人気ブログランキング |

2018年 07月 22日 ( 1 )

サーモン&ディル&パルメザンのタルト

昨日の朝、庭の草むしりをして、今朝は見事に全身筋肉痛(*´Д`)
今朝も続きをしようと思っていましたが、ムリっ
無理はやめましょう 時間はたっぷりありますからね
でも、スイッチが入っているうちにやらないと、またしばらくやる気になれません

今朝は庭に咲いているディルを使って鮭のキッシュ作り
鮭というと、私を御存じの方々でしたら「クマのKOOさんが鮭をくわえて仁王立ち?」とイメージなさるかもしれませんので、あえて「サーモン」とタイトルに書きました

鮭を蒸し焼きにして身をほぐし、卵と生クリームとパルメザンチーズたっぷりのアパレイユに刻んだディルを加えて空焼き済みの生地に入れて焼くだけ
味を想像するに非常に予想容易すぎるので、銚子のグレイさんの奥さんにいただいたスモーク・ソルトを隠し味に(*´ω`*)パラパラ・・・

焼いているうちに付け合わせに胡瓜の酢の物・・・いえ、きゅうりのピクルスを作ります
ピクルスっていうより、この外見はやっぱりは「酢のもの」ですよね
b0254207_08171336.jpg
お酢は何でもいいのですが、今日冷蔵庫にあった白バルサミコ酢
この酢のものにもディルの葉をパラパラ
つぼみも一緒に漬けます

オーブンで25分 はい、できました
b0254207_08172347.jpg
冷やした方が美味しいですが、粗熱取れたら、さて一口
b0254207_08173372.jpg
酢の物は付け合わせですので、どなたかにお出しするなら小さい容器に入れた方がいいですが、自分で食べるなら、のせてパクっと
直径12cmほどの小さいサイズですので、キッシュがボロボロしないうちに口の中に消えます

実は、私はディル単体のにおいが苦手
でも隠し風味としてのディルは良い仕事してくれます
今日はもう少しアパレイユに加えてもよかったかな・・・と
b0254207_08174448.jpg
だから、ディルの花をちょこっとだけのせて香りをプラスしてたべました
レースフラワーのようなディルの花、花を下向けて持つと、
b0254207_08432852.jpg
線香花火のように見えませんか
b0254207_08411681.jpg
前回のキッシュの次は、ズッキーニを使おうと思って、既に材料購入済み
でも庭のディルを見たら、使いたくなって急遽変更
12cmほどのリングで使用したのはブリゼ生地100g、鮭100g
アパレイユはだいたいのところですが(すべて計量スプーンで計っています)生クリーム大4、卵大3、粉チーズ大4、ディル小2ぐらい
・・・という実にアバウトな量です
ちなみにサーモンは骨を取るのが面倒なので、刺身使用です
(閉店前ディスカウントのサーモンで充分です)
仕事以外での料理に関しては、まじアバウトです

ところで、あと1週間ほどで7月が終わります
(なんかいつもこういうことを書いています)
先日、某番組で「どうして大人と子供とでは時間の過ぎるはやさの感覚が違うのか?」ということを説明していました
ワクワク&ドキドキ感の違いだそうですね
17歳ぐらいを境に時間の過ぎるのがはやく感じられるとのことで、はやく感じるというのはワクワク&ドキドキする感覚が少なくなっているそうです

「ぼーっと生きてんじゃねぇーよ!」って、その番組のキャラに言われそうですが、本当に毎日時間があっという間に過ぎていきます
そう怒鳴られてもいいから、この暑い時期は超特急で過ぎてほしいです
b0254207_08165599.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-22 10:18 | Pastry | Comments(0)