人気ブログランキング |

MIRLITON

b0254207_20152519.jpgアーモンドクリームとパイ生地の組み合わせはフランスのタルトの基本

基本ですよ、基本。

・・・が、パイ生地を作るのがメンドイときは、タルトのブリゼ生地で代用します。
私って、すぐに安易な方向に流されがちです。

この小さいお菓子は、ミルリトン(MIRLITON)といいます。
古いタイプの地方菓子で、いくつか仲間があるそうです。

オレンジ・ウォーターというオレンジの花の水で香りづけされたもの
(ただし、日本人の想像する爽やかなオレンジの香りとは違います)

南の方ではクルミ入り

ノルマンディーの方では、アーモンドクリーム+生クリーム等々

写真のミルリトンは、本当は直径8cmほどのタルトレット(1人用のミニタルト)型で作る予定でしたが、ちょうど片付け忘れていた直径6cmのタルトリングがあったので、それを使いました。

焼き立て熱々で、まだ型から外せず、中心のアパレイユ(生地に流し込んだ具)もまだ盛り上がっています。
冷めると、表面が少し落ち着きます。

少し冷めた頃が、サクサクの生地を楽しめて最高です。
ちなみに、このミルリトンは、アーモンドクリームに生クリームを加えたシンプルなものです。

「タルトって、作るのが面倒ではありませんか」と、尋ねられることがあります。
そうですねぇ・・・そうかもしれませんが、そうでもありません。

でも例えば、このミルリトンは、先日タルトのブリゼ生地を作った時に、まとめて16cm型2つと(この)6cm型6つに敷きこんで冷凍してあったものです。
アーモンドクリームも先日作ったものを利用。

アパレイユは卵1個、生クリーム大匙3、グラニュー糖大匙3、アーモンドクリーム大匙1強を混ぜただけで、冷凍庫から出してきた生地を並べて、このアパレイユを入れて、200度のオーブンで20分・・・つまりはタルトを組み立てるパーツを作り置きできる便利なお菓子です。

しかも、その日の気分でアーモンドクリームの上にバナナや苺、ブドウにイチジクなど、自由自在。

あ・・・・今、わかりました、私がどうしてタルトが好きなのか。
この『その日の気分で、きままに自由自在』 というのがきっと惹かれる理由なんですよ~

さて、ちょうどよい冷め加減となりましたし、時間も間もなく3:00です。
コーヒー飲んで一息入れて、晩御飯の準備にとりかかります。

では、皆様また明日
by BakingEveryDayTM5 | 2012-10-10 14:53 | Pastry | Comments(0)
<< 散歩の収穫 つくば栗のモンブラン >>