カテゴリ:Pastry( 190 )

ブロッコリーとブリーチーズのキッシュ

暑い時にタルトは食べたくないと思われる方が多いかもしれません
(作りたくないと思う方は確実に多いと思います)
でも、素麺と冷奴の昼ご飯に少し飽きてきたら、お惣菜タルトの出番です

成城石井でブリーチーズがセール価格になっていて、思わず買っちゃいました(ФωФ)フフフ・・・
このチーズを角切りして、冷蔵庫に残っていたブロッコリーとアパレイユを合わせて焼いたら出来上がり
b0254207_17030871.jpg
ベーコンをのせる予定はなかったのですが、娘が朝ごはんにベーコンを焼いていたので少し失敬して、キッシュ焼き上がり後にトッピング♪
b0254207_17032074.jpg
ブリーでは塩気からっきし足りませんでした
MEMO①アパレイユに塩を足すか、もう少し塩気のあるチーズをトッピングに振りかけて焼かないと実にBLAND
②途中で味に飽きたので、フレンチマスタードを少しつけると酸味が加わって良かった
b0254207_17025794.jpg
次のキッシュはもう決まっています
夏野菜のあれを使って( ^ω^)・・・あれですよ、あれ・・・あ・・・名前が出てきません
最近、こそあど言葉での話が多いせいか、時々名前が出てきません

そのうちUPしたら、ご覧くださいませ(*´ω`*)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-19 18:06 | Pastry | Comments(0)

ラズベリーとマスカルポーネのクリーム美味な『Evasion』

今日は自宅レッスン日♪
暑い中、お越しくださったのはEさんとOさん
メニューはラズベリーとマスカルポーネのクリームが可愛く美味しい『Evasion』
シュー生地の上にクッキー生地がのっていて、ザクザク感がなめらかなクリームに対して良い食感

生のラズベリーが良い状態とは言えず、今回は冷凍ものを使用いたしました
でも山形のそらいろファームさんからのものですから、解凍してもドリップが多少出るものの、形がきれいです
安全ラズベリーのお味も極上です♪

シュー生地は初めてではなく復習会でしたので、OさんもEさんも楽勝でございました
私のデモの後、クッキー生地を作るデモを御覧いただき、それから各自生地作り
その後クリームもお作りになって、このとおり(*´ω`*)
手前がOさん作、Eさんのは後ろ側
b0254207_21262012.jpg
私のはこれ
b0254207_21263931.jpg
3つ並べたら、私のがどれかわからなくなってしまいますね(;^ω^)
EさんもOさんもきれいに作られました 良かったです
b0254207_21262941.jpg
仲良しのお二人のようなシュー2つ
私より少しお姉さんのお二人、お仕事において御家庭においてベテランの先輩
お年の話をするのは良くないのかもしれませんが、エイジングって悪くない・・・と、感じさせてくださるお二人です
b0254207_21264882.jpg
Oさん、Eさん、今日も楽しい時間を有難うございました
またお目にかかれる日を楽しみにお待ちしております(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-18 21:40 | Pastry | Comments(0)

アーモンド・クリームと砂糖のタルト

台風の影響で今日は雨
こんな日は台所にこもって、夏本番を迎える前の材料の在庫チェック
冷凍庫の中もついでに見て発掘してしまった・・・1か月ほど前に作ったタルトのブリゼ生地
リングにも敷き込んであって、冷凍庫に入れる時には何を作ろうか考えていたのだろうと思いますが、今ではもう思いだせません
最近、物忘れがひどい 
特技は『物忘れ』と言えるほどです

・・・思いだせたのは、手元にあるアーモンドの粉と砂糖で作れるシンプルなタルトのこと
バターにキャソナード、卵、水切りヨーグルト、アーモンドの粉を混ぜてアーモンド・クリーム出来上がり
イルプルでは一晩休ませるように習いますが、今日はこの教えを知らないってことで・・・

解凍したブリゼ生地にアーモンド・クリームを塗って、粉糖2回、キャソナード、ワッフルシュガー(あられ糖)をふりかけて180℃で約25分
冷まして、おめかしに粉糖ふりふり ワッフルシュガーもパラパラ
とてもシンプルなおやつの出来上がりです
あまりに見た目が寂しいのと、酸味が少し欲しかったので、サクランボを添えて
b0254207_13595347.jpg
今日のサイズは直径12cm
アーモンドが入っているので、娘は食べられませんし、アーモンドが入っていなくてもタルトは滅多に食べないので、私一人でも食べきれるほどのサイズです
ちなみに、カットする前はこのように地味です
カットしたからと言って、地味さが変わるわけではありませんが
b0254207_14000345.jpg
もし、皆さんの冷蔵庫あるいは冷凍庫に座布団のように重ねられて眠っているタルトの生地(シュクレ生地よりブリゼ生地がオススメですが)あるいはパイ生地が残っていて、アーモンドの粉も残っていたなら、このタルトのことを思いだしてください
アーモンド・クリームの量ですか?
適当でいいのです
たっぷり・・・でないほうが、このタルトには合います

明日は雨あがるかしら
散歩の時に合羽を着せたら、空の機嫌が悪いんです
シャンプーしたばかりだというのに、雨
もう犬臭が戻って来ていて、シャンプーの香りと空のオリジナルのにおいが混ざって・・・複雑なにおいを発しています(^-^;

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-06 14:45 | Pastry | Comments(0)

フレンチマスタード&チーズ&トマトのタルト

今日のブログに空の背中は登場致しません
というのは、今日はシャンプーと爪切りのため、空さんはお出かけ中なのです
出かける前、何かを察したようで、微かに鼻を鳴らしていました
プロにシャンプーしてもらうと、耳の中や肛門腺(´∀`(⊃*⊂)など、家では難しい部分もきれいにしてもらえます
水たまりに足を入れるのさえ嫌いで、毎朝毎夕の散歩の後の足洗いも渋々
私がシャンプーするときは声にならない悲鳴をあげています
今頃、さぞお店の人を困らせていることでしょう

さて、今日UPするのは暑い日のランチにぴったりのタルトです
b0254207_16571188.jpg
フィユテ生地が作れれば良いのですが、この暑い季節にはブリゼ生地
今回は12cmのタルトリングを使用しています
リングに生地を敷き込んで、フレンチマスタードを適量塗ります
その上にグリュイエールチーズをたっぷりすりおろし、完熟ミニトマトをスライスして並べ
b0254207_16572054.jpg
オーブンで約40分ほど焼くと、トマトがまるで濃厚ケチャップのようになります
b0254207_16570276.jpg
このまま食べてもOKですし、生のスライストマトをさらにONしてパセリをふりかけても美味しいです
夏にパイを作るのは確かに生地が浮きにくくなりますが、練りパイの食感に似たタルトのブリゼ生地ならずっと作りやすいです
3回分ぐらいをまとめて作っておけば、このようなタルトだけでなく、小さくカットしてカナッペや、チーズや胡麻のスティック・サブレにも使えます
トマトの他、ズッキーニ、茄子、新ジャガなど夏野菜で作るお惣菜タルトも美味しいです(*´ω`*)

さて、そろそろ空のシャンプーが終わるころ、連絡が来たら迎えに行くことにいたします
どんな顔して帰って来るかしら(ФωФ)フフフ・・・


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-02 15:14 | Pastry | Comments(0)

ヨーグルトクリームとクッキー生地をのせたザクザクなシュー

今日は自宅レッスン日♪
実に梅雨らしい天気でしたが、Chiさん、Kuさん、Kaさんの仲良しメンバーさんがお越しくださいました
今日はシュークリームの復習+新しいアイテム(?)のクッキー生地(この生地はイルプルの『evasion』と同じものです)をのせた生地を焼き、水切りヨーグルトと生クリーム(レモンのゼストと果汁はお好みで)に合わせた爽やかなクリームをサンドする初夏にぴったりなメニューでした

このままでも甘さと酸味のはっきりしたシューとして美味しいですが、つくばはブルーベリーの産地ですので、ブルーベリーのジャムを作って(好みの分だけ)シュー生地の裏に塗り、生のブルーベリーもサンドして仕上げました
b0254207_20212572.jpg
ここまで書くと、「あ!」とお気づきになる方もいらっしゃるでしょう
そうです♪ 少し前の卒研Ⅴで習った『evasion』と同じ構成
先月の自宅レッスンでも作ったドゥニさんのメニューです
イルプルでのクリームはマスカルポーネとフランボワーズでしたが、今日のクリームは私の配合でヨーグルト+生クリームとレモンでした

作業中の様子・・・皆さん黙々と仕上げの段階
b0254207_20221208.jpg

出来上がった後、賄いを食べながらいつものようにおしゃべりを楽しみました
笑いすぎて、目の周りにしわが増えそうです
そしていつものように写真を撮り忘れそうになり、皆さんがカバンにお菓子をつめようとなさっているところをパチリ!
b0254207_20213447.jpg
b0254207_20214240.jpg
嬉しいいただきものです
Kaさんの京都土産と
b0254207_20215226.jpg
Kaさんの畑から完全無農薬の大根 
b0254207_20220275.jpg
今日のシュー生地のレッスン、復習に良いメニューでした
お家で復習なさってください
だって今日、今年のクリスマスのお菓子はプチ・シューを積み上げるプロフィットロールでクリスマス的デコ!に決定したのですから

次回Kaさん、Kuさん、Chiさんにお会いするのは9月ですね
その時はきっといつも以上におしゃべりがにぎやかになることでしょう
まずは梅雨を元気にお過ごしください
そして、7月と8月の暑い時期、どうぞご自愛なさってください
また少し暑さが収まったころお会いできるのを楽しみにしております(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-06-15 21:47 | Pastry | Comments(0)

ライムとジャスミン・ティーのタルト

今日はイルプルのお友達Mさんといつものように武蔵境駅で待ち合わせ、府中の先生の所へレッスンにうかがいました
教えていただいたお菓子はドゥニさんの講習会のメニュー『タルト・オ・シトロン・ヴェール・エ・テ・ジャスマン(ライムとジャスミン・ティーのタルト』でした
こちらは先生作です
ジュレ、つやつや♪ お皿も素敵
b0254207_22283786.jpg
見た目非常に地味ですが、結構手間がかかるお菓子です
タルト台はシュクレ生地を伸して1時間休めている間に表面に見えているジャスミン茶とクローブの香りにミントオイルとマール酒の香りも忍ばせたババロアを作って凍らせて、中生地のビスキュイ・オアザマンドを焼いて丸く抜いておきます
休ませたシュクレ生地を空焼きして、冷ましている間にライムのババロアを作ってバターを加え、ビーターで攪拌して乳化したクリームを作ります

シュクレ生地が冷めたら、底にライムのクリームを流し、中生地を置いて、ジャスミン茶のババロアをのせたら、仕上げにジャスミン茶のジュレをかけます
このジュレは、クローブ、ナツメグ、ミントオイルの香りが加えられていて、非常に複雑でエキゾチックな香りになっています
b0254207_22290543.jpg
試食にいただいたとき、複雑な香りが口の中いっぱい♪ショッキングな嬉しさ♪
さすが、ドゥニさん(*´ω`*)
b0254207_22300885.jpg
今日も色々試食を御馳走になりました
上のお皿の真ん中のケーキは今日のメニュー
奥側のグレープフルーツが載っているのは、チーズケーキなんです
手前はマカロン生地の上にピスタチオのクリームをのせてあるという贅沢な(決してレッスンできない・・・)もの
全てドゥニさんのメニューです

あ、もう1品一口食べて、即「来月、これ!」と決めてしまったのが下のメレンゲがのっている『ゼニュットゥ』
b0254207_22303506.jpg
ラベンダーのお茶を使っているお菓子です
こちらも久々にショックを覚える美味しさでした
来月のレッスンが今からもう楽しみです♪
b0254207_22302675.jpg
そう・・・昨日マドレーヌを焼いて、どこか美味しいマドレーヌを売っているお店はないものかと思い、今日Mさんと先生に(お二人はお菓子の食べ歩き相当なさっています)うかがいましたが、答えは二人口をそろえて「無い」でした
b0254207_14482371.jpg
最後に・・・上の写真は私が作ったものです
先生作の写真をUPするだけで十分な備忘録ですが、下のクリームの部分に入っているライムの皮がこの写真の方が分かりやすいので、UPしておきます
あ~♪美味しく楽しい時間が過ごせるのって、ホント幸せです


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-06-14 23:12 | Pastry | Comments(0)

昨日のPetit Conde(プティ・コンデ)と西洋かりんとうについて追記

今日UPするお菓子は昨日イルプルで習った『プティ・コンデ』と『西洋かりんとう』の備忘録です
(お菓子の説明が昨日のものと重なる部分がありますが、ご了承ください)
『エヴァジオン』は少し前に自宅レッスンでUPしたのでパスします

『プティ・コンデ』と言う古い名家のコンデ家の名前のが付けられたこのお菓子、先生はその由来が特定できないと・・・「(名付けた)ドゥニさんに聞いてもどうかしら・・・」とのこと
まあ、それはさておき、パートシュクレ生地にもアパレイユにもヘーゼルナッツ満載のこのタルトレットはヘーゼルナッツが大好きな私さえ「おぉ・・・すごっ・・・」と驚くほどヘーゼルナッツ独特な味と香りが強いです
ヘーゼルナッツの代わりにアーモンドだったら、それはそれで美味しく、万人受けなお菓子になっていただろうと思います
決して良くない意味ではなく、それほどにヘーゼルナッツなタルトレットなのです
b0254207_20042079.jpg
『クーロンヌ』というクロワッサンの様な生地で焼くものがあり、その中にヘーゼルナッツのペーストを生地に塗って焼きますが、それを思い出しました
これからの季節、『クーロンヌ』作りは無理
暑い間に濃いヘーゼルナッツのお菓子が食べたくなったら(さすがに真夏はシュクレ生地を2mmに伸すのは面倒ですが)、この『プティ・コンデ』を14cmぐらいのタルトリングで焼けばいいのだ!・・・と思いました(ФωФ)フフフ・・・

断面はこのようになっています
b0254207_20040933.jpg
グリエしたヘーゼルナッツをフープロで細かくし、シュークルクリスタル、粉、卵白、バター、バニラエッセンスを混ぜ合わせたをアパレイユを(空焼きしていない)生地の高さギリギリまで流して焼きます

イルプルでは7.5cmのタルトレットを使用
私には大きすぎます
味がしっかりしているので、1/4の大きさで丁度良いぐらいです

昨日習ったもう1つのお菓子は『西洋かりんとう』
以前、自分で作ったことがありましたが、ブログを検索しても見つけられませんでした
恐らく写真がうまく撮れなかったのでしょう
時々あるんです
お菓子が出来ていても、写真がどうしようもなくて、撮り直すのが面倒になって結局UPしないままになってしまうっていうことが・・・
b0254207_20035980.jpg
『西洋かりんとう』は、卵白をしっかり泡立てて、粉、ココア、アーモンドパウダー、グラニュー糖を混ぜ、イボワールを刻んだものとグリエしたアーモンド(アーモンドの量が半端なく多い)を加え、グラニテを振りかけて焼きます
生地作りの最後の様子は、メレンゲと粉類の生地がアーモンドにまぶさっているように見えます

出来上がりは、非常にザックリしたメレンゲ菓子です
でも、ゴロゴロのアーモンド
直径5.5cmのこのお菓子、『プティ・コンデ』と同じく見た目が実に地味です
イルプルのお菓子は派手なインスタ映えするタイプのものが非常に少ないです
私にとって、そのようなことはどうでもよいのですが(そりゃあ、本物の美味しさを伝えたいという気持ちは大いにあり、写真うつりを多少は気にしますけど)、パティスリーに行くたび、「あ、今日も全体的に地味・・・(;^ω^)」と、思ってしまいます

昨日の『エヴァジオン』のシュー生地にしても、『プティ・コンデ』にしても、『西洋かりんとう』にしても、やはりイルプルの焼き菓子は美味しい~(´ω`*)
2つだけ難があるとすれば、ナッツ類のお値段高騰とイルプルでのサイズがいつも大きいということでしょうかね



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-31 20:53 | Pastry | Comments(0)

イルプルー卒研Ⅴ①

今日はイルプルーの卒研Ⅴレッスンの第1回目
私が取るのはA日程、B日程の1回目が連休中だったため、振替の方々もいらっしゃっていて、今日のレッスンは20名!
まあ、なんてにぎやか♪ それに、教室が狭く見えました
久しぶりに懐かしい方々にもお会いでき、楽しい1日となりました

今日のメニューは3つ(以下の写真は先生の作品です)
まず『エヴァズィオン』というクッキー生地を乗せて焼いたシューにマスカルポーネと生クリームを混ぜたクリームにラズベリーを飾った初夏らしいお菓子
b0254207_21181192.jpg
これはつい先日の自宅レッスンでも登場したメニューです

2つ目は『プティ・コンデ』
ヘーゼルナッツパウダーのシュクレ生地にヘーゼルナッツ、シュークルクリスタル、粉、卵白などを混ぜたアパレイユを流して焼いた美味しい焼き菓子
b0254207_21182404.jpg
そして、メレンゲに粉とココア、アーモンドパウダーなどを混ぜた後、イボワールの角切りと驚くほどたくさんのアーモンドを混ぜて焼いた『西洋かりんとう』
b0254207_21183754.jpg
本科の再受講以外のレッスンを受けたのは久しぶりでした
同じ班になったメンバーは皆顔見知り(*´ω`*)
お世話になりました
今年度、また同じ班になれた時には、どうぞよろしく♪
b0254207_21180151.jpg
次回は7月です
今から楽しみです

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-30 21:44 | Pastry | Comments(0)

チェリー・タルト

昨日は5月最後の自宅レッスン日
お越しくださったのは元サークルで仲良しのChiさん、Kuさん、Kaさん
ご希望のメニューは『チェリー・タルト』
アーモンドクリームを使ったものにしようか、イルプルのモンモランシーにしようかと思いましたが、今回は生のブラックチェリーを生地に並べて、プリンのようなアパレイユを流して焼いたタイプにしました
しっかり冷やして食べるとプリンのタルトのようで美味しいんです
b0254207_18412267.jpg
使用した生地は前日に私が準備しておいたもので、それを型に敷きこんだ後の1時間ほどの待ち時間の間にブラックチェリーの種取りをして、お三人も生地作りの練習をしてお持ち帰りに♪

生地を空焼きしている間に試食していただき、「ブラックチェリーをどのぐらい入れるかを好みで決めてください」
私の好みは(上の写真のように)どちらかというと少な目です

皆さんは・・・というと、
b0254207_18413028.jpg
1番多いのがChiさん、その次はKaさん、少な目はKuさんのです
1つだけ小さくてブラックチェリーのではないものがありますが、それは私ので、チェリーの代わりにルバーブを入れて焼いたものです
表面にアプリコットのジャムを塗ってあるので、ルバーブが良く見えませんね

このプリンのようなアパレイユにはルバーブの他、ブルーベリー、アプリコット、プルーンなど少し酸味があるものがよく合うと思いますので、季節に合わせて色々試していただきたいです

昨日も嬉しいいただきものがありました
Kaさんのお庭から新鮮な野菜たち (立派なニンニク!)
b0254207_17285142.jpg
Chiさんの伊豆旅行土産のゼリー
b0254207_17285973.jpg
Kuさん、Kaさん、Chiさん、今月も楽しい時間を有難うございました
来月はブルーベリーを使ったおやつでお待ちしております

今月レッスンにお越しくださった皆様、有難うございました
またお目にかかれる日を楽しみにお待ちしております(*´ω`*)



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-26 17:39 | Pastry | Comments(0)

Evasion(エヴァジオン)

今日のマダムTとの自宅レッスンは間もなく色づくラズベリーを使ったシュークリーム『Evasion』
「南仏への憧れと日常からのエスケイプ」と副題が付けられているこのお菓子は、ビスケット生地をのせて焼いたシューでフランボワーズとマスカルポーネと生クリームを混ぜたクリームをサンドしてあります
フランボワーズのコンフィチュールしてをシューの底と実に絞ってフランボワーズの味を強調します

マダムは焼きあがったシュー生地とクリームを別々にお持ち帰りになりました
召し上がるときにサンドするのがベスト
ですので、この写真は私が試食にお出ししたものです
b0254207_21090260.jpg
このシューは上に書いた通りビスケット生地がのせてあります
b0254207_21091195.jpg
焼き立て最高に美味しいです
バターにキャソナード(赤砂糖)や粉を混ぜた生地が焼けて、表面ザクザク!
こちらはマダム作のシューです
b0254207_21092187.jpg
クッキー生地が編み物のように見えるところから、「パータ・トリコテ」とルセットにかかれています

今日もマダムの畑から嬉しいいただきものです
b0254207_21175666.jpg
ソラマメと蕗の佃煮です
いつも季節の食べ物を有難うございます
またお目にかかれる日を楽しみにしております(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-20 21:24 | Pastry | Comments(0)