人気ブログランキング |

2012年 08月 23日 ( 2 )

PEACH CLAFOUTI

b0254207_1746748.jpg実家の母が送ってくれた沢山の桃、ついに残り2つとなり、1つはそのままで食べて、もう1つは桃のクラフティとなり、終了。

以前UPした『CHERRY TART』 は、この桃のクラフティと兄弟です。
砂糖、卵、生クリームを主体としたプリンのようなアパレイユを入れて焼いてあるので、『さくらんぼうのクラフティ』と、するべきだったかもしれません。

私にとって、桃はお菓子に使うのが難しいです。
桃の色と香りと味をお菓子に反映させるのは、ゼリー以外、私には不可能だと分かりましたので、以後自己満足な努力は慎しみます。
でも、この桃のクラフティは冷やして食べると『桃入りカスタードプリン』としてギリギリOKのところ。

やはり、デリケートな味の美味しい桃はそのまま食べるのが1番です。
モモさん、スミマセンでした。

それに比べ、同じモモでもネクタリンは普通の桃より酸味が強いので使いやすいです。
(お値段も少し安くて・・・買いやすいので、嬉しいです)

ネクタリンもスーパーにお目見えしています。
よ~し、次はネクタリンかな。

ついでにプルーンも。
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-23 17:48 | Pastry | Comments(0)

SHE KNOWS MUFFIN'S MUFFINS

b0254207_9224423.jpgウフフ・・・
嬉しいいただき物あり。

ジャ~ン、She Knows Muffinのマフィンです。

HEART柄のPINK色の箱の中に、ミニサイズのマフィンが12個も入っています。
ココア、チョコチップ、ブルーベリー、胡麻、アールグレー・・・
どれも可愛らしくて、どれから食べようかと迷ってしまいます。

ところで、以前からMUFFINと CUP CAKEの違いが分かりませんでした。
いい機会なので、少し調べてみました。

カップ・ケーキはmini cakeに属し、たいてい可愛いデコレーションがなされている。
マフィンはquick breadで、甘いタイプだけでなく、塩味savoryタイプのものもある。

なるほど、確かにそうですね。

配合が違うそうで、あるお菓子研究家さんのブログによると、カップケーキの生地の基本はバターケーキ(バター、卵、砂糖、粉がほぼ同量使われている)だそうで、一方マフィンはバター少な目で卵や砂糖も少な目で水分に牛乳を加えている・・・とか。

ふ~ん、そうなんですね。

作るプロセスも違うそうで・・・(でも、長くなるので以下省略、失礼いたします。)

さらに、CONNOTATION(言外のほのめかし)として、マフィンにはmuffin top=「ウエストのベルトの上にのっている余分な・・・」という意味もあるようです。

“Do you know the Muffin Woman?”
“Yes, I know the Mffin Woman
The Muffin Woman
The Muffin Woman
Yes, I know the Muffin Woman
Who lives in TM5.”

・・・自虐的に歌ってみましたが、しゃれになりませんな。

さて、調べてみて1番面白かったのは、 これ!

If you threw a cupcake against the wall, you would hear something of a “poof!”
If you threw a muffin, you would hear a “thud!”

カップケーキとマフィンをそれぞれ壁に投げつけてみたら、音が違う、って。
う~ん、さすがに日本人にはない発想ですね。
BEST ANSWERはこれに決定!

でも、良い子は決して真似をしないでください。
by BakingEveryDayTM5 | 2012-08-23 09:24 | いろいろ | Comments(1)