タグ:イルプルのお菓子 ( 586 ) タグの人気記事

アマンディーヌ

実にシンプルなプティショコラの『アマンディ―ヌ』です
b0254207_20283271.jpg
今日のアマンディーヌは縦割りアーモンドを軽くローストして、それをテンパリングしたスイートチョコのアメールオールでからめました
ミルクチョコのラクテで作っても美味しいです
アーモンドとチョコレートの品質がこのシンプルなプティショコラの全てです

今日は主人の時計の電池を入れ替えるためにデパートへ
娘も一緒に付いてきて、何故か洋服を買う羽目に・・・
b0254207_20291172.jpg
しかも不思議な模様のだぶだぶパンツ
若いからこそ似合う柄と形なのでしょうね

今夜のおかずは『豚のつみれ梅のみぞれ煮』by娘
b0254207_20284291.jpg
つみれにはすりおろした玉ねぎがたっぷり入っていて、とても柔らか
「歯の悪い父ちゃんでも食べられるぞっ!」と、随分父親思いですこと
b0254207_20285495.jpg

さて明日は土曜日 皆様、楽しい週末をお過ごしください(*^-^*)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-24 20:43 | 小さいお菓子 | Comments(0)

キャラメル

本科Ⅰで習う『キャラメル』は、しっかり焦がしたキャラメルにクルミとラムレーズンを入れた型抜きのチョコレートです
b0254207_17401129.jpg
キャラメルを作る時の見極めの色は先生曰く「グリコのキャラメルの色よ!」
私達世代にはすぐにピンときて、決して忘れない色ですが、若い世代の生徒さん達には響きが弱い説明です(^▽^;)

中にはしっかり苦みのきいたキャラメルとラムレーズンとクルミ
キャラメルの焦がし具合が弱いと、甘ったるいだけのチョコになります
b0254207_17402335.jpg

お皿の上に2色のチョコレートがのっていますが、本来はミルクチョコレートのラクテで表面を覆います
チョコレート自己研修もそろそろ終盤なので、スィートチョコのアメールオールも消費のために使っています

今日の型抜きチョコレートは2週間ほど前に新しく買ったモールドで作りました
少々お高かったですが、さすがにしっかりしています
2月に入ってから始めたチョコレート自己研修用に購入した1枚300円ほどの花型と葉っぱの型のモールドも悪くありませんでし、私には過ぎた道具ですが
プロっぽいものを買ってみました (〃▽〃)ポッ
b0254207_17403211.jpg
チョコのモールドをネットで見ていると、色々欲しくなります
次の寒い時期が来たら、もう1つ買っちゃおうかなぁ~♪

さて、今日の夕食は『白菜とスペアリブの鶏がらスープ』by 娘
b0254207_20285822.jpg
空には軟骨を少々  「もっとちょうだい」のおねだり顔を無視するのは大変なのです
b0254207_17404025.jpg
スペアリブと白菜は完食しましたが、スープが残っているので、明日の朝はここに卵を入れて、美味しいスープが食べられそうです(*^-^*)
空には、水でうんと薄めてちょっとだけあげようね

では、また明日♪

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-23 20:34 | 小さいお菓子 | Comments(0)

キャラメル・ポム & オリエンタル

お皿の上に咲いた小さい花型の型抜きチョコレート
b0254207_19413953.jpg
薄い色の方は、ミルクチョコのラクテでコーティングした『オリエンタル』というコーヒー味のチョコ
濃い色の方は、アメールオールコティング『キャラメル・ポム』

『オリエンタル』は生クリーム、ネスカフェ、プラリネ・ノワゼット、ラム酒などをガナッシュにして入れてあります
コーヒー味と言えば、以前懐かしいcoffeebeatの豆型チョコをのせた『Cafe』をUPしましたが、『Cafe』の方がはるかに苦く、今日の『オリエンタル』の方が食べやすいと思います

『キャラメル・ポム』は、イルプルのレッスンでは『キャラメル・ポワール』でしたが、洋梨の缶詰が手元になく、代わりにリンゴの缶詰があったので、今日は「キャラメル・ポム」にしました
洋梨を入れる際には、ウィリアム・ポワールのお酒でマセレしますが、リンゴだったのでカルバドスを使いました
ミルクチョコのラクテで作るキャラメルとリンゴの小さいチョコレート 
b0254207_19414575.jpg
型抜きのチョコレートの作業にも大分慣れました
でも、まだまだ手と作業台を汚してばかりです
泥遊び状態です (ФωФ)フフフ・・・

さて、今夜の御飯は『鶏と葱のカレー』by娘
b0254207_19560368.jpg
もち麦ごはんとよく合う昭和レトロな味の和風カレーです
油こくなく、美味しかったです

夕食後、私 突然鼻血がポタポタ・・・
主人曰く、「チョコレートの食べ過ぎじゃないの?」
元々ほとんどチョコを食べない私が最近1日に3粒ぐらい食べているからでしょうか
あるいは、花粉症のせい?
分かりませんが、子供の頃以来の鼻血にちょっとびっくりしました

やはりチョコレートは食べ過ぎると(1日3粒でも)鼻血がでるものなのでしょうかね (?_?)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-22 20:03 | 小さいお菓子 | Comments(0)

ロッシュ・グラニテ

これ、何でしょう(´ω`*)
b0254207_18020744.jpg
クレープ生地を薄く焼いて砕いたフィヤンティーヌです
チョコに加えるとサクサクいい感じの食感で、美味しんです

今日のチョコはセンター部分にこのフィヤンティーヌだけでなく、プラリネアマンド、ラクテ(ミルクチョコ)、アーモンドで作ったヌガーも加えてある美味しいチョコなのです!

・・・が、見た目がこんなにもの地味・・・(´;ω;`)ウゥゥ・・・可哀想なほど地味です
b0254207_18022418.jpg
半分に割ってみると、アーモンドの粒粒のヌガーが見えます
b0254207_18021196.jpg
トランぺはラクテとフィアンティーヌ、そしてヌガー少々を混ぜたもので行います
こんなにも美味しいものがいろいろ混ざっているというのに、その美味しさは食べないとわかりません
「人は見た目で判断するな」 チョコも見た目で判断するな ってことですよん

さて今日の昼ご飯&主人のお弁は、煮込みハンバーグby娘
b0254207_18023460.jpg
奥歯4本入れ歯の父親のために、柔らかいハンバーグを作ってあげているんですね (´;ω;`)ウゥゥ
私だったら、ハンバーグの固さなど気にしないでパタパタ空気を抜いてしっかり弾力系ですけど

夕食はキャベツと豚肉の醤油と胡椒の炒め物by娘
b0254207_20132937.jpg
すっかり料理することを忘れてしまいそうな状態です
料理は娘にとって最高の気分転換だそうです
もうしばらく頼ることにします 





[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-21 20:34 | 小さいお菓子 | Comments(0)

キルシュ漬けのサクランボのチョコレート『スリーズ・ア・ロ・ドゥ・ヴィ』

連休2日目の今日、とても暖かかったですね
皆様いかがお過ごしでしたでしょうか

今日のチョコレートは、ちょっと大人のテイストです
b0254207_17551540.jpg
Cerises a l'eau de vie   キルシュ漬けのサクランボのチョコがけです
フランス Legoll(ルゴル)社のグリオットを運良く少し分けてもらえましたので(*^-^*)

フォンダンを30°ボーメシロップで柔らかくして60℃まで加熱し、キルシュを加えて再度60℃にしたところにグリオットを漬けていきます
b0254207_17552646.jpg
この時とんでもない失敗に気づきました!
この写真をご覧になって何か変だと気付かれましたか

そうです、下に敷いていている座布団代わりのチョコ板の大きさです
2.5cm丸抜きで作るべきところ、3・0cm丸抜きで作っていたのです
さくらんぼをのせてみて、「????なんか変・・・」とようやく気付いたとは・・・(;´д`)
b0254207_17553876.jpg
仕方ないので、そのままトランぺしたら、このとおり・・・残念な仕上がり
でもチョコの部分が多くなったので、お酒の強さが少し緩和されていいかもしれません!と、結果オーライに持ち込んで、グラシンカップで包んだら、これまた座りが良くて結果オーライ
b0254207_17554657.jpg

昨日、京都から戻った娘が今日からまた食事を作ってくれました
b0254207_21112265.jpg
晩御飯は『もやしと豚肉の餃子』を
b0254207_21114546.jpg
こんなにたくさん焼いて、全部食べられるかしら・・・と、案ずるより食べるが易し(*^-^*)
b0254207_21115401.jpg
主人は5つ、娘と私で残り半分を完食  恐るべし!娘と私の食欲

先週の卒業式に京都へ戻った時も餃子を作っておいてくれました
その時はキャベツの餃子でした
b0254207_21295510.jpg
春キャベツの甘味が美味しい餃子でした
ここしばらく餃子作りにはまっているそうです

これだけたくさんの餃子を食べた後に、娘が昼間に焼いていたこの生地に
b0254207_21121694.jpg
生クリームに苺ジャムとお酒を少し入れて、ほんのりピンクのクリームを苺と一緒に挟んでくれました
『春の苺のブッセ』だそうです
b0254207_21123362.jpg
手前の生地と奥の生地が少し違うように見えますが、これは手前の方の生地に焼く前に粉糖を振り忘れていて、少したってから慌ててオーブンから取り出して振り、奥の生地の方はオーブンに入れる前に粉糖を振っておいたので、表面の焼きに違いが出ています
どちらもふんわり軽い出来上がりです
お腹いっぱいでも、ぺろりと食べられました

明日は連休最終日 春分の日です
皆様、楽しい休日を♪




 


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-19 21:36 | 小さいお菓子 | Comments(0)

八角香るパッションとチョコレートのケーキ『不倫の味の1つ』

昨日、府中の先生のお教室で教えていただいたケーキの写真を撮りました
見た目、とても平凡ですが、そのネーミングは平凡ではありません
『不倫の味の1つ』といいます
b0254207_15455081.jpg
底生地はココナッツのフォンド・マカロン、その上クレーム・シャンティ・ショコラとパッションのムースをのせ、パッションのジュレをかけて仕上げます

もう少し詳しく書きますと、クレームシャンティショコラはまず八角のに出して作ったシロップでパータボンブを作り、そこにアニスのお酒(リカール)加えておきます
ミルで挽いた八角のパウダーを生クリームに混ぜ、アメリカオとスーパーゲアキル2種類のチョコを混ぜて作ります

パッションのムースは、バタームースです
ポマード状にしたバターに卵黄、パンション・ピューレとパッションリキュール、マール酒、ホワイトラムJB,バニラエッセンスを分離しないように加えておき、パッションのムラング・イタリエンヌを合わせてバタームースを作ります
仕上げのジュレにも同様のお酒類を加えます

弓田先生のパッションのお菓子にはキングストンのパッション・リキュールとホワイトラムJBは必ず入ります
このツンとくるJBにマールも加えてもう少し香りが複雑になります
さらにエキゾチックな八角の甘い香り、これまた甘い香りのココナッツのシャリシャリする食感もふっとするとても複雑な余韻が残るケーキです

だから『不倫の味の1つ』という名前なのでしょうか

なぜこのような名前に至ったのかは、このお菓子が載っている先生の本を残念ながら読んでおりませんので存じません  
勉強不足です
(イル・プルー出版部のブログでこのお菓子を検索すると面白い生地が載っていますよん♪)

もしや、パッション・フルーツ Passion=情熱?  
八角=発覚 をかけていらっしゃる?
・・・と、私はつい言葉遊びを考えてしまいます

エキゾチックなフルーツのパッションは御存じの通り酸味が強く、でもわずかな甘みが魅力的に口の中に残ります
同じ南国系フルーツながら、マンゴーやバナナのように媚びるような甘さがなく、刺激的です
八角の香りは東洋的で少し艶っぽい香りで、結構な量をお菓子に使うので、いったいどれほどの香りが残るのだろうかと思っていましたが、ケーキが口の中で溶け、まずパッションの甘酸っぱさとJBの香り、その次にこの八角の香りが口の中に広がり、最後にココナッツの甘ったるさとシャリ感があります
人をはねのけるような酸味ながら魅力的なパッションと秘めたように漂う甘い八角が『不倫』という言葉のイメージなのかもしれません

・・・で、チョコレートの存在はどうなっているのかと申しますと、パッションとのバランスを保つ感じでしょうか

ちなみにチョコレートは中国語で「巧克利(チャオ・クー・リー)」と書きます
音をベースに作った外来系単語ですから、日本人が考えるように「ほほぅ、巧みに利用して克服する(乗り越える)ってことか」と考えて当てはめた漢字ではないと思いますが、このお菓子の名前を説明するのによいかもしれません (ФωФ)フフフ・・・

いや~、それにしても、お店でこのお菓子を販売するときには、このままの名前を付けて出すのでしょうか
この名前を目になさったお客様方の表情は各々の背景によって異なることでしょう

久しぶりに美味しい生菓子を食べた気分です
それで、感想もつい長くなってしまいました
本当に「美味しかった」と、そう感じます
最近、生菓子1切れ(2.5cm×7cm×高さ5cm)でも多くて残したくなることが多いのですが(特にイルプルでの試食のケーキはジャンボですから食べきれないことがあります)、今日はこのブログを書きながらぺろりと1切れ食べられました
食べるより作る方が楽しく嬉しい(*^-^*)

では、本日より春のお彼岸三連休
皆様、楽しい週末をお過ごしください

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-18 15:51 | Cake | Comments(0)

今日は府中の先生の所へレッスンに

今日はお友達のMさんと一緒に府中の先生の所へレッスンにうかがいました
いつものように10:30頃到着し、先にレッスンを始めていらっしゃった方に「はじめまして<(_ _)>」と御挨拶
この方が作っていらっしゃったのは『オレンジのショートケーキ』、本科Ⅰで習う美味しいメニューです
しっかり焼いた生地にポンシュをたっぷり打って、イタメレ入りの生クリームとオレンジをサンドしていくこのお菓子は軽く爽やかで、これからの季節にぴったりです
作っていらっしゃった方も爽やかで素敵な方(*^-^*) 
初めてお会いしたのに親しくお話させていただき嬉しかったです

このケーキの仕上げにはオレンジを表面にいっぱい並べてジュレをかけますが、この作業は食べる前にするのがお薦めです
というのは、表面にオレンジを並べてしまったら、実に切りづらいのです
上生地にクリームを塗った状態でカットし、オレンジをその上に並べてジュレをかけないと、折角のケーキが~(´;ω;`)ウゥゥ・・・ということになりかねませんので
この方も仕上げはお家でなさるとおっしゃっていました

生地とクリームを1段重ねてオレンジを並べられた状態です
b0254207_20135096.jpg
きれいです
本来は1種類のオレンジを使いますが、先生の計らいでこのように数色のオレンジが並んでいます

このケーキと同時進行で、私たちのケーキ作りも始まりました
どんなケーキを作ったかというのは、まだ写真を撮っていないので、明日UPいたします
ちょっと驚くような名前のケーキなんですよ  (ФωФ)フフフ・・・

1時半ごろには作業が終わり、いつものお楽しみタイムです
にんじんとジャガイモのスープ&パンをまずいただいて、
b0254207_20132983.jpg
今日もお菓子の盛り合わせです(*^-^*)
お菓子の色が春の色になっています  先月はチョコレート系ばかりで全部茶色でしたけど
b0254207_20134053.jpg
お皿奥にある「グレープフルーツのビッシュ(キャドル仕立て)」、いつかきっと習いたい1品です!
それと。先生にティラミスについてメールで問い合わせていたのですが、なんとそのティラミスを作っておいてくださったんです
b0254207_20132044.jpg
Galbaniのマスカルポーネを使ったティラミスです!
タカナシの北海道マスカルポーネの約3倍のお値段するGa;baniのマスカルポーネ オイシイデス
しかも先生ったら、大きい容器にお作りになっていて、こんなにたくさんお皿にのせてくださって・・・ホント贅沢
材料代に対する感覚がどんどんマヒしていく感じです
先生、有難うございます
美味しかったです
先生のこのようなホスピタリティ、真似したいですが、私には決してできないです

それから可愛い桜の形のメレンゲ菓子
ドイツの苺パウダーでピンク色 苺の香りがとてもしっかりしています
b0254207_20130950.jpg
最後に「オレンジのショートケーキ」の試食も
b0254207_20125221.jpg
このあと、Kさんがレッスンを始められ、なんと4:30頃に作り終わられたとか
Kさん、さすがですね

先生、今日もレッスンと美味しいお昼&たくさんの試食を有難うございました
御一緒させていただいた○○さん、Kさん、楽しい時間を有難うございました
Mさん、また来月ね(*^-^*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-17 21:00 | Cake | Comments(0)

3月の自宅レッスンは何とプティショコラから!

今日は3月の自宅レッスン日♪
今日いらっしゃったHさんのご希望メニューは何と!ここ最近自己研修中のチョコレート(◎_◎;)
大丈夫か?私・・・と、少々心配ながら準備しました

こういう不安な時はゲンを担ぐ・・・ではありませんが、今日の作業が滞りなく進むことを願って、昼ご飯はこれ!
b0254207_21531229.jpg
先週、隣町のNさんにいただいた稲庭饂飩です
うどんをツルツル食べながら今日のレッスン成功祈願
Nさん、美味しくいただいています 有難うございます<(_ _)>

饂飩祈願効果と手際のよいHさんのおかげで、本日のショコラ4品目は問題なく終わりました('◇')ゞ
作業はまずキャラメルを作り、チョコのテンパリングをして型抜きチョコ「キャラメル」から始め、オレンジキュラソーの香りが良いトリュフをコロコロ丸め、ラズベリーのチョコをトランぺし、パッションのチョコもトランぺし、トリュフを最後にトランぺし、出来上がったショコラはこのようになりました
b0254207_21522166.jpg
手前の転写シートのチョコはパッション、六角形のはキャラメル、ピンクの転写シートはフランボワーズ
そしてマルマル丸めたトリュフ・キュラソー
b0254207_21523458.jpg
Hさんは「トリュフ、こんなにたくさんありますから・・・」と、ほら、こんなに置いて行ってくださりました
b0254207_21525484.jpg
折角お作りになったのに、気をつかってくださり、申し訳ないったら・・・
おまけに文旦と橙の手作りピールもいただきました
b0254207_21530163.jpg
どちらもしっかり苦くて美味しいです
半生ジューシーなピール  本日出来立てだそうです
このままでも美味しいですが、ケーキや・・・それこそトリュフに入れても大変美味しいことでしょう

Hさんはお帰りの途中で御親戚のお家にチョコを届けて差し上げたそうで、喜んでいただけたとメールをいただきました
良かったです(*^-^*)
長時間の作業、お疲れになったことでしょう
またお会いできるのを楽しみにしております
b0254207_21524332.jpg


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-16 22:40 | 小さいお菓子 | Comments(0)

何故か「山小屋」と言う意味のチョコレート『ルフ―ジュ』

イルプルー本科Ⅰと本科Ⅱでチョコレートのレッスンが4回ありますが、そのルセットの中で一番好きなのがこの『ルフ―ジュ』です
b0254207_20100145.jpg
ジャンドゥージャ(ヘーゼルナッツのチョコレート)とミルクチョコのラクテ、プラリネ・ノワゼット(ヘーゼルナッツの甘いペースト)を混ぜた後、少し固めて、アーモンドとピスタチオを数回に分けて加えていきます
アイスボックスクッキーのように棒状にまとめ、半割にしてからラクテでコーティングしたもので、一口サイズにカットする前はこのようなスニッカーズ状態です
b0254207_20101348.jpg
実は、私にとってスニッカーズはソウルフードの1つなんです
あの歯が溶けそうに甘いピーナッツ入りのチュウィ―なスニッカーズが好きなんです
家では食べませんが、外に出ていて疲れた気分の時、疲れが何となくとれていない朝、気合を入れたい気分の時、コンビニでスニッカーズを買って歩きながら食べるのが(お行儀悪い)習慣になっています

私は結構ジャンクなものを食べます
ちょっと皆さんを驚かせましょうか
ジャンクながら好きなものは、スニッカーズ、ポテトチップスを割って御飯にふりかけとして食べる、ポテチ同様に天かすを御飯にかけて醤油を垂らして食べる、ケンタッキーフライドチキンなど、実家の母がきいたら「情けない・・・」と嘆くようなものを1年に数回激しく食べたくなります
娘にさえ驚かれますが、皆さんも秘かにこのようなジャンク趣向はお持ちではありませんか (ФωФ)フフフ・・・

さて4月のレッスンの日程をBaking Daily@TM5のHPにUPいたしました
お薦めメニューはまだ載せておりませんが、4月の初めごろ(レッスンは4月終わり頃ですので)には・・・と思っております(^▽^;)



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-15 20:13 | 小さいお菓子 | Comments(0)

アールグレイのチョコレート

京都から戻って2日
今日からまたチョコの自己修業でございます
・・・が、朝から寒くて、エアコンをかけてぬくぬくとミルクチョコレートのラクテをテンパリングしていたら、なんと!結晶が溶けた?!
30℃前で固まるかどうかテストしていて、3分経っても5分経っても固まる気配なし (◎_◎;)
仕方がないので、エアコンを止めて、再度温度を下げてやり直し
いやはや、初めての経験でした 焦りました(;^ω^)
今日作ったチョコは、明日UPすることにいたしまして、下にUPしたチョコはアールグレイを牛乳で煮出し、卵黄、ガナッシュラクテ、ベルガモットの香り(紅茶のエッセンス)を加えたミルクチョコレート♪
スィートチョコのアメールオールでトランぺしてあります
b0254207_13320266.jpg
このアールグレイの香りは(ベルガモット・エッセンスの力を借りて)とても大人のミルクチョコレートを作ります
でも、アールグレイ(ベルガモット)は少し人工的な香りですので、好き嫌いが分かれるかもしれません

チョコレートの練習をしていて、毎回新しいチョコレートを半量ずつ入れ換えるのがもったいないので、そのまま使っていたら、さすがに毎回少しずつ溶け出すガナッシュのせいで、トランぺした表面に不純物によるマーブル模様が出てきました
そろそろ変え時かしら

明日は今日よりさらに寒くなりそうです
エアコンかけてぬくぬくしながらテンパリングしたらまた失敗するかもしれないので、寒くても「欲しがりません!勝つまでは!」の精神でいきましょうかね
(ФωФ)フフフ・・・





[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-03-14 20:04 | 小さいお菓子 | Comments(0)