人気ブログランキング |

暖炉のような南瓜とキャラメルのムース

昨日木曜日の午後の備忘録です
14:00、久しぶりにヴァイタリティあふれるマダムがレッスンにいらっしゃいました
御希望は『暖炉のような南瓜とキャラメルのムース』という南瓜のケーキ3部作の1つです
南瓜というのはその味を発揮させるのが実に難しい材料だと思います
南瓜のさ3部作というのは、勝手に命名しているのですが、南瓜だけのケーキ、今日のように南瓜とキャラメルのケーキ、もう1つは南瓜とチョコレートのケーキです
どれも「南瓜のくせに・・・(*´Д`)!」と、言いたくなる手間がかかります
マダムは南瓜だけのケーキを作られたことがあるので、南瓜とキャラメルのケーキに期待なさっていたわけですが、南瓜とキャラメルとでは、やはりキャラメルの味が勝ち気味だと、少しがっかりなさったかもしれません
たいがい複雑なお菓子もこなされるマダムですが、昨日の作業の多さにはさすがに少しは驚かれていたのでは?(ФωФ)フフフ・・・

・・・で、その「南瓜のくせに・・・」と言いたくなるお菓子の外観はこのようです
(マダム作のケーキはキャドルにはめたままお持ち帰りでしたので、下の写真は私が作った試食分です)
b0254207_20222809.jpg
このお菓子はまず南瓜を裏ごししたペーストを作っておかなければなりません
これと生地に入るアーモンドの空焼きは私が準備しておきました

生地はアーモンドを空焼きしておいて5mmダイスにカットしたものに裏ごし南瓜を使ってマカロン生地を焼きます
焼いている間に裏ごし南瓜に卵黄や水飴を加えて「南瓜のパート」というものと、裏ごし南瓜を使ってカスタードクリームも作っておきます
マカロン生地が焼けたら、型にはめて冷凍庫へ
南瓜のパート、南瓜のカスタードクリーム、ホワイトチョコ、パータボンブという卵黄を熱いシロップと一緒にホイップしたものを合わせて、ようやく生地の上に1つ目の「南瓜のムース」」部分が出来ます

次はキャラメルのオンパレード!
まずバーズキャラメルというものを砂糖を焦がして生クリームを加えて作り、熱いうちに卵黄を合わせ、バターも加えておきます
次にまたキャラメルを作って、それを使ってイタリアンメレンゲを作ります
キャラメルとバターのパートとイタリアンメレンゲを合わせて、キャラメルのバタームースの完成です

仕上げは再度キャラメルを炊いて、そこに凝固剤、コーンスターチ、コニャックなどを加えたジュレ

このお菓子を作ったことがある方はおそらく口をそろえて「あ~、あの美味しいけど、作業の多いケーキね」とおっしゃることでしょう
そうなんです 美味しいけど・・・なのです

自宅での再現率が非常に高い昨日のマダムでさえ、「これは自宅ではねぇ・・・」とおっしゃったのですから
私もマダムとだから(マダムは本当に手早くお上手で、私も久しぶりに食べたかったので(ФωФ)フフフ・・・)このメニューを承りました
マダム、さすがでした! 驚きのスピードで作業を終わられました
このメニューを4時間ほどで洗い物まで終わることができるとは!

有難うございました
お疲れさまです<(_ _)>

試食タイムのご感想「南瓜の味がしない・・・?でも、やっぱりバタームースは美味しい!」
嬉しいような力が抜けるようなコメントをいただきました
材料の南瓜そのものの味が弱かったのが1つの原因かもしれません
スミマセン、味の濃い南瓜が見つかりませんでした
南瓜というのは本当に難しいです
今回のケーキでの南瓜は隠し味的でした

マダムから嬉しいいただきものです
タイ料理のお店で「自家製です」と売られていたという唐辛子とナンプリック
そして、マダムの畑からのパクチー
b0254207_20281736.jpg
いつも有難うございます

マダム、今年も楽しい時間を有難うございました
少しはやいですが、どうぞ良いお年をお迎えください(´ω`*)


by BakingEveryDayTM5 | 2018-12-21 20:29 | Cake | Comments(0)
<< Frankfurter Kra... 昨日の企みのつづき♪ >>