ジャム いろいろ

b0254207_1745744.jpg冬眠前の保存食作り
洋梨、りんご、無花果、柚子のジャム
どれも糖分低めで、あまり日持ちがせず
保存食とは言えませんが、それでもしばらくは大丈夫

以前あるイギリス人が私に言いました
「ジャムに生える青かびはペニシリンと同じだし、カビの部分を除けばOK。
瓶の中の残りのジャムは食べられますよ」って

とても真面目な顔をして言うから、こちらまで真面目に「そうなんですか」としか言えませんでしたが、ちょっと待てよ・・・相手はイギリス人、言葉遊びに長けているはず
信じず疑わず、聞き流すのが最善

今日は休甘日のはずなんですが・・・
習慣って恐ろしいもので、おやつの時間には、やはり少しだけ甘いものが欲しくなります
だから、今日はヨーグルトに少しだけジャムを入れて、グググゥ~っと我慢

できたジャムの瓶を並べて見ていると、自分が冬籠り前の動物の様に思えてきます
「本格的な冬の前に、楽しみを準備しておこう」っていう感じがして可笑しいです
そうだ、冬の間は KOOMA と名乗ることにしましょうか

さて、また明日からBAKING開始
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-18 17:07 | いろいろ | Comments(0)

LATKES

b0254207_1250537.jpg世界中にある共通した食べ物の1つにパンケーキがありますが、皆さんはジャガイモのパンケーキはお好きでしょうか
この写真のパンケーキはLATKESラトケスといいます

えっへん・・・
少し説明いたしましょう

ラトケスとは、Ashkenazimアシュケナジム(東欧系ユダヤ民族)の伝統料理の1つで、12月のハヌカの時(だいたいクリスマスと同じ頃、でも決してクリスマス行事ではありません)によく食べられます

・・・と書くと、かしこまったように聞こえますね
でも、これはドイツのジャガイモのパンケーキと同じです

・・・と書くと、馴染みやすく聞こえるかもしれません
何故でしょうね
言葉って不思議です

「KOOさんったら、偉そうにわざと難しい説明から始めたりして、嫌な人」だと、思われましたか
・・・フフフ

写真のラトケスはジャガイモ1つをすりおろして、少量の玉葱みじんぎり、卵、小麦粉少々、塩を加えて作りました
材料さえあれば、ジャガイモの皮むきから出来上がりまで約10分! 簡単なので、週末の朝御飯や小腹がすいた時のおやつにぴったりです
サワークリームやアップルソースで食べることが多いです
みじん切りにしたり、千切りにして作るとハッシュドポテトのようになります
休日のブランチなどにお試しください

あ~ 食べる前に写真を撮り忘れなくてよかった・・・では、私は只今よりこれを昼御飯にいただきま~す




PS. フフフ~ ブログに慣れてきて、これくらいは昼飯前さ!・・・・・なんちゃって、ちょっと恥ずかしいギャグなので、PSにして書きました
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-17 13:00 | Cake | Comments(0)

にこマルシェ in DECEMBER

第3日曜日の朝は恒例となったニコ・マルシェ、2か月前から娘も一緒に行くようになり、先月一緒に行けなかった友達も一緒にGO!
昨日の憂鬱な天気が一変して良い天気、思ったよりずっと暖かくて、たすかりました

b0254207_132267.jpg先ずはホットドッグとコーヒーを買って朝御飯

「KOOさん、久しぶり~。」
「ホント、私が仕事を休んでいるから、なかなか会えないね。ところで、今年はクリスマスにニューオリンズに帰るの?」
「もちろん~。でも先ずはヒューストン。ところで今日は暖かいね、去年の12月に来たときは寒くて冷たくて・・・覚えてる?ここの後にKOOさんに牛久大仏へ連れて行ってもらったんだけど、ホント寒かったね。」

そういえば、そういうこともありましたかね 光陰矢のごとしですから
また来年の1月にも来る約束と、一足早い年末年始の挨拶をして別れました

今日のマルシェでは、農家さんの柚子が欲しかったのですが、無くて残念~
でも、La Maison de Campagneさんのタルトがきれいだったので・・・
1つか2つだけ…と思っていたのに、あ、ついこんなに買ってしまいました
生菓子よりも焼き菓子、焼き菓子の中でもタルトが1番好きなので、つい買い過ぎてしまうんです
お茶の時間が楽しみです
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-16 13:12 | いろいろ | Comments(0)

ビーフ・カレー(復習!)

b0254207_13291465.jpg今週末は、主人のカレーはお休み
というのは、昨日から出張に行ってしまいました
でも、先週の日曜日のカレーの話が未だだったことに今頃きが付いたので、これも備忘録としてUPすることにしました

主人が使っているカレーの本はミラ・メータさんのものでしたが、その本の中でヨーグルトのカレー以外は制覇(?)したということで、先週から今まで作ったカレーの復習が始まりました

まずはビーフカレーのおさらいからスタート
玉葱を焦げ付かさず飴色になるまでせっせと炒めて
スパイスを合わせるのも手早くなりました

手つきを見ていると、なにげに職業が見えてきます
台所でスパイスを合わせるのも
ラボで実験するのも
似ているのでしょうかね

真面目な主人は復習を怠りません
私は・・・同じカレーを作って復習するよりも、他のカレーも作ってほしいんですけどね
そう、今折角(?)タイへ出張に行ってるんだし、できれば本場タイ・カレーなんぞの味を舌でしっかり覚えてきて、作ってくれると非常に嬉しいんですけどなぁ・・・

ところで、主人はとても器用で、木工、金工、玉掛、車の整備まで様々こなします
育児だって立派にこなしました

近年騒がれている『育メン』ですが、「今頃言ってるだなんて、遅いなぁ~。僕なんか18年も前からやってるし~」と、元祖・育メンであることを誇っています
確かに、母である私以上の母性本能を以て娘を育ててきました・・・なのに娘はこれですかぁ?

炒飯も野菜炒めも私が作るより「父ちゃんが作った方が美味しい」と、娘が言います
娘にそう言われると、父親は弱いもの
私と娘が喧嘩したら、「弁当つくってあげない!」と、私
翌朝、娘と主人は台所で並んで弁当作り、私をちらっと見て「寝てていいよ」とくる
いつか娘が嫁に行く日には、箪笥の中に入って一緒に付いていくつもりなのかもしれません

今年のクリスマスプレゼントは鉄のフライパンでもあげようかしら・・・
男の料理っていうやつでしょうか、大胆に料理してくれるのはいいんですが、テフロンのフライパンを煙が出るまで熱してダメにしてしまうほどなので

でも、ハマると大変なのでやめておきます
男の人って、凝り出すと予算に糸目をつけずに材料と道具を揃えてしまうようですし、主人もそういう面が大いにあってキケンですから
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-15 13:30 | KOO食堂 | Comments(2)

PARMESAN & PINK PEPPER COOKIE

b0254207_14495190.jpgたまには塩味のお菓子も美味しいもので、
甘いものが苦手な人でも食べられそうな、パルメザンチーズが入って、ピンク・ペッパーがアクセントにのっている塩味クッキーです

ピンク・ペッパーって、あまり食卓には登場しない胡椒です
辛みの刺激が弱く、風味と彩りに使います
ライ麦パンの生地に混ぜ込んで焼くと、サーモン+ケイパー+玉葱のサラダと相性がいいんです
でも、ライ麦のクセと、ピンクペッパーのクセが苦手だという意見も有りそうです

この塩味クッキー、生地を作る時、パルメザンチーズのかたまりをゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・と、すりおろしました
そして、ほんの10gほど余りました
こういう小さい塊を残しておいても、冷蔵庫の中で結局忘れられて、発見されたころにはミイラ化していたり、ブルーグレーの毛皮に覆われた謎の物体になっていたりすることが多いんです
だから、今までの経験から一気にパクリと食べたら、焼く前にトッピングにもパルメザンが必要だったと分かり!
・・・時すでに遅し

ちゃんとルセットは最後まで読んでから、残った材料を食べてもいいのかどうか考えなくては!

でも食べてしまったものは仕方がないので、エダムチーズをすりおろしてのせました
大差ありません、問題解決
そうそう、何事も臨機応変に!

・・・って、やりすぎて失敗することもよくあるんですけどね
# by BakingEveryDayTM5 | 2012-12-14 15:03 | 小さいお菓子 | Comments(0)