人気ブログランキング |

2019年 07月 05日 ( 1 )

今年の紫陽花

今年の紫陽花は2輪だけ
春に驚くほど刈り込んでもらったので、花芽も一緒にGONE
あんなに刈り込んでもらったのに、すでにうっそうとしています
雨に濡れた紫陽花 楚々と咲いて可憐です

b0254207_22214255.jpg
話は変わりますが、一昨日、イルプルーからお免状が1通届きました
バレンタインデーに合格した試験 
お店と教室が合同になるための引っ越しや修理で時間がかかったのでしょう
あれからもうすぐ5か月
お免状のことを忘れかけていました

イルプルーに入学したのは2010年、娘が中等教育4年(高校1年)になったとき
私は娘が小さい時から「子離れ」していたので、娘が3年後に大学に進学して離れて行っても、「寂しくなるんだろうなぁ」とは思いませんでしたが、その頃忙しくしていた日本語の仕事、今後この仕事しかないのは「寂しいだろうなぁ」とは思っていました
ずっと続けられそうな新しいことを始めるとしたら、何がいいだろうかと考え、食べることが好きだから「料理!」、じゃあ、どんな料理?・・・興味はあったけど、習ったことがなかったことをしようと思ったのが「お菓子!」
美味しいものを食べる時にシェアする気持ちは言葉以上のコミュニケーション♪
つくばには正直なところ美味しいお菓子屋さんはフレッソンさんだけでしたので、美味しいお菓子を作れるようになったら楽しいだろうなぁ♪・・・というわけで、イルプルーへ通い始めました

当時は弓田先生を中心に椎名先生と深堀先生がいらっしゃって、今思えば、なんと贅沢な授業を受けていたのでしょう
クラスでお友達にも恵まれ、毎週スクールバッグ(保冷袋)をもって通うのが、忙しいながらも楽しかったです
お菓子作り超初心者の私にとっては、イルプルの体育会系なスピードに押し流されている感もありましたが、先生方やしっかりした助手さんたちと友達のおかげで、本科ⅠとⅡ、卒研ⅠからⅣまでを数年で終了しました

当然のことながら「終了=できている」ではありません
混ぜ方は本当にこれでいいのかしら・・・とか、パイやチョコレートを家で復習していない・・・と、心の中のモヤモヤがあったとき、「そろそろ受けてみては?」と、
私が迷っているのを察しているようなことばを色々お世話になっている方(試験中にも色々励ましていただきました)から
試験を受けるために再受講へ行き始め、再受講しては試験、また再受講しては試験・・・と、ほとんど自転車操業のような状態の約2年間
もともと試験を受けるのは嫌いじゃなく、正直なところ楽しかったです
試験は自分がわかっていない部分を指摘してもらうための機会、不真面目な私が真面目な気持ちで取り組める有難い時間
・・・ただ、フィユテがどうしてもうまくいかず、これのために時間が随分かかってしまいました(*´Д`)
1つの試験が終わるたび、これで本科Ⅰで理解しておくべき内容が少しわかった!気がしていましたが、今の思いは「足りるを知る」どころか、「足りぬを思い知る」

学如逆水行舟 不進則退

学ぶということは、止まってはいけないもの 
そういうことです
お免除が入れられている筒を眺めながら、思ったこと

卒研Ⅴの未習レッスン、まだ2回残っているから、秋以降に受けに行かなくちゃ・・・
b0254207_22215154.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2019-07-05 00:07 | 庭の仲間たち | Comments(0)