人気ブログランキング |

2015年 05月 23日 ( 1 )

我が家の庭では強いもののみ生き残れる・・・・

今朝、「松代ローズ・オープンガーデン」という件名で「今日と明日やってますよ~♪」と、普段からいろいろお世話になっている方からメールをいただきました
お知らせ有難うございました <(_ _)>
すっかり忘れておりました
毎年この時期になると松代地域にある数件のお家がお庭を一般公開してくださるんです
1年間大切にお世話してこそ美しく咲くバラやその他の花たちを見せていただくと、「うちも庭の仲間たちを大切にしてあげなきゃ・・・」とその場では深く心に誓い、家に戻ると「明日からやろう」で、その誓いが弱まり、翌日にはその誓いが5月の風と共に去りぬ~

こういう私の庭では植物たちの弱肉強食ワールドが見られます
どんなに高価で美しい新種のバラたちも、多くは強い品種に淘汰され、現在も頑張っているのはジョイフル本田で600円で買ってきたモッコウバラをはじめ、玄関横の野ばら(もう終わりかけ)と、
b0254207_18403828.jpg

カーポートのアンジェラと、
b0254207_18331340.jpg

同じくカーポートのところで咲いている薄ピンクのF.ジュランビル  
ほんのりリンゴのような香りがします
b0254207_18333656.jpg

そしてF.ジュランビルの横にある(ピンク色と黄色の品種は時期が終わりましたが)白いハニーサックルは間もなく咲きます
b0254207_1834233.jpg

クレマチス兄弟
b0254207_18342176.jpg

クレマチスのフェンスのそばに咲いている緑光
このバラは、娘が選んだ品種で冬中蕾を付けては花を咲かせていました
本当なら、冬の間は休眠させないといけないんですよね・・・
持ち主に似ていない勤勉なバラです
b0254207_18344255.jpg

ロイヤル・サンセットという杏色の大輪のバラが今年の春、芽を吹きませんでした
その逆に、昨年の秋に枯れてしまったように見えたので地上から20cmのところで切ってしまったロココという品種のバラが蕾を1つ付けました
もしかしたら、これが本当に最期の1輪かもしれませんが、最後まで一生懸命咲かせようとする姿に感動です
(・・・・こんな姿にさせたのは他ならぬ私です ごめんなさい)
オープン・ガーデンでの反省はうわべだけのもので、ロココの蕾を見た時のあのじ~んとした悲しさが本物の反省だと思いました

メールをくださった!(^^)!さん、有難うございました
バラを鑑賞するのは楽しいですが、それよりご一緒しておしゃべりしたかったです
でも近いうちにランチへGOですし(とても楽しみ♪)、その時に今日のオープンガーデンでのお話を聞かせてください♬
by BakingEveryDayTM5 | 2015-05-23 18:42 | 庭の仲間たち | Comments(0)