タグ:オーブンミトンのお菓子 ( 101 ) タグの人気記事

ミニサイズの金柑タルト

先週のレッスンの時にKaさんからいただいた金柑
b0254207_10444094.jpg
ブリゼ生地を12cmのセルクルに敷き込み、アーモンドクリームの上にシロップ煮にした実を並べてゴマもふりかけて焼きました
b0254207_10442175.jpg
アーモンドクリームにフルーツというとっても平凡ながら定番のコンビ
フルーツは季節によって色々変えられて、この組み合わせは年中楽しめます
・・・と言っても、春には苺とアーモンドクリームのタルト、夏にはバナナ等のトロピカルフルーツとアーモンドクリームのタルト、秋には無花果とアーモンドクリームのタルト・・・と、ずっとアーモンドクリームばかりに頼っていてはさすがに「またこの組み合わせですか(^▽^;)」と思われてしまうでしょうが、それでもやはりこの組み合わせは不滅のコンビなのです
b0254207_10443125.jpg
Kaさん、お庭で摘んできてくださった金柑、このタルトの後そのままいただきました
小さいながら、しっかり金柑の甘さと苦さを主張していました
ごちそうさまです

さて、まもなく2月です
レッスンの予定をHPにUPしましたので、ご覧ください
(珍しく、HPの更新が早い・・・きっと週末はまた天気が荒れるかも(ФωФ)フフフ・・・)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-27 22:13 | Pastry | Comments(0)

フランボワーズのガトーショコラ&苺風味のメレンゲ

今日は自宅レッスン日♪
さぁー今日は今年初のレッスン日だから、完璧にこなすぞ!と、Kuさん、Kaさん、Chiさんの仲良しさん方をお迎えしました
まずいらっしゃったのはKaさん
お庭で取れたての金柑を持って来てくださいました
b0254207_14500610.jpg
今年初の嬉しいいただきものです
それにしても、昨日の買い出しの時、私が「金柑を買おうかな・・・でも荷物が重いから、また後日だな」と、思っていた気持ちがKaさんに届いていたかのようなタイミング 

その次に到着なさったのはKuさん
そしてChiさん
皆さん、今年もこうしてそろってお会い出来て嬉しいです

レッスンの内容はHPの『楽しいおやつ』から選んでくださった『ガトー・クラシック・フランボワーズ』
直径12cmサイズ1台=5.5cmセルクル5台ぐらい=6cmセルクル4台のうちお好みで型を選んでいただきました
Chiさんはセルクルで KuさんとKaさんは12cm型
b0254207_14390319.jpg

KaさんもKuさんもChiさんも慣れていらっしゃっていますので、今年はこの「楽しいおやつ」コースで今まで出てきたポイントを確認することにしました
今日のポイントは以下の通りですよー
①卵黄にグラニュー糖をよく混ぜて湯煎にかけて、次に混ぜるチョコレートに備える
卵黄にグラニュー糖を混ぜておけば、皆さん結構熱めの湯煎にかける場合があるようですが、その場合でも、ボウルの中の卵黄 をに卵にするリスクが減ります
②チョコレートとバターを湯煎で溶かして①に加える
チョコレートを溶かす時も結構皆さん熱めの湯煎にかける方がいらっしゃいますが、チョコレートは45℃前後でゆっくり溶かしてから、そのあと温度を上げましょう
③温めておいた生クリームを②に加え混ぜ、薄力粉とココアも混ぜる
ここでチョコ生地が締まって固くなりますが、焦ってホイッパーをがむしゃらにグルグル回す必要ありません
焦らず、ゆっくりでいいのでしっかり混ぜましょう
チョコ生地を扱うときには机の上の温度にも配慮を♪冷たい台の上での作業なら乾いたタオルを敷いたりしましょう
④メレンゲを作る
チョコレートに合わせるメレンゲは、卵白の泡立て始めはいつもの10℃より少し高くてOKです
でないと、あとでチョコレート生地をますます固くさせてしまいます
それから、メレンゲにお砂糖を入れていくときに、最初からどのぐらい入れるかによってメレンゲの状態が変わります
まずは少し入れて速度も2番できめをそろえて、それから速度を上げ、砂糖の残りを2回ぐらいに分けて入れましょう
⑤メレンゲの1/3をチョコ生地と合わせてチョコ生地の中にメレンゲをしっかり混ぜこみ、チョコ生地を少し和らげる
残りのメレンゲとチョコ生地をしっかり混ぜて、チョコ生地の中にメレンゲをいきわたらせる
⑥オーブンで焼いて、その見極めは、型の淵から1cmのところで串をさしてみると生地が付かないけど、中心は「まだ柔らかいよね・・・」というぐらい
余熱の力は思ったより強いものですので、勇気を出して早めに取り出すことです

さて、粗忽者で何かとやらかしてしまう私(*´Д`)
今日こそは完璧に!と意気込んでいたのに、またやらかしてしまいました・・・

メレンゲに砂糖を加えていくときに、Kaさんの最後の砂糖を入れたはずなのに、何故か手元にまだ砂糖が残っているではありませんか
「入れますよ」と入れてしまった私・・・でも、それは後から作る別のメレンゲ菓子の分だったのです
これに気が付いたのはオーブンに入れた後"(-""-)"
「・・・すみません。今日は私が焼いたものをお持ち帰りください」ということでご容赦いただきました

で、試食はみんなで予定外の砂糖が入った分を召し上がっていただいたわけですが、その反応は「うわぁああああ、甘い!」ではなく、「普通の甘さ?」「砂糖のせいで、逆にしっとりしてるかも」でした
確かに、このお菓子は甘さ控えめでチョコ味200%なので、エキストラの砂糖が入っても甘さにさほど変わりは無い・・・といっては語弊がありますが、そんな感じです
b0254207_14391112.jpg
表面さっくり、中はしっとり
明日になったら、もっと味が落ち着くと思います
砂糖なしの生クリームか(お子様には)アイスクリームを添えて召し上がってください

このガトー・ショコラは家で是非復習していただきたいので、普段のレッスンなら2台作ってお持ち帰りですが、あえて1台にして、復習用に必要分のチョコレートをお持ち帰りいただき、それともう一品作りました
昨日UPしていた苺パウダーを使ったメレンゲです
b0254207_14393770.jpg
お皿の上のメレンゲは2種類
1つは卵白と砂糖がほぼ同量、もう1つは卵白に対して砂糖が2倍
皆さん、どちらがどちらかおわかりですね(ΦωΦ)フフフ…
甘さにほとんど違いが感じられないのですが、明らかに生地の仕上がりが違います
「どちらにしますか?」と、お尋ねしたら、「砂糖の少ない方」とのことでした

3人で共同作業
40gちょいの卵白を泡立てて、3人順番に絞って、約70個ほどできました
「少し前に『玄米サブレ』を一緒に作りましたので、それとこのメレンゲはお雛様にいいお供え物になると思います。抹茶サブレもつくりましたよね。それも合わせたら、さらにいいかもしれません。」と、提案したら、抹茶サブレは未だだとわかりました
それで、来月は『抹茶サブレ』と抹茶のクリームのシュークリームのレッスンに決まりました

来月もお目にかかれるのを楽しみにしています
今日もよく笑いましたね 笑う門には福来る 今年も楽しくいきましょう
年頭からかやらかしてしまった私ですが、今年もよろしくお願いいたします

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-01-19 15:46 | Cake | Comments(0)

お知らせです

今年あと2日で終了です
なんとか冷蔵庫2つの掃除が終わり、床磨きも終り、もち米も届き、新しい餅つき機も購入し、明日は大阪から帰ってくる娘をピックアップしてからおせちの材料を買い出しに行きます
年賀状は・・・(*´Д`)まだです

今日はおやつにブッセを作ろうと思っていましたが、冷蔵庫の掃除が思ったより時間がかかったことと、昨日の栗のマドレーヌがあったので延期
お正月にでも作ることにします

さてHPに来年1月の自宅レッスンについてUPいたしました
今までの『今月のお薦め』お菓子だけでなく、『楽しいおやつ』というNEWなものを設置しましたので、HPを御覧ください
どのようなものかと申しますと・・・例えば、下の写真のような基本的なサブレの作り方が練習できて且つ生地を冷凍しておいたら焼きたい時にさっと焼ける『抹茶と玄米あられのサブレ』や、
b0254207_21515264.jpg
サブレの作り方でタルトシュクレ生地とアーモンドクリームの作り方を練習する『苺のタルト』など
b0254207_21583091.jpg
お菓子作りの基本を練習して毎日のおやつに役立てていただきたいと思うものをまずは1月から4月終わりまで通してのメニューを10ほど挙げてあります

お知らせまで(*´ω`*)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-12-30 22:07 | いろいろ | Comments(0)

ガトー・ショコラ・クラシック・ア・ラ・フランボワーズ

昨日の不調はやはり年末恒例1日限定の不調日だったようで、今朝まだ少し頭痛が残っていましたが、自宅レッスンが始まるまでには完全に元通り(*^^)v
さて、今日のレッスンはタイ人のNさんがいらっしゃいました
ご希望は。「クリスマスらしくて簡単にできるしっとり系で中にラズベリーが入るチョコレートケーキ」とのことでしたので、ご希望通りラズベリーを入れて別立てのチョコレートケーキにしました
Nさんはチョコレートそのものは好きではないけど、チョコレートケーキには目がない、リンゴのお菓子が好きだけど、生のリンゴを食べるのは嫌い、ラズベリーも同様だそうで・・・でも、撮影用には「ラズベリー欲しい(*´ω`*)」とのことでしたので、いくつか差し上げましたら、このようにお皿に飾られました
b0254207_15174114.jpg
デコbyNさんです
「...looks like a candle(*^-^*), nice for Christmas time!」と、喜んでくださいました

このケーキは12~15cmのサイズで作ってもいいですが、こうして5.5~6cmの小さいサイズに作った方がお薦めです
というのは、中にラズベリーが入っているので、切り口にラズベリーがあった場合、冷凍ものなため、切り口から水気がでるとね・・・
それで、お持ち帰りには(本来は12cm2台ですが)1台は12cm、あとは6cmサイズのものになりました

今日の昼のまかないはNさんがYam Woo Senを作ってくださいました
b0254207_15183291.jpg
Nさんのタイ料理をいただくたび思うのですが、やはり調味料の配合についてのDNAが違うのです
材料はこの通りで、調味料はナンプラー、レモン汁、シロップ、唐辛子だけ
b0254207_15184119.jpg
我が家にでもある調味料ながら、その配合がいいのでしょうね
やはりタイ人としての日本の味に同化しない味のDNAがそうさせるのでしょう

レッスンの後、箱にケーキを詰めて急いで(タイの)お寺に向かわれました
ケーキをお友達に差し上げるのだそうです
12cmの大きい方を皆さんでシェアなさるのでしょうか
あるいは、小さい方?
敬虔な仏教徒のNさんにとってお寺は心休まる場所であり、お友達に会える大切な場所です
「KOO-san, come together someday. Join us and enjoy good Thai food.」と、毎回誘ってくれます
私にとってはお寺も美味しいものを楽しむ場所だということをNさんはよく理解なさっているようですね

Nさん、今日も楽しいおしゃべりと美味しいお昼ご飯を有難うございました
また来年会えるのを楽しみにしています
少し早いですが、よいお年をお迎えください


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-12-14 15:47 | Cake | Comments(0)

リンゴのミルリトン&薄焼きアップルパイ

今日はHさんがお越しくださり、御希望の『リンゴのミルリトン』と『薄焼きアップルパイ』のレッスンでした
Hさんはご自宅を手作り作家さん達に開放していらっしゃっていて、そのことと、ご自宅でのお菓子レッスンでお忙しい毎日(*^-^*)
月の前半ならお時間を空けられるとのことで、一足先に11月レッスンを始めました
(・・・そういえば、さきほどHPに11月のお薦めメニューをUPいたしましたので、ご覧ください)

Hさんは作業がとても速いので、2つ分の生地を伸して型にはめて、アパレイユを作り、焼き時間中にお持ち帰り用の生地も作って、全ての所要時間が3時間足らず
おかげで、その後ゆっくりお話が出来ました

しかし、おしゃべりが楽しくて、Hさんの作品の写真を撮り忘れてしまい、「・・・すみません、お写真送ってください」と、お願いすることに(*´Д`)
Hさんは御帰宅後、写真を送ってくださいました
まずは、リンゴのミルリトンです
b0254207_21225511.jpg
これは小金井の先生に教えていただいた美味しいタルト♪
ブリゼ生地に焦がしバター、アーモンドパウダーなどのアパレイユとキャラメリゼしたリンゴを入れて焼いたお菓子です
焼きたては表面にふった粉糖がパリンとして美味しい
そして、翌日以降は中のアパレイユが落ちついて、また美味しい
お持ち帰りになった生地で、またお作りになってみてください

もう1つは薄焼きアップルパイ
b0254207_21224354.jpg
幅10cmほど、長さ25cmほどのブリゼ生地の上に大きい目の紅玉1個分のスライスをのせて焼いた実にシンプルなものです
でも、紅玉の味がストレートに感じられて好きです
お好みに合わせて、焼き上がりに杏ジャムを塗ったり(今日はシロップを塗りました)アイスを添えたりしてもいいです
薄くて、パリンとしていて、殆ど甘くない(リンゴの酸味が感じられる)ところが私にとっては飽きない理由かもしれません

Hさん、お写真送ってくださり有難うございました
お手数おかけして、すみません<(_ _)>

Hさんから嬉しいいただきものです
b0254207_20321707.jpg
上の3本はHさんが作られた紅あずま、下のお芋さんは紅赤金時だそうです
紅赤金時は、三芳の川越いも街道でお買いになったそうです
明日さっそく焼き芋にします

今日も楽しいひと時を有難うございました
来月はサツマイモを使ったお菓子という御希望を承りましたので、楽しみにお待ちしております(*^-^*)
b0254207_20320759.jpg










[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-11-11 21:45 | Pastry | Comments(0)

肌寒い雨の日の楽しいお茶タイム

昨日の月曜日は週末に続き10月にしては非常に肌寒く、しかも外は雨
こんな中をイルプルの先輩Tさん(そろそろ「お友達」とお呼びしてもいいですか(*^-^*)・・・)が初めて遊びに来てくださいました
Hさんのお住まいは神奈川ですが、ご実家がこちらの方だとのことで、「いつか遊びに来てください」と、お話ししていたところ、昨日ようやく叶いました

普段はイルプルのお菓子を作っていらっしゃるTさんなので、お茶菓子はイルプルでないものにしました
b0254207_17482363.jpg
今月の初めにHさんと『モンブラン』のレッスンをする前に(Hさんが)送ってくださった利平栗が有難いことに冷蔵庫にあったので、それを使いました
ここのお菓子の良しあしを決めるのは、なんといっても栗の味
とても言い利平栗でしたので、美味しくできました

このモンブランの見えない部分は粒アーモンドのサクサクしたメレンゲ、カスタードクリーム、生クリームが入っています
正直なところ、これらが無くても栗のクリームだけでも十分なお菓子として使えます

Hさんは以前関西に住んでいらっしゃったと聞いてびっくり
こんなに静かで穏やかなHさんにとって、関西でのカルチャーショックがいかほどかと思いましたが、「よかった」というコメントを聞き、嬉しかったです
住んでみないとわからない良いところ良くないところがあるもので、私も新潟、京都、つくばに住んでみてそう思います

Hさんとお話ししていると、自分はなんて騒々しいのだろうかと反省
お菓子の作業も丁寧で、「雑・・・」と評される私とはやはり性格からの違いがあるようです
見習わなくては(''◇'')ゞ

Hさんがお土産に持って来てくださったアランマリーのケーキ
b0254207_17481485.jpg
美味しそうなケーキをいただいておきながら、お出ししないまま17:00までずーっと、ずぅーっとおしゃべりしてしまいました
ゆっくりお話しする機会がなく、今日ようやくその機会が持てたので、話したかったことが次から次へと出てきて、ついお引止めしてしまいました

Hさん、楽しい時間を有難うございました
またお時間が許せば、どうぞお立ち寄りください
お会いできる日を楽しみにしております(*^-^*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-10-17 00:18 | いろいろ | Comments(0)

利平栗で贅沢モンブラン

先月のレッスンの時に「10月は栗を使ったお菓子がいいですね(´ω`*)」と、話していらっしゃったHさんが立派な利平栗を送ってくださいました
しかも3キロも!
お知り合いからいただいたものだそうで、この3キロだけではなく、毎日渋皮煮や甘露煮など栗仕事がお忙しいとのこと
栗三昧の毎日をお過ごしのようです
羨ましぃ・・・

今日はこのいただいた利平栗を使って、送り主Hさんご本人と『和栗のモンブラン』のレッスンでした
空焼きアーモンドを粒々になるまで挽き、それを加えたメレンゲを90分かけて焼くことから作業は始まりました
このメレンゲは底生地、中生地、飾りになります
待っている間に茹で栗の実と砂糖とバターと生クリームを一緒にフープロにかけてペーストにしてから裏ごし
それからカスタードを炊いて、生クリームと混ぜてスタンバイ
最後に生クリームを8分立てにしたら、一気に組み立てます
底生地、カスタード、中生地、生クリーム、栗のクリームを順に重ねてできました
b0254207_20020646.jpg
どうです! Hさんは絞りが上手!
きれいでしょ(*´ω`*)

・・・私のですか?  
ほら、完全にアウト状態です
b0254207_20030375.jpg
負けた感半端ないです(´;ω;`)ウゥゥ
だって、ほら・・・これ、Hさんの途切れの無い安定した絞り…さすがです
b0254207_20015622.jpg
Hさんは明日、ご自宅で『モンブラン』のレッスンをなさるそうです
そう、Hさんはお菓子を教えていらっしゃるのです
明日いらっしゃる生徒さん達にこのモンブランを出して差上げるのだとおっしゃっていました
いいですねー 2つのモンブランの食べ比べができる生徒さん達♪
明日のレッスンでは市販のペーストをお使いになるそうですが、来年モンブランのレッスンをなさる時には、是非栗を茹でるところから始めてください
だって、こんなに美味しい栗が手に入る環境にいらっしゃるのですから!(^^)!

Hさん、今日も楽しいひと時を有難うございました
また来年もこの季節には栗のお菓子を御一緒に!

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-10-06 20:13 | Cake | Comments(0)

生姜と胡麻のケーキ

7月のレッスン『ボンブ・オ・シトロン・エ・ジャンジャンブル・コンフィ(レモンと生姜のシロップ煮)』で使った生姜のシロップ煮が残っていたので、今日のおやつはそれを使って『生姜と胡麻のケーキ』でした

元のルセットは直径12cmの丸型2台分でしたので、それを比例計算して上口12cm×6.5cmというミニパウンド1台とプリンカップに2つで作りました
b0254207_20202879.jpg
1切れを二口で食べられるミニサイズなので、つい2切れぐらい食べてしまいます
生姜のシロップ煮がこのように少し入っているだけなので、小さい子供も食べられます
b0254207_20204348.jpg
こちらは上口直径7cmのプリンカップで焼いた方のケーキです
b0254207_20215719.jpg
冷たい麦茶にも温かいお茶にも合う少し和風のバターケーキです

夕食後のこと、ご近所のチビちゃん姉弟が「お婆ちゃんから!」「私が作ったの!」と、持って来てくれたのは
b0254207_20514126.jpg
可愛い編み物とマンゴーでした
2人の後ろにいらっしゃったお母さんによると、沖縄にお住いの御婆様からのマンゴーだそうです
お姉ちゃんにとって編み物は初めてだったそうです 
「上手にできたね、リボンも有難うね」と、お礼にプリンカップ型の方を1つずつチビちゃん姉弟のそれぞれの小さい手にのせてあげたら、喜んでくれました
b0254207_20210629.jpg
小1になったお姉ちゃんと幼稚園児の弟君
これからの長い夏休み、楽しく過ごしてください(´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-07-26 14:56 | Cake | Comments(0)

レモンケーキのレッスン &友遠方より来る

20日(木曜日)の備忘録、自宅レッスンについて♪
この日は久しぶりにお越しくださったYさんと『レモン・ケーキ』を作りました
Yさんとお会いするのは2年ぶりでしょうか
忘れずにいてくださり嬉しかったです

今日のレモン・ケーキは2種類
1つは私が昔から使っているレシピ
もう1つは武蔵小金井の先生のレシピ
b0254207_01120700.jpg
Yさんは生地を混ぜる時、無理な力を入れずリズミカルで流れるような手の動き
とても羨ましい特徴です

試食の時、上記の2つのレシピで作ったケーキをお皿に並べて、どちらがどちらのレシピで作ったものでしょう(*´ω`*)と、尋ねましたら、ぴたりと当てられました
武蔵小金井の先生のレシピについて詳しいYさんは、一口食べて、それだとわかったそうです
ほほぉ~ すごいです

さささ~と、作業を終了なさったYさんとのレッスンでしたが、先日も書きました通り、女性はおしゃべりが好きなもので、お会いできなかった時間を埋めるかのようにおしゃべりを楽しみました
Yさん、楽しい時間を有難うございました
またお会いできる日を楽しみにしています(*´ω`*)

20日の夕方、30年来のお友達Hちゃんが関西から泊まりに来てくれました
沢山のお土産を持って♪
お土産のご紹介は後日にいたしまして、Hちゃんと「バスケーズ・ボングー」さんへ夕食に行きました
b0254207_22333066.jpg
大切な友達と大好きなお店での食事♪
数日、ゆっくりおしゃべりです♪

友遠方より来る 先週のZさんに続き嬉しいことです(*´ω`*)





[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-07-22 22:36 | 小さいお菓子 | Comments(0)

グリーン・カレー

昨日はタイ人のお友達Nさんのお家でグリーンカレーを教えてもらいました
b0254207_15443092.jpg
具は茄子と鶏肉 茄子は皮をむかないで使うので、きれいなグリーンを保つために、いったん茹でて色抜きしてから使います
ペーストを作るために、青唐辛子、クミンシード、コリアンダシード、白胡椒、ガランガル(カー)、レモングラス、マックルー、ホームデン、ニンニク、カピ
b0254207_15430786.jpg
それと、唐辛子の葉が無かったのでホラパー
b0254207_15431972.jpg
マックルーとはコブミカンの実のことです
b0254207_15433300.jpg
とてもいい香り・・・やはりこの香りが無くてはね

Nさんのペースト作りはクロックではなくミキサーで 一気にガー!
b0254207_15434813.jpg
あっという間にペーストができて、ココナッツミルクと鶏肉と茄子を加えて少し煮込み、ナンプラーとパームシュガーで味を調えて、赤パプリカとホラパーをいれたらフィニッシュ

「カレーだけだったら、さびしいね」と、
b0254207_15435858.jpg
タイ風オムレツを作ってくれました 
 
b0254207_15440824.jpg

このオムレツの具はニンジン、玉ねぎ、キュウリと肉 味付けはナンプラーとオイスターソースです
ちょうどお昼の時間になったので、記念写真を撮って
b0254207_15441910.jpg
いただきまーす !(^^)!
「今日は青唐辛子15本だったから、あまり辛くなくて食べやすいね。KOOさんだったら20本ぐらいでもいいかもね。」と、Nさん
いやいや、私は15本で充分ですよ

ごちそうさまをしてうちに戻り、タイ人のNさんではなく隣町のNさんがいらっしゃるのを待ちました
先週Nさんがレッスンに来られた時に、サブレを仕込んで帰られていて、それを焼きにいらっしゃたのです(*^-^*)
ココナッツのサブレと
b0254207_15450606.jpg
紅茶のサブレです
b0254207_15445650.jpg
美味しいサブレのセットはお知り合いの方々のお茶請けとなるそうです

隣町のNさんがお帰りになって、私は恐怖の歯医者さんへ・・・

実は2年前に左上奥歯にヒビが入り、補てんしてもらったのですが、「もしかしたら神経が死ぬかもしれない」とお医者さんに言われていました
そのまま2年間、ほったらかしにしていましたが、最近しばしばその部分に違和感をおぼえるので、意を決して行きました!

「あ、虫歯の治療をまずしますね。」

ヒューーーン・・・
キィイィィィイーーーーン・・・
キュィィィィィィィィーーーン・・・

全く痛くありません
それもそのはず、神経がほぼ死んでいたのです

かなり奥まで入って、急に「痛いです!!!!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー センセー、痛いです!!!」
「あ、ここはまだ少し生きていたんだ」と、先生

というわけで、虫歯の治療にあけられた穴に神経を殺す薬をしみこませた詰め物されて帰ってきました
これからしばらくは神経を処置するために通院です
会計の時に鎮痛薬が出されました「左側で出来るだけ噛まないように」
「痛たたた・・・」と言うほどではありませんが、昨夜はやはり鈍痛あり
我慢できないほどではなかったので、薬は飲みませんでしたが

そんな暗い気分の昨夜の私を元気づけてくれたのは、これです
b0254207_17455604.jpg
イルプルのフランス料理でお知り合いになったSさんにいただいた苺です
グリーンカレーのレッスンから帰ったら、置いて行ってくださっていました
以前にも書いたと思いますが、私は苺やブルーベリーなどの小さい実を見ると買わずにいられないほど好きなんです
先日のTさんと「フレージエ」を作っているときも、作りながらパックの苺をパクパク(●´ω`●)
Tさんが「・・・」っていう顔していらっしゃいましたよん♪

Sさん、有難うございました
美味しくいただいています

本当なら、昨日の晩は火鍋を食べに行く予定だったのに・・・
行きたかったですが、行ってもきっと楽しめなかっただろうと思うと、行かなくてよかったと思います
でないと、御一緒している方々に申し訳ないですもの

今日は自宅レッスン日でした
これについては、また明日

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-04-26 17:54 | いろいろ | Comments(0)