人気ブログランキング |

マイルドなCHICKEN CURRY

b0254207_0164654.jpg先日の日曜日の主人のカレー
今回は玉ねぎたっぷりの
少々マイルドなチキンカレーです

材料を準備する時、私も手伝います
「玉ねぎ大2つ みじん切りして」と言われ、フードプロセッサーでガァーと一気にみじん切り
本当は、包丁で切った方が玉ねぎの繊維をつぶさないので良いと分かってはいますが、私、玉ねぎに弱いんです
涙が出るだけじゃなくて、頭の端までキーンときます

主人は20分以上かけて気長に玉ねぎを炒めてベースを作っていきました
フードプロセッサーで玉ねぎを切ったので、水分が出て、なかなかキツネ色になりません

この立場が反対だったら、私はきっと文句を言ったと思いますが、辛抱強い主人はひたすら気長に炒めていました
主人の気の長さは表彰もの
以前(娘が生まれる前・・・20年ほど前に)、やはりカレーにハマったことがありました
その頃、Danchuという こだわり屋さん御用達の雑誌をよく買っていて、その雑誌の「カレー特集号」に載っている「こだわりのカレー」を一つ一つ試していました

あの頃の玉ねぎ炒めに比べれば、20分ほどの玉ねぎ炒めなんぞ なんのその・・・
だって、あの頃は玉ねぎが飴色になるまで1時間近くも炒めていたこともありましたから
いい加減、腕がだるくなって、翌日 筋肉痛?
カレーの味は覚えていませんが、腕が何となく痛かったのを覚えています

男の人のカレーって、主婦のカレーとは違います
男の人のカレーは『趣味のカレー』
主婦のカレーは『時間との勝負のカレー』?

だからでしょうか、主人のカレーは見た目はパッとしませんが美味しいんです
時間に追い立てられるように作るのではないので、イライラした気持ちがカレーに反映されていないようです

バーモントカレー甘口派の娘に「大丈夫、ほとんど辛くないよ」と、言っても、娘は頑なに拒否
最近はバーモントカレーではなく、ボンカレー甘口に鞍替えしたそうです。

レトルトのボンカレーって、凄いんですよ。
味じゃなくって、温める時の方法なんですが、箱を開けて箱のまま電子レンジに入れるんです。
驚き・・・

次は私の長らくのリクエスト『ほうれん草のカレー』を作ってほしいのですが・・・ちょっと待てよ・・・
ほうれん草のペーストを作るのは手伝い人である私の仕事?
だったら、やめておきます

だって、ね・・・皆さんも私の立場ならそうお思いになりますよね
by BakingEveryDayTM5 | 2012-10-25 00:19 | KOO食堂 | Comments(0)
<< 友達のアップルパイとカシス・フ... UVA & DARJEELIN... >>