人気ブログランキング |

葛きり

昔(1975年・昭和50年)、ハウスのインスタント麺のCMで「私 作る人」「僕 食べる人」っているのがありましたが、余りに古くて、御存知ない方も多いことと思います
放送2ヶ月ほどで放映中止になった問題CM、放映した時代が悪かった・・・
現在、我が家では このCM状態です

京都から娘が戻って1週間
京都では、私が台所に立つ必要が無いほど、ほとんどの御三度は娘がやってくれました

しかし、娘がつくばに戻って1週間
今ではすっかり高校生時代に逆戻り状態で、「母ちゃん 作る人、私 食べる人」がフツーだと思っているようです

そんな「私」様に作って差し上げたおやつは『葛きり』
四条通を河原町から祇園に向かって行くと左手にある「鍵善」の葛きりを食べに連れて行ってやる時間がなかったことが心残りで・・・
(実は、私が食べたかったんですけどね)

ちょうど100%葛が材料箱にあったので、作ってみました
b0254207_16325627.jpg


葛きりの作り方って、(ちょっとメンドイですが)ユニークです
葛の粉を水で溶いてバットに薄く流し込み、沸騰しているお湯に浮かべます
液体が白く固まってきたら、そのお湯にバットごと沈めて、白さが透明になるまで茹でます
冷水に取って、切って出来上がりです

出来立ては葛のもっちり感があって美味しいですが、数時間経つとねぇ・・・
やはり出来立てには適いません

喜んでくれるかと思いきや・・・・
「このもっちりしたんじゃなくて、サクッとした食感の方が好きかも。あ、でもね、黒蜜美味しいから大丈夫だよ。」ですって

あなた、それは『葛きり』ではなくて、『心太(ところてん)』でしょう???
葛粉じゃなくて、天草でしょうよ

あ~あぁぁぁ やんなっちゃった あ~あぁぁぁ 驚いた!
でも、1年ぶりの葛きりも悪くありませんでした
暑い暑い夏の午後には、つるつるした和風おやつも、いと おかし・・・
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-14 16:34 | 和風Sweets | Comments(0)
<< Sabure croustil... 梨と葡萄とブルーベリーのパイ >>