人気ブログランキング |

赤い実と青い実と・・・

b0254207_13442127.jpg野バラの赤い実
野葡萄の青い実
共に、我が家の晩秋の庭に彩を添えてくれるものです

そして同時にクレマチスの日枝が小さい花をつけ
日本水仙の葉が伸び始めます

昨日は寒くかったですね~
時雨れていて
『庭が悲しんでいる
雨が冷たく花々の中へ降る』という一節が
ぴったりの1日でした

でも、この詩は「9月」なんですよね
今は、もう「12月」ですが・・・

秋バラは、まだ幾つも蕾をつけていますが、どれも流石に小さく力なく、でも春とは違う冴えた色に見えます
最も頑張っているのは、この小ぶりな緑光という4cmほどのバラです
春から秋まではマットなオフホワイトに緑がかった色で咲いていましたが、今はややペールに見えます

b0254207_13455064.jpgさて庭の冬支度です
12月に入ったので、バラを短く剪定し、ベランダを塗り直すために絡みついたハニーサックルを切らなければなりません
セージもルバーブもすっきり根元から切り取って、春まで「おやすみなさい」です

夏と違って日焼けの心配があまりなく、蚊もいないのでやり易いです
剪定用ノコギリとハサミでゴリゴリ・・・バチ!バチ!ゴリゴリ・・・バチッ!
気分は、まるで「13日の金曜日」のジェイソン

ところで皆さん、ジェイソンの御愛用はチェーンソーではありません、鉈(なた)ですよ
しかし、あれはひどい映画です

ちなみに、スペインでは13日の火曜日が良くないそうです
以前、あるスペイン人(彼はバルセロナ出身で、カタロニア語を話すことを非常に誇りにしていました)が、「KOOさん、今日は13日の火曜日だから、気を付けてください」と言いました
私が「13日の金曜日じゃないんですか」と聞いたら「はい、スペインでは違います」とのこと
「いいですか、KOOさん、スペイン人はよくこう言います『今日は13日の金曜日だから、船に乗ってはダメですよ、結婚してはダメですよ』って」

お国によって色々あるんですね

あ、気が付いたら庭仕事の話から厄日の話になってしまっていました
いつも、思いついたことを書いているので、見出しの内容から逸れてばかりですね
b0254207_13463721.jpg
最後に、いつだったか忘れましたが、ある人に「山葡萄と野葡萄は同じですか。食べられるんですか。」と尋ねられたことがあります

日本古来から自生する山葡萄(エビヅル)と野葡萄をまとめて『エビヅル』とか『エビカズラ』とよんでいたそうですが、実際は同じではありません
山葡萄は食用で、古事記の中で伊弉諾尊(イザナギノミコト)が黄泉の国から逃げ帰る時、追いかけてきた女鬼にエビカズラを投げて、女鬼がそれを食べている間に難を逃れたという一説があったと思いますが、そのエビカズラが山葡萄
一方、野葡萄は食べられないので『蛇葡萄』とも呼ばれ、根から作る生薬名も蛇葡萄と呼ばれているそうです

以上、KOOの薀蓄ブログで失礼しました
by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-02 14:09 | 庭の仲間たち | Comments(0)
<< LE FEDRA PRUNE BREAD >>