人気ブログランキング |

カテゴリ:Pastry( 231 )

アメリカン・アップル・パイ

部屋をめいっぱい冷房しなくてもパイ生地を作れる涼しさになりました
クラシックな三つ折り×6回のパイ生地が現在冷蔵庫中でスタンバイしていますが、まずはアメリカン・アップル・パイから
松之助の先生は紅玉の季節だけ作りなさい、とおっしゃるほど、紅玉派
イルプルの先生はフジを!と・・・先生方それぞれの考えがってのことですので、できるだけそれに従うようにしています

このアップルパイは松之助のお教室で以前習ったものですので、紅玉を使いました
割としっかり酸味があり、レモン汁は加えず作れました
このパイは23cm、紅玉は6個分
早生フジと同じぐらい大ぶりの紅玉でした
底生地の上に1㎜程にスライスしたものを山のようにのせて、上から蓋代わりの生地をのせたダブル・クラスト
大盛スライスしたリンゴは残念ながら、焼いた後はカサが減ります

夜のうちにオーブンで焼かれたパイは、少し冷めたところで試食♪
中のリンゴは落ち着かない味ですが、焼き立てのザクっとした周りの部分は美味しいのです
b0254207_09382076.jpg
朝、リンゴの味が落ち着いたら、バニラアイスをドーンとのせて、いただきます!
土曜日の朝の散歩から戻って食べる少し遅い朝ごはん
b0254207_09383012.jpg
空は自分の朝ごはんを食べたばかりだというのに、「デザートは別腹なのよ」という顔でアイスクリームひと口をそばで待っていました
b0254207_09383906.jpg

名前通りの真紅の紅玉
果物全般甘いものが増えすぎている中、この紅玉も甘いと思うものが多くなったような気がします
今回の紅玉はラッキーちゃん♪ 
少し柔らか目の果肉ですが、スライスされて、クラストの中で蒸し焼き状態になるですから、煮崩れの心配がないためOK

白雪姫でなくても、かじりたくなる赤いリンゴ
白雪姫がかじったのって「リンゴをかじって、歯ぐきから血が出ませんか」というほど固かったんだろうなぁ・・・

では、皆様、楽しい週末をお過ごしください









by BakingEveryDayTM5 | 2018-11-03 10:11 | Pastry | Comments(0)

SPOOKY FACEなシュークリーム

今日はハロウィン ケルトに起源をもつお祭りです
元々の意味合いを知らず、ただの仮装パーティー・デーだと思っている人も多いことでしょう
それはそれで楽しめたらよいと思いますが、少なくともなぜハロウィンの仮装にゾンビや魔女などがよく登場するのかを調べてみるよい機会です
そういえば、先日の土曜日の朝NHKの「ちこちゃんにしかられる」で、その意味が説明されていたそうで、ご覧になった方いらっしゃると思います

さて、今日UPするおやつは、Spookyな顔をしたチビ・シュークリームです
近所の道具とパッケージのお店オリトモさんに炭の粉が売っていたので、使ってみました
中のクリームはカスタードクリームに南瓜のペーストを混ぜたものです
この黒いシュー、食べたら、イカ墨パスタのように歯が黒く染まってしまうかしら・・・と、思いましたが、大丈夫でした♪
b0254207_19445720.jpg
ひょうきんな顔のお化けシュー達、出番を世間話でもしながら待っているように見えます
b0254207_19450544.jpg
「さあ、出番だ!」の合図で、ひょうきん顔から不気味顔に変身♪
日本のキャラクターは何でもかんでもカワイイ!、 が、いいらしい
ハロウィンのキャラクターでさえ、可愛くされちまう
あっちの世界とこっちの世界を結びつけるキャラクターであるべきだから、カワイイ必要はない
b0254207_19444718.jpg
それでは皆様、何がHappy なのか分かりませんが、Happy Halloween! 不気味顔シュー団、いざ出陣!
・・・・なんちゃってね(ФωФ)フフフ・・・
b0254207_19443862.jpg

by BakingEveryDayTM5 | 2018-10-31 00:26 | Pastry | Comments(0)

娘の誕生日

今日は娘の誕生日、24歳になりました♪
誕生日ですが、今日の仕事は遅番なので、夕食時間ですが戻って来ていません
帰ってきたら、おめでとうのお菓子を食べようと、作りました
娘希望の『抹茶カスタードのシュー』
b0254207_17482049.jpg
誕生日に何が食べたい?と尋ねたら「水餃子」と言っていたので、この前の日曜日に車を走らせ、ちょっと早い誕生日ディナーを食べに行きました
(大好きだった愛寧さんがお引越ししたので、別のお店です)

娘が注文したのは「クラゲのサラダ」そして「水餃子」
b0254207_17475958.jpg
注文した40個の水餃子のうち、むすめは25個ぐらい食べたのではないでしょうか
お店の人も娘の水餃子好きを御存知ながら、「たくさん食べたね」と驚いていました

主人は「野菜のあんかけ」を注文
b0254207_17480989.jpg
そして、持ち帰り用に「玉子炒飯」もオーダー
中華料理屋さんで24歳の女の子の誕生日ディナー
色気が無いようですが、好きなのですから、それでいいのです(´ω`*)

誕生日おめでとう
帰ってきたら、一緒にシュークリームを食べよう♪

by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-26 20:53 | Pastry | Comments(0)

黒無花果ビオレソリエスのタルト

昨日UPした黒無花果のビオレソリエスをブリゼ生地に焼きこんだタルトの備忘録♪
b0254207_16175319.jpg
実がしっかりしているので、1時間焼いても実の形がしっかり残っていました
かなりオコゲ部分を作ってしまいました

b0254207_16173380.jpg
でも、このぐらい焼きこんだ方が味が凝縮して美味しいのです
生地の上にアーモンド・クリームを薄く入れたので、味に深みが少し出ていました
味に少し深みが出ても、ただ甘いだけのタルトではねぇ・・1切れ食べてそう思いました
足りないと思ったのは酸味

残り物のTOMIZ冷凍ラズベリーをさっと煮て(砂糖ほぼゼロ)、裏ごしして焼きあがったタルトの上に垂らしました
でも、そうするとひどく見場が悪かったので、粉糖でおめかししたというわけです
b0254207_16174399.jpg
作った翌日以降は、無花果の形がくずれてジャム感が強く、それはそれなりに美味しかったです

ずっと作ってみたかった黒無花果のタルト
やっと念願叶いました(ΦωΦ)フフフ…

自己満足万歳(∩´∀`)∩


by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-25 16:58 | Pastry | Comments(0)

海老とイカのパッポン・カリー&未知との遭遇的ドリアン餡の月餅

じゃーん♪ 本日のランチ「海老とイカのパッポン・カリー」です
b0254207_17334739.jpg
今日はタイ人のお友達Nさんがパリ・ブレストのレッスンにいらっしゃって、レッスン後に作ってくださった昼ご飯です
このカレー粉炒めは蟹で作る「プー・パッポン・カリー」が有名ですが、今は蟹のシーズンではありませんし、手に入りやすいブラックタイガーとスルメイカを使いました
b0254207_17333438.jpg
オイスターソース、パッポンカリーのペースト、カレー粉、ナンプラーを混ぜて、卵と生クリーム(本来はエバミルクだそうです)と合わせて、調味料はOK
材料をさっと炒めて、この合わせ調味料を加えて、卵が凝固したら終了
b0254207_17345990.jpg
甘いパッポンカリーのたれと強烈な唐辛子が好対照
白いご飯によく合います

お菓子のレッスンのことではなく、先にNさんのお料理をUPしてしました(*´ω`*)
いつもご馳走さまです

では、今日のレッスンについて改めて書き始めます
今日は大きく円を描いて絞るリング型シュー『パリ・ブレスト』を作りました
b0254207_17340681.jpg
シューのレッスンはもう2~3回目、お家でも何度も何度も作っているとのことです
リング型のシューは初めてだと喜んでくれました
「今年のクリスマスには苺とミントで飾ってクリスマスケーキの代わりにしてもいいね」と、結構テンション上げてくれていました
良かった良かった・・・(*´ω`*)

イルプルのパリブレストのクリームはへーぜうナッツのペーストが入る大人な味ですが、カスタードのシューをこよなく愛するNさんと御家族のために、ご希望なさったのはディプロマットクリームとシャンティクリームのシンプルな「パリ・ブレスト」に仕上がりました
b0254207_17335783.jpg
Nさんから月餅をいただきました
今年の中秋は9月24日
b0254207_17341525.jpg
お友達からのいただきものだそうです
「中の餡は中華系のものじゃなくて、タイの餡でね・・・」
b0254207_17342865.jpg
さて、何の餡だと思われますか
一口食べたときのWONDER度、半端なかったです

ドリアンです

さすがだ・・・タイの月餅はドリアン餡なんですね
生のドリアンのように強烈な香りではありませんが、たった一口で30分ぐらいWONDERな後味が残っていました
未知との遭遇的なお味でした

Nさん、今日も楽しい時間と美味しい昼ご飯を有難うございました
またお会いできる日を楽しみにしています

by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-18 18:00 | Pastry | Comments(0)

シュークリーム

今日は自宅レッスン日♪
お越しくださったYさんのご希望メニューは『シュークリーム』♪
今日の写真は全てYさん作のシュー・クリームです
b0254207_19114559.jpg
一緒に生地を作り、オーブンに入れた後、クレーム・パティシエール(カスタード・クリーム)をたっぷり炊きます
それからクレーム・オ・ブール(バタークリーム)を作ります
しっかり冷ましたシュー生地を前に並べ、3種類のクリーム作り♪
まずはクレーム・パティシエールに生クリームを合わせるディプロマットクリーム
それから、クレーム・パティシエールにクレーム・オ・ブールを合わせてクレーム・ムースリーム
このクレーム・ムースリームにキルシュを加えたバージョンも一緒に♪
b0254207_19112518.jpg
クレーム・ムースリームはカスタードクリームとバタークリームを混ぜたものだと聞くと、少し重い・・・とか、少ししつこそう・・・とかいうイメージを持たれるかもしれませんが、決してそのようなことはありません
クレーム・ムースリームという名前は「ムスリン生地のようになめらかなクリーム」という意味です
その通り、口どけよく、コクのあるクリームです
b0254207_19115547.jpg
Yさん、今日も楽しい時間を有難うございました
また一緒にお菓子を作れる日を楽しみにしています(*´ω`*)



by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-14 19:36 | Pastry | Comments(0)

コンデンスミルクと生クリームのタルト

ココアのタルト生地を空焼きし、冷ましている間にコンデンスミルクとゼラチン、レモン汁、生クリームを合わせて流し込んだだけのタルトですが、これがそれなりに美味しいのです
b0254207_19210979.jpg
外側の生地がココア味濃厚なので、中の甘いアパレイユと一緒に食べるとちょうどいい感じです
アパレイユの中にレモン汁とゼストを少しだけ入れましたが酸味を感じるほどではありません
口に含んだ時に「ん?なんだろう?」ぐらいです
それで、もう少し酸味がある物を足した方が良いかしらと思って、食べる時にブラックベリーを添えました

ゼラチンが固まったばかりの時はブラックベリーをのせませんでした
ブラックベリーが溶けてきたら白い表面がホラー状態になるので、初めの写真を撮った時はレモンの皮をちょこっとのせました
b0254207_19211994.jpg
コンデンスミルクが甘いので、生クリームを泡立てる時、砂糖は不要です
今回は先週ロールケーキに使って残っていた砂糖入り生クリームを使ったので予定よりかなり甘く仕上がりました
だから尚更何か酸味のものが欲しくなったわけです
ベリー類は、それを置くだけで写真が可愛らしく見えるという有難い脇役です
b0254207_19210030.jpg
私は何故か子供の頃からコンデンスミルクが好きで、苺にかける時には滝のようにかけていた記憶があります
ほとんど空っぽになったコンデンスミルクのチューブをチューチューしていて、母にひどく叱られましたが、その理由が「歯に悪い」だったのか「カロリーが高い」だったのか「行儀が悪い」だったのか記憶にありません
子供の頃に好きだったものは大人になっても根の底に残っているもの、今でも時々コーヒーにも(ベトナムコーヒー的に♪)、かき氷にも、寒天にも、そしてコンデンスミルクとバターを混ぜてパンに塗る(ФωФ)フフフ・・・
グルメな人から見れば結構ジャンクな材料かもしれませんが、そんなおやつも好き

では、また明日♪



by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-07 22:52 | Pastry | Comments(0)

Chouquette

水と牛乳、砂糖、塩、バターも一緒に火にかけて、フツフツしたら粉を混ぜましょう
中火にかけて、なべ底にうっすら幕が張ったら卵の出番
生地が冷めてしまわないうちに卵を加えて、絞り袋で小さく可愛らしく絞ったら、オーブンへ

計量していた時は、台所のそばでおこぼれを待ちかまえていた空は、いつの間にかお昼寝
b0254207_19501157.jpg
でも、オーブンからいいにおいがしてきたら、布団の上で状況観察
天板から出てきたシュケットを注視しつつも、お行儀良い子を演じる空
お皿にシュケットをのせ始めたら、さすがにテーブルの下に出てきました
優等生顔でお座りしていた空にはワッフルシュガーを払い取って、1つだけ
b0254207_19494961.jpg
直径4cm足らずの一口サイズのシュケット
30個ほど焼いていくつか食べた後、机の上に置いて置いたら、仕事から帰ってきた主人と娘がつまんで、日付が変わるころには完食されていました
摂取した比率としては私20%:主人20%:娘60%
・・・60%って、18個ですよ
数時間のうちにそんなに食べられるって、一体どんだけ好きやねん?
ま、心配半分、嬉しさ半分ですけどね

by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-29 18:59 | Pastry | Comments(0)

桃のコンポートとタルトレット

毎日、呪文を唱えるかのように無意識に出てくる「暑い・・・」という言葉
今日は少し曇っていたせいか、いつもより出てくる回数が少なかったと思います
暑い日でも買い物に出かけようと思うのは、スーパーに並んでいる果物が見られるから

甘くてとろけるような肉質の白い桃も好きですが、少し小ぶりで固い桃も好きです
ララガーデンの直売所で福島産の固めの桃を見つけたので早速購入
そして、早速サッと煮て一晩寝かせて、コンポート完成

煮る時に、剥いた皮は加えず、種の部分だけ入れたので色が少し弱い
桃色~♪っていうほどの色は出ませんでした
b0254207_16501560.jpg
桃のコンポートが大好きだという我が家の娘は3切れ4切れぐらいをパクパクパクっと口に運んでいました

美味しそうに食べていたので、コンポートだけでなく、それを使った桃のタルトレットに挑戦してみようと思い、シュクレ生地を空焼きして、柔らかめのカスタードをのせて、その上にコンポートをのせてみました
主人の感想は「この味のないタルト・・・タルトにする意味ある?」
娘の感想は「ぶっちゃけ、コンポートだけでいい」

全くその通り 味のないこと!
まずシュクレ生地が良くなかったかも
娘も少しは食べられるかしら、と思って、アーモンドパウダーを1つのクラストに1gほどという極限的に少なく使っているレシピを使ったので、生地自体に味がなかったうえ、カスタードの味もユルイ
やり直し!

クラストは作りなおすのが面倒だったので、そのまま使用
コンポートをレッジーナのホワイト・ピーチ・リキュールでマセレしておき、コンポートの汁にローズマリーを浸してかすかに香りを移しておきました
b0254207_16502441.jpg

カスタードだけでなく、生クリームも使うことにしまして、ここにもホワイト・ピーチのリキュールを加えて・・・
b0254207_16512026.jpg
これが出来た時には、娘はすでに大阪の実家へ出かけてしまっていましたので、主人に味見してもらいました
「前のと違って、美味しくなっている」というコメントにちょっと(´▽`) ホッ・・・
確かに、初めに作ったのは「コンポートだけの方がいいよね」と、自分でも思いましたよ
味の組み立てセンスの無さに悲しくなる出来上がりでした
リキュールとハーブの力を借りて作り直し、タルトレットとして食べられるものが出来て良かったです
タルトレットとして食べられる内容のものが出来なかったら、コンポートのまま食べればよいのですが、それでは気がすみません

2度ほど作り直している間に、コンポートが随分減ってしまいました
b0254207_16503248.jpg
大阪から娘が戻ってきたら文句言われそうです(ΦωΦ)フフフ…
コンポートは減ったけど、コンポートのシロップで寒天もできるよ

コンポートの量が充分じゃないって言われても大丈夫 
この桃はまだしばらく市場にあるから
b0254207_16510741.jpg
娘も主人も果肉が柔らかでとろけるような白桃が好みのようで、この甘くて固めの桃は生で1度食べただけ
好みそれぞれ そういうもんですよね 家族だと言っても(ΦωΦ)フフフ…
b0254207_16504818.jpg























by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-13 00:05 | Pastry | Comments(0)

杏のサワークリーム・タルト

桃をはじめ大石プラム、ソルダム、貴陽などのプラムや、ネクタリンなどストーン・フルーツと呼ばれる果物がお店に並んでいます
もうこの季節が来たら、スーパーに行ってまず向かうのはこれらの果物売り場!

これは少し前に旬だった杏
今日のブログはUPし忘れていた杏のお菓子の備忘録
杏は時期が非常に短いのが残念
ですが、短いからこそ他のプラムを横目に「今日はこれでしょ!」と買ったのでした
b0254207_17024526.jpg
サンセットのオレンジと申しますか、このなんとも言えない杏の色には毎年うっとり(*´ω`*)
生で食べてみると、思った以上に甘く、酸味がぼやけていて、少し残念でしたが、砂糖を減らしてさっと煮てコンポートにしておきました

そして、ずっと作ってみたかった杏子のタルトに♪
ルセットではシュクレ生地を使うと書いてありましたが、私の好みとしてはブリゼなので、オリジナルのアイデアに対して申し訳ないと思いつつも生地を変更して
b0254207_17022890.jpg
オリジナルのサイズは直径18cm、でも私は12cmのミニサイズ
ですので、半割りの杏子コンポートが5つしか入りませんでしたが、1人に一切れ杏まるっと入っている状態でカットできます
b0254207_17015977.jpg
良く冷やして食べると、美味しさ各段UPです

こんな小さい種から沢山の実を成らせるのですね
b0254207_17013812.jpg
「ねえ、空、種の形と空の目の形、似てるね。お姉ちゃんが大好きな杏仁豆腐に使う杏仁霜はこの種の中にあるんだよ」
b0254207_17012793.jpg
杏コンポートの煮汁を利用してアガーでゼリーを作りましたが、驚異的な甘さに仕上がり、水を足して作りなおしました(-_-;)
b0254207_17021276.jpg
杏がまだお店に出ているうちにもう1パック買って、種だけ取って冷凍しておけばよかった
そうしたら、夏の間にもう1度杏が楽しめるはずでしたが・・・
b0254207_17015067.jpg
でも、また来年のお楽しみ♪ということで、心はすでにプラムへと移っております
さらにはプルーンも登場しています
(ФωФ)フフフ・・・夏は嫌いですが、これらの果物は買い物に出かけるモーチベーションになっています

さて明日は台風がやってくるそうで・・・
皆様、気をつけてお過ごしください

by BakingEveryDayTM5 | 2018-07-27 16:21 | Pastry | Comments(0)