タグ:イルプルのお菓子 ( 685 ) タグの人気記事

Evasion(エヴァジオン)

今日のマダムTとの自宅レッスンは間もなく色づくラズベリーを使ったシュークリーム『Evasion』
「南仏への憧れと日常からのエスケイプ」と副題が付けられているこのお菓子は、ビスケット生地をのせて焼いたシューでフランボワーズとマスカルポーネと生クリームを混ぜたクリームをサンドしてあります
フランボワーズのコンフィチュールしてをシューの底と実に絞ってフランボワーズの味を強調します

マダムは焼きあがったシュー生地とクリームを別々にお持ち帰りになりました
召し上がるときにサンドするのがベスト
ですので、この写真は私が試食にお出ししたものです
b0254207_21090260.jpg
このシューは上に書いた通りビスケット生地がのせてあります
b0254207_21091195.jpg
焼き立て最高に美味しいです
バターにキャソナード(赤砂糖)や粉を混ぜた生地が焼けて、表面ザクザク!
こちらはマダム作のシューです
b0254207_21092187.jpg
クッキー生地が編み物のように見えるところから、「パータ・トリコテ」とルセットにかかれています

今日もマダムの畑から嬉しいいただきものです
b0254207_21175666.jpg
ソラマメと蕗の佃煮です
いつも季節の食べ物を有難うございます
またお目にかかれる日を楽しみにしております(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-20 21:24 | Pastry | Comments(0)

グレープフルーツのビッシュ

今日から5月の自宅レッスンが始まりました
お越しくださったHさんにいただいたご希望のメニューは『グレープフルーツのビッシュ』♪
形はビッシュ・ド・ノエルですが、この季節ですので、切り株無しで仕上げました

このお菓子はグレープフルーツが出回っている今の時期にぴったり
ルビーとホワイト2種類を使っています

刻んだアーモンドを振りかけて焼いたビスキュイ・オザマンド生地にグレープフルーツのジュースとリキュール、ホワイトラムのポンシュを打ち、同様のグレープフルーツ風味のムースを包みます
中詰めのジュレは果肉とジュース&絞った果汁をアガーで固めたものです
仕上げのクリームはホワイトチョコ、生クリーム、グレープフルーツのリキュールなどをまぜたもので、酸味あるムースに甘さを加えます

今日のムースにはイタリアンメレンゲが必要でしたので、Hさんにお任せして、私の分も作っていただきました
なにせ、Hさんは手早く、作業がきれいなのです
仕上げて、まだ柔らかい状態でしたが、端を綺麗に切り落としてくださり、私が写真を撮りやすいようにと・・・この通りです(*^-^*)
b0254207_20365368.jpg

本当に出来立てで、切りにくかっただろうと思われますが(手前左端が柔らかさのためにクリームが少し横にずれてしまい申し訳ないです・・・)このように有難く、記念撮影させていただけました

Hさんから嬉しいいただきものです
Hさんがお住いの隣町にあるパン屋さんで買って来て下さったそうです
b0254207_20371656.jpg
ここのパン屋さんは葉酸入りだそうです
左側の円柱のパンはコンニャクいりだとか・・・食べるのが楽しみです

これら2袋だけでなく、もう1つ♪
b0254207_20372686.jpg
手渡してくださった時は、まだ温かったこのぶどうのパン、「具は1つずつ違うんですよ」とHさんがおっしゃったので、主人と娘と一緒に具を当てっこしながら食べよう(^^)!と、その時は思っていました

レッスン後、右側の端っこから紫色のジャムが出ていたので、これは多分ブルーベリーか何かだろうから、私はあえて左上のを食べてみました
b0254207_20373657.jpg
ちょっと中華風ながらケチャップ味の具が入っていました
レッスン後の夕方時、小腹が空いていて、実にBINGOなお味でした

その後、中心部の房も食べてみたところ、スパイシーなカレーでした!
これもBINGOなお味でした

上の写真に写っているジャムのように見えていたのはあんこでした
その上のは苺ジャムでした!

・・・って、結局ほぼ一人で味見して終わってしまいそうですね(ФωФ)フフフ・・・
あ、主人が1ついただきましたが、それはブドウジャムだったようです

でも大丈夫!円柱の形を下パンとテーブルロールはまだ無傷です
明日の朝いただきます♪
いつもいただくばかりで恐縮です

Hさん、今日も楽しい時間と美味しいお土産を有難うございました
先月はお目にかかれず残念でしたが、今月はお会いできてよかったです
来月のメニュー、また楽しみにお待ちしております(*^-^*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-14 23:16 | Cake | Comments(0)

黒糖とチョコレートのムース

昨日はお友達のMさんと一緒に府中の先生の所へレッスンにうかがいました
教えていただいたのは、『黒糖とチョコレートのムース』
2011年イルプルーの1年で紹介されたお菓子です
b0254207_15080490.jpg
ヘーゼルナッツ・ロースト・ペースト、シナモンの入ったビスキュイジョコンド生地にグラニテを振りかけて2枚焼きます
下の段のムースは黒糖のイタメレを加えたダークラム風味のバタームース、
黒い粒が見えますが、それは「ギャレット・オ・ノア」にも入れる正露丸のように見える黒糖の粒です
上の段は蜂蜜、アメリカオ、カカオパートを生クリームに加えたクレーム・シャンティです

このお菓子は見た目に反して、夏にも良いお菓子です
バタームースのシャープな口どけのせいでしょうか
冷たいコーヒーとよく合いそうです

コーヒーと言えば、先週末YATABE COFFEEさんへ行きました
駐車場に停めてあった充電中の御主人の車を見て、主人はお店に入るなり、コーヒーの話ではなく車の話
b0254207_15075293.jpg
キンキンに冷えた水出しコーヒーを御馳走になりました
常温の水に4時間ほどつけて、その後冷蔵庫で数時間じっくり抽出するのだそうです
(そんなに手をかけたコーヒーをこんなにたっぷり出してくださるのは嬉しいですが・・・申し訳ない
あまりのスッキリ澄んだ味に驚き 
YATABE COOFFEEさんのコーヒーは後味の良さ抜群
お薦めを2種類と、この水出しコーヒー用のパックを購入
主人は少し前まで、どこかで飲んだコーヒーに当たったようで、コーヒーを飲むと胃が気持ち悪くなっていましたが、YATABE COFFEEさんのコーヒーはとても美味しくいただくことができ、嬉しいです
聞けば、お店の奥さんも以前そいうことがあったとか・・・

さて、話は昨日のレッスンのことに戻しますが、昨日も沢山の試食をいただきました
しかし、それらを写真を撮る前に・・・(;^ω^)・・・だって、久しぶりに美味しいお菓子を目の前にしましたので
お昼にはいつものように先生お手製のパン♪
ワインビネガーの聞いたポテトサラダとブドウの果肉が入っている粒マスタードも♫
b0254207_15074439.jpg

それと、先生が新たに購入なさったというアルザスのブルーベリー・リキュールの試飲もさせていただきました
ラベルを見る前に香りを楽しみ、「これで30度ぐらいですかね」と、言ったら、なんとぴったり30度!
試飲する前ににおいで度数を当ててしまいました
まぐれとしても、先生とMさんに引かれてしまいました(;´∀`)
b0254207_15352617.jpg
先月はアルザスのウィスキーの試飲させていただきましたが、アルザスの商品はお菓子の香りをワンランクアップさせてくれます

昨日もたくさんおしゃべりしながら楽しく有意義なレッスンを有難うございました
また来月もよろしくお願いいたします


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-05-11 15:39 | Cake | Comments(0)

雨の日の朝は空と一緒にひきこもって

今朝、まとまった雨が久しぶりに降りました
お湿りが欲しいのは確かですが、朝夕の通勤の時間(空の散歩の時間でもあります)だけ止んでいてくれたらなぁ・・・と、思いました
b0254207_16210534.jpg
雨合羽着せられて非常にテンション低い空のお出かけ姿
後頭部が不機嫌さを物語っています

雨の時は空の必要不可欠な散歩以外は、外を見ながら家の中でじっとしているのが良いのです
何故なら雨の日は気圧のせいか、ぼーっとしていて転んだりつまづいたりしやすくて・・・これも一種の自損事故
整体に通いだしてからは、こういう怪我がなくなったものの、用が無ければ出かけないのが安全です

午前中、そういうわけで散歩の後は台所にこもってサブレ作り
b0254207_16212397.jpg
バターに粉糖を合わせた後、泡立てて、卵白も加えて泡立てて、最後に粉を入れて混ぜて絞るサックリ軽いサブレです
このサブレは「嫌い」とおっしゃった方は今のところいらっしゃいません
特に特徴があるわけではありませんが、みんなに愛される食べやすいお菓子です
b0254207_16211404.jpg
甘いお菓子があるのなら、もう1つ塩味のお菓子も必要♪
b0254207_21354116.jpg

これはミモレットとアーモンドのサブレです
甘いもの、しょっぱいもの、甘いもの、しょっぱいもの、そして、甘いもの・・・と、悪い循環になりそうですが、こちらは10日ほど前に自宅レッスンで作った生地の残りを焼いたものです
冷凍庫でしっかり保存しているつもりでも、鮮度は落ちていきますから

さて、これらの小さいお菓子を袋に詰めて、明日からちょっと出かけてきます
今週末、義父の七回忌がありますので、連休で道路が混まないうちに帰省します
1年ぶりに空気を通す京都の家、庭の笹や木の様子を見て、必要なら剪定
雑草は・・・確実に引き抜き作業が必要でしょう(;´∀`)
京都の家に戻る前に、ちょこっと遊んで行きます
空ももちろん一緒にね

皆様よりお先に連休ライフを始めてまいります
また1週間後ぐらいにこのブログに戻ってきます
では、楽しい週末をお過ごしください(*´ω`*)


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-25 21:05 | 小さいお菓子 | Comments(0)

カレ・アルザシアン

10日ほど前の自宅レッスンでのメニューだった『カレ・アルザシアン』
本来はパート・フィユテ(パイ生地)で作るところ、レッスンではパート・ブリゼを使用しています
ブリゼ生地を作る時に、生地をまとめる時に重ねるようにしながらまとめると、焼いた時にパイ生地のように層が綺麗に出ますので、パイ生地のように時間を空けて生地を折る必要が無く簡単ですし、比較的暑くなっても生地作りがパイ生地作りより容易です
食感はフィユテ生地の方がブリゼ生地よりハラハラと崩れる感じですが、ブリゼ生地もうまく層が出来ていれば、それに近いザックリ&ハラハラした食感が得られます

フィユテ生地を作るにはそろそろ気温が高くなってきているので、フィユテ生地今期の自己練習のシメに折りパイ生地で『カレ・アルザシアン』を作ってみました
b0254207_21362634.jpg
フィユテ生地を使って作るこのお菓子がブリゼ生地より良い点は伸しやすいこと
ブリゼ生地を3mmで四角くキレイに伸すのは結構メンドイです
それに比べてフィユテの方はヒュイヒュイと(真四角に伸すのは苦手ながら)生地が伸びていってくれるので楽です
b0254207_21364002.jpg

しっかりピケしても、焼いている途中でやはりフィユテ生地は浮いてくるので、天板で押えましたが、うーん・・・一部まっすぐに焼けず、少々反っていました
b0254207_21360510.jpg
フィユテ生地を四角く伸している時、ミルフィーユかアリュメットかの再受講で「カドをしっかり出すよう伸して」と先生とスタッフさん達がテーブルを回りながら注意なさっていて、「私、やはり根が関西なもので、角を立てるようなことは出来るだけせえへんようにしてきたもんで・・・お正月のお餅も丸いんですぅ、フィユテ生地も角出して真四角に伸すのは困難ですわ。」と、出来ないことをこんな理由をつけながら時間をかけて四苦八苦しながら四角く伸していたことを思いだしました
我ながら、地方の文化を背景にもつEXCUSEだと思います(ФωФ)フフフ・・・
b0254207_21361660.jpg
「母ちゃん、そんなこと言ってるからダメなのよ・・・」
b0254207_21352873.jpg
はい・・・ごもっともです
フィユテの練習は、ひとまずこれにてお休み 
また秋になったら始めましょ♪

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-24 22:41 | Pastry | Comments(0)

タルト・フロマージュ*今年も再受講へ

今日はイルプル本科Ⅰのクラス『タルト・フロマージュ』と『早い春の陽だまり』の再受講に行きました
同じ班になったのはMさん、Hさん、Gさん・・・(*´ω`*)皆さん顔見知り
こうして再受講で偶然お会いできるというのは嬉しいものです

まず『タルト・フロマージュ』はこちら♪先生の作品です
b0254207_21525108.jpg
フロマージュブランの卵黄生地と卵白を混ぜて湯煎焼きするチーズ・ケーキです
卵白は立てすぎては良くない、でもしっかり立てないといけない
エキュモワールでしっかり混ぜないとくちどけ悪い、でも混ぜすぎて泡をつぶしてもくちどけ悪い
湯煎焼きするとき、どのぐらいでお湯がなくなるといいのか・・・最後まであまりお湯が残っては焼け切らないし、早くお湯がなくなってしまっても固くなる
いやはや難しいお菓子です

『早い春の陽だまり』、こちらは先生の作品です
b0254207_21530122.jpg
18cmキャドルで焼いた生地を1cmにスライスして作ります
バタークリームを内側と外側に塗り、仕上げにオレンジコンパウンドの香りを付けたスライスアーモンドを張り付けていきますが、このアーモンドは食べる前に貼らないと、すぐに湿気てしまいますので、持って帰ってきました

このアーモンドですが、なかなか面倒です
美味しいですが、面倒です
シロップでサッと煮たアーモンドを天板の上に重ならないように広げ、焼きムラが出ないように、時々かき混ぜてはまた広げ・・・

試食タイム♪ 1年ぶりに食べた「早い春の陽だまり」の美味しさを再確認
b0254207_21530927.jpg
Mさんから嬉しいいただきものです
b0254207_21531668.jpg
コーヒーのセットなんですよ
素敵です(*´ω`*) 開けるのがもったいない~♪
Mさん、お気遣いありがとうござます
週末に主人とご馳走になります
まいつか再受講でご一緒できる日がありますように

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-19 22:08 | Cake | Comments(0)

苺のビッシュ

昨日はいつも元気ハツラツのマダムTが『苺のビッシュ』のレッスンにいらっしゃいました
このお菓子は苺のピューレとリキュールがポンシュ、ムース、イタリアンメレンゲ全てに使われている春にぴったりなケーキです
元々はクリスマス用のビッシュ・ド・ノエルですが、切り株の部分さえ付けなければ、苺の季節にはとても良いメニューです
b0254207_21562368.jpg
作り方は、まず刻んだクルミとアーモンドを加えたローマジパン入りのビスキュイ生地を焼き、ポンシュを打って型にはめ、中詰めのムースを流し、仕上げにクリームを塗ります
ムースと仕上げの生クリームにイタリアンメレンゲを作ることだけが少々手間かもしれませんが、それによって口当たりが軽く滑らかになります
マダムTにはイタメレは朝飯前
すべての作業をスムーズにこなされて終了♪
b0254207_22001073.jpg
生地を焼く時間が40分ほどかかるので、その間にマダムはパート・フィユテ・ラピッド(練パイ)の生地を仕込を開始、ムースを冷やし固めている間に2回折って、ケーキ完成後の試食前にもう2回折って生地を仕上げていらっしゃいました
以前、ここで作ったことがある生地ですので、ご自宅でなさったらいかがですか・・・と、申し上げましたが、何かと多忙のマダムですので、こういう時間の合間をうまく使って、次のお菓子の準備をなさるのですね♪ すごっ・・・(*´ω`*)見習わねば・・・

マダムTから嬉しいいただきものです
手作りの揚げ餅おかきとマダムの畑からパクチー
すごく強い香り! 土の力を感じます
いつもご馳走さまです
b0254207_21563162.jpg
昨日もマダムから元気をたくさんいただきました
先月お会いできなかった分もおしゃべり聞かせていただき、元気チャージ完了です
(ちょっとオーバーチャージかも(ΦωΦ)フフフ…)
またお会いできる日を楽しみにしております

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-16 22:02 | Cake | Comments(0)

タルト・フロマージュ

今日はマダムTと自宅レッスン日でしたが、写真がまだ撮れていないので、明日Upするということで、今日のブログは昨日作った「タルト・フロマージュ」について

この「タルト・フロマージュ」、イルプルの本科Ⅰの4月か5月に出てくるメニューです
フロマージュブランを1つに300gも使う贅沢な(湯煎焼きの)チーズケーキです
卵白をいかに潰さないようにフロマージュブランの卵黄生地に加え混ぜこんでいくかが難しいです
しっかり混ぜないと口当たりが悪くなりますが、その混ぜ方が悪いと、それまた非常に舌触りの悪いハンペンのようなものになります

去年、イルプルで作った時は「焼き上がりの高さは出ましたが、混ぜが少し足りないようで、表面の割れ方が大きすぎます。」とコメントいただいていたので、それを思い出して、久しぶりに作ってみました
b0254207_23504052.jpg
混ぜ方が悪いからなんだろうと思うのですが、どうもうまくいきません
何とか美味しくできるようになりたいと思い、何度か焼きました
焼くたび、食べ終わるまで罰ゲーム気分
b0254207_14155214.jpg
「その罰ゲームなら、おつきあいしてもいいのよ」と、空が目で言ってくれていますが・・・
b0254207_14163652.jpg
是非そうしてもらいところですが、先日フィラリアの薬をもらうときに量ってもらった体重は12キロだったでしょ
だから、せっかくながら結構です

今週木曜日、このタルト・フロマージュの再受講
さて、去年よりはましなコメントをいただけるかしら
そう願います





[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-15 22:21 | Cake | Comments(0)

クール・デ・ジル(南国の島の夢)

一昨日(木曜日)の備忘録です
お友達のMさんと(先月はMさん体調不良のため欠席・・・寂しかったです(´;ω;`)ウゥゥ)府中の先生のところへレッスンにうかがいました
教えてくださったのはドゥニさんのお菓子『南国の島の夢(クール・デ・ジル)』
ドゥニさんは南の島系がお好きなようで、今までにもこれに近いネーミングのものがいくつかありました
b0254207_13544178.jpg
このお菓子、こんなに地味なのに、その内容は全然地味ではないのです(ΦωΦ)フフフ…
まず、生地はピスタチオペーストとローマジパンたっぷりのビスキュイ
焼いている間に中詰め用のババロアを作って凍らせておくのですが、このババロアもピスタチオのペーストたっぷり
キルシュに漬けたパイナップルとラムレーズンをキャソナードとバターでソテーして、これも中詰めババロアと一緒にスタンバイ
生地が焼けたらキルシュなどのシロップを打ち、ムースリーヌ・ショコラを作ってパイナップルとレーズンを混ぜ、その上にピスタチオのババロアをサンドしていきます

使用しているチョコレートはベネズエラとゲアキルがおおよそ4:1で混ぜられているので、甘さ控えめ
大人のチョコレート・ムースのケーキです
こんなに材料費のかかるケーキだというのに、レッスン代はいつもと同じ
「有難うございます。すみません<(_ _)>」と、しおらしく言いながら、、「すみません<(_ _)>ペコリ」のあとに♪マークがついていました

今月もいただきました 数々の試食!
手前のお菓子にブロックされているのはどんなお菓子でしょう?・・・って、思われるでしょ
b0254207_19444039.jpg
なので、このお皿をぐるりと回転させてお見せしましょう
こちらは春らしい色合いのお菓子です
b0254207_19445608.jpg
この後、「コーヒーとウィスキーのパウンド」もご馳走になりました
その時のウィスキーの香りの良さに驚きました
イルプルでは以前Early Timesを使っていて、今ではアルザスのものに変わっていると聞いていましたが、なんと先生のウィスキーもアルザスのもので
b0254207_19520649.jpg
ちゃっかり試飲もさせていただきました(ΦωΦ)フフフ…
口に入れたときはキュッと強さを感じるものの、その後の口に残るアロマが~♪そして甘みが~♪
さすがにアーリータイムズとは品質の格が違います
・・・もちろん、お値段も格が違います

あ~ また美味しいものを知ってしまいました
良いことながら、先月のYさんとのレッスンでアーリータイムズを使ったことを悔やまれました
でも、元々がアーリータイムズ使用だったので、ご容赦ください、Yさん<(_ _)>

来月のレッスンは試食にいただいたクランブルがかかっているチョコレートのケーキをお願いしました
これはMさんのチョイス もちろん私もです
再来月はライムと生姜のタルトをすでにお願いしました
これは私のチョイス MさんもOKくださいました

先生、今月も美味しいお菓子のレッスンと沢山の試食を有難うございました
Mさん、また来月もよろしく(*´ω`*)

[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-14 17:53 | Cake | Comments(0)

カレ・アルザシアン&サブレ・ミモレット

今日はYさんがお越しくださって、『カレ・アルザシアン』と『サブレ・ミモレット』のレッスン♪
前日に仕込んでおいた生地を上生地と下生地用に薄く伸して、空焼きし、最後に粉糖を振ってキャラメリゼしておきます
上生地にアーモンドのヌガーをのせて再度焼き、冷めきらないうちにカットして、フランボワーズジャムをサンドして仕上げますが、ジャムをサンドすると生地が湿気やすくなるので、仕上げのジャムは別にしてお持ち帰りです
『フロランタン』と似ていますが、生地とジャムのサンドの有無が違います
b0254207_18501416.jpg
今日のレッスンではご用意した生地の半分だけを使いました
残りの半分はお家での復習用にアーモンドのヌガーの材料と一緒にお持ち帰りです
なお今日の生地は私が作ったものでしたので、ご自分で(半分の量で)作っていただき、お持ち帰りです♪
焼き菓子は何といっても自宅のオーブンで何度か焼いてみて、その焼き加減を知ることが大切です
ですので、きっと今夜か明日あたりにはお持ち帰り生地のうち昨日私が作ったものを伸して試されることでしょう

もう1つの方の『サブレ・ミモレット』は塩味のサブレです
b0254207_18502490.jpg
熟成6か月ぐらいのミモレットをすりおろして使います
バターに粉を合わせて、ミモレット、アーモンドを合わせて、型にはめて一晩休ませておきます
前日仕込みの分でを焼いて、焼き具合を確認していただいたものと、ここでお作りになった生地をお持ち帰り(*´ω`*)
b0254207_18503622.jpg
このサブレも仕込みも大切ですが、それ以上に焼き具合が大切
ご自宅のオーブンでお持ち帰りになった生地を何度かに分けて焼き、よい焼き加減を見つけてくださることでしょう

どちらのお菓子も生地を作っておけば、とても便利なお菓子です
特にミモレットは、甘いものが苦手な方でも大丈夫ですし、お酒のおつまみにもOKです
(食べ過ぎに注意が必要ですけど(ФωФ)フフフ・・・)

Yさん、楽しい時間を有難うございました
おしゃべりが楽しくて、お引止めしてしまいましたね
Yさんの復習率は確実なので、申し上げる必要ありませんが、是非何度も作ってみてください
またお目にかかれるのを楽しみにしております


[PR]
by BakingEveryDayTM5 | 2018-04-13 19:05 | 小さいお菓子 | Comments(0)