カテゴリ:Cake( 557 )

和栗のモンブラン&南瓜のパウンド

昨日の自宅レッスンの備忘録です
昨日はOさんとEさんがいらっしゃって、『南瓜のパウンド』と
b0254207_11340913.jpg
『和栗のモンブラン』を一緒に作りました♪
b0254207_11350883.jpg
今年も小田喜商店さんの栗です
冷蔵熟成させた甘い甘い栗ですので、お味の保証300%です

茹でた栗を三人で手分けして裏ごし
それをバター、砂糖、生クリームと一緒にフープロで撹拌して、モンブランクリームを作りました
栗の味をしっかり楽しめるクリームです

モンブランと言えば、メレンゲが土台になっていたり中に入っていたりしていることが多い
作りたてを食べるとメレンゲのサクサク感が美味しいものの、メレンゲは翌日には溶けたようになりますし、非常に甘いので、今回はジェノワーズを底生にし、メレンゲは使いませんでした
メレンゲを中に入れると、背の高いモンブランになり、格好いいですが、Eさん&Oさん&私年代には格好良さより好みの味を優先させたいものですので、ジェノワーズの上にカスタード、砂糖の入っていない生クリームをのせてその上からモンブランクリームを絞りました
小金井の先生に教えていただいたオリジナルのものより、ずっと甘さ控えめです

Oさんのモンブラン
b0254207_11343480.jpg
Eさんのモンブラン
b0254207_11342288.jpg
裏ごしして残った栗は漉し餡に混ぜて茶巾絞りにしまして、お持ち帰り
茨城は栗の産地ですので、茹でた栗が残った場合には、モンブランも良いですが、茶巾包みもいいものです
栗の形にするとなおカワイイ

作業は2:00頃終わり、その後はまかないと試食タイム
モンブランの様子はこのようにカップケーキですが、試食の時はカップから出し、メレンゲを下生地に敷きなおして召し上がって頂きました
南瓜のパウンドはこのような断面です
b0254207_11333405.jpg
昨日撮り忘れたので、今朝撮りました
バターケーキは翌日以降が美味しいです
味を成長させて、毎日少しずつお楽しみください

昨日の夕方の空
b0254207_11335887.jpg
月もきれいでした
今日はお彼岸、明日24日は中秋の名月
ようやく秋です
b0254207_11331256.jpg
Eさん、Oさん、昨日も楽しい時間を有難うございました
またお会いできるのを楽しみにしております


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-23 11:56 | Cake | Comments(0)

アプリコット・バターケーキ

普段は小さめの型で焼くバターケーキですが、今日は久しぶりに大きいバント型で焼きました
柔らかくしたバターに砂糖を加えて5分泡立て、卵黄を入れて泡立て、生クリームと牛乳を入れて更に泡立て
卵白に砂糖を加えながらしっかり泡立て
卵黄とバターの生地にメレンゲを混ぜ、粉を混ぜ、シロップ煮にしたドライ・アプリコットを混ぜたらオーブンへ

直径18cmのバント型のケーキはなかなかの迫力
まな板の上でドーンと試食されるのを待っています
b0254207_14474128.jpg
こういうバター系のケーキは焼いてすぐよりも翌日以降の方が美味しくなります
ですので、このケーキは夕べ焼きました
b0254207_21131951.jpg
一晩経って、試食タイム♪
b0254207_14380984.jpg
・・・口の中でサラサラ崩れていくような感じ
口の中で団子のようになって喉が詰まりそうにはなりませんが、少しぱさっとした感じです
空気を入れすぎたのかしら

次の試食は明日
さて、少しはしっとりするかしら
大きいケーキだから、数日毎日の変化を観察できそうです(ΦωΦ)フフフ…

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-16 15:01 | Cake | Comments(0)

小豆クリームのロールケーキ

エアコンを使わなくても窓からの自然の空気が気持ちいいです
少し前までの熱風はどこへいったのやら
・・・あ、あと1週間ちょっとでお彼岸ですね
暑さ寒さも彼岸まで
庭の彼岸花が咲いています

空は畳の部屋でゴロゴロするのがマイブーム
b0254207_21564689.jpg
自然な風と畳のサラッと感が犬ながら気持ちがいいのでしょう
前足のお手入れですか?
夏の間、暑いアスファルトを歩いていたから、肉球がさぞ傷んでいることでしょう

少し涼しくなると、寒天などの冷たいお菓子以外の和風スィーツが食べたくなります
試作を兼ねて『あんこクリームのロールケーキ』作ってみました
b0254207_21563366.jpg
自分で煮た小豆、何故か愛情が湧きます
でも、スライスる時に小豆が包丁に引っかかって切りにくくて、断面があまりきれいでなくて、ちょっと残念・・・
b0254207_21561917.jpg
生地に黄粉を少し混ぜました
黄粉とバターって合うんです
生地のバターと黄粉が仲良しで、美味しくできました

さて、涼しくなってきたので、タルトだけでなく、そろそろフィユテも始めようかしら(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-13 20:17 | Cake | Comments(0)

南瓜のパウンドケーキ

南瓜のパウンドケーキです
おやつ用というより、軽食レベルの食べ応え
重たい味のお菓子と言う意味ではありません
いつものパウンド型容積分の生地を作ったつもりが、南瓜を入れた分だけ生地増量=ケーキの背が高くなってしまい(焼いている時、危うく型からあふれるところでした)、カットしたらいつものケーキの断面より大きくなったというだけです
b0254207_10121405.jpg
南瓜を角切りしてそのまま入れても良かったのですが、主張度合いが低い素材ですので、主張度を上げるために砂糖を焦がしてカラメル味をつけてからパウンドに入れました
(カラメルって、クランブルやコンデンスミルク同様、愛してやまないパーツです)
焦がした砂糖のおかげで何か具が入っていることははっきりわかりますが、南瓜の優しい味が負けてしまって、「あ、南瓜のお菓子だ」という感想は消されてしまいます
でも、このカラメル味の南瓜、ほろ苦くて美味しいです
(次回作ることがあったら、カラメルはもう少し明るい色で終わらせた方が良いかも)
カラメルではなくメープルシロップで炒めようかと思いましたが、手元のメープルシロップはお隣さんのバーモント州にお住いのお母さん手作りなので、勿体なくてできませんでした
b0254207_10122550.jpg
昨日からの雨で今朝は数日前までの残暑を忘れるほど涼しくなりました
朝顔が秋雨に濡れる姿を見ると、秋だぁ~( ̄ー ̄)と、思います
残暑が戻ることなく、このまま涼しい時期になってほしいです
b0254207_10314572.jpg

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-09-11 10:38 | Cake | Comments(0)

スフレ・ロールケーキ

今日のおやつはロールケーキ
溶かしたバターで粉を練って卵を加え、メレンゲを混ぜて作るスフレと同じ手順の生地
何年ぶりでしょう この生地を作ったのは

生クリームを巻いて、早速いただきます♪
b0254207_15114391.jpg
卵たっぷりの生地
巻きたて最高♪

・・・背中に刺さる視線
b0254207_15113200.jpg
かなり怒っているようですね
「母ちゃん1人で食べるなんてヽ(`Д´)ノプンプン」

計量始めた時からずっと台所の横で待っていたのよね
生地が焼き上がってオーブンから出てきた時なんて、眼をウルウルさせていたのよね
b0254207_15360321.jpg
空とおんなじこんがりキツネ色
b0254207_15112189.jpg
「私、そんなに大きい背中してないわ」

クリームを巻く時、レシピ通りの量をホイップしたものの・・・実際どのくらい巻こうか迷いました
というのは、私は生クリームが苦手なのです
だったら、どうしてこのケーキを作ったのかって?
それはこのスフレ生地が食べたかったからです
でも、生地だけではさすがに娘も主人もびっくりするでしょう

レシピ通りのクリームを巻いて、久しぶりに食べてみました
b0254207_15115299.jpg
うん、このくらいなら大丈夫♪
美味しく1切れめを食べて、2切れめを食べ始めて、やっぱクリーム多い・・・
大丈夫、フォークですくい取ったクリームはコーヒーに入れました

このクリームが自分の口に入ると信じていた空は
b0254207_16260154.jpg
しばらく部屋の隅でこのように脱力状態でした
チャン♪チャン♪

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-30 16:32 | Cake | Comments(2)

夏休みのちびっこレッスン*GORGEOUS CAKE♪

今日は5人のちびっこさん達とのレッスン
ご希望のメニューは『ショートケーキ』
色々な果物とトッピングを用意して待っていましたよー♪

ちびっこさん達はまずスポンジ生地作りからスタート
卵に砂糖を加えて温める作業は危ないので、私がしましたが、その後の泡立てはちびっこさん達で頑張ってくれました
粉もバターも混ぜた生地を型に入れて、オーブンで焼いている間にお昼ご飯

焼けた生地を型から出して、スライスしたら、シロップを打って、お待ちかねの生クリームタイム&フルーツ&トッピングのデコレーションタイムです
自由に飾ろう 楽しくのせよう
b0254207_16440021.jpg
b0254207_16434990.jpg
フィニッシュ! お疲れさま!!(^^)!
b0254207_16441183.jpg
お家でカットするのが少々大変かもしれませんね(;´∀`)
でも、それもまた思い出の一コマ♪

保護者おばあちゃまEさんとOさんの了承をいただいて、このご満悦スマイルKIDSの写真をUPさせていただきます
b0254207_16444155.jpg
普段はケーキを食べないというおチビさんも、今日は試食のケーキを平らげてくれて、嬉しかったです(*´ω`*)
今年のクリスマスには、自分たちでクリスマスケーキを作ってね♪

切り落としで作ったトライフルは主人のおやつになりました
b0254207_16442559.jpg

昨夜のニュースで京都大文字の送り火を見ました
あの映像を見ると、「夏がのろのろと終わるなぁ・・・」と、不思議に寂しい気分
嫌いな夏だというのに、変ですよね

Oさん、Eさん、ちびっこさん達、今日は楽しい時間を有難うございました
あり余るパワーを分けてもらいました
残りの夏休み、楽しんでください
またね(@^^)/~~~

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-17 17:00 | Cake | Comments(0)

ネクタリンのクランブル・ケーキ*お大仏様のヘアスタイル風

おはようございます
先日の桃に続き、今日もネクタリンの朝飯前EASYスィーツ
クランブルのようなザクザクした食感と酸味のある果物の組み合わせが大好きなので、ネクタリンをクランブルケーキにしようと買ったのは良かったのですが「これ、ネクタリン?」というほど拍子抜けな甘さ
b0254207_13273304.jpg
でも、こういう素朴なお菓子はお店では売っていませんから、自分で作るしかありません
どうせ娘も(大阪の爺婆家でパラダイス中で留守の娘ですが・・・)主人も好きではないクランブル・ケーキ、私一人用ですので、今日はクランブルをネクタリンの底にも敷いて焼きました(ΦωΦ)フフフ…

しかし、いくらクランブルが好きでも、今回はちょっと盛りすぎました
さすがの私もやりすぎたと・・・
b0254207_13305419.jpg
昔、ウルトラマンシリーズにこんな感じの頭をした子供怪獣いませんでした?

・・・いや、違います
昨日のブログで牛久のお大仏様をちょっと茶化したので、バチがあたったんです
だから今日のケーキの名前は『ネクタリンのクランブル・ケーキ*お大仏様のヘアスタイル風』
お大仏様の髪型とパンチパーマとの境界線が微妙ですが、お大仏様の方が有難さを感じますし、昨日の反省を込めて「お大仏様の・・・」といたしました

b0254207_13334755.jpg
アイスがこのくらい溶けてきた時が食べごろ♪
ネクタリンが超甘いので、アイスは不要ながら、アイスがないと完全体になっていない気がするので盛りました

我が家の布袋級ふくよかな生き物が
b0254207_13432720.jpg
私がケーキの写真を撮り始めてからずっとこの姿勢でぴたりとも動かず待っていましたが、私が食べ始めたので動きました

「畜生道に落ちて犬として輪廻し、この家に縁あって共に生きているわらわにも一口もらえんかのぅ」
b0254207_13434035.jpg
はい、はい・・・
空が次に生まれ変わった時に、空と私の立場が逆転していませんように・・・と、願いつつ、アイスを一口あげました

滅多にクランブルケーキを食べない主人が「ちょっとちょうだい」と言ったので、切ってあげたら「シャープさが無い」と・・・
ネクタリンが超甘かったからだと私が言うと、「なるほど」と納得していました
そのまま食べるには良い甘さながら、ケーキに入れるとなると、期待される酸味がなかったわけです
ホント、人間って勝手ですよね

主人に一切れきったついでに私ももう一切れ♪
さすがにアイスクリームはもう要らない・・・と、思いながら、お皿にのせたとたん
b0254207_14585088.jpg
あっ・・・お大仏様の御髪が・・・

お大仏様、もしや人為的にのせていらっしゃったのですか・・・
なーんちゃって、またもやバチ当たりな発言を(ΦωΦ)フフフ…
では、また明日♪

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-15 09:34 | Cake | Comments(0)

7日の講習会『L'Elysee』『Le Trianon』『Tartelette Reneissance aux fruits secs』

7日のドゥニさん講習の備忘録の続きです
昨日は『Decouverte』と『Diversion』とについてUPしましたので、今日はあとの3品です

ベルサイユ宮殿の中にあるトリアノン宮殿からその名前を取った『Le Trianon』はイメージ通りエレガントです
b0254207_10512089.jpg
底生地はすりおろしのライムが加えられたダックワーズ、
中生地はピスタチオのビスキュイにキルシュと野イチゴのリキュールでアンビベ
ガルニチュールは野イチゴ(フレーズ・デ・ボア)とメロン(メロンのお菓子『フルール・ド・メ』を思い出します)
これらをまとめるのは貴腐ワインのソーテルヌで作るムースリーヌ、ミントの葉いり♪
仕上げのジュレをかけたあと、ピスタチオ、ミントの葉、ホワイトチョコのコキーユ、矢車菊の花びらを置き、サイドにはホワイトチョコのプレートをつけてあります

こちらは試食用です
チョコレートのプレートと矢車菊パラっと・・・欲しかったです
ちょっと寂しいですよね、このルックスは
b0254207_10513306.jpg
もう1つのアントルメはシャンゼリゼ通りにある大統領宅として使われているエリゼ宮の名前『L'Elysee レリゼ』
b0254207_10514753.jpg
底生地は軽くグリエしたアーモンドのダイスを入れて焼いたビスキュイ
アーモンドの香りと食感が柔らかいビスキュイのアクセントです
ここにキルシュのシロップを打って、型の底、側面に敷き込み、上生地も準備しておきます
中生地はありませんが、マロンのババロアをセルクルの中で固めておきます
ババロアはマロンのシロップ煮の粒とダーク・ラムも加えてあります
マロンとダークラムの組み合わせは王道のペア♪
型に敷きこんだ生地の中にこのババロアとガルニチュール(アップル・プリザーブと苦みが少ないピンク・グレープフルーツ)を入れて上生地で蓋をしておきます
表面を覆うのはイタリアン・メレンゲ、表面をマスケした後、雫型にしぼり、粉糖を振ってサッと軽い歯ざわりを作ります
ドゥニさんがニコニコなさいながらメレンゲの上に更にデコレーション
ピンク・グレープフルーツ、オレンジ・ピール、赤スグリ、ブルーベリー、金箔を丁寧に散りばめながら「時間がかかっていますが、好きにさせてください(*´ω`*)最後ですから」と作業にもトークでデコレーション
ケーキのサイドにつけられているのはリンゴをスライスしてオーブンで約2時間ほど焼いたドライ・アップルです
これ、作ってみようかしら♪ ドライ・フルーツLOVEなんです
b0254207_10520221.jpg
華やかな仕上がりのデモ用ケーキに対し、こちらは試食用に配られたものです
美味しさに変わりはありませんが、あまりに寂しくみえませんか
勿論あれだけ贅沢にフルーツを持ってくださいとは申しませんが、なにか1つでものせてほしかった・・・というのは厚かましいですよね

さて、7日の最後のメニューは『Tartelette Renaissance aux fruits secs タルトゥレットゥ・ルネッサンス・オ・フリュイ・セック』
b0254207_10523989.jpg
ココアのシュクレ生地を空焼きしておき、2種類のチョコ(ベネズエラとペルー)とコニャックなどを加えた柔らかいガナッシュを流し、その上に2種類のチョコ(ベネズエラとスーパー・ゲアキル)をキャラメルに加えて作ったグラサージュをかけます
名前にフリュイ・セック(乾いた果実)とあるように、ピーカンナッツ、グリエした皮無しヘーゼルナッツ、グリエした皮付きアーモンド、ピーナッツと、カカオニブを振りかけて仕上げます
b0254207_10522160.jpg
使われているチョコレートはいずれもカカオのパーセントが高く、味的にも特徴ある苦みと酸味があるものですので、子供向けの甘いチョコタルトを想像なさって口に入れたら大間違いです
昨日と今日UPした5つのメニューの中で一番好きなお味でした
作る工程も一番少なくて・・・良いですわ(*´ω`*)

ドゥニさんのお菓子の講習会は今年が最後
イルプルの弓田先生とドゥニさんのお菓子に出会わなければ、これほどお菓子作りに熱中することはなかったでしょう
ドゥニさん、有難うございました
どうぞ、お元気で(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-09 19:03 | Cake | Comments(0)

7日の講習会『Diversionディヴェルション』と『Decouverteデクヴェルト』

昨日7日の講習会では5つのお菓子を教えていただきました
今日はまずそのうちの2つをいただきました
今日はその備忘録です

1つ目は「気晴らし・気分転換」を意味する『Diversion ディヴェルション』は直径7.3cmのドーム型です
b0254207_23280934.jpg
底生地はココアのサブレ生地、湿気防止にパータグラッセを塗っておきます
その上に乗せてあるのはショコラのビスキュイ、ポワールのオ・ド・ヴィをポンシュしておきます
このビスキュイは中生地にも使われています
ガルニチュールは2種類あって、1つは洋梨、もう1つはポップコーンを作ってキャラメルでピーナッツと一緒にからめておきます
これらをまとめるのはバターをつなぎにするムースリーヌ・オ・ショコラ!
生クリームを使わないなめらかなクリーム!
このムースリーヌを作るには、パータボンブとイタリアンメレンゲを作らなければなりませんが、味の深さと軽さが同時に生まれる素晴らしいクリームです
仕上げの飾りには、ケーキの足元にチョコレートフレーク、表面にはピストレ、トップにはガルニチュールとおなじキャラメル・ポップコーンが使われています
b0254207_23205843.jpg
このキャラメルポップコーンが所々にほろ苦さを加えていて、とても美味しいです
大人のチョコレートケーキをまた1つ知ってしまいました(ΦωΦ)フフフ…

もう1つは『デクヴェルト Decouvert』 
これは「発見」という意味だそうで、新しい物・今までないものを作りたいと思ったそうで、アボガドとコーヒーの組み合わせでこの名前を付けられたそうです
b0254207_23435951.jpg
底生地はキャトルエピス入りサツマイモのビスキュイで、薬草系リキュールのシャルトリューズをポンシュに使っています
このビスキュイは中生地にも使われています
ガルニチュールはカシューナッツ、中詰めされているのはアボガドのムースです
アボガドは野菜だと思っている方いらっしゃいませんか
アボガドは果物です(*´ω`*)
マスカルポーネとオリーブオイル、タバスコ、唐辛子などが加えられている非常に興味深いムースでした
このケーキをまとめているのはクレーム・ムースリーヌ・オ・キャフェ
仕上げにジュレをかけ、足元にムラング、トップにメキシコ料理で使うパータ・ブリックを小さく切ってオーブンで焼いたものを飾りにつけてあります
(試食にもムラングとパータブリックが欲しかったです(*´Д`))
b0254207_23204799.jpg
とても興味深いお菓子ですが、おそらく自分では作ることはないかな・・・
だって、私、アボガドが苦手なんです
昔は好きで好きで大好きで、好きすぎて食べ過ぎて、ある日突然気持ち悪くなってしまった・・・という経験がありまして、それ以来受け付けられなくなってしまったわけです
あのままアボガドが好きだったら、このお菓子はきっと7日に教えていただいた5つのメニューの中で一番好きになっていたかもしれませんが・・・

今日は2つのお菓子をゆっくりいただきました
明日は3ついただきます(*´ω`*)

今日の講習会は無事行われたと思いますが、現在関東地方に台風接近中!
明日の講習会が無事行われますように

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-08 23:57 | Cake | Comments(0)

第33回ドゥニ・リュッフェル氏を迎えての技術講習会(フランス菓子1日目)

今日は第33回にして最終回となるドゥニさん講習会に参加しました
弓田先生はお顔色が良く見えましたし、いつものアシスタント細川さんに加え、OBシェフとOBスタッフさん達もお手伝いにいらっしゃっていて、にぎやかで華やいだ印象の会でした

講習会でのお菓子は5品
b0254207_23321813.jpg
b0254207_23322735.jpg
b0254207_23324713.jpg
b0254207_23323533.jpg
b0254207_23325766.jpg
どれが一番だったかって?
実は試食をすべて持ち帰って来ておりまして・・・つまり未だ食べていないということなんです
会場で出来立てを食べるのはさぞ美味しいだろうと思いますが、私としては家で1品ずつルセットを読みながら味わいたいので、持ち帰りました
今日は運良く涼しかったですので、持ち帰りも安心でした

明日はフランス菓子2日目、明後日と明々後日も同じメニューで講習会が続きます
今回、私が参加するのは今日だけでしたが、感謝を込めて講習会を受講してきました

ケーキの詳細についてはまた明日♪
おやすみなさい


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-08-07 23:41 | Cake | Comments(0)