人気ブログランキング |

2013年 01月 04日 ( 2 )

STAUB 台所デビュー

b0254207_17125219.jpgこの写真、見覚えありませんか
そうです、年末に購入した鍋STAUBです
このお正月中ずっと台所のカウンターに飾ってありました
主人が「いつから使うの?」と、ついに昨夜聞きました

わかってないな~
御NEW~!な物を使う前の気持ち
この鍋にとってのデビュー料理となるのですから、いつも以上に絶対に失敗したくないというドキドキ感
だから、何を作ろうかと思案しているこのワクワク感

失敗しないように折角レシピ本を買ったのだから、その通りに先ずはやってみればいいのですが、それではオモシロくない! というのが、私のへそ曲がりなところ

その結果、結局 炊飯器で作り慣れている『牛蒡と蛸のピラフ』にしました
作り慣れているからこそ、いつもの味と炊き具合がわかっていて、改善点が見えるからです
(それに、具も牛蒡と蛸だけなので、失敗しても損失小)

さて出来上がりですが! デビュー写真にしては悲しすぎる写真です・・・
撮り直そうにも、すでにお腹の中に入ってしまいましたので、もう遅いわけです

具が牛蒡(色が御飯と同じで見えません)と蛸だけなので、見た目が寂しい彩のうえ、蛸の足の上に米粒がのっていて見場悪いし・・
これでは、いくら「美味しいんですよ~!」と叫んでも信じていただけそうにありませんね

・・・炊きあがりの感想は、思った以上に上手く(ほぼ完璧?)炊くことができたので満足です
BEGINNER’S LUCK? そうかもしれませんが、それにしても フフフ~
これは、はまりそうです
週末主人のCURRYと私のSTAUB御飯で今年いっぱいぐらいは楽しめそうです

ところで、このピラフは炊飯器でも簡単にできますので、「晩御飯面倒くさ~い」時に是非お試しください
また、お酒の席にも合います
b0254207_1710228.jpg
材料:米2合
   日本酒(あるいは白ワイン)0.25~0.5合 
   水1.75~1.5合
   *酒と水を合わせて2合弱がいいです
    炊き込みご飯は少しぐらいしっかりした歯ごたえがある方が美味しいですから
   牛蒡2分の1本 (ささがきにする)
   蛸 250~300g (スライス)
   オリーブ油 大匙1~2
   *癖の少ないオリーブ油を使ってください
    あるいは、サラダ油が無難です
   塩適量

作り方:米をさっと洗って水を切っておく(米を研ぎすぎないこと)
    鍋にオリーブ油(あるいはサラダ油)を入れ熱する
    米を入れてさっと炒め、牛蒡、蛸、酒+水、塩少々を入れて炊く

食べる時に、紅生姜をのせると美味しいですし、色も綺麗です
今日のお昼は、この御飯、卵焼き、豆腐とホウレン草の味噌汁でした
正月あとの昼御飯だから、これで充分

このSTAUBでは、いったん沸騰したら中火にして蓋をして1分、弱火にして10分、火を止めて10分蒸らしました

さて、改善点ですが、主人の意見では「固さはOKだったけど、炊きあがった米にもう少し艶があったらいいかな」
う~ん、確かに・・・米が艶やかに立っている状態が出来たら最も理想的ですよ~ でも、いつかはきっと!

私としてはおこげが全く出来なかったこと でも、主人も智子もおこげが好きじゃないので、2人とも満足
「しっかり炊けて、しかも、おこげがないから良かったじゃん~」と喜んでもらえました

土鍋で同じ『牛蒡と蛸のピラフ』を炊いた時は、きれいなおこげができました
でも、2人とも興味なし 逆に 「底の部分、ぜ~んぶ母ちゃんにあげる」と、言っていただきました
逆に、食べる部分が減ったぐらいに思っていたようです
ビビンバもパエリアも、おこげの部分が美味しいんだけどなぁ

次のメニューは既に決定『チキンとアサリのパエリア』、 その次は『スペアリブと大根の煮込み』だな
今朝のおみくじ19番に「雑念多し全力を尽くせ」と書いてあったので、他のメニューを考えず、STAUBを使いこなせるようにしてみます

あ・・・でも、来週にはル・クルーゼが届く予定 やはり神様は御見通し 「雑念多し」ですかぁ~
by BakingEveryDayTM5 | 2013-01-04 17:21 | KOO食堂 | Comments(0)

初詣 & 因縁のおみくじ19番の話

b0254207_934010.jpg皆様、初詣にはいらっしゃいましたか
我が家は・・・毎年1月3日に筑波山神社へ行くのが恒例となっていましたが、昨日3日の朝は寝坊してしまいました
車で混雑する参道を想像すると、それだけで憂鬱・・・
「明日にしよう。明日は例年通り早起きして行こう。」ということになりました。

朝5:00過ぎに起きて、5:40出発
6:30に筑波山神社駐車場に着いた時は、まだ暗かったですが、すでに参拝客が来ていました
きちんと御手洗で手を洗い(ただしノロウィルスが怖かったので、口は漱ぎませんでした)、二礼、二拍、一礼で神様に今年も宜しくお願いいたします・・・
b0254207_9134191.jpg
そして、おみくじ・・・・
おみくじの・・・嘘のような実際にあった話をいたしましょう

10年前ぐらいのこと、筑波山神社で私は同じ19番のおみくじを3年連続で引きました
ものすごいレアな確立ですよね
そして、3回目の19番を引いた時、嫌になって神社の木に括り付けて帰ってきました
ところが、その年の節分の恵方巻きをスーパーで買った時、「筑波山神社おみくじ付」で、私が買った恵方巻きには、何とまた19番!
急いで買ったので、番号なんて気にしていなかったのです
私が神社の木に括り付けたものが、私の元に戻ってきたようで気味が悪かったです

19番は「末吉 はなされし かごの小鳥の とりどりに たのしみおおき 春の のべかな」と書かれてありました
願望 他人を助けよ 人の助けにて叶います
学業 雑念多し 全力を尽くせ
病気 治り際が大切 等々、御忠告いただきました

このおみくじがが私に言いたかったのは、きっと「学業」についてだったのでしょう
その頃、中検の勉強中でした
先生は熱心に教えてくださっていたのに怠け者の生徒の私は勉強が捗っていませんでした

さすがに4回目の19番が出た時には 「勉強すれば合格できるし、この19番から解放されるにちがいない!」と思い、頑張った末、その年の夏の中検に合格しました
b0254207_9152496.jpg
その後この家に引っ越す際に、この番号とは縁切れしようと、3枚の19番を捨てました
それ以降19番は出てきていません~ メデタシ、メデタシ~!でした

・・・今朝までは

そうなんです
今朝・・・再び19番を引いてしまいました
上に19番の詞が何故詳しく書かれているか少し不思議だとお思いになりませんでしたか
それは、その19番がここにあるからです

私の19番を見て、主人も娘も不気味がっていました
「ものすごい確率だよね・・・これ」と、主人
「のろわれてるんじゃねぇの~?」と、娘

本当に、これが3億円の宝くじだったら・・・・どれほどいいことか

神社に括り付けてくるべきかどうか迷った末、持ち帰りました
きっと、「学問」の「雑念多し全力を尽くせ」が私に語りかけているのだろうと思ったからです

ちなみに娘は生まれて初めての大吉だったので、大喜び
しかし、喜んでいてはいけません、大吉の上は無いのですから・・・・

帰る頃、ようやくお天道様が昇り、富士山とスカイツリーが見えました(写真にはスカイツリーが見えませんね)
富士山が見えると、「きっと今年も良い年になる!」そんな気分になれるのが不思議です

以上、1日遅れの初詣 & 因縁のおみくじ19番の話でした
b0254207_9154026.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2013-01-04 09:23 | いろいろ | Comments(0)