2018年 05月 29日 ( 1 )

Daurade auz legumes a l'emulsion d'huile de noisette grillee

今日は藤沢のフランス料理教室『ねこのひげ』さんでT先生に「タイト野菜の蒸し煮・ヘーゼルナッツオイルノソース」を教えていただきました
御一緒したのは前回と同じくMさんです
本当は先月Mさんと一緒にうかがえればよかったのですが、お互い都合がつかず、1か月延ばしになってしましました

今日の手順は、ガルニチュールの野菜類を切ることから始まりました
(鯛は先生がおろしておいて下ったのでホッ・・・)
にんじん、かぶ、いんげん、絹さや、アスパラ、グリーンピースを種類別に茹でておき、仕上げに載せるイタリアンパセリとセルフィーユ、シブレットもカット
ヘーゼルナッツは先生がグリルしておいてくださいました

次にソースの準備
バルサミコ酢やヘーゼルナッツオイルなどを乳化させず混ぜます
こういう分離したソースを『エマルジョンソース』と呼びます

そして鯛を塩胡椒とオイルで表面に香りをつけて蒸します
蒸している間にガルニチュール加え温め、バターをからませておき、お皿にON
先生の盛り付けです
b0254207_20495225.jpg

Mさんの盛り付け
b0254207_20501648.jpg

そして、私の盛り付け
b0254207_20500784.jpg

ビッシソワーズ(鶏出汁を取るところから始めてくださったそうです<(_ _)>有難い)と鶏レバーのパテも出してくださり、
b0254207_20505059.jpg
皆まとめて記念撮影♪
b0254207_20502582.jpg
鯛の蒸しあがりは身がしっとり 
野菜の茹で加減も、固くなく柔らかすぎず
塩加減もぴったり決まっていました
バルサミコ酢とヘーゼルナッツオイルのソースがパンにつけても美味しかったです
そしてグリルしたヘーゼルナッツの食感もGOOD
今まで教えていただいたお料理も美味しかったですが、今回の鯛は復習可能&必ず復習実行確約メニューです
ただ、我が家のナッツアレルギーの娘にはオリーブオイルかこめ油を使用いたしますが

T先生はいつでもお花を欠かさず飾っておいてくださいます
b0254207_20504371.jpg
今日は芍薬 ほんのり優しく甘い香り

そして、デザートも!御馳走になりました
b0254207_20505933.jpg
今日の鯛は先生がさばいておいてくださいました
鮮度抜群 やはり藤沢です
自分でさばければよいに決まっていますが、そこはやはり・・・私はやりたくないのです
でも、切り身の鯛でも新鮮であれば、今日のメニューは非常に作りやすく見栄えもし美味しいです
切り身に骨がついていても「お箸でフレンチ」ということでフォークとナイフの代わりにお箸をつけたら、それも素敵

T先生、今日も美味しくて素敵なメニューを教えてくださり有難うございました
また宜しくお願いいたします(*´ω`*)
Mさん、またお時間が合えば御一緒させてください!(^^)!
b0254207_20503671.jpg




[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-29 21:18 | Cooking Lesson | Comments(0)