職、本職は古典教師」と冗談を言う先生が仰っていましたが、確かにそうだったんでしょうね

この古典の先生は本当に優しい方でした
5月のある朝、職員室から良いにおいが・・・
入ってみると、いつもはコーヒーのお湯を沸かすコンロで炊き出し???
「掘りたての筍はこんなに美味しいんですよ、渋も無くてね。KOOさんは関西出身だから筍のさしみを食べたことあるでしょうけど、まあ、これも食べてみてください。」と、筍のさしみと味噌汁と頂戴しました

もう御一人「職業高校国語教師、得意芸読経(お家がお寺だから)」という方もいらっしゃって、こちらは年配の先生方から「生臭坊主だからね」とからかわれていました
理由を聞いて納得しましたが、その理由は秘密としておきましょう

さらにもう御一人、若い国語の先生で住職さんという先生がいらっしゃいました・・・
お弁当のおにぎり1つ1つにリボンがついてて・・・新婚の私でも「信じられね~」という愛妻弁当を持って来る方でした

あ、炊き出しと言えば、狸汁の炊き出しもありました
タヌキですよ、タヌキ!
ものすごい独特な臭いで、廊下にいた生徒達が「何のにおい?」と職員室を覗き込んでいたこともありました

私が新潟にいたのは2年間だけでしたが、あれほど親切な方達に大勢会えて楽しい時間を過ごせたのはあり得ない程有難いことでした

先日頂戴した「さわし柿」を食べながら、懐かしい色々なことを思い出しては、一人で思い出し笑いしています
美味しい柿だけでなく、楽しい思い出も有難うございました
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2012-11-17 23:29 | いろいろ | Comments(0)