人気ブログランキング |

2013年 08月 15日 ( 1 )

Sabure croustillant aux cassis et senteur de violette

久しぶりに可愛いビジュアルのタルトを御紹介しましょう
『スミレの香りとカシスのカリカリしたサブレ』という長い名前のこのお菓子は、先週参加したドゥニさんの7年前の作品で、生地はシュクレ、アパレイユはカシスです
b0254207_1702217.jpg


カシスは、御存知のとおり 口がすぼまったままになるほど酸味の強くい魅力的な素材で、ピューレを使います
おまけに、カシスのリキュールがやみつきになる独特なまったりした味で、これも一緒に混ぜ合わされます
卵と砂糖も入るので、思ったほど酸っぱいアパレイユではありません

空焼きした生地にカシスのアパレイユを流し、焼きます
そのあと、ホワイト・チョコレートのソースをかけるんですが、ここにスミレの香りが加わります

アパレイユを入れて焼いたタルトが冷めるのを待つ間にソースを作ります
しかし・・・問題はスミレのエッセンスの分量
このタルトは14cm、竹串の先で10滴入れて味見した途端、あまりの強烈さに涙が出そうになりました

その後しばらくの間、すべてのものがスミレのエッセンスの香りに支配されてしまったような感じさえしました
おそらく、エッセンスが手か服に少し付着していたのかもしれません

それにしても、このソースをかけてしまったら、アパレイユはどうなるんだろう
食べられなくなったらどうしよう

アパレイユが冷めるまでの約1時間悩みました

ドゥニさんのお菓子なんだから、アパレイユと一緒に食べれば、印象が全く違うものになるんだろう・・・と、結局ソースをかけて、少し飾りをつけて冷蔵庫へ

今日、お菓子教室のお友達が、ペットと食べ歩きの楽しみを共有しているというお友達と一緒に遊びに来てくださいました
私がスミレのエッセンスを購入したとき、1000mlという超大量瓶しかなかったため仕方なく購入したのですが(「わずか数滴なんだから、少し分けてあげるよ」と、親切に言ってくださったお友達もいたものの、申し訳なくて・・・・)、それを知ったこのお友達がいくらか引き取ってくれました
なので、折角遊びに来てくれるなら、エッセンスの量の調整の参考になるだろうかと思い、このタルトを作って試食してもらいました
b0254207_171043.jpg


一緒に試食してびっくり!
信じられないほどアパレイユと、スミレの香りのソースがマッチしていて、今までにない美味しさでした
やはり、ドゥニさんのお菓子なんだ~ と、改めてその美味しさに驚きました

こんなに美味しいのなら、18cm型で作ればよかった・・・
でも、できなかったんだなぁ~

どうしてかって? ・・・スミレの香りの量が不安だったから?

いいえ、違います
それは、カシスのリキュールが、いつしか冷蔵庫の中で蒸発してしまったためです
もともと1本あったわけでなく、100ccほどしかなかったのですが、いつしか5分の1ほどに・・・
変ですねぇ 私の冷蔵庫の中には、どうやら何か目に見えないものが住んでいるようです 

ふふふ~


PS.今日は暑い中、遊びに来てくださって有難うございました
楽しかったですね~ また近いうちに、お会いしましょう
by BakingEveryDayTM5 | 2013-08-15 17:03 | Pastry | Comments(4)