タグ:イルプルのお菓子 ( 612 ) タグの人気記事

ビッシュ・パンプルムース

先週金曜日の備忘録です
2か月ぶりにお友達のMさんと一緒に府中の先生のお教室へうかがいました
教えていただいたのは『ビッシュ・パンプルムース』
パンプルムースとはあまり聞きなれませんが、グレープフルーツです

ビッシュと言う名前がつくとクリスマスっぽくなりますし、爽やかなグレープフルーツたっぷりのお菓子なので、先生の計らいで丸いアントルメ仕立てになりました
b0254207_16054701.jpg
生地はローマジパン入りビスキュイ・オザマンド
生地を型に流して焼く前に刻んだアーモンドをたっぷり振りかけます
このアーモンドの食感と香りが、このケーキに大きく貢献します(*^-^*)

中詰め用のゼリーはグレープフルーツの皮をすりおろしてから身を切り出し、残りを絞ったものに市販のジュースも加えて凍らせておきます
イタリアンメレンゲと生クリームを合わせて、グレープフルーツの皮とリキュールなどを加えて爽やかなムースを作ったら、そこ生地の上に半量流して中詰めゼリーを置き、残りのムースを流して、仕上げにシャンティショコラブラン(グレープフルーツの皮入り)をのせます

このケーキを作る際に気を付けないといけないのは、生クリームにグレープフルーツの酸が加わると、生クリームが一気に硬くなること
そして、仕上げのシャンティショコラなどは、チョコと生クリームを合わせるだけでも硬くなりやすいのに、さらに酸が加わるので要注意です
生クリームはできるだけ軟らかめに立てて置き、ホイッパーで力いっぱい混ぜないことです
「クリームが硬くなってきた!やばい!」と思ったらすぐにホイッパーを放り出して、ゴムベラでなでるように混ぜましょう
b0254207_16053725.jpg
グレープフルーツの酸味とシャンティショコラの甘さ このバランスとても美味しいです
そして、生地に入っているアーモンドの粒粒がいい食感になっています

このケーキの仕上げにはジュレがのらないので、先生が銀粉を用意しておいてくださいました
b0254207_16060477.jpg
可愛いです
このケーキには金より銀です♪

この日も試食いろいろご馳走になりました
b0254207_16062691.jpg
手前のシフォンはカレー味!
後ろの3つのお菓子は左から「ロワイヤル」「アプリコティエ」「ビッシュ・パンプルムース」
b0254207_16063598.jpg
それから、「パイナップルのバターケーキ」「卒研5のプティ・コンデ」
奥のケーキはイデミ氏の「オレンジのバターケーキ」です
b0254207_16055391.jpg
先生、この日も美味しいお菓子を教えてくださり、いろいろ試食をご馳走になり、有難うございました
また来月もよろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ




[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-15 19:48 | Cake | Comments(0)

久々の『ラング・ド・ブッフ』パイ

今朝「待っていました!この涼しさ!」と、思わずバターを1cmキューブに切って粉の中に入れ、酢と塩を混ぜた水を加えて作りましたよ、『ラング・ド・ブッフ』♪
明日はまた28℃ぐらいになると天気予報が言っていたので、今日の『ラング・ド・ブッフ』は3つ折りと4つ折り×2回で出来るフィユタージュ・ラピッドにしました
でないと、3つ折り6回のフィユテだったら、今日できるのは4回目の折りまでで、明日2回折らなくてはいけないので
b0254207_21084299.jpg
グラニュー糖とキャソナードを混ぜて生地をその上で伸して焼いたシンプルなパイです
ザクザクッと口に入った生地は、砂糖がキャラメル化して、甘くほろ苦く香ばしい
b0254207_21083039.jpg
今日つかったキャソナードはヴェルジョワーズ・ブリュン
以前使っていたのはベギャンゼ  
そのせいか、砂糖の溶け具合が違いました
どちらの方が美味しいか・・・と聞かれると、返答できませんけど

話しは変わりますが、イルプルからドゥニさんの夏の講習会のお知らせが届きました
お料理の講習会は今年で最後、お菓子の方も来年でいよいよ最後になるそうです(@_@。
・・・申し込まなくちゃ(T_T)です

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-10 21:53 | Pastry | Comments(0)

カトル・カール・オランジュ

昨日までの暑さが少しおさまって、今日は窓からの風が気持ちよかったです
今頃から暑さにバテテいてはいけませんが、正直なところ今朝はダルかったです~((+_+))
午後から本を読みながら気が付いたら寝てしまっていて、自分が落とした本の音に驚いて目を覚ましました
やはり疲れた気分の時は寝るに限ります
起きたらスッキリ♪

昼寝前に焼いた『カトル・カール・オランジュ』を切ってお茶をしたら、さらにスッキリ♪
b0254207_21291707.jpg
このケーキを作る時に気をつけなければならないのは、全卵の泡立てと粉とバターの加え方とを混ぜる速度
レッスンでは粉もバターもスタッフさんに少しずつ入れてもらいながら混ぜますが、家では自分で少しずつ加えなければならず、やりにくい・・・
混ぜる速度は、ルセットには「10秒で6回ぐらい」と書かれています
妙なところで生真面目な私は、初めて家で復習した時は粉を少し入れてはストップウォッチを見ながら混ぜ、バターも少し入れてはストップウォッチを見ながら混ぜていました
でも、先月行った再受講の時に、10秒で6回ぐらいの速さになる「掛け声」を教えていただいたので、今日からその「掛け声」スピードで混ぜることにしました
混ぜる手がつい早くなりそうになりますが、この「掛け声」が手を牽制してくれます
先生、教えてくださって有難うございました(*^-^*)
他の人には「なんだ、そんな掛け声ぐらいどうして自分で気づけないのかしら(*´Д`)」と思われることでも、他の誰かにとっては(私のようにですが)嬉しいアドバイスになることもあります
b0254207_21290933.jpg
この「カトル・カール」はオレンジ風味で、娘のお気に入り
娘はパウンドケーキとマフィンが嫌いです
「バターケーキは喉が詰まりそうになるから」という理由だそうですが、昨日のマドレーヌも一昨日のマドレーヌも今日のカトル・カールも全部バターケーキなんですけど
そのうち、その誤った認識を解いてやろうと思います
ナッツアレルギーの娘にはアーモンドプードルを使ったバターケーキでは誤った認識を解くどころか危険な状態に追い込んでしまいますので、メニュー的には限られているものの、可能な範囲で美味しいと思えるものを増やしてやりたいものです
バターケーキ類なら、仕事のおやつにも持って行けますしね(ФωФ)フフフ・・・ 
b0254207_21292463.jpg
「娘なら、ここにもいますよー」って、空が申しております

そうね、あなたも大切な娘
だからこれ以上太らせるわけにいかないのよ
だから今日のおやつも煮干しです( ̄ー ̄)!

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-09 22:03 | Cake | Comments(0)

レモンとダークラムの香りのマドレーヌ

連休が明け、今日からいつもの日々が戻ってきました
・・・といっても、サンデー・毎日な私にとってはあまり関係ないと言えばないのですが
今日は月曜日なので、娘は仕事が休みで昼ご飯の後、午後から今夜、火曜日、水曜日・・・の夕食を作って、タッパーに入れてくれて、おやつにパンケーキも焼いてくれました
これらはまとめてUPすることにします(*^_^*)

今日の焼き菓子自己研修はイルプルの「マドレーヌ」
b0254207_22224515.jpg
先輩にお借りしている型を使わせていただいて作ったこのマドレーヌはレモンとダークラムの香りがします
イルプルのマドレーヌを作る時は、バター以外の材料は全て冷やしておきます
卵も粉も砂糖もしっかり冷やすことで、材料の特性を出せるように・・・とのことです
シンプルだからこそ、材料の扱い方にも気をつかう必要があるということです
b0254207_22230147.jpg
マドレーヌのレモンの香りは連休明けのダルい頭と体を起こしてくれます

レモンと言えば、私は黄色やオレンジ色というビタミンカラーが好きです
b0254207_22331213.jpg
庭のモッコウバラも黄色 山吹も黄色 もうすぐ蕾が上がってくるハニーサックルも黄色
モッコウバラも山吹も盛りを過ぎて、その色が褪せつつあります
でもまだもう少しだけ頑張れそうですが、来週のエスニック料理の会(今月は私の家で)までは難しいかな
今日のように暑くなってくると、ますます難しいかも

マドレーヌを冷ましている間ずっと名前を呼んでもらうのを待っていた空
b0254207_22312571.jpg
こういう時だけは、とびきり可愛い顔をして待っているんですよ

もこもこモッコウバラ もこもこ冬毛の空 そろそろ抜け毛の季節です
娘も私も今日から半袖Tシャツを着ました
空も夏毛になるまで、また毎日ブラッシング  でないと部屋中毛だらけになりますから
b0254207_22330355.jpg
明日の焼き菓子は娘の大好きなあのケーキ
オレンジ色のあのケーキです♪


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-08 23:00 | 小さいお菓子 | Comments(0)

子供の日だから

5月5日、子供の日です
b0254207_18003477.jpg
だから空のおやつにも鯉のぼり♪
b0254207_18010886.jpg
「母ちゃん、これ・・・どうやって食べたらいいのでしょうか」と、空が困っています

今日のおやつはミニサイズのシュー
家族それぞれ好みの分量のアイスを入れてチョコソース
b0254207_18012465.jpg
私って、本当にデコとか苦手・・・(*´Д`)
チョコソースを美味しそうにかけようと思ったのに
b0254207_21061752.jpg
何故か汚い・・・(*ノωノ)
シューにチョコソースというより、タコ焼きにタコ焼きソースみたいです~

今日は子供の日だから、空にもちょっとだけアイスクリームをあげようと、目の前にアイスをもっていたらば、ご覧ください この真剣なまなざし
b0254207_18013153.jpg
好きなのね アイスクリーム
毎晩主人がヨーグルトを食べるのですが、食べる時間がだいたい決まっていて、その時間が近づいたら、主人の部屋へ行って「あの・・・時間ですよ」とヨーグルトを催促します
乳製品をこよなく愛する空です

さて、大型連休も明日の土曜日と明後日の日曜日で終わりです
皆様そろそろ平常に戻る準備は大丈夫ですか
私はすっかり休みボケで、頭も体もぼんやりしています
明日と明後日で体調を整えて、来週に備えます


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-05-05 21:30 | 小さいお菓子 | Comments(0)

春を感じさせる杏のムース

今日からゴールデンウィークが始まりました
長い連休の中で2日ほどは平日ですが、そこもお休みをとって9日ほど続けての連休を楽しまれる方もいらっしゃることでしょう

今日は遠いところからお越しくださったSさんと「春を感じさせる杏のムース」のレッスンでした
b0254207_17144406.jpg
ローマジパンたっぷりのリッチなビスキュイ・オザマンドで甘酸っぱいあんずのババロアをサンドし、シャンティ・ショコラ・ブランで味に変化をつけ、仕上げに爽やかな甘さの杏子のジュレをかけてあります

Sさんのお家は遠いので、キャドルをご持参くださり、このような形でお持ち帰りになりました
b0254207_17145496.jpg
キャドルより1cmたかいしあがりになるので、硬いムースフィルムをしっかり巻き、テープで固定!
せっかくきれいにできたのですから、お家で召し上がるまで、その姿を保ってほしいです(*^-^*)

Sさんから嬉しいいただきものです
b0254207_17150450.jpg
いつもお気遣いありがとうございます
冬に編んでくださった素敵なソックス、今もまだ風呂上りにはいています
Sさんは人を温かい気持ちにさせてくださる優しい方です(*- -)(*_ _)ペコリ

ところで、昨日の金曜日はイルプルで本科Ⅰ「タルト・フロマージュ」と「早い春の陽だまり」の再受講を受けました
前のテーブル2班は「マカロン」と「シュー」の単発レッスンを、後ろの1テーブルは本科Ⅰのレッスンをしていて、こういう2本立てのレッスン形式は初めてでした
こちら先生の「タルト・フロマージュ」
b0254207_22415408.jpg
そして「早い春の陽だまり」
b0254207_22414395.jpg
7年ぶりに受けたメニュー、特に「タルト・フロマージュ」は「え?こういう作り方だったんですね・・・」と、まるで初めて作ったような感じがしました
クレーム・オ・ブールの復習もでき、とても有意義なレッスンでした

話を自宅レッスンに戻しますが、今日で4月のレッスンが終わりました
お越しくださった皆様、ありがとうございました

私も明日から連休です
数日ブログもお休みします
皆様、楽しい時間をお過ごしください







[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-29 17:24 | Cake | Comments(0)

クーロンヌ&ミモレットのサブレ

昨日のレッスンにいらっしゃったのは神戸のマダム♪
マダムはパンとお菓子の先生・・・だったそうです(-_-メ)
今も趣味として作っていらっしゃるとのこと、いやいや~私のような若輩者が・・・恐縮しながらのレッスンでした

御希望のメニューは『クーロンヌ』と『ミモレットのサブレ』
おしゃべりに興じているうちに写真を撮り忘れてしまいました
どちらも私が作ったものですが、備忘録のために写真を載せておきます
5か月ぶりに作った『クーロンヌ』
b0254207_19460712.jpg
マダムがさささーっと生地を大きくのして、ヘーゼルナッツのペーストをぬりぬりなさっていた様子を思い出しながら、その様子を自分の手にシンクロさせながら作業しました

いつ食べてもお酒が欲しくなる『ミモレットのサブレ』
b0254207_19461953.jpg
風邪をひいていらっしゃいましたし、前日はイルプルーの単発レッスンに参加なさっていたそうで、そのせいか少しお疲れのようでしたので、(でも今日は音楽活動に参加なさる予定だったのですよね(*´ω`*)!)どうぞよくお休みになってください
東京にイルプル卒の方々のお教室があるというのに、つくばまで足を延ばしてくださり、本当に有難うございました
またいつかお目にかかれる日があったら光栄ですm(__)m


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-27 19:50 | Pastry | Comments(0)

グリーン・カレー

昨日はタイ人のお友達Nさんのお家でグリーンカレーを教えてもらいました
b0254207_15443092.jpg
具は茄子と鶏肉 茄子は皮をむかないで使うので、きれいなグリーンを保つために、いったん茹でて色抜きしてから使います
ペーストを作るために、青唐辛子、クミンシード、コリアンダシード、白胡椒、ガランガル(カー)、レモングラス、マックルー、ホームデン、ニンニク、カピ
b0254207_15430786.jpg
それと、唐辛子の葉が無かったのでホラパー
b0254207_15431972.jpg
マックルーとはコブミカンの実のことです
b0254207_15433300.jpg
とてもいい香り・・・やはりこの香りが無くてはね

Nさんのペースト作りはクロックではなくミキサーで 一気にガー!
b0254207_15434813.jpg
あっという間にペーストができて、ココナッツミルクと鶏肉と茄子を加えて少し煮込み、ナンプラーとパームシュガーで味を調えて、赤パプリカとホラパーをいれたらフィニッシュ

「カレーだけだったら、さびしいね」と、
b0254207_15435858.jpg
タイ風オムレツを作ってくれました 
 
b0254207_15440824.jpg

このオムレツの具はニンジン、玉ねぎ、キュウリと肉 味付けはナンプラーとオイスターソースです
ちょうどお昼の時間になったので、記念写真を撮って
b0254207_15441910.jpg
いただきまーす !(^^)!
「今日は青唐辛子15本だったから、あまり辛くなくて食べやすいね。KOOさんだったら20本ぐらいでもいいかもね。」と、Nさん
いやいや、私は15本で充分ですよ

ごちそうさまをしてうちに戻り、タイ人のNさんではなく隣町のNさんがいらっしゃるのを待ちました
先週Nさんがレッスンに来られた時に、サブレを仕込んで帰られていて、それを焼きにいらっしゃたのです(*^-^*)
ココナッツのサブレと
b0254207_15450606.jpg
紅茶のサブレです
b0254207_15445650.jpg
美味しいサブレのセットはお知り合いの方々のお茶請けとなるそうです

隣町のNさんがお帰りになって、私は恐怖の歯医者さんへ・・・

実は2年前に左上奥歯にヒビが入り、補てんしてもらったのですが、「もしかしたら神経が死ぬかもしれない」とお医者さんに言われていました
そのまま2年間、ほったらかしにしていましたが、最近しばしばその部分に違和感をおぼえるので、意を決して行きました!

「あ、虫歯の治療をまずしますね。」

ヒューーーン・・・
キィイィィィイーーーーン・・・
キュィィィィィィィィーーーン・・・

全く痛くありません
それもそのはず、神経がほぼ死んでいたのです

かなり奥まで入って、急に「痛いです!!!!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー センセー、痛いです!!!」
「あ、ここはまだ少し生きていたんだ」と、先生

というわけで、虫歯の治療にあけられた穴に神経を殺す薬をしみこませた詰め物されて帰ってきました
これからしばらくは神経を処置するために通院です
会計の時に鎮痛薬が出されました「左側で出来るだけ噛まないように」
「痛たたた・・・」と言うほどではありませんが、昨夜はやはり鈍痛あり
我慢できないほどではなかったので、薬は飲みませんでしたが

そんな暗い気分の昨夜の私を元気づけてくれたのは、これです
b0254207_17455604.jpg
イルプルのフランス料理でお知り合いになったSさんにいただいた苺です
グリーンカレーのレッスンから帰ったら、置いて行ってくださっていました
以前にも書いたと思いますが、私は苺やブルーベリーなどの小さい実を見ると買わずにいられないほど好きなんです
先日のTさんと「フレージエ」を作っているときも、作りながらパックの苺をパクパク(●´ω`●)
Tさんが「・・・」っていう顔していらっしゃいましたよん♪

Sさん、有難うございました
美味しくいただいています

本当なら、昨日の晩は火鍋を食べに行く予定だったのに・・・
行きたかったですが、行ってもきっと楽しめなかっただろうと思うと、行かなくてよかったと思います
でないと、御一緒している方々に申し訳ないですもの

今日は自宅レッスン日でした
これについては、また明日

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-26 17:54 | いろいろ | Comments(0)

杏のカトルカール&フレージェ

昨日は『杏のカトルカール』と『フレージェ』のレッスンでした
お越しくださったのはマダムT 「今日は2品だから、長丁場になると思って、上げ餅作ってきました」と、嬉しいお土産あり(*^-^*)
早速、『杏のカトルカール』のデモからスタートしました

『杏のカトルカール』は数日前にドライ・アプリコットを刻んで水に浸し、マーマレードを作るところから始まります
カトルカールと言う名前通り、卵、砂糖、バター、粉だけで出来ているシンプルな生地を焼いた後、半分の高さでスライスし、このマーマレードを塗ります
そして、アプリコット・ピューレで作ったなめらかなジャムを塗って乾かし、グラス掛けをして出来上がりです

このように書くと、いとも簡単なもののように聞こえるかもしれませんが、混ぜ方が非常に重要であり、かつ難しいんです
卵と砂糖を泡立てた後に粉を少しずつ加えながら、ゆっくりゆっくり木べらで混ぜこみ、バターも同様に少しずつ加えながら、ゆっくりゆっくり木べらで混ぜこみます
だんだん手の動きが速くなっていったり、木べらが持ち上がったりしてはいけません
あくまで、木べらは静かにゆっくり均一に動かしていかないと、仕上がりに大きい差が出ます
b0254207_20103655.jpg
これはTさんがお作りになって、ジャムを塗ったところまでの状態です
お帰りになるまでにジャムが乾かなかったので、グラスがお持ち帰りになりました

もう1品の『フレージェ』はイルプルの卒Ⅲの最後に習うメニューです
スライスアーモンドをザクザク切って、ビスキュイ・オザマンド生地に入れてあるので、柔らかいクリームとの対照がいいです
ローマジパンと卵黄がたくさん入っているので、リッチでこのままでも十分美味しい生地です
b0254207_20104980.jpg
Tさんのフレージェは型のままお持ち帰りになったので、これは私が作ったものです
苺はフレーズ・リキュールとマール酒に1時間きっちり漬け込み(これ以上漬け込むと苺が柔らかくなりすぎ、味も落ちます)、漬け込み汁はそのままポンシュになります
クリームは、クレーム。パティシエール+バター=クレーム・ムースリームにパータ・ボンブを更に加えるという手の込んだものです
クリームにはキルシュが入っていますし、フレーズ(苺)リキュールとマール酒の少し苦みを感じさせる独特な味と香りが、苺のケーキを大人のお菓子にしています

フレージェはよくマジパンを仕上げにのせますが、イルプルでは日本人の好みを考えてのせていません
仕上げにのせなくても、生地の中にびっくりするぐらい入っていますから、十分です

Tさんのおっしゃったとおり、長丁場となり、持ってきてくださった揚げ餅が美味しかったこと!
b0254207_20105994.jpg
この袋にいっぱい入っていたのに、2人で半分以上食べて、昨夜寝る前にもつまんでしまい、今朝残っていたのはこれだけ・・・
いやいや、恐ろしいことをしてしまいました
結果にコミットするとかいっているCMがありましたが、これこそ数日後の体重にコミットしそうです

カトルカールに話を戻しますが、これは『カトルカール・オランジュ』です
b0254207_20381546.jpg
こちらはバターにオレンジコンパウンドを加えてあります
グラスがけが少々厚かったのですが、私、グラスが好きなんです(*´ω`*)
オレンジの方も杏の方も太陽のような明るい色
今ちょうど裏庭に咲いている山吹のようです
b0254207_19552959.jpg
裏庭には白い山吹もあります
b0254207_19564964.jpg
どちらも元気です
Tさんのイメージは黄色い山吹  とにかくいつもはつらつとなさっています
Tさん、今月も楽しい時間をありがとうございました
また来月お目にかかれるのを楽しみにお待ちしております<m(__)m>









[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-25 20:43 | Cake | Comments(0)

春を感じさせる杏のムース

今日の自宅レッスンは、今の季節にぴったりの明るい色をしたお菓子「春を感じさせる杏のムース」でした
b0254207_22140675.jpg
ローマジパンたっぷりのビスキュイ生地を焼いて、杏子のピューレ、杏子のリキュールなどの香りのよいポンシュをたっぷり打って、ドライ杏を柔らかく煮たものを杏のババロアでサンドしてあります
中生地の上の白い部分はシャンティ・ショコラ・ブランで、杏子尽くしの爽やかなお菓子に良い甘みを与えています
仕上げのジュレ、杏の酸味と香りがしっかりしていて、このケーキをしっかりまとめています

今日、このレッスンを希望なさったのは隣町のNさん、Eさん、Oさん♪
EさんとOさんにお目にかかるのはクリスマス以来です
お元気そうでなによりです

Nさんがお作りになった「春を感じさせる杏のムース」
b0254207_22142020.jpg
そして、手前のはOさんの作品、奥のはEさんの作品です
b0254207_22142935.jpg
甘酸っぱい杏のピューレ、杏子のリキュールにキルシュやマール酒が入っている大人の杏ケーキです
杏のケーキと言えば、来週の月曜日と土曜日に杏が登場します
杏の季節は春ではありませんが、明るく温かいビタミン・カラーと爽やかな香りが春から初夏に合うイメージです

EさんとOさんがお帰りになった後、Nさんは「紅茶のサブレ」と「ココナッツのサブレ」の仕込みをなさっていました
どちらもいったん冷凍させる必要があるので、後日仕上げにいらっしゃいます(*^-^*)

Oさん、Eさん、Nさん、お疲れさまでした
今日も楽しい時間を有難うございました

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-22 22:36 | Cake | Comments(0)