人気ブログランキング |

ガレット・デ・ロワ

今日1月6日はキリスト教でいう「公現祭」「顕現祭」などと呼ばれる日です
西方教会、東方教会、正教会・・・と、キリスト教のことはよくわかりませんが、この日にこのガレット・デ・ロワを食べるということは知っています(ФωФ)フフフ・・・
パイ生地でアーモンド・クリームを包んで焼いたお菓子です
お店ではフェーブという陶器の小さい人形などを入れてあったり、金色の厚紙で作った王冠を添えて売っています
イルプルのお店では、このアーモンドクリームだけのもの、リンゴ入りのもの、ピスタチオとアーモンドクリームを合わせて杏を入れたものが売られているそうです
b0254207_15455384.jpg
組み合わせ的には、ピスタチオとアーモンドクリームを合わせたものに杏が入っているものが好みだなぁ~・・・と、思いつつ、味を空想で描いていたら、なんと昨年、府中の先生とのレッスンの時に、なんと3種類のガレット・デ・ロワの試食をごちそうになりました
まことに、ショックなほどの贅沢をいただきました

b0254207_22171213.jpg
このガレット・デ・ロワのサイズは直径16cmほど
日本人なら4人ぐらいで分けるのにちょうどいいですが、欧米系の方々には「これ2人分?もしかして、独り占めしてもいいの?」って言われるかもしれません
以前つくばに住んでいたラテンな友達Gちゃんと一緒に12㎝サイズの苺のシャルロットを作ったとき、ドイツ人のご主人はてっきり1人分だと思ったようで、Gちゃんがコーヒーを入れている間にほとんど食べてしまっていたというのはホントの話

さて、明日、私は仕事はじめです
みんな冬休みは帰国せずにいたはずですので、まずはその話を少し聞いてから授業を始めるとしましょう(*´ω`*)


by BakingEveryDayTM5 | 2019-01-06 17:52 | Pastry | Comments(0)
<< 北京ダック風サンドイッチ Mille Fieille >>