人気ブログランキング |

コーンな花のスープとバラのJ.オブスキュア

先週いただいたヤングコーンで作ったスープ
トントントン・・・と切って、少し煮て蓋を開けたら意図せずこのように黄色い花を散らしたようになっていました
b0254207_11324553.jpg

ほぼ毎日、楽しみに拝見しているブログがいくつかあります
みなさん素敵なんです
見習おうと思って真似してみても(ものを習うというのは、まずはお手本を模倣してみることからです)いやはや無理~

先日も拝見したお隣の町にお住まいの方のブログに、黄色いお花を浮かべたきれいなお写真がありました
私にとって、春を象徴するのは黄色い花
ロウバイ、水仙、菜の花・・・寒い時期に温かい色を添えてくれます

我が家の黄色い花はモッコウバラ、山吹、黄金色のフリージアとアプリコット・イエローのジュード・ジ・オブスキュア(Jude the Obscure)も終わってしまいました
次に咲く黄色い花は美女柳 まもなく開花です

ところで、Jude the Obsucureはトマス・ハーディーの最後の小説
「日陰者ジュード」というタイトルで出版されているこの小説、当時は酷評を極めたというのは頷けますが・・・

バラのJ・オブスキュアは、このような花
b0254207_11334944.jpg

しかし、このコロンとしたカップ咲きの愛らしいイングリッシュ・ローズのは、この本のタイトルとどのような関連があるのでしょう・・・
淡い色で、うつむき加減、ギッシリ ギュウギュウ詰まった花びらの花を全開することなく頭ごとバッサリ落とす姿が小説の主人公を この花の作成者であるMR.オースチンに連想させたのでしょうか

う~ん、そういえばそうかもしれません
咲き始めは少し空を見上げていて、開花するにつれてうつむいていって、最後に地面に落ちてしまった時の哀しいこと・・・

このJ・オブスキュアの並びに植えて会ったシャルロットというバラが、一昨年から弱って来ていましたが、今年はついにルバーブに負けてしまいました
可哀想ながら、我が家の庭では強いものしか生き残れません
ごめんね、シャルロット・・・もっと大切にしてあげればよかったんだけどね
by BakingEveryDayTM5 | 2013-05-24 11:41 | 庭の仲間たち | Comments(0)
<< お友達と一緒に藤沢邸のバラ園へ エスニック料理の会と主人の週末カレー >>