3つのBERRYのゼリー

お盆が明けて、皆さま 今日から平常の毎日にお戻りのことと存じます
夏休みも後半、これに関して「悲報、夏休みが残り2週間」と、娘のツイッター仲間さん
しかしですね、夏休みが残り2週間というのは、親としてはある意味吉報なのですが・・・こんなふうに考える親というのは私だけではないと思います

今日のおやつは『3つのBERRYのゼリー』
b0254207_959117.jpg

下は赤ワインのゼリーにブルーベリーとラズベリーがゴロゴロと入っています
上の部分は、苺のピューレのゼリーです
ブルーベリーは先日Kさんにいただいた生の美味しいものがあったので使わせていただきました♪
ラズベリーはうちの庭の冷凍しておいたものです
苺のピューレはお菓子作りで残ったものを使用

朝から既に、お菓子が準備できているのは、食事支度が無い御蔭
ちゃちゃっと作れるお手軽ゼリーばかりが続いていますが、これらはすべて娘からのリクエスト
この夏休み中のおやつはずっとゼリーか寒天がいいそうです
(そのうち、葛や心太も・・・とのこと)
タルトLOVEの私、ゼリーLOVEな娘
でも、夏休み前に作った桃とフロマージュブランのタルト『フロマージュ・クリュ』は美味しいと言って食べていました
レアチーズケーキが好きだからでしょうね

さて、昨日のMOMON‘S KITCHEN 昼も夜も開店
まず昼ご飯は第9弾『シメジとベーコンのバターライス・ふわふわ卵のせ』
ベーコンの脂でシメジを炒め、ご飯を加えてバターで風味づけして
b0254207_958352.jpg

そのあと、卵を載せて出来上がりだそうです
b0254207_1001525.jpg

卵には牛乳と少量のマヨネーズが加えられているそうです
なので、少しふんわり~ (いつもは相当固焼きですが・・・)

そして、第10弾の晩御飯は『ペンネ・ボロネーゼ』
b0254207_1015781.jpg

にんにく、玉ねぎ、挽肉を炒めてソースを作っていました
主人と私が持った同じ感想 「なんか 懐かしい味やねぇ~」

それはケチャップとウスターソースの味付けのせいだったようです
主人が子供頃(・・・今から半世紀以上も前のこと)、スパゲッティはハイカラな洋食
大正生まれの義母が作ったのが、きっとケチャップとウスターソースのミートソース
義母より10歳年下の実家の母が作ってくれたのも同様のものでしたが、その舌に馴染んだ味を作ったのが平成生まれの孫娘とは
私が作るミートソースには隠し味のハーブやその他が入るため、ある意味 素直さがありません

うん、レトロなミートソースっていいものですね

今日も昼と夜はお任せでOKだそうです
では、よろしく♪
[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2014-08-18 10:03 | 小さいお菓子 | Comments(0)
<< リンゴの葛寒天 1年ぶりのニコマルシェ  +パ... >>