カテゴリ:Pastry( 197 )

海老とイカのパッポン・カリー&未知との遭遇的ドリアン餡の月餅

じゃーん♪ 本日のランチ「海老とイカのパッポン・カリー」です
b0254207_17334739.jpg
今日はタイ人のお友達Nさんがパリ・ブレストのレッスンにいらっしゃって、レッスン後に作ってくださった昼ご飯です
このカレー粉炒めは蟹で作る「プー・パッポン・カリー」が有名ですが、今は蟹のシーズンではありませんし、手に入りやすいブラックタイガーとスルメイカを使いました
b0254207_17333438.jpg
オイスターソース、パッポンカリーのペースト、カレー粉、ナンプラーを混ぜて、卵と生クリーム(本来はエバミルクだそうです)と合わせて、調味料はOK
材料をさっと炒めて、この合わせ調味料を加えて、卵が凝固したら終了
b0254207_17345990.jpg
甘いパッポンカリーのたれと強烈な唐辛子が好対照
白いご飯によく合います

お菓子のレッスンのことではなく、先にNさんのお料理をUPしてしました(*´ω`*)
いつもご馳走さまです

では、今日のレッスンについて改めて書き始めます
今日は大きく円を描いて絞るリング型シュー『パリ・ブレスト』を作りました
b0254207_17340681.jpg
シューのレッスンはもう2~3回目、お家でも何度も何度も作っているとのことです
リング型のシューは初めてだと喜んでくれました
「今年のクリスマスには苺とミントで飾ってクリスマスケーキの代わりにしてもいいね」と、結構テンション上げてくれていました
良かった良かった・・・(*´ω`*)

イルプルのパリブレストのクリームはへーぜうナッツのペーストが入る大人な味ですが、カスタードのシューをこよなく愛するNさんと御家族のために、ご希望なさったのはディプロマットクリームとシャンティクリームのシンプルな「パリ・ブレスト」に仕上がりました
b0254207_17335783.jpg
Nさんから月餅をいただきました
今年の中秋は9月24日
b0254207_17341525.jpg
お友達からのいただきものだそうです
「中の餡は中華系のものじゃなくて、タイの餡でね・・・」
b0254207_17342865.jpg
さて、何の餡だと思われますか
一口食べたときのWONDER度、半端なかったです

ドリアンです

さすがだ・・・タイの月餅はドリアン餡なんですね
生のドリアンのように強烈な香りではありませんが、たった一口で30分ぐらいWONDERな後味が残っていました
未知との遭遇的なお味でした

Nさん、今日も楽しい時間と美味しい昼ご飯を有難うございました
またお会いできる日を楽しみにしています

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-18 18:00 | Pastry | Comments(0)

シュークリーム

今日は自宅レッスン日♪
お越しくださったYさんのご希望メニューは『シュークリーム』♪
今日の写真は全てYさん作のシュー・クリームです
b0254207_19114559.jpg
一緒に生地を作り、オーブンに入れた後、クレーム・パティシエール(カスタード・クリーム)をたっぷり炊きます
それからクレーム・オ・ブール(バタークリーム)を作ります
しっかり冷ましたシュー生地を前に並べ、3種類のクリーム作り♪
まずはクレーム・パティシエールに生クリームを合わせるディプロマットクリーム
それから、クレーム・パティシエールにクレーム・オ・ブールを合わせてクレーム・ムースリーム
このクレーム・ムースリームにキルシュを加えたバージョンも一緒に♪
b0254207_19112518.jpg
クレーム・ムースリームはカスタードクリームとバタークリームを混ぜたものだと聞くと、少し重い・・・とか、少ししつこそう・・・とかいうイメージを持たれるかもしれませんが、決してそのようなことはありません
クレーム・ムースリームという名前は「ムスリン生地のようになめらかなクリーム」という意味です
その通り、口どけよく、コクのあるクリームです
b0254207_19115547.jpg
Yさん、今日も楽しい時間を有難うございました
また一緒にお菓子を作れる日を楽しみにしています(*´ω`*)



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-14 19:36 | Pastry | Comments(0)

コンデンスミルクと生クリームのタルト

ココアのタルト生地を空焼きし、冷ましている間にコンデンスミルクとゼラチン、レモン汁、生クリームを合わせて流し込んだだけのタルトですが、これがそれなりに美味しいのです
b0254207_19210979.jpg
外側の生地がココア味濃厚なので、中の甘いアパレイユと一緒に食べるとちょうどいい感じです
アパレイユの中にレモン汁とゼストを少しだけ入れましたが酸味を感じるほどではありません
口に含んだ時に「ん?なんだろう?」ぐらいです
それで、もう少し酸味がある物を足した方が良いかしらと思って、食べる時にブラックベリーを添えました

ゼラチンが固まったばかりの時はブラックベリーをのせませんでした
ブラックベリーが溶けてきたら白い表面がホラー状態になるので、初めの写真を撮った時はレモンの皮をちょこっとのせました
b0254207_19211994.jpg
コンデンスミルクが甘いので、生クリームを泡立てる時、砂糖は不要です
今回は先週ロールケーキに使って残っていた砂糖入り生クリームを使ったので予定よりかなり甘く仕上がりました
だから尚更何か酸味のものが欲しくなったわけです
ベリー類は、それを置くだけで写真が可愛らしく見えるという有難い脇役です
b0254207_19210030.jpg
私は何故か子供の頃からコンデンスミルクが好きで、苺にかける時には滝のようにかけていた記憶があります
ほとんど空っぽになったコンデンスミルクのチューブをチューチューしていて、母にひどく叱られましたが、その理由が「歯に悪い」だったのか「カロリーが高い」だったのか「行儀が悪い」だったのか記憶にありません
子供の頃に好きだったものは大人になっても根の底に残っているもの、今でも時々コーヒーにも(ベトナムコーヒー的に♪)、かき氷にも、寒天にも、そしてコンデンスミルクとバターを混ぜてパンに塗る(ФωФ)フフフ・・・
グルメな人から見れば結構ジャンクな材料かもしれませんが、そんなおやつも好き

では、また明日♪



[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-07 22:52 | Pastry | Comments(0)

Chouquette

水と牛乳、砂糖、塩、バターも一緒に火にかけて、フツフツしたら粉を混ぜましょう
中火にかけて、なべ底にうっすら幕が張ったら卵の出番
生地が冷めてしまわないうちに卵を加えて、絞り袋で小さく可愛らしく絞ったら、オーブンへ

計量していた時は、台所のそばでおこぼれを待ちかまえていた空は、いつの間にかお昼寝
b0254207_19501157.jpg
でも、オーブンからいいにおいがしてきたら、布団の上で状況観察
天板から出てきたシュケットを注視しつつも、お行儀良い子を演じる空
お皿にシュケットをのせ始めたら、さすがにテーブルの下に出てきました
優等生顔でお座りしていた空にはワッフルシュガーを払い取って、1つだけ
b0254207_19494961.jpg
直径4cm足らずの一口サイズのシュケット
30個ほど焼いていくつか食べた後、机の上に置いて置いたら、仕事から帰ってきた主人と娘がつまんで、日付が変わるころには完食されていました
摂取した比率としては私20%:主人20%:娘60%
・・・60%って、18個ですよ
数時間のうちにそんなに食べられるって、一体どんだけ好きやねん?
ま、心配半分、嬉しさ半分ですけどね

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-29 18:59 | Pastry | Comments(0)

桃のコンポートとタルトレット

毎日、呪文を唱えるかのように無意識に出てくる「暑い・・・」という言葉
今日は少し曇っていたせいか、いつもより出てくる回数が少なかったと思います
暑い日でも買い物に出かけようと思うのは、スーパーに並んでいる果物が見られるから

甘くてとろけるような肉質の白い桃も好きですが、少し小ぶりで固い桃も好きです
ララガーデンの直売所で福島産の固めの桃を見つけたので早速購入
そして、早速サッと煮て一晩寝かせて、コンポート完成

煮る時に、剥いた皮は加えず、種の部分だけ入れたので色が少し弱い
桃色~♪っていうほどの色は出ませんでした
b0254207_16501560.jpg
桃のコンポートが大好きだという我が家の娘は3切れ4切れぐらいをパクパクパクっと口に運んでいました

美味しそうに食べていたので、コンポートだけでなく、それを使った桃のタルトレットに挑戦してみようと思い、シュクレ生地を空焼きして、柔らかめのカスタードをのせて、その上にコンポートをのせてみました
主人の感想は「この味のないタルト・・・タルトにする意味ある?」
娘の感想は「ぶっちゃけ、コンポートだけでいい」

全くその通り 味のないこと!
まずシュクレ生地が良くなかったかも
娘も少しは食べられるかしら、と思って、アーモンドパウダーを1つのクラストに1gほどという極限的に少なく使っているレシピを使ったので、生地自体に味がなかったうえ、カスタードの味もユルイ
やり直し!

クラストは作りなおすのが面倒だったので、そのまま使用
コンポートをレッジーナのホワイト・ピーチ・リキュールでマセレしておき、コンポートの汁にローズマリーを浸してかすかに香りを移しておきました
b0254207_16502441.jpg

カスタードだけでなく、生クリームも使うことにしまして、ここにもホワイト・ピーチのリキュールを加えて・・・
b0254207_16512026.jpg
これが出来た時には、娘はすでに大阪の実家へ出かけてしまっていましたので、主人に味見してもらいました
「前のと違って、美味しくなっている」というコメントにちょっと(´▽`) ホッ・・・
確かに、初めに作ったのは「コンポートだけの方がいいよね」と、自分でも思いましたよ
味の組み立てセンスの無さに悲しくなる出来上がりでした
リキュールとハーブの力を借りて作り直し、タルトレットとして食べられるものが出来て良かったです
タルトレットとして食べられる内容のものが出来なかったら、コンポートのまま食べればよいのですが、それでは気がすみません

2度ほど作り直している間に、コンポートが随分減ってしまいました
b0254207_16503248.jpg
大阪から娘が戻ってきたら文句言われそうです(ΦωΦ)フフフ…
コンポートは減ったけど、コンポートのシロップで寒天もできるよ

コンポートの量が充分じゃないって言われても大丈夫 
この桃はまだしばらく市場にあるから
b0254207_16510741.jpg
娘も主人も果肉が柔らかでとろけるような白桃が好みのようで、この甘くて固めの桃は生で1度食べただけ
好みそれぞれ そういうもんですよね 家族だと言っても(ΦωΦ)フフフ…
b0254207_16504818.jpg























[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-13 00:05 | Pastry | Comments(0)

杏のサワークリーム・タルト

桃をはじめ大石プラム、ソルダム、貴陽などのプラムや、ネクタリンなどストーン・フルーツと呼ばれる果物がお店に並んでいます
もうこの季節が来たら、スーパーに行ってまず向かうのはこれらの果物売り場!

これは少し前に旬だった杏
今日のブログはUPし忘れていた杏のお菓子の備忘録
杏は時期が非常に短いのが残念
ですが、短いからこそ他のプラムを横目に「今日はこれでしょ!」と買ったのでした
b0254207_17024526.jpg
サンセットのオレンジと申しますか、このなんとも言えない杏の色には毎年うっとり(*´ω`*)
生で食べてみると、思った以上に甘く、酸味がぼやけていて、少し残念でしたが、砂糖を減らしてさっと煮てコンポートにしておきました

そして、ずっと作ってみたかった杏子のタルトに♪
ルセットではシュクレ生地を使うと書いてありましたが、私の好みとしてはブリゼなので、オリジナルのアイデアに対して申し訳ないと思いつつも生地を変更して
b0254207_17022890.jpg
オリジナルのサイズは直径18cm、でも私は12cmのミニサイズ
ですので、半割りの杏子コンポートが5つしか入りませんでしたが、1人に一切れ杏まるっと入っている状態でカットできます
b0254207_17015977.jpg
良く冷やして食べると、美味しさ各段UPです

こんな小さい種から沢山の実を成らせるのですね
b0254207_17013812.jpg
「ねえ、空、種の形と空の目の形、似てるね。お姉ちゃんが大好きな杏仁豆腐に使う杏仁霜はこの種の中にあるんだよ」
b0254207_17012793.jpg
杏コンポートの煮汁を利用してアガーでゼリーを作りましたが、驚異的な甘さに仕上がり、水を足して作りなおしました(-_-;)
b0254207_17021276.jpg
杏がまだお店に出ているうちにもう1パック買って、種だけ取って冷凍しておけばよかった
そうしたら、夏の間にもう1度杏が楽しめるはずでしたが・・・
b0254207_17015067.jpg
でも、また来年のお楽しみ♪ということで、心はすでにプラムへと移っております
さらにはプルーンも登場しています
(ФωФ)フフフ・・・夏は嫌いですが、これらの果物は買い物に出かけるモーチベーションになっています

さて明日は台風がやってくるそうで・・・
皆様、気をつけてお過ごしください

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-27 16:21 | Pastry | Comments(0)

サーモン&ディル&パルメザンのタルト

昨日の朝、庭の草むしりをして、今朝は見事に全身筋肉痛(*´Д`)
今朝も続きをしようと思っていましたが、ムリっ
無理はやめましょう 時間はたっぷりありますからね
でも、スイッチが入っているうちにやらないと、またしばらくやる気になれません

今朝は庭に咲いているディルを使って鮭のキッシュ作り
鮭というと、私を御存じの方々でしたら「クマのKOOさんが鮭をくわえて仁王立ち?」とイメージなさるかもしれませんので、あえて「サーモン」とタイトルに書きました

鮭を蒸し焼きにして身をほぐし、卵と生クリームとパルメザンチーズたっぷりのアパレイユに刻んだディルを加えて空焼き済みの生地に入れて焼くだけ
味を想像するに非常に予想容易すぎるので、銚子のグレイさんの奥さんにいただいたスモーク・ソルトを隠し味に(*´ω`*)パラパラ・・・

焼いているうちに付け合わせに胡瓜の酢の物・・・いえ、きゅうりのピクルスを作ります
ピクルスっていうより、この外見はやっぱりは「酢のもの」ですよね
b0254207_08171336.jpg
お酢は何でもいいのですが、今日冷蔵庫にあった白バルサミコ酢
この酢のものにもディルの葉をパラパラ
つぼみも一緒に漬けます

オーブンで25分 はい、できました
b0254207_08172347.jpg
冷やした方が美味しいですが、粗熱取れたら、さて一口
b0254207_08173372.jpg
酢の物は付け合わせですので、どなたかにお出しするなら小さい容器に入れた方がいいですが、自分で食べるなら、のせてパクっと
直径12cmほどの小さいサイズですので、キッシュがボロボロしないうちに口の中に消えます

実は、私はディル単体のにおいが苦手
でも隠し風味としてのディルは良い仕事してくれます
今日はもう少しアパレイユに加えてもよかったかな・・・と
b0254207_08174448.jpg
だから、ディルの花をちょこっとだけのせて香りをプラスしてたべました
レースフラワーのようなディルの花、花を下向けて持つと、
b0254207_08432852.jpg
線香花火のように見えませんか
b0254207_08411681.jpg
前回のキッシュの次は、ズッキーニを使おうと思って、既に材料購入済み
でも庭のディルを見たら、使いたくなって急遽変更
12cmほどのリングで使用したのはブリゼ生地100g、鮭100g
アパレイユはだいたいのところですが(すべて計量スプーンで計っています)生クリーム大4、卵大3、粉チーズ大4、ディル小2ぐらい
・・・という実にアバウトな量です
ちなみにサーモンは骨を取るのが面倒なので、刺身使用です
(閉店前ディスカウントのサーモンで充分です)
仕事以外での料理に関しては、まじアバウトです

ところで、あと1週間ほどで7月が終わります
(なんかいつもこういうことを書いています)
先日、某番組で「どうして大人と子供とでは時間の過ぎるはやさの感覚が違うのか?」ということを説明していました
ワクワク&ドキドキ感の違いだそうですね
17歳ぐらいを境に時間の過ぎるのがはやく感じられるとのことで、はやく感じるというのはワクワク&ドキドキする感覚が少なくなっているそうです

「ぼーっと生きてんじゃねぇーよ!」って、その番組のキャラに言われそうですが、本当に毎日時間があっという間に過ぎていきます
そう怒鳴られてもいいから、この暑い時期は超特急で過ぎてほしいです
b0254207_08165599.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-22 10:18 | Pastry | Comments(0)

ブロッコリーとブリーチーズのキッシュ

暑い時にタルトは食べたくないと思われる方が多いかもしれません
(作りたくないと思う方は確実に多いと思います)
でも、素麺と冷奴の昼ご飯に少し飽きてきたら、お惣菜タルトの出番です

成城石井でブリーチーズがセール価格になっていて、思わず買っちゃいました(ФωФ)フフフ・・・
このチーズを角切りして、冷蔵庫に残っていたブロッコリーとアパレイユを合わせて焼いたら出来上がり
b0254207_17030871.jpg
ベーコンをのせる予定はなかったのですが、娘が朝ごはんにベーコンを焼いていたので少し失敬して、キッシュ焼き上がり後にトッピング♪
b0254207_17032074.jpg
ブリーでは塩気からっきし足りませんでした
MEMO①アパレイユに塩を足すか、もう少し塩気のあるチーズをトッピングに振りかけて焼かないと実にBLAND
②途中で味に飽きたので、フレンチマスタードを少しつけると酸味が加わって良かった
b0254207_17025794.jpg
次のキッシュはもう決まっています
夏野菜のあれを使って( ^ω^)・・・あれですよ、あれ・・・あ・・・名前が出てきません
最近、こそあど言葉での話が多いせいか、時々名前が出てきません

そのうちUPしたら、ご覧くださいませ(*´ω`*)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-19 18:06 | Pastry | Comments(0)

ラズベリーとマスカルポーネのクリーム美味な『Evasion』

今日は自宅レッスン日♪
暑い中、お越しくださったのはEさんとOさん
メニューはラズベリーとマスカルポーネのクリームが可愛く美味しい『Evasion』
シュー生地の上にクッキー生地がのっていて、ザクザク感がなめらかなクリームに対して良い食感

生のラズベリーが良い状態とは言えず、今回は冷凍ものを使用いたしました
でも山形のそらいろファームさんからのものですから、解凍してもドリップが多少出るものの、形がきれいです
安全ラズベリーのお味も極上です♪

シュー生地は初めてではなく復習会でしたので、OさんもEさんも楽勝でございました
私のデモの後、クッキー生地を作るデモを御覧いただき、それから各自生地作り
その後クリームもお作りになって、このとおり(*´ω`*)
手前がOさん作、Eさんのは後ろ側
b0254207_21262012.jpg
私のはこれ
b0254207_21263931.jpg
3つ並べたら、私のがどれかわからなくなってしまいますね(;^ω^)
EさんもOさんもきれいに作られました 良かったです
b0254207_21262941.jpg
仲良しのお二人のようなシュー2つ
私より少しお姉さんのお二人、お仕事において御家庭においてベテランの先輩
お年の話をするのは良くないのかもしれませんが、エイジングって悪くない・・・と、感じさせてくださるお二人です
b0254207_21264882.jpg
Oさん、Eさん、今日も楽しい時間を有難うございました
またお目にかかれる日を楽しみにお待ちしております(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-18 21:40 | Pastry | Comments(0)

アーモンド・クリームと砂糖のタルト

台風の影響で今日は雨
こんな日は台所にこもって、夏本番を迎える前の材料の在庫チェック
冷凍庫の中もついでに見て発掘してしまった・・・1か月ほど前に作ったタルトのブリゼ生地
リングにも敷き込んであって、冷凍庫に入れる時には何を作ろうか考えていたのだろうと思いますが、今ではもう思いだせません
最近、物忘れがひどい 
特技は『物忘れ』と言えるほどです

・・・思いだせたのは、手元にあるアーモンドの粉と砂糖で作れるシンプルなタルトのこと
バターにキャソナード、卵、水切りヨーグルト、アーモンドの粉を混ぜてアーモンド・クリーム出来上がり
イルプルでは一晩休ませるように習いますが、今日はこの教えを知らないってことで・・・

解凍したブリゼ生地にアーモンド・クリームを塗って、粉糖2回、キャソナード、ワッフルシュガー(あられ糖)をふりかけて180℃で約25分
冷まして、おめかしに粉糖ふりふり ワッフルシュガーもパラパラ
とてもシンプルなおやつの出来上がりです
あまりに見た目が寂しいのと、酸味が少し欲しかったので、サクランボを添えて
b0254207_13595347.jpg
今日のサイズは直径12cm
アーモンドが入っているので、娘は食べられませんし、アーモンドが入っていなくてもタルトは滅多に食べないので、私一人でも食べきれるほどのサイズです
ちなみに、カットする前はこのように地味です
カットしたからと言って、地味さが変わるわけではありませんが
b0254207_14000345.jpg
もし、皆さんの冷蔵庫あるいは冷凍庫に座布団のように重ねられて眠っているタルトの生地(シュクレ生地よりブリゼ生地がオススメですが)あるいはパイ生地が残っていて、アーモンドの粉も残っていたなら、このタルトのことを思いだしてください
アーモンド・クリームの量ですか?
適当でいいのです
たっぷり・・・でないほうが、このタルトには合います

明日は雨あがるかしら
散歩の時に合羽を着せたら、空の機嫌が悪いんです
シャンプーしたばかりだというのに、雨
もう犬臭が戻って来ていて、シャンプーの香りと空のオリジナルのにおいが混ざって・・・複雑なにおいを発しています(^-^;

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-06 14:45 | Pastry | Comments(0)