人気ブログランキング |

<   2016年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

トロピックのレッスン&スリランカ料理で晩御飯

今日も自宅でレッスンでした(*^-^*)
メニューは今月のお薦め『トロピック』を隣町のNさんとご近所のEさんとOさんとレッスン
レッスンで取り上げているのは、イルプル本科Ⅰでの『トロピック』です
イタリアン・メレンゲという少しハードルが高く感じられる部分がありますが、Nさんはすでに1人で作られますし、OさんとNさんも少し慣れてこられて、、よかったです
底生地と中生地になるジェノワーズを焼く時間が約40分ほどあり、その間にイタメレ無しで作れるバージョンをご紹介しました
これは出版されている本にも載っています
先日、このお菓子を習われたMさんとTさんには後日、このイタメレ無しバージョンをメールにてご紹介いたします(*^-^*) 少々お待ちくださいね

このバージョンは、近くの店で買えないコンパウンド・パイナップルを使うことなく、イタメレを作るわずらわしさもなく、それなりに美味しいお菓子です
b0254207_23154913.jpg

見た目はオリジナルと同じです
さて本日の記念写真(^^♪
b0254207_23164692.jpg

Nさんは2台、EさんとOさんは1台ずつ完成~

今日はレッスンが始まってから少しの間、Eさんのお孫さんのんちゃんがいろいろ手伝ってくれました
でも、お母さんがおむかえにいらっしゃって、(@^^)/~~~
のんちゃん、お手伝い有難うね
また遊びにおいで

今夜はNさんの車に乗って
b0254207_2317214.jpg

常総市のここにある
b0254207_2318819.jpg

このお店で
b0254207_23184635.jpg

月1回のバイキング・ディナーを食べました
b0254207_23191413.jpg

b0254207_23193673.jpg
上のグラスに入った飲み物は、ファルーダといい、イチゴ味が人気だとNさんが教えてくださいました

もう9月のバイキング・ディナーのメニューが出ています
b0254207_23214732.jpg

お腹いっぱい食べて、会計を済ませた後、料理人さんが「ミルクティ、好き?」と聞くので、「好き」と答えたら、なんとミルクティをサービスしてくれました
b0254207_23223089.jpg

お店には日本人はNさんと私だけ
はじめはもう数人いましたが、気が付くと2人だけ  
不思議なスリランカ料理の店、また行きたいです

Nさんは私を送ってくださり、お家に向かわれました
明日はスリランカ料理のレッスンに参加なさるそうです
今日は朝から1日お付き合いくださり有難うございました

EさんとOさん、夏休みでお孫さんとの時間を空けてお越しくださり有難うございました
また次回お会いできるのを楽しみにしております
by BakingEveryDayTM5 | 2016-08-06 23:24 | Cake | Comments(0)

本日のレッスン二部構成(*´ω`*)

今日の自宅レッスンは午前と午後の2部構成(*´ω`*)
まず午前中にいらっしゃったのはCさん、Kuさん、Kaさんの仲良しサークル仲間さん
今月のメニューはKaさんの御希望で「あんこ」のお菓子
暑い時なので、さささっと楽しめるメニューを用意しました
(これも皆さんの暗黙の希望でしたから)
1品につき所要時間約20分です
『あんことココナッツミルクのアジアな牛乳プリン』と『ほうじ茶とあんこの寒天』
b0254207_23222248.jpg

『水饅頭』
b0254207_23224914.jpg

そして、『ふわふわの和風カップケーキ』
b0254207_23231397.jpg

全て、あんこ入り♪  Noあんこ、NoライフのKaさん、気に入ってくださいました?
ただ、ほうじ茶とあんこの寒天は、前方のように分離して出来上がりですが、少し冷やしてから型入れしたので、後方にある水羊羹に仕上がってしまいました
すみません 9月のレッスンの時に、もう1度おねがいします

Cさんのお嬢ちゃんはあんこがあまりお好きではないとのことでしたが、カップケーキを気にってくださったそうです よかったぁ~(*´ω`*)

今日は皆さんのお菓子の写真を撮り忘れませんでした
Kaさんのお菓子でしょ♪
b0254207_23241222.jpg

Cさんのでしょ♪
b0254207_23243588.jpg

そして、Kuさんの♪
b0254207_23245496.jpg

来週からの夏休み、御家族が集まるときですから、時短おやつが便利です
是非、今日のメニューをお使いください

午後、お茶の時間を過ぎたころ、Oさんがいらっしゃいました
Oさんの御希望は『バナナとココナッツのタルト』
生地を型に入れて、1時間寝かせている間に『シフォンケーキ』も
b0254207_23272929.jpg

Oさんにとってはタルトもシフォンの手慣れたものです
私がお教えできる範囲ではないので、心苦しいながらも、御希望のメニューです
Oさんによると、最近ご自宅で焼くシフォンが「気に入らない」とのこと
型の底面が浮いたようになるとおっしゃっていたので、今日一緒に作ってみましたが、全くそういう問題が見当たらず、焼きあがったシフォンを並べてみても、どっちがどっちの?という感じです
たまたまそういうことがあっただけですよ きっと(*´ω`*)

今日も嬉しいいただきものです 
Kaさんがお庭で作られたお野菜を3人分持ってきてくださって、これは私がいただいた分です
b0254207_23332538.jpg

Kaさんったら、首から背中にかけて、いっぱい蚊に刺されて・・・
ホント、いい人なんですから・・・

Cさんからは白馬旅行のお土産を
b0254207_2335359.jpg

とても素敵なところへ行ってらっしゃったんです
Kuさんがお孫さんとの御旅行の候補に入れてらっしゃるようです(*^-^*)

Oさんからは手作りのチョコシフォンと榎戸近くにある珈琲問屋で買ってきてくださったタイのコーヒー
b0254207_2339401.jpg

・・・チョコシフォンは、すでに私のお腹の中に消えてしまいました  
写真ありませーん  残念 (また焼いてきてください)

皆さん、今日も楽しい時間を有難うございました
また来月お会いできるのを楽しみにお待ちしています
by BakingEveryDayTM5 | 2016-08-05 23:42 | Cake | Comments(0)

今日も『トロピック』(^^♪でも、今日も・・・

ようやく夏らしい天気になりました
パイナップルのケーキ『トロピック』が似合う明るさが戻ってきました
昨日と同じメニューが続くというのは私の自宅レッスンでは珍しいことですが、今日も昨日に続き『トロピック』をTさんから御希望をいただきました

でも、今日も・・・(*´Д`)・・・Tさん作の写真を撮り忘れてしまいました
それで、この写真も私が作ったものですが、昨日とは違って、凍らせてからカットしましたので、断面がきれいでしょ♪
b0254207_1910040.jpg

パイナップルがゴロゴロ入っているので、少々凍らせないと生パイナップルがひっかかって、このようになります
b0254207_19101934.jpg

ちなみにこれは昨日の写真
冷凍ビフォアー&アフターでございます

Tさんはトロピックに使うパイナップル・コンパウンド4回分をここで買ってお帰りになりました
ということは、近いうちに復習なさるということですね
2か月前のレッスン『ルバーブのタルトレット』に使うジャムを気に入ってらっしゃって、信州から赤いルバーブをすでに取り寄せ、ジャムを煮るためのワイン(ソーテルヌ)も(偶然私が1本持っていましたので)お買いになって・・・
毎日、お仕事や趣味の畑仕事やご家族のケアなどでお忙しいのに、本当によくお菓子を作っていらっしゃいます
・・・しかも、いつもイルプルーのお菓子  ものすごい気力と体力です~ 見習いまーす

Tさんのお庭から、嬉しいいただきものです
b0254207_19104431.jpg

大好きな茗荷  私、茗荷LOVE  だからでしょうか・・・忘れっぽいのは (*'ω'*)

今日の夕方、もう1つ嬉しいいただきもの有り♪
これで何を作ろうかしら (ФωФ)フフフ・・・  これについては、また後日♪
by BakingEveryDayTM5 | 2016-08-04 19:16 | Cake | Comments(0)

8月自宅レッスン始まりました

今日から日曜日まで8月の自宅レッスンです(^^♪
今日は黒いパグ君を飼っていらっしゃるМさんが『トロピック』を作りにいらっしゃいました
このお菓子はパイナップルを1cm角にカットし、シロップとキルシュに1週間漬け込むところから作業が始まります
主な材料はこのパイナップル、ココナッツ、生クリーム、卵・・・揃えやすい材料です
パイナップルの香りを強めるために、パイナップルコンパウンドを入れます
これだけが買いにくい材料です

薄力粉を使わず、強力粉とココナッツ・ロングのしっかりしたジェノワーズを作ります
ココナツミルク、パインジュースでババロアを炊き、イタメレと生クリームを合わせて混ぜたら、ほとんど出来たようなもの
底生地の上にババロアを入れて、漬け込みパイナップルを1面に散らし、またババロアを少し入れて中生地を置き、残りのババロアをのせて、最後にパイナップルのジュレを塗ったら組み立て終了

Мさんの2回目のイタメレ練習(*^-^*) 前回に続き今回もお1人で
右手にビーター、左手にシロップと温度計 115℃超えたら火を弱めてくださいと言うのを私が忘れて、急に温度が上がったので、Мさん少々びっくりポン♪ 
でも、大丈夫 つやつやメレンゲの出来上がりです   

試食の時、まだ出来立てで生地とババロアがなじんでいませんでしたが、召し上がって「美味しい~!(^^)! 手をかけただけの美味しさです」という感想をいただき、嬉しかったです
そして、ケーキを半分にカットなさって、ご実家に届けに行かれました
親孝行な娘さんです

・・・で、さっそくながら、Мさんのケーキの写真を撮り忘れました 
仕方ないので、私が試食用に作ったものを載せます
中にゴロゴロ入っているパイナップルがスムーズなカットの邪魔で、切り口が実に・・・悲しいほど汚いのが残念
b0254207_20143327.jpg

凍らせてからカッとしたらもう少しはきれいな切り口ですが、凝固ぎりぎりユルユルな状態でカットするとこのようになります
苺のショートケーキとオレンジのショートケーキ同様、切り手泣かせなケーキです

さて、うちの親孝行娘は今日から3日間大学内の宿泊セミナー室で合宿だそうです
しかも、合宿最終日には前期試験の最終科目を受けるそうで、随分な余裕の姿にコメントのしようがありません
少し前に『永楽屋』(京都四条河原町角)で柚子パフェを食べたという写メが届きました

以下は娘のメールです
b0254207_2015933.jpg柚子パフェ(上から)
・柚のシャーベット(汗引いてすーってする。夏これいい。程良い甘さ酸っぱさ)
・柚ジャム(永楽屋で売ってるあの柚ジャムそのまま)
・白玉
・ココナッツジュース(って店の人言ってたけど、本当にのってたのか不明。いや乗ってたんだろうけど味しなかったわからんかった。)

・羽二重餅(上のシャーベットで柔らか羽二重餅がカタカタ羽二重餅になってる)
・白あん(これは柚あんじゃなかった。少し残念。なくてもいいんじゃね?と思ったり。)

・(かさまし)グラノーラ
・(かさまし)スポンジ

・めっちゃくちゃすっぱい柚寒天(マジやばい酸っぱすぎる。全て食べ終わった後には、いがいがした。)以上

永楽屋でのパフェなので、虎屋の白玉あんみつ同様決してお安くないと思いますが、財布が親と爺婆様からの給付金で膨らんでいるうちに色々楽しんでおいてほしいと思います
(ФωФ)フフフ・・・
by BakingEveryDayTM5 | 2016-08-03 20:16 | Cake | Comments(0)

第31回ドゥニ・リュッフェル氏を迎えての講習会

今日は代々木上原のドーバーの会場で、ドゥニさんのお菓子講習会に行きました
お菓子の講習会は2日間あり、今日は第1日目
メニューは5つ 朝9:00から17:00までの有意義な講習会でした
今日はそのお菓子の備忘録です

『L'Horizon ロリゾン』
b0254207_20501893.jpg

「地平線」を意味するこのお菓子ですが、ドゥニさんにとって地平線とは空と陸の間であり、見上げるものではなく、自分の目線にあるものだそうです
その地平線のように新しいものを作ろうと思ったのだそうです
ケーキは刻んだアーモンド入りビスキュイ・オ。ザマンド
シロップ漬け栗の入ったババロアズ・マロンとカシスのクリを生地でサンドし、仕上げにとカシスのジュレを塗ります
飾りにカシス、マジパンで作った葉、マロンペーストで作った栗、金箔、すみれの砂糖漬けをのせ、周りにはヌガーを砕いてつけてあります

「コーヒーとチョコ・2つの味わいが織りなす世界」と説明が加えられている『Dualite デュアリテ』は、ヘーゼルナッツの刻んだものをのせて焼いたコーヒーのダックワーズの裏面にコーヒー風味のクルスティアンを塗り、底生地にしています
これだけでも十分1つのおかしになりそうですが、その上にコーヒーのバタークリームとアングレーズを混ぜたもの、ビスキュイ・アマンド・ショコラ(中生地)、チョコとコーヒーの香りとパータボンブを合わせたクリームをのせ、仕上げにグラサージュをかけます
b0254207_20563362.jpg

これは先日のドゥニさんとのお茶会に出されたお菓子だそうです
ということは、今回の講習会の代表ともいえるものかもしれません

『Pain d'epices a la confiture de framboise パン・デピス フランボワーズジャム添え』
b0254207_20582190.jpg

ドゥニさんは伝統菓子をとても大切に考えていらっしゃっていて、この代表的なメニューを教えていただけたのは何より嬉しいです
このお菓子のキーとなるのはスパイスの配合と香りと味わいがしっかりしている南仏の百花蜜
今回はフランボワーズのジャムが添えられていますが、ドゥニさんが子供の頃、バターを添えることがあったとおっしゃっていました

『Cheesecake aux pamplemousses roses ピンク・グレープフルーツのチーズケーキ』
b0254207_2131136.jpg

チーズケーキといえば、ドイツかアメリカのお菓子というイメージですが、ドゥニさんがフィラデルフィアのクリームチーズをケーキにすると、チーズケーキ=気軽に作れるお菓子というイメージが変わります
まず底生地にパート・サブレを焼いて、砕いて、バターと混ぜて直して、また底生地にやきなおすんです
本体のチーズケーキの部分はノーマルですが、生クリームのグラサージュをかけて、ピンク・グレープフルーツのサバイヨンを表面に絞り(このサバイヨンが美味しい!)、グレープフルーツを飾って仕上げます
以前、私のブログでドゥニさんのルバーブのタルトレットをご紹介しましたが、ドゥニさんにかかると、ルバーブにしてもフィラデルフィア・チーズににしてもソフィスティケイトされすぎる傾向があるようです

『 Allumette glacee aux fruits des tropiques トロピカルフルーツのグラス掛けアミュレット』
b0254207_2112648.jpg

アミュレットも伝統的なお菓子ですが、中に入っているトロピカルフルーツのクレーム・ムースリーヌと生のフルーツの美味しいこと!
パイの表面に塗られたグラスとパイ生地が湿気ないうちにいただくと最高です
このパイ生地作りのデモを見せていただきましたが、ドゥニさんの粉と水を合わせてひとまとめにしていく工程がマジックのように見えたのは私だけでしょうか
生地を少しずつクルクルと回すようにまとめていく様子は、まとめようとしているというより、生地のほうからまとまっていくように見えました   ホント不思議・・・

今日の講習会にはフランス料理のクラスでお世話になったMさんと本科Ⅰ以来のお友達Kaoさんとご一緒しました
Kaoさんにお会いするのは2年ぶりでしょうか  
お昼の時間、3人で近くのお店でグリーンカレーを食べながら、おしゃべりタイム
b0254207_21222325.jpg

参加なさっている方々の中に、知り合いのお顔を見て嬉しかったです
四ツ谷の『北島亭」のシェフもいらっしゃっていました

以上5つのお菓子の講習会、明日も続きがありますが、私は明日から自宅手8月のレッスンです♪
この講習会に2日出るのは、本音として、気力と体力的に厳しいです(*´Д`)

ドゥニさんの講習会は今年で31回  この秋には足の手術をなさるそうです
来年32回目の講習会が行われるかどうかは・・・・
風邪をひかれて、辛そうだったドゥニさん、明日以降3日講習が続きます
お料理の講習会が終わり、お疲れが出てきているのではありませんか
どうぞお大事に・・・
b0254207_21304865.jpg

また来年も講習会を開いてくださることを願います
by BakingEveryDayTM5 | 2016-08-02 21:32 | Cake | Comments(2)

あんことココナッツのアジアンテイストな牛乳ゼリー

「暑いからと言って、冷たいものばかり飲んでいると、胃が悪くなるから気をつけてね」と、他の人には偉そうに言っておきながら、その私が冷たいもの飲み過ぎで胃が重痛い(*´Д`)です
食べ過ぎで胃が重いとか、ストレスで胃が痛いとか、そういう経験は皆無に近いだけに、胃に鈍痛がするというレアな経験を味わっているここ最近です
おかげで少し食欲が無くて、このまま減量という良い方向に向かってくれることを期待していますが、そのリバウンドの方が恐ろしいかもしれません

あまり食欲が無くて、今夜の御飯は茄子と豚肉の煮物、鰺の干物、冷汁、デザートにあんことココナッツのミルクプリン

・・・って、冷汁もミルクプリンも結局冷たいものです
そういうものしか思いつかないんです
b0254207_20271565.jpg

このココナッツミルクプリンはココナッツパウダーを牛乳で溶いて、コンデンスミルクとあんこを溶かして固めただけですが、結構おいしいんです♪
ちょっとアジアな感じで、クラッシュした氷を少々と小豆をのせて食べたら、さぞ美味しいだろうに(´ω`*)!・・・と、思いましたが、さすがにクラッシュした氷はやめておきます

胃の調子が良くなったら、かき氷に練乳と小豆をのせて食べよう 
頭キーン 知覚過敏でうぉぉ・・・と、言いながら、サクサク食べよう
そう思ったら、なんとなく胃の調子が良くなってきたような感じ
やはり私の場合、迎え酒ではないですが、食をもって食欲を取り戻す・・・でしょうかね 
(ФωФ)フフフ・・・
by BakingEveryDayTM5 | 2016-08-01 20:33 | 小さいお菓子 | Comments(0)