人気ブログランキング |

2014年 02月 28日 ( 1 )

LINTZER TORTE

3か月ぶりの武蔵小金井オーブンミトンでのレッスン
メニューは『LINTZER TORTE リンツァー・トルテ』 
b0254207_2255245.jpg

スパイスの効いたタルト生地にラズベリージャムをのせて、表面を格子模様に飾ったオーストリア、ドイツ方面でのお菓子として有名ですが、ミトンの先生のリンツァー・トルテはフランスのパティスリーLe Stubliで召し上がって「美味しい!」と思われた味をイメージしてお作りになったものだそうです

普通、リンツァー・トルテのイメージはしっかり焼かれた生地に少しジャムが煮詰まったイメージですが、ミトンのリンツァートルテの生地はタルトではなく、ヘーゼルナッツと粉類にスパイスを加えたボウルに柔らかいバターを加えて混ぜて作った、クッキーとパウンドケーキの中間ぐらいの食感の生地を敷いてあります
ジャムはわざと柔らかめにして、焼き上がっても煮詰まった感じを与えないようなルセットになっています
日本人の感覚にとても合う食べやすく美味しいお菓子に仕上がります
なので、ひらがなで 『りんつぁ~・とるて』と書いてもよさそうな・・・

ところで、先生はスパイスがお好き  以前カレーを教えていただいたことがあります

レッスン当日、教室の机の上に何故かクロック(スパイスを砕いたり粉末にする石臼)が・・・
リンツァー・トルテに入れるナツメグをマイクロプレーンで擦って、小さくなった欠片をこのクロックでさらに砕いて粉末にするために準備されていたんです
お材料を最後まで大切に使う先生、「小さくなって擦れなくなったら、こうやってクロックで砕いて使い切ってください。これは、タイ食材の店で売っています。」って・・・
「せんせー、普通の家庭にはこのクロックはありませんよ~」と、つい言ったら、先生も「そうだね~」って、笑っていらっしゃいました

今では2か月に1度のコースになっているオーブンミトンお菓子教室
今回はいつものクラスではなく、振り替えクラスだったので知り合いが誰もいないはずでしたが、運の良いことに、以前御一緒していたお友達がこのクラスに編入なさっていることがわかり、レッスン数日前に連絡してみました

彼女は今では西調布にあるDENというカフェを任されていて、定休日以外はお菓子と飲み物をお客様に出しながら、忙しく頑張っていらっしゃいます
久しぶりに駅で待ち合わせしたら、彼女は私の顔を忘れていたようで、「えっ?KOOさん?前の印象と違う~・・・前より濃いよ~」って

「前より濃い~」というのはどういう意味でしょう?

飄々としてユニークな彼女のキャラは変わっていなくて、楽しくおしゃべりしながらランチして、その後いっしょに教室へ向かったのでした
帰りの電車でも、カフェでのお話やいろいろ・・・とにかく毎日が楽しくて仕方がないという感じでした
そのせいでしょうか、私と同じ年なのにとても若く見えます
やりたいことに従事できるのは本当にやりがいのあることです
頑張ってください!  暖かくなったら、カフェに遊びに行きます♪
by BakingEveryDayTM5 | 2014-02-28 22:59 | Pastry | Comments(0)