娘の女子力UPへの道 ~自炊のススメ~

b0254207_20325366.jpg
今夜の晩御飯は娘が作ってくれました~

グリコ・バーモントカレー甘口です
ぶつ切り人参ゴロゴロ
ワイルドなカレーですが
よくできていました

最近、時々娘に晩御飯を作ってもらっています
先日は、炊き込みご飯セットでした

雑な方法ながら、何とかできています
「そのぐらいのメニュー、誰にでもできる」と思われるかもしれませんが、
作り慣れると、作業が手早くなりますし、料理を作るのが負担にならなくなります
そして、同じ材料から他のメニューへの使いまわしも上手になります
(ここまで達するには数年かかるかもしれませんが・・・)

それに、健康管理は毎日の食事から
バーモント・カレーのルーにも何にでも添加物は入っていますが、外食やコンビニ弁当よりましです
アレルギーのある娘には、出された食べ物が大丈夫かどうかという心配もあります
1人暮らしを通して、自己管理が少しできるように(特に健康管理!)なってほしいです

「ねえ、母ちゃん、最近 うちさぁ 何だかんだと母ちゃんの良いように使われてるような感じがするんだけど」

ふふふ~
そんなの ただの気のせいよ~
b0254207_20332541.jpg

[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2013-03-14 20:37 | KOO食堂 | Comments(0)

娘の女子力UPへの道 ~お菓子作り VIENNOIS CHOCOLAT~

b0254207_23555986.jpg料理は真心が何より大切
食べてくれる人の顔を思い浮かべながら作りましょう

・・・というのは、お料理教室での教え
確かにそうですが、娘には少し違う様で

料理をする時に大切なのは、
時間とコストと出来上がりの味と見た目のつり合い
自分が食べたいものを自分の為に作る

・・・というのが、ポリシーだそうです

確かにそうですね
このVIENNOIS CHOCOLATヴィエノワ・ショコラは、
まさしくそういう娘にぴったりのお菓子です
計量から出来上がりまでで、1時間ほど、
かけた時間と出来上がったお味の関係はリーズナブル

b0254207_2355115.jpg
ポマード状にしたバターに
粉糖と卵白を木べらで混ぜていくのは力仕事ですが、
それなりに力のある娘は気合で(?)空気を入れすぎることなく混ぜてしまいます

粉とココアも練らないように切り混ぜ、
最後までバターは溶けていませんでした

天板に絞る前に「右腕死んだ~」と、ひと叫びして
固いめの生地をぎゅ~っと絞って無事焼き終わりました

これは、昨日のエスニック料理の会のコーヒー用に作ってくれたものです
今までも何度か作っていたので、上手になって来ています
(しかし、今回の仕上げの粉糖は、私がかけました)

美味しいものを作って、不機嫌になる人はいません
「美味しい」って、言ってもらえれば、嬉しいものでしょう?
みんなで「美味しい」を共有して喜び合える、っているのも ひとつポリシーにいれてくださいな、我が娘殿
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2013-03-14 00:07 | 小さいお菓子 | Comments(0)

3月 エスニック料理の会

b0254207_1644257.jpg3月エスニック料理の会は私の家にて~

さてさて、ご覧ください 
机に並んだお料理は、ピラフとサラダ
コムタン・クッパ
チャングッ(ク)ジャン・チゲ
でした

ピラフは、イタリアにお住いのお友達にいただいたシーズニングをお使いになったそうで、食べる時に、パルメザンチーズ(+お好みでタバスコ)をかけて御馳走になりました
(厚かましい私は、自分の晩御飯用に分けて取らせていただきました~)

b0254207_16444860.jpgチャングッ(ク)ジャン・チゲ(写真下)は、納豆を入れた伝統的な料理
冬場に食べられる鍋料理
御飯を入れて食べると美味しいんです
(写真には卵が入っていますね
入れると味がまろやかで、いいです~)

私が今回出したのは、韓国の牛テールのスープを使ったコムタン・クッパです
年末に買った鍋様が良い仕事をしてくださいます
調味料は塩のみ
テールの骨と髄から最高の出汁が取れます

そこに人参、シイタケ、大根など野菜を刻んで少し煮て、卵も散らして御飯を加えます
コラーゲンたっぷりの少し年が大きくなってきている(私)お姉さま世代には、美味しくて体に良い、うれしい1品です

デザートは、娘が朝作ってくれたヴィエノワ・ショコラと私のナッツの塩クッキー
そして、苺のリキュール・マリネ
最後に先日ラテンな友達がくれた桜の御饅頭

人見知りな娘が、珍しくデザートから私たちの話に参加
少しは大人の会話に興味を持ったのでしょうか

少しは色々な人に接してみようと・・・今までの自分から変わろうとしているのかもしれません
生意気な娘を相手に話をしてくださったエスニック料理のメンバーに一礼
「ありがとうございました」

さて来月あたりから、しばらくお休みしていたもう1人が、そろそろ会に戻って来るかもしれません
息子さんが、うちの娘と同じ年(=受験生でした~)、それに御家を建てることもあって、色々忙しかったようです
先日、お電話したら体調が悪いとのこと、きっと疲れが出たのでしょう
お引越しの手伝いができると良いのですが (私の引っ越しの時は、このお友達のおかげでサササ~と、終わりました)、もしかすると、娘の引っ越しと日程が重なるかもしれません

できるだけ、お手伝いしたいなぁ・・・
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2013-03-13 16:56 | いろいろ | Comments(2)

SAINT-MICHEL

b0254207_135129100.jpgSaint-Michel(聖ミカエル)は、お菓子職人の守護聖人 
9月29日が その祝日だそうで、
そんな守護聖人の名前が付いたお菓子です

もともと ミカエルは甲冑を付けた素敵な大天使
魔物を踏みつけ 手には善悪を量る天秤を持っています

ちなみに、同じSAINTがついているお菓子に
Saint Honore(サントノーレ)がありますが、
こちらは お菓子とパンの守護聖人 
祝日は5月16日

さて、このSAINT-MICHELは、
ビスキュイ・ショコラ生地の上に、
3層のクリームとガナッシュがかけられています
下からスイート・チョコレートのクリーム
オレンジ・キュラソー入りホワイトチョコのクリーム
アーモンド・プラリネとミルクチョコエーとパータボンブのクリーム
そして、最後にガナッシュ・ア・グラッセをかけてあります

このお菓子のレッスン日は、この前の水曜日でした
コース最後の日で、先生が輸入販売を始められたブルゴーニュのワインを振る舞ってくださいました

先ずは白ワインを2杯 そして赤ワインを2杯
それから、苺のリキュールと白ワインを合わせたもの
さらには、カシスのリキュールと白ワインを合わせた夢見心地のお味を御馳走になりました

ちなみに、私だけではありませんよ
他の皆さん(?)も、同じぐらい(?)頂いて、幸せな気分に浸っていらっしゃいました

ワインはとても繊細なもの
送られてきた場合には、元の状態に戻るまでに約3週間かかるそうです
グラスに注ぐ時には、優しく静かに・・・
グラスに注いだ後は、グラスをドン!と机に置かないこと
本当にショックに敏感なのだそうです

いつか特別なときの為に、数種類買い置きしておくのもいいなぁ~ と、思います
(でも、きっと「味見」と称して、飲んでしまうのは見えていますね)

美味しいワインの味を教えていただけた有難いレッスンでもありました
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2013-03-12 14:06 | Cake | Comments(0)

POMMES DE TERRE

b0254207_1575936.jpgタイトルのpomme de terre(ジャガイモ)どおりの裏ごしを使ったお菓子です

グリルしたアーモンドを5mmほどに挽き
マカロン生地を焼きます
その上にシャンティー・ショコラ・ブランを絞ります

シャンティー・ショコラ・ブランとは
ホワイトチョコと生クリームを混ぜたもの

そして、裏漉ししたジャガイモを入れたクリームをのせ、再びシャンティー・ショコラ・ブランを重ねます

仕上げにホワイトチョコのコポー(コポーになっていませんね)を飾って出来上がり

このお菓子は、私にとって一生忘れられないものとなりました
というのは、このお菓子を習ったのはちょうど2年前の3月11日

あの日 午後2:46 大地震が発生、教室から外へ避難すること2回
近くで作業していたお友達は、あまりに恐ろしくて、頭の中が真っ白になったのでしょう
左手にケーキ、右手に刷毛を持ったまま外へ避難していました

その夜は家に帰れず(いつだったか、このブログでお話ししたので詳細は申しませんが)、先生の御厚意で、お友達と一緒に代官山の教室に段ボール箱を敷いて泊めていただきました

津波の恐ろしさ、家族や友人を失う悲しみは、言葉では表せません
被災なさった方々に、「辛いですね、大変ですね」と、自分が言っていいものなのかどうか・・・
この言葉しかないとしても、現地に赴いて何もしていない自分が口に出して言うと、何だか・・・恥かしく申し訳ない

私の両親は18年前の阪神淡路の地震で、ずっと住んできた家と沢山の思い出を失いましたが、間一髪で無事でした
あの頃、娘が生まれて ようやく首がすわったばかり・・・「こっちはなんとかするし、助けは要らんから、自分の生活をちゃんとせんとアカン」という母の言葉に甘えて、ほとんど手伝いに行かず、全く親不孝な私でした

今日、あの地震から2年目 黙祷
[PR]
# by BakingEveryDayTM5 | 2013-03-11 15:10 | Cake | Comments(2)