2017年 09月 26日 ( 1 )

タルト・フロマージュ

今日から自宅レッスンが始まりましたが、本日は昨日の備忘録から♪
昨日はイルプルから晴れ晴れした気分で帰宅中、携帯にフランス料理でご一緒したSさんからメールをいただきました
やり取りしているうちに、なんと同じ電車に乗っていらっしゃることがわかり、駅前のサザコーヒーでおしゃべりタイム!(^^)!
夏休み前にお会いして以来で、話が途切れることなく、気が付けば2時間たっていました
お店に入る前は外は明るかったのに、真っ暗
夜の空にピカピカ静かに雷さま

家に帰って夕食済ませた後、美味しんぼうのAMIさんがお庭から柿を持って来てくださいました
こちらも「お久しぶりですねー」と、言っているうちに外は加速的に大荒れ!
物凄い閃光と地響きするほどの雷 
あの音と地響きからすると、あちこち落ちたのではないでしょうか
危険な状態が収まるまで家に待機していただき、その間またおしゃべりタイム!(^^)!
女性はおしゃべりが好きなものですからね(ФωФ)フフフ・・・

さて話は変わりますが、下にUPするお菓子は『タルト・フロマージュ』といいます
b0254207_07284359.jpg
フロマージュブランに卵黄や粉を混ぜ、それと大量のメレンゲを混ぜて作るチーズのケーキです
名前の『タルト・フロマージュ』というのは、底生地がシュクレ生地だからでしょう
この湯煎にかけて焼くチーズケーキは混ぜ方次第で、口の中で崩れるように溶けていくものになるのか、おでんに入れるハンペンのように潰れて締まったようなものになるのか、天と地ほど差が出るお菓子です
混ぜ方だけでなく、焼き加減も難しい・・・
こんな難しいメニューが本科Ⅰの早い時期に出てきていたとは、本科Ⅰ終了後7年ぶりに再受講を受けるまで認識しませんでした
(つまり、この7年間の間に1度も自宅で復習していなかったということですね)
メレンゲを切るようにエキュモワールで混ぜること、ふっくらした卵の気泡を壊さないようにそっと木べらで混ぜること、基本中の基本に不安を感じたとき、再受講で先生に見えていただけるのは本当に有難いです
昨日もそんな1日でした

ここ数か月はバターケーキやサブレなどを中心に練習してきましたが、そろそろ涼しくなってきていることですし、次はフィユテ(パイ)とルべ(クロワッサンとブリオッシュ)です
バター不足になりそう? 
地味に買いためていくことにしましょ (ФωФ)フフフ・・・

さて、AMIさん、柿をいただきまーす
b0254207_07481887.jpg




[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2017-09-26 18:20 | Cake | Comments(0)