もうすぐお雛様♪あんこと抹茶カスタードクリームのシュー&桜餅レッスン

毎月Kuさん、Kaさん、Chiさんの仲良しさん達がレッスンにお越しくださっています
今日はChiさんが体調不具合になられてお休みでしたが、今日のレッスンでは「NO 餡子, NO SWEETS LIFE!」というほど餡子LOVEなKaさんのご希望で『あんこと抹茶カスタードのシュー』が登場
b0254207_19383577.jpg
シューの底に餡子、その上に抹茶カスタード、さらに生クリーム・・・という3段重ねの和風シューです
今日のお抹茶はイルプル御用達の「宝相華」をたっぷり使いました
シューを口に入れると、お抹茶の味が少しきつく感じられますが、このくらいしっかり抹茶をきかせないと、せっかくのお抹茶の意味がありません
抹茶カスタードは甘み控えめ
かなり甘さ控えめにしたのは、あんことの甘さプラマイ関係の為です
生クリームには砂糖を入れていません
ザッハトルテに添える生クリームにも砂糖がほぼゼロであるのと同じです

シュー生地のレッスンは今回で3回目ぐらいでしたので、KaさんもKuさんも落ち着いて生地を作られました
こちらはKaさんのシューです
抹茶カスタード、あんこ、生クリームの順に絞って入れられたのは、あるサイトでご覧になったシューの形態がこのようだったからだそうです(*^。^*)
b0254207_19381438.jpg
そして、こちらはKuさんのシュー達
クリームの順は私と同じで、抹茶カスタードの下に餡子が隠れています
b0254207_19382328.jpg
仕上げに抹茶を茶こしでふるいましたが、お二人のシューの写真をパチリとしたときには、まだ仕上げが終わっていなかったんですね
私、すぐに写真を撮り忘れるので、今日は忘れないように焦って先に撮ってしまっていたようです

もうすぐお雛様ですので、和風のシュークリームにもう一品作ったのは
b0254207_19384558.jpg
関西風の道明寺粉を使った桜餅です
紅麹がネットで見つかったので使いました
この写真では残念ながら認識できませんが、やはり普通の食紅とは色が違います
b0254207_20092631.jpg
これも蛍光灯の下での写真なので色がわかりにくいですが、いわゆる薄紅です
香りはお酒の香りがほのかにします
桜餅には紅麹がいいです

お二人から嬉しいいただきものです
中東のお金持ち国ドバイへ行っていらっしゃったKuさんからのお土産=金塊
b0254207_19385357.jpg
・・・ではなく、金塊インゴットの形をしたPatchi社のチョコレート
ミルクチョコレートの中にヘーゼルナッツのチョコレートがはいっています
Patchi社はヨーロッパのゴディバ、ドバイのパッチと言われるそうで、アラブ代表のチョコレート社だそうです

Kaさんからは、お庭から持って来てくださった蕗の薹
b0254207_19390276.jpg
Kaさんのお薦めは蕗味噌だそうです
「春は苦い味で体を起こすんや」と、30年前に辻の和食のクラスで習いました

Kaさん、Kuさん、今日も楽しい時間と美味しいお土産を有難うございました
Chiさん、お大事に
次回は4月にお目にかかりましょう(*´ω`*)



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-02-16 20:26 | 和風Sweets | Comments(0)
<< ビッシュ・ド・ノエル・オ・ノワ... 娘の料理備忘録 >>